5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【子供に】面接交渉権について【会えない】

1 :父親 ◆WBRXcNtpf. :2007/01/04(木) 03:59:26 ID:swNoi/k4O
1年間、離職時の合意書を無視されて子供に会えなかった父親です。

慰謝料請求を考えていますが、同じような境遇の父親の皆さん、
語り合いましょう。

2 :Q太:2007/01/08(月) 01:16:02 ID:8hBrgtKW0
あい^^


3 :怒れるパパ:2007/01/18(木) 19:22:53 ID:TiU100dz0
ホント大変ですよね。
面接交渉について、調停で月1回合わせると言うことで合意したのですが今でも些細な妨害がいっぱいです。
先方の弁護士を通し交渉していますが、こいつもまともな日本語は理解できないようでまっとうな回答が帰ってきた試しがありません。
一度長男を連れて家を出たのですが、監護権を母親に期するという審判が出てしまい今に至っています。
(と言うより長男が自分からついてきた。)
この際も先方は嘘ばかり並べ立て、千葉家裁は長男の生活を記録したビデオを見ようともせず、調査官に調べさせることもしませんでした。
引き渡しの際に長男は母親には見向きもせず20分ほど僕にしがみつき離れず、泣きながら無理矢理母親に連れて行かれました。
父親としてこれほど情けない思いをしたことはありません。
このような行為に荷担し、今でも面接交渉の妨害の片棒を担ぐ弁護士にもあきれてしまいます。
(東京のG通り法律事務所のT!あんただよ! 「客観的」って言葉の意味は分かったかい?)
ちなみに息子二人は会いに行くと、大喜びでついてきます。
子供の権利条約には「子供は離れて暮らす親と定期的に会う権利がある」と明記されているようですね。

4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2007/01/19(金) 02:32:07 ID:XKNsgP8JO
通りすがりの毒女だけど・・・
あんたらいい父親ですね。
私もそんな子供思いの男のとこへ嫁ぎたいです。

しかし「離婚」ってやっぱり子供が可哀相だね(´・ω・`)

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2007/01/19(金) 02:50:48 ID:PlD6/psB0
芸能人H中画像
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%8A%B8%E8%83%BD%E4%BA%BAH%E4%B8%AD%E7%94%BB%E5%83%8F+uppics&lr=

6 :怒れるパパ:2007/01/20(土) 11:37:32 ID:X0Q+GbQ00
僕の場合は弁護士さんの方でも慰謝料の請求の方向も視野に入れて動いてくれていました。
調停で何とか月1回の面接を行うと言うことになりました。
静岡の判例で、慰謝料を取れた例があるようですね。
今でも些細な妨害がいっぱいあるのですが、その根拠に裁判所の不合理な判断があったりストレスフルです。
裁判所の判断自体いろんな部分で、何ら根拠のない慣例が多く腹立たしい限りです。
とりあえず僕個人の考えでは、面接交渉権は子供に持たせるべき物であり、監護権(親権)を持つ親はこれを実現する義務を持たせるべきだと思います。

7 :怒れるパパ:2007/01/20(土) 11:50:00 ID:X0Q+GbQ00
裁判所の「とりあえず親権は母親に」という傾向の根拠は何なんでしょうね?
僕の場合では、息子を実家に預ける形になりましたが母親からの電話は嫌がり出ようともしませんでした。
僕が帰ると満面の笑顔で駆け寄ってくれていましたし、引き渡しの際にも母親には見向きもしませんでした。
その後、1か月何の接触も得られない後にあったときも、僕の顔を見た途端笑顔で歩み寄ってきました。
(全てビデオで記録しました。)
今でも一緒にいるときは、肩車しているか膝に乗せていることが多いです。
実の母親による子殺しがしばしば起きているこのご時世に、何ら根拠が無く親権を定めてしまう裁判官の無責任さに怒りを覚えます。
(最初にあったときに、いきなり「親権は不利ですよ」といいやがった・・・。此方の話を聞いて状況を把握する前からこの発言! つまり機械的に母親を親権者と決めるつもりだと表明した!)


8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2007/01/21(日) 14:17:45 ID:pG73FkVL0

正義亡き司法制度 = 女子高生コンクリート詰め殺人事件」”

1988年11月夕刻、少年2人(当時18歳と16歳)は足立区東綾瀬の
路上で帰宅中の女子高校生を拉致し、少年の自宅に40日間監禁、殺害した。
監禁中、仲間を集め被害者を繰返し暴行し、時には、被害者に音楽に合わせて
踊りながら服を脱ぐように強要し、演奏の合間に集まった仲間で一斉に蹴る
ことさえ行った。監禁中に逃亡を図ると、手足にオイルを塗りつけライターで
火をつけ、熱がるさまを見て笑い転げた。被害者の遺体の歯はほとんど折れ、
性器と肛門にはスポーツドリンクの瓶が突き刺ささったままであった。
少年らの刑は極めて軽かった上、未決勾留期間があるため、主犯を除き全て
6年程度で出所した。 法務省へ意見 TEL O3−3580−4111

事件の様子は、lynch 、女子高生コンクリート のキーワードで検索可能 
性器を灰皿代わりにしたことなどが記載されています。


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)