5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

慢性病は西洋医学だけでは治せない 7

1 :卵の名無しさん:2007/02/01(木) 20:01:32 ID:Pu404beR0

前スレ
慢性病は西洋医学だけでは治せない 6
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1164193576/


続きをどうぞ。

2 :卵の名無しさん:2007/02/01(木) 20:04:04 ID:1hl6zyBn0
     llllllllllll                               lllll
          lllllll                              lllll
        lllll                                llllll
    lllll  llllllllll  llllllllll                        lllll
  lllll      lllll    llllllllll    lllllllllllllllllllllllllllllllllll   lllllll
 lllll      llllllllll    llllllllll                  lllllllllllllll      lllll
llllllllll      llllllllll  llllllllll                  lllll    lllll  lllllllll
        llllllllll                          lllll      llllllll

       ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
      ( ・3・ ) ( ・3・ ) ( ・3・ ) ( ・3・ )
      ∧_∧ ) ∧_∧ )∧_∧ )∧_∧ )
     ( ・3・ ) ( ・3・ ) ( ・3・ ) ( ・3・ )
   ∧_∧  )∧_∧ ) ∧_∧ )∧_∧  )
   ( ・3・ ) ( ・3・ )  ( ・3・ ) ( ・3・ )/|
  (____)  (____) (____) (____)
/   ./|./   /|./   /|/   /|
| ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄|/|
|| ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄||

3 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/02(金) 08:31:08 ID:4lJTgsiB0


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  ぬるいな。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。


4 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 14:42:30 ID:a6PPEFcU0
書き込みのはやきこと風の如く
他人と会話せざること林の如く
ネットで煽ること火の如く
部屋から動かざる事山の如し
       ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、        , -‐、/./.- 、
    / | |    ヽ   l l        ( 火◇風 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、      ノ ◇ ◇ (
  /o O / l´ ノ      ヽ lo ',ヽ      ( 山◇ 林 }
  \___/. ト、  ●    ● ハ  ∧      `⌒/7へ‐´  
 / ,イ   レ_   ( _●_) ミl~T--‐彡    /./      
/ ̄ ̄l.  彡、   |∪|  ノ'l  l::::::::::彡ー7⌒つ、     
彡:::::::::::l  ト、___ヽノ /|  l::::::::::::ミ  {,_.イニノ   
彡ソ/ノハ   ト、 \  / ,イ  川ハ ヾー‐'^┴'

5 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 18:22:10 ID:s8EYrBME0
>997 名前:卵の名無しさん 投稿日:2007/02/02(金) 00:53:38 ID:a+60oqeh0
>マリリンの意見は日本獣医学会もびっくりだと思いますよ。

>ClinicnoteとかMedicineとか、論文とか紹介した雑誌とか普通にあるでしょう。

http://www.interzoo.co.jp/CLINICNOTE/

これのことでしょ?。これはジャーナルの形態はとっているけど書籍に近い物だと思う。
値段が高いでしょ。薄い雑誌でこの値段ですよ。

値段が高いし、先生達も原稿料をもらって書いている。投稿してただで論文を公開
と言うわけではないと思う。

Medicineにしても、たいしたことが書いてないと思う。

6 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/02(金) 18:23:00 ID:s8EYrBME0
ごめん。上記はマリリンのレスです。

7 :神田明神:2007/02/02(金) 18:38:29 ID:e3Y6DO080
ほれ、ケツを出さんか

入れてやろうと言っておるのじゃ


かっかっかっ

8 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 19:45:49 ID:a6PPEFcU0
>>7
俺は将門公を尊敬している者だ。
それはチトいかんぞ。

9 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 19:48:45 ID:nIwBGLb10
>>8
平将門だったり上杉謙信だったり

10 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 20:43:05 ID:AhW+l80Q0
>>6
人間の医者は、それくらいの薄い医学雑誌を似たような値段で買ってるんです。

人間の医者は全部無料で情報が手に入ってくると思っておられるんでしょうか?

11 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 21:08:03 ID:AOuhTi2O0
>>10
ゴチャゴチャ言うなら、お前も保険を使わずに診療してみたらどうだ?
ほれ、どうした。
くっくっく。

12 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 21:10:19 ID:Rsxk+ZAV0
経済産業省AISTの以下のプロジェクトは
実は全く動かないのではないですか?
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20030916_2/pr20030916_2.html

「RNA干渉の騙しがここまで酷い」とは考えなかった点が私のミスです。





13 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 21:35:44 ID:AhW+l80Q0
>>11
全く論点が違うことを言い出すんですね。

14 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 21:44:08 ID:0PcL28xC0
所詮子供だからね(ボソ

15 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 22:07:07 ID:AOuhTi2O0
>>13
論点が違うとか言って逃げておるのはお前だ。
獣医と同じ環境にたってはじめて対等なことが言えるんだろうが。
いいか、保険で7割補填されると言うことは、結局おまえが買う医学雑誌の金額の7割は公費で補填されておると言うことだ。
全額自費でまかなっておる人間と決して対等ではないんだよ。

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。

16 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/02(金) 22:08:30 ID:vanYvSK10
>>10
>人間の医者は、それくらいの薄い医学雑誌を似たような値段で買ってるんです。


以前に、医者の雑誌を買ったことがあるのですが、もう少し安かったですよ。

しかも、内容を見てもらうと分かるけど
http://www.interzoo.co.jp/CLINICNOTE/
は論文の発表の場ではありません。セミナーや勉強会の延長です。

今は検索で読める論文について話しているのではないですか?
ペットの獣医の場合、論文はネットでは公表しないような気がする。

お金を払わないと情報なんて入手する術がないです。検索かければタダ読める
なんてことはないです。

他の分野では、検索かければ、何でもタダで情報の入手が可能なのですか?
そっちの方が不思議です。

17 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 22:39:12 ID:AOuhTi2O0
>>14
いいか、ディズニーリゾートなどのホテルで学会を開く珍脳集団は縊死くらいのものだ。
そんな特殊な連中が自分たちを基準にしてどうする?
論点が見えておらんのは、お前らの方なんだよ。

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。

18 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 23:25:22 ID:a+60oqeh0
論点と対等かどうかは問題が違うんじゃね?

19 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 23:35:08 ID:0PcL28xC0
>>18
激しく同意 所詮詭弁家ですから(ボソ

20 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 23:38:11 ID:AOuhTi2O0
>>18
疑問形か?
対等でないものが互いに論争した時、既に論点は異なるのだ。
メタの問題なんだよ。


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。


21 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 23:46:30 ID:0PcL28xC0
今日もバンバンはぐらかすね(ボソ

22 :卵の名無しさん:2007/02/02(金) 23:51:39 ID:0PcL28xC0
>>16
なんでもタダというわけではない
有料登録しないと読めないものが多いと思うが

23 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/02(金) 23:53:53 ID:a6PPEFcU0
>>21
AA貼り出した時点で、ヤツの程度は知れたかと。

24 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/02(金) 23:57:25 ID:AOuhTi2O0
結局、全員で石亀の地団駄か?
珍しい連中だな。

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  やっぱり、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。

25 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 00:01:28 ID:2DrgOFKx0
何言っても開き直るわけで(ボソ

26 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 00:21:06 ID:t1353LvR0
926 名前:マリリン ◆IxLejT1KUU [] 投稿日:2007/01/31(水) 08:26:07 ID:A2LJK9/p0
おはよう。

>>912
>同じ人間が書いたモノだ、勉強すれば必ず読めるようになる。
>まずは、基礎を把握、次に多用される略語の理解だな。
>いずれも辞書が欠かせない。

あのねぇ。内容が分からないと言っているわけではなく。入手方法がないと
言っているだけ。あんたらだって他分野の論文どうやって入手するのよ。難しいでしょ?

とのことですが、では、
http://www.bmj.com/cgi/content/full/bmj%3b332/7546/878
の内容を説明してくださいませんか?
内容は分かるんでしょ。

27 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 08:06:20 ID:Rzwkm41J0
清々しい勝利宣言ですねぇ。

28 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/03(土) 09:22:46 ID:HOXTTw9n0
>>26

本当にもう面倒臭いことを言うね。

訳すのに時間かかると言っているでしょう。本当にもう。

一応
人口の推移を使った長期の循環器病と総死亡率から
メガトリックシンドロームの臨床上の価値をみた論文のようだね。

ちゃんと訳そうと思うと、まとまった時間がいるよ。
外人の研究なんかいいから日本人の研究出しきなよ。アホたれ。






29 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 10:27:51 ID:oDXW5vRZO
マリリン姉さんはスキーはしないんですか?

30 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 11:02:37 ID:t1353LvR0
>ちゃんと訳そうと思うと、まとまった時間がいるよ。


いつも平日の朝からしっかりと2chにへばりついてる癖に時間がないとはどういうことでしょうかw



31 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/03(土) 11:30:23 ID:wPgMNDpT0
>>30
2ちゃんは片手間だと言うことだろうが。
場蚊ではないか。
くっくっく。

32 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 12:02:57 ID:v1NrRE6l0
>>28
ありゃ。『成人病の真実』の元ネタが昔のフィンランドのデータだったから、フィンランドの最近のやつを
紹介したんだけど。


あんま面白い話は無いようですな。
医学雑誌なんて買いたいやつが買えwwくらいなもんw

33 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 12:09:42 ID:v1NrRE6l0
俺は毎月かなり買ったよw

『HeartView』なんて驚きの薄さで2520円ww
『血圧』は2100円w
糖尿病系がこれまたピンキリ。普通の内科雑誌も買うなぁ。

あとは定番のイングランドジャーナルとか、そのへん。



34 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 14:19:25 ID:2DrgOFKx0
>>33
"N"EJM

35 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/03(土) 14:19:31 ID:/F5BNu380
>>29
>マリリン姉さんはスキーはしないんですか?

私は何でも手を出す人だから、普通程度にはやれるよ。
体調を崩して、ここ何年かは行ってない。

側湾娘さんでしょ?
神様がかわいがるのが分かるよ。可愛いね。




36 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/03(土) 14:29:58 ID:/F5BNu380
>>30
>いつも平日の朝からしっかりと2chにへばりついてる癖に時間がないとは
>どういうことでしょうかw


えっ、朝、時間のある限り2chをのぞくけど、そんなにへばりついていないよ。

2chは、やっていて楽しいから、私のストレスにならないの。ブログの更新は
私の責務。


だから、http://www.bmj.com/cgi/content/full/bmj%3b332/7546/878

こんなの訳しているとしばらく、2chもブログの更新もできなくなるよ。
それでいいの? いけないでしょ?

それにね、英語の論文なんて読んでいたらストレスになるよ。


37 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 15:16:51 ID:v1NrRE6l0
>>34
new入れなくてもまあわかるだろうなってw

省いてごめんなさい。


>>36
アブストラクトだけ斜め読みで十分です。
内容はたいしたこと無い。

38 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/03(土) 15:36:17 ID:kUhwmLMm0
>>31
Wikiが本業なのか?wwww

39 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 17:05:24 ID:oDXW5vRZO
マリリン姉さん、もしエコーバレースキー場に行く機会があれば、シーハイルとゆうレストランか利休庵とゆうお蕎麦やさんを訪ねて見てください…。

40 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 22:02:10 ID:KY5ZHJpu0
>>36
論文のsummaryだけなら、タダで検索し放題のサイトがありますよ。
素人の私にも見つけられたくらいだし、
このていどの短く要約された英文なら、大卒の獣医の読解力があれば、負担にはならないと思いますが、
違いますかね。



41 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 22:11:15 ID:KY5ZHJpu0
あと、西洋医学を批判するのであれば、「敵」がどんなこといってるかの情報収集は必須だと思いますが、
その辺のとこはどう考えておられるのですか?
近藤・安保先生の二次資料だけでいいのですか?


42 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/03(土) 22:30:03 ID:vStnWT3d0
>>40
サマリー読んでわかるのなら、本文などそもそもいらんな。


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。


43 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/03(土) 22:30:57 ID:vStnWT3d0
>>41
西洋医学の言っておることなど情報収集するまでもないな。
通称、場蚊の一つ覚えと言う奴だ。
くっくっく。

44 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 23:12:04 ID:2x1xaFG50
>>43
> >>41
> 通称、場蚊の一つ覚えと言う奴だ。

↑自覚の無い人。




45 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 23:59:11 ID:2x1xaFG50
>>43
> 通称、場蚊の一つ覚えと言う奴だ。

バカの一つ覚えは怪露の方でしょうw
現代医学とは違い、今後二度と修正されることの無い究極の治療をやってると思い込んでいるのですから。
正にバカの一つ覚えですね。


46 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:25:44 ID:i10oCsHQ0
>>41
>あと、西洋医学を批判するのであれば、「敵」がどんなこといってるかの
>情報収集は必須だと思いますが、
>その辺のとこはどう考えておられるのですか?
>近藤・安保先生の二次資料だけでいいのですか?

私は、医学でも基礎医学の方はある程度勉強しているので、西洋医学(敵?)がどのような
考えに基づいて、行動しているか全くの素人よりは、分かっていると思う。

>近藤・安保先生の二次資料だけでいいのですか?

厚労省やマスコミが、西洋医学的考え方は大宣伝をしていますので、これも
ある程度、分かっています。その上で近藤・安保先生の考え方を評価しています。

現代医療の自然治癒力を軽視したやり方、病気の予防まで薬で何とかしよう
とする考え方、病気でない人まで病人扱いするやり方を批判しています。


47 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:39:27 ID:i10oCsHQ0

間違ってもらって困るのは、私は、安保先生を信仰しているわけではないので
言っていることすべてを無条件に受け入れているわけではない。

安保先生の「白血球の自律神経支配の法則」、これが凄いと思っている。

これを知らなかったら、基礎医学が自分の考え方の基礎にある私は代替療法を
受け入れるのにもっと、時間がかかったと思う。

安保先生のこの理論があったから、西洋医学から代替療法の効果を客観的に
評価することができるようになったと思っている。

だってね。白血球分画を調べることで、自律神経の状態や、免疫力が抑制され
ているかどうか、客観的に評価できるんだよ。

獣医の方じゃ、サプリメントのデータで、リンパ球数が増加することを、効果の指標
として使うようになっている。 以前はそんなことはなかった。

医者の方では、リンパ球数は効果の指標として使われることはあるの?

48 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 08:39:34 ID:+yhWz3bF0
評価するのはけっこうなんですけどね・・

健康時や未病期やには有効なのは認めるところですが
課題評価してしまって、急性期なのに、とか
西洋医学で治すべき対処すべきものなのに、とか
そうするのが最適な患者が惑わされる危険のほうが大なのですよ。
ご自分がなさるのは自由なんですが他人に啓蒙するのは危険です。

以前もマリリンさん、わたしとのそうした意見交換で無言 スルーして・・
絶対神さんにも同様な態度をされました。



49 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 08:42:27 ID:+yhWz3bF0
うまく取り入れるのはいいと思いますよ。
それがなかなか出来ない患者が、有効な治療を受ける機会を逃してしまうこともあります。


50 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:48:33 ID:i10oCsHQ0
>>48
>西洋医学で治すべき対処すべきものなのに、とか
>そうするのが最適な患者が惑わされる危険のほうが大なのですよ。

急性期かどうかというは問題は、本当は医者が判断しなきゃいけないわけでしょ?
少なくとも、動物医療では獣医が判断している。

ところが医者にかかると、判断をするどころか、すべて西洋医学的治療に持ち込むでしょ?

患者の方がそれでは嫌だと判断するわけよ。ただし患者のほとんどが、医学的判断が
できない人だ、そうすると過剰医療の被害者になるわけよ。

つまり、西洋医学的治療が必要か、代替療法で治療することが必要かの判断を
患者にさせている医者が悪いと私は思う。

51 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 08:50:09 ID:2kTMkBj30
>>46
宗教の洗脳と同じだから、一度はまってしまうとそう簡単には抜けれない。
中途半端な科学的知識を持っているという自負が、かえってもっともらしいでっち上げのデータにだまされる。
オウムに入信した信者に科学者が多かったことからも証明される。
健康と病気の概念の区別ができていないのに気付かない。
自分の家族が、放置してがんで死んで始めて目が覚めるのかもしれない。

52 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:52:28 ID:i10oCsHQ0
>>51
>宗教の洗脳と同じだから、一度はまってしまうとそう簡単には抜けれない。

これは私のこと?それとも医者一般のこと?どちらにでも当てはまりそうな
書き方だね。


53 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:55:15 ID:i10oCsHQ0

>放置してがんで死んで始めて目が覚めるのかもしれない。

知り合いが、三大療法を受けて死んで始めて目が覚めたよ。

自然治癒力を軽視した治療は間違いであるとね。

54 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 08:55:58 ID:2kTMkBj30
>>52
宗教を信じるか、信じないかの論争を、いかにも科学的な言葉を使って議論しているだけ。
いつまでたっても平行線。

55 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 08:58:09 ID:ZiJvqcPj0
>>54
生体の自然治癒力を無視して、医療は成り立たないんだよ。


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく。

56 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 08:58:17 ID:2kTMkBj30
>>53
知り合いが自然治癒力を用いた治療で回復したという根拠があるのですか。
西洋医学にも、免疫療法にも限界はあるものです。

57 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 08:59:32 ID:i10oCsHQ0
>>54

それでは、いつまでたっても罪もない患者が医療被害に遭う。
早く統合医療を実現しなきゃね。

いつになったら、安心して医者に身をまかせられる時代が来るんだろうね。


58 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 09:00:42 ID:ZiJvqcPj0
>>56
代替医療の原理を西洋医学が無能で証明できんに、西洋医学的に回復した根拠を証明できるわけがないだろうが。

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :| 
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /    _________
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     /
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l    <  おまえ、ヴァカか。
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl   \
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

くっくっく

59 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:01:11 ID:+yhWz3bF0
>>50
医者にかかる時点ですでに代替で対処できない状態であることのほうがずっと多いではないですか?
そもそも代替療法は「治療」なんですかね。
補完ととらえるほうが適切ではないですか?
西洋医療における治療を最大に生かすような、生体を良い状態に保つような心がけ そんなものだと思っています。

過剰医療にさせないためには患者が人任せにせず
自身のことをもっと責任持てるようになることは必要でしょう。
西洋医学的治療と代替療法(というより統合医療)に精通している医師がいたら
患者はとてもありがたいですが、今のようにケンカしている。
それでは自身で判断せざるおえない。
それには、代替医療のオカシナところの害のほうが多い ということです。

60 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:01:14 ID:i10oCsHQ0
>>56
>知り合いが自然治癒力を用いた治療で回復したという根拠があるのですか。

私の周りは、みんな代替療法を取り入れて良かったと言っているよ。
認められないのは医者だけでしょ。


61 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:05:41 ID:+yhWz3bF0
>>53
これがたいへん危険なんです。
癌は未だ克服できない病である現状を無視しています。

>知り合いが、三大療法を受けて死んで始めて目が覚めたよ。
>自然治癒力を軽視した治療は間違いであるとね。

これはまるで癌は自然治癒力で治るもの、といった謝った認識に取られかねない。


62 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:08:07 ID:2kTMkBj30
>>60
>私の周りは、みんな
何人ですか。数人のデータを一般化するほどバカではないでしょうね。

63 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:08:35 ID:+yhWz3bF0
読めないのでAAを貼るのはやめて。

文も短めにお願いします。

64 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:09:21 ID:i10oCsHQ0
>>59
>医者にかかる時点ですでに代替で対処できない状態であることのほうが
>ずっと多いではないですか?
>そもそも代替療法は「治療」なんですかね。
>補完ととらえるほうが適切ではないですか?
>西洋医療における治療を最大に生かすような、生体を良い状態に
>保つような心がけ そんなものだと思っています

このようにしか、医者が考えられない間は、医療不信はますます増加する。

なぜならば、治せない病気が多すぎるからだ。薬の副作用で苦しむ人が多すぎるからだ。


>過剰医療にさせないためには患者が人任せにせず
>自身のことをもっと責任持てるようになることは必要でしょう。

何患者のせいにしているのよ。医者が判断しなきゃいけないことでしょ。
患者さんに判断させるなら医者いらないよ。 薬局で薬売ってくれ。

65 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:13:59 ID:+yhWz3bF0
>>64
まず、わたしは医者ではない。
私には幸福なことに医療不信はない。
それは、無知でいるお任せではなく自身のことを自身で充分に考えることが出来た上で言っています。

対する代替医療には不信部分が多すぎるのです。
これでは取り入れなければならない良い点でさえ見逃されてしまう。

後半読めないので短くお願い。

66 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:18:07 ID:i10oCsHQ0
>>61
>癌は未だ克服できない病である現状を無視しています。

本当にそうか?医者がそう思っているだけじゃないの?本当は、今よりもっと
良い方法が開発されているのに、三大療法にこだわって出し惜しみしている
だけじゃないの?

>これはまるで癌は自然治癒力で治るもの、といった謝った認識に取られかねない。

自然治癒力で、生活の質も上がるし、延命もできるさ。

癌になる前なら、自然治癒力を高めることで癌にならないようにできると
言うことを、貴方達は忘れているよ。

生活習慣病の予防で薬を飲むよりずっと大切なことだよ。

67 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:20:47 ID:i10oCsHQ0
>>65
>対する代替医療には不信部分が多すぎるのです。
>これでは取り入れなければならない良い点でさえ見逃されてしまう。

貴方がそう思うなら、それでいいんじゃない。自己責任の時代だからね。


>後半読めないので短くお願い。

どうして、そんなパソコンあるの?


68 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:22:06 ID:2kTMkBj30
>知り合いが、三大療法を受けて死んで始めて目が覚めたよ。
>自然治癒力を軽視した治療は間違いであるとね。
知り合いの死はショックなことでしたね。
ただそれを契機に、西洋医学を否定し、全て代替医療にというのはあまりに極端。
マリリンさんの思考パターンが現われていますね。

69 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:25:00 ID:+yhWz3bF0
私は
>健康時や未病期やには有効なのは認めるところですが
と言ったでしょう?

あなたは進行した癌までまぜこぜにしています。

>自然治癒力で、生活の質も上がるし、延命もできるさ
だから統合医療が上手く進むことを望みますが
今の 西洋医学に敵対するやり方ではそうならないでしょうに。


70 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:25:55 ID:JBnMb8JB0
癌は自然治癒力が誤った暴走したものなんだが。
癌自体に関して言えば自然治癒力が異常に亢進している。
そんなに簡単にコントロールできる位なら最初から癌に成らん。


71 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:27:50 ID:i10oCsHQ0
>>68
>西洋医学を否定し、全て代替医療にというのはあまりに極端。

私は仕事柄、動物には医薬品も使うし手術も検査もする。
西洋医学をまったく拒否はできない立場にいる。

だけど、今の医療機関のやることが信用できない。
病院なんかに行ったら嫌なこと、私の体にとって悪いことをされる。
副作用が出て、どうにもならなくなるまで医者達は薬の処方を止めてはくれない。

ならばできる限り、自分で何とかしようと思っているだけ。


72 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:30:58 ID:i10oCsHQ0
>>70
>癌は自然治癒力が誤った暴走したものなんだが。
>癌自体に関して言えば自然治癒力が異常に亢進している。
>そんなに簡単にコントロールできる位なら最初から癌に成らん。

だからさ。三大療法で癌を治そうと思うことが無理なんだって。

西洋医学には細胞免疫療法や癌ワクチンがあるでしょ。何故あれを出してこない?


73 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:31:50 ID:2kTMkBj30
極端な思考が偏見を生み出す。
自然治癒力を引き出すことで、癌にならないですむ人もいるが、それでもなる人もいる。
代替医療が有効な方もいれば、西洋医学を有効な方もいる。
本来協力して統合医療があるのでしょうが、マリリンさんの思考では敵対する別物という発想。
その二分割の思考パターンが偏見を生み出す。

74 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:36:16 ID:i10oCsHQ0
>>73
>統合医療があるのでしょうが


統合医療が達成できたら、あんたの言っていることも信用しても
いいけど。現実問題として、統合医療をやってくれる病院なんて何処にあるのさ。

今の現状では、医療不信が広がるだけ。

75 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:36:55 ID:+yhWz3bF0
>三大療法で癌を治そうと思うことが無理なんだって。
無理じゃないです。
それで治っている例が増えてるのも確かなんですから。
急性期に効果があることが証明されている治療で対処する、当然でしょう。
但し万能ではない。あたりまえです。

>細胞免疫療法や癌ワクチン
今後進んでほしい分野ですが、これを一般的とするにはまだまだですね。

76 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:39:23 ID:i10oCsHQ0
>>75
>それで治っている例が増えてるのも確かなんですから。

それで治っているのは、がんもどきを癌扱いにしているからでしょ。
癌の死亡率なんて増えるばかりじゃない。死亡率減らしてから治っている人もいると
言ってよね。

77 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:42:19 ID:+yhWz3bF0
>>76
おやおや、、、
完全に近藤先生の信望者なのですか?

私は、
治る者でさえその恩恵から遠ざけるような発言になりかねない
そんな影響を与える発言をする医師は信用できませんが。

78 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:43:06 ID:i10oCsHQ0
>>細胞免疫療法や癌ワクチン
>今後進んでほしい分野ですが、これを一般的とするにはまだまだですね。

そうかな。現時点でも三大療法と>細胞免疫療法や癌ワクチン
どちらを受けるか癌患者に選ばしてごらんよ。

絶対、>細胞免疫療法や癌ワクチンに軍配が上がるから。
それが分かっているから、のらりくらりと出し惜しみしているんでしょ。

79 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:44:53 ID:i10oCsHQ0
>>77
>治る者でさえその恩恵から遠ざけるような発言になりかねない

癌の死亡率が下がってきたら、貴方の言っていること認めるよ。

80 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:46:42 ID:+yhWz3bF0
まず費用の面で、そして対応できる機関も限られる
誰にでも出来る治療ではないですね。

絶対、>細胞免疫療法や癌ワクチンに軍配が上がるから。
それはない。まず確実な成果があるほうが選択されます。
どのような時期の患者を対象にしています?

81 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:50:49 ID:2kTMkBj30
>>79
肺炎などで早死にする人が減ったから相対的に癌になる人が増加したため。
癌の中には、胃癌のように手術により明らかに死亡率が下がっている癌もある。

82 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:52:58 ID:i10oCsHQ0
>>80
>まず費用の面で、そして対応できる機関も限られる
>誰にでも出来る治療ではないですね。

そう思うでしょ。だけどほったて小屋みたいな獣医の大学病院で行える
治療のようだから、施設や費用は、そんなにかからないようだよ。(細胞免疫療法や癌ワクチン )

獣医の方だと、転移のあるメチャメチャでかい乳ガンが3クールやるだけで副作用なしで
寛解に導けたと言っていた。

人間の方は、末期でとても治癒の見込みのないひとが12クールで寛解に導けた
と言っていたよ。治験段階(獣医の学会で発表)

83 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:53:38 ID:+yhWz3bF0
>>79
西洋医療によって治療効果が上がり治癒率の上昇や延命率が伸びているのです。

あなたがどう思って自身の病にどう対処し行動するかは自由、
自己責任ですからね。
でも、他に影響を与えるのは自重してほしいところです。
ネガティブな面ばかりを見て医療不信に陥っているのは残念に思う。
それだけでも心身によくない影響を与えているでしょうに。


84 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:54:44 ID:i10oCsHQ0
>>81
>胃癌のように手術により明らかに死亡率が下がっている癌もある。

胃なんかとられてはたまりませんわ。手術以外の方法を考えて欲しい。

85 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 09:56:17 ID:i10oCsHQ0
>>83
>でも、他に影響を与えるのは自重してほしいところです。

すべての情報を与えることで、患者は自身の受ける治療を選択できるんだわ。

86 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:56:29 ID:+yhWz3bF0
>>82
期待はしていますよ。
でも現実にはまだ「整っていない」のです、
治験段階ではね。

87 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 09:59:56 ID:+yhWz3bF0
>すべての情報を与えることで、患者は自身の受ける治療を選択できる

その「すべて」が一様に対等なものだとは言えません。
患者の無知につけこんではなりません、でしょ。
よいことばかりを並べ、しっかりとした情報を出せないものと
厳しいチェックを超えてきたものを同列かのように思わせてはならない。

88 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 10:00:30 ID:i10oCsHQ0
>>86
>治験段階ではね。

来年から行われる混合診療で治験段階の治療が受けられるようになることを
願うしかないね。

それまで、病院なんか行かない。と言うか怖くて行けないよ。殺される。


これから出かけるなで、これで落ちます。行ってきます。

89 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 10:01:40 ID:i10oCsHQ0
>>87
>よいことばかりを並べ、しっかりとした情報を出せないものと
>厳しいチェックを超えてきたものを同列かのように思わせてはならない。


厳しいチェックをやらん医者が悪い。

90 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 10:04:31 ID:+yhWz3bF0
行ってらっしゃい。
怖がる、これは良い状態ではないですよ。
それでは、あなたの体もそのように反応しているはずです。

色々言いましたが、そんな自分も爪もみは毎日やっています w
ではわたしも落ち。
また会えますかね?

小林さんという方も、、また会いましょう。

91 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 10:05:46 ID:+yhWz3bF0
>>89
いや、それは代替を推し進める側がしなくてはならない。

92 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 10:24:44 ID:hix96zzp0
>>87
厳しいチェックと言うものが、現代医学的なものであれば、現代医学以外の体系には適用できんわけだが?
場蚊ではないか。
くっくっく。

93 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 10:35:50 ID:+yhWz3bF0
>>92
煽りはけっこうです w
自分はあなたを評価する者、敵対するつもりはないので
逃げないでまっすぐにお願いします。

現代医学は、現代医学の体系に適応できる厳しいチェックを通った療法、です。
それでけっこうですね。

現代医学以外の体系で適応する「厳しいチェック」とはどのようなものか?
それを代替療法は自らに課しているのか?

94 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 10:39:07 ID:hix96zzp0
>>93
代替療法として、その治療が継続しておる期間をもって「厳しいチェック」となるわけだが?
駄目な代替療法は今でもどんどん廃れておるぞ。
かつての紅茶キノコのようにな。
くっくっく。

95 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 10:45:46 ID:+yhWz3bF0
>>94
>その治療が継続しておる期間をもって

??それだけ?たったそれだけ?
うーん・・

治療が継続していると言っても対象患者は移り変わっていきますね。
「効果」がなかった患者含め、です。
これではますますまゆつばに惑わされないように監視がいるように感じますが。

96 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 10:49:30 ID:+yhWz3bF0
これ以上なにも出来ない、もう手のほどこしようがない、などと言われてしまう時期には
誰でも何かにすがらなければいたたまれなくなるでしょう。

その時期に、なにか効果があるかのような物言いをされたら
誰でもすがりたくなるでしょう。
その需要の継続で「効果があるのだとの厳しいチェック」とは言えないと思います。

97 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 10:58:41 ID:hix96zzp0
>>95
それだけで十分だな。
現代医療で100年以上継続した治療法があるか?
代替医療は経験の積み重ねだ。
そして、市場原理で淘汰される。
もちろん、科学的な否定も為される。
それらをかいくぐって原罪も行われておる治療は現代科学のチェックより、厳しいチェックを通り抜けてきたと解釈すべきだな。

98 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:02:24 ID:hix96zzp0
>>96
現代医療の最大の問題は、人体そのものではなく、病名に対して治療すると言う唯名論にある。
病名の付かない病気に対しては、治療しようがない。
しかし、例えば中医などは病名など関係ない。
弁証論治するだけだ。

あ〜、それから現代医療で手の施しようも無いのであれば、現代医療はもはや口出しできないわけだな。
見放した以上、患者が度のような選択をしようが何も言えないんだよ。
それに文句があるならば、見放さなければよかろう。
簡単なことだ。
くっくっく。

99 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 11:03:57 ID:+yhWz3bF0
>>97
経験値なのですね。。
それは患者の気のせいも含まれます。
プラセボといったもの、否定しませんし精神療法も大事です。
ですが、それだけで西洋医学に並ぶものとは言えないでしょう。
まして、現代医学を否定する根拠にはなりえません、でしょ?

淘汰され科学的な否定をされる過程でも、惑わされて適切な治療を逃す患者が生まれる。

100 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 11:06:34 ID:+yhWz3bF0
>あ〜、それから現代医療で手の施しようも無いのであれば、現代医療はもはや口出しできないわけだな。
>見放した以上、患者が度のような選択をしようが何も言えないんだよ。
>それに文句があるならば、見放さなければよかろう。
>簡単なことだ。

そうです、最期まで見放されない。
治癒できないとしても、みはなされない医療を望みます。
具体的には緩和医療による症状の改善ですね。

101 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:18:07 ID:hix96zzp0
>>99
あのな〜、現代科学と宗教は、ともに人間社会において並んでおり、優劣は無いんだよ。
同様に、建築工学と大工の経験も同じことだ。
いいか、科学的にそのようなものを建築できるとしても、地元の大工の経験に優ることはない。
なぜなら、科学とは自然の抽象であり、経験とは自然そのものだからだ。
科学的否定など、現実の経験の前には無に等しい。
科学の理論など、一つの反証事実で完全に覆されるのだからな。
くっくっく。

102 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:20:16 ID:hix96zzp0
>>100
で、おまえは見放されない医療と言うものが、実は医学的な根拠をもたない現代医学の人体実験だと言うことを理解しておるのか?
何百年も経験を蓄積してきた治療と、明日変わるかも試練科学理論に基づく思い付き治療とどっちを選ぶんだ?
場蚊ではないか。

103 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 11:22:18 ID:+yhWz3bF0
>>101
ひとつの反証事実、とは?

現代医学で理解不能な自然治癒がたまに起こることを指して言っているですか?
それを引き出す能力が代替医療にあると言いたいのですか?

あるとすれば人間の中にあるもので代替医療にあるのではないでしょう。

104 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 11:29:19 ID:+yhWz3bF0
>実は医学的な根拠をもたない現代医学の人体実験
それは経験値で構築してきた「何百年も経験を蓄積してきた治療」とて同様。
現代医学はまた別の側面から効果を狙うもので、その成果は上がっている。

>現代医学の人体実験
けっこうです。
ひとつづつの事例が後の役にたつものになりうる。
思いつきなのか、チャレンジなのか それは患者の受け取り方しだいです。

105 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:42:36 ID:hix96zzp0
>>103
そうではない。
科学とは仮説の集合体だ。それらの仮説は現在までの観察事実を矛盾なく論理化したものだ。
それに対して矛盾する観察事実が提示されれば、その仮説は覆されると言うことだ。
これを「反証可能性」と言うんだよ。
科学の条件の一つでもあるのだ。
しかし、代替医療は科学ではない。
経験だ。覆せないんだよ。

それから、>現代医学で理解不能な自然治癒がたまに起こることを指して言っているですか? ・ではなく、現代医学は自然治癒などと言う現象などもともとなんの理解もしておらん。
理解しておるのは、病態がどういうものかと言うことだ。
みたことのない病態には対処しようが無いんだよ。
結局、現代医学は逆療法であり、対症療法でしかないのだ。

106 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:43:49 ID:hix96zzp0
>>104
だから、現代医学と代替療法は等価だと言っておるのだ。

>思いつきなのか、チャレンジなのか それは患者の受け取り方しだいです。

ならば、代替療法で何がいかんのだ?
何を選ぼうと、患者の自由意志ではないか。
くっくっく。

107 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 11:44:14 ID:iaeRnEJ50
>>103
>それを引き出す能力が代替医療にあると言いたいのですか?
>あるとすれば人間の中にあるもので代替医療にあるのではないでしょう。

一人で放り出されてもたどり着けません。
代替医療に人生をかけている人がいるから西洋医学に「不治の病」と
宣言されても望みを持てた。

一つ一つは微力でもいいのです。全部をカバーできる偉大なものなんてありません。
微力なものに必要なものがある。
数珠繋ぎにして初めて結果がでます。


108 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 11:50:50 ID:hix96zzp0
>>107
そのとおりだ。
コヤヤシにしてはいいことを言うではないか。
くっくっく。

109 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 12:46:38 ID:iaeRnEJ50
患者スレから持ってきた。

544 :病弱名無しさん :2007/02/04(日) 00:40:21 ID:MQD5DHjW
>>1
大病を患うと、そんなこと言えなくなるよ。
最近、自殺したアナウンサーと同じ病気になってみたらわかるよ。
免疫の病気なんて、本人にはどうすることもできないただの現象だってことが。
アトピ患者診てても思うけど、症状が重くなると、
宗教や江原に傾倒してしまうんだよね。


546 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 07:44:08 ID:eAEwYYXP
>>544
こう見えても私も大病なんですよ。私の病気は彼女とほぼ同じです。


548 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 07:55:33 ID:eAEwYYXP
>免疫の病気なんて、本人にはどうすることもできないただの現象だってことが。

私は最初からこう考えなかったし、
そう考えたことが一度もありませんでした。
当初考えていたよりもよりは時間がかかったけどね。
SLEの自己免疫が陰性になるまで。

でも今の人は同じだけ時間はかけなくてもすむと思う。
時代がシンクロして進化しているから。
--------------------------------------------------------
「不治の病」と言われて「ハイ、そうですね」と納得してしまう人の方が実は
私にはよくわからない。
皆さんはどうですか。ご自身がそういう状況になったらどう考えますか。


110 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 15:57:08 ID:RoPU0B1v0
『舌苔神のプロファイリング』

「傾向」
科学という言葉と科学の否定が大好き。
→科学的な権威を否定。

院卒の工学博士と中卒の大工の例を好んで出す。
→学歴による権威を否定。

真理の前には科学も無力であることを引き合いに出す。
→仏教に傾倒するご年配の方。

現代医療をけなし、代替医療を押す。
→本人が代替医療の療術師である可能性が高い。


111 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 15:58:07 ID:RoPU0B1v0
「予想される人物像」
推定年齢50〜70
学歴:中卒
職業:代替医療。wikiの編集。
特技:手技療法
尊敬する人:スティル博士。フルフォード博士。
大切なもの:仕事で使うパーカッションハンマー。

医師の子として生まれた彼は幼少より頭の出来の悪い子であった。
見かねた父親の虐待を受け、その身体にはアオアザが絶える事がなかったという。
小学校・中学校を卒業し、大工の道へ進み数十年の経験を積む。
院卒の工学博士より上手に犬小屋を作れることが彼の自慢であった。

生来愚鈍な彼は、ここでも親方達の虐待を受ける。
あるとき、頭を金づちで叩かれたショックで、記憶力が目覚める。
いろんな知識を吸収した彼は、医学に憧れるが
その学歴が災いして断念。代替医療の道を歩むことになる。

2ちゃんねるでの活躍はご存知の通りである。
誰彼の見境なく「馬蚊」呼ばわりし、嘲笑「くっくっく」を浴びせる。
院卒の工学博士と中卒の大工の例を好んで持ち出し、
科学の権威と学歴の権威の否定に血道を上げる。(他にエネルギーを向けろよバカ!)
特に医師へのコンプレックスは激しく、根強い憎悪を持つ。

あっはっは。

112 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/04(日) 16:49:18 ID:WOx0qFtd0
単なる「団塊」じゃねーの?

113 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 17:53:57 ID:KLIKwA54O
110〜111                                                                                罵過  ぐふ、ぐふふふ。

114 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 18:58:36 ID:3lpPKdpP0
文章を読む限り絶対神は割と若いだろう。
実社会経験は浅いと思われる。
現在のポジションには満足出来ていない。鬱屈している。

115 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 19:05:17 ID:iaeRnEJ50
112はセナ

116 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 19:06:15 ID:iaeRnEJ50
甲になってる。小技。

117 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 19:19:05 ID:9X4Gyujb0
やれやれ、場蚊が集団でゴマメの歯切り大会とは珍しいな。
お前ら如きでは、儂の相手にならんの〜。
くっくっく。

118 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 19:30:01 ID:3lpPKdpP0
ネット検索(Wiki?)を用いるにしても、開ける引き出しがどこかわかるのは偉いかな。
徹頭徹尾、同じ態度で居続けることが出来るのも評価。

山奥の仙人といったところかw

119 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 19:51:13 ID:+yhWz3bF0
まともに答えてくださってありがとう。

>>105
>矛盾する観察事実が提示されれば、その仮説は覆される
でも提示されていませんよね?
>現代医学は逆療法であり、対症療法でしかないのだ
それでいいでしょう。
修復する、その後は正療法や原因療法?におのおの自由に取り組めばいいんです。

>>106
自由意志を操作するのはイケナイけど統合医療がいけないなんて言ってません。
でもどうしても完全な自由意志なんてないんですよね、
現代医学にしても代替医療にしても。
だからこそ、過剰な推進は問題あるのです。



120 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 19:52:16 ID:+yhWz3bF0
>>107
それは危ない考え方に見えます。

何かに頼って自然治癒力が働き奇跡的な治癒、なんてのはどこか変。
根拠もなく証明は出来ないですが「不満がある⇒求める⇒得られる」ようなものではないと思う。

121 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/04(日) 20:12:03 ID:9X4Gyujb0
>>119
そうではない。
現代医療はアロパシーつまり症状の逆の状態にもっていく治療だ。
これの対極がホメオパシーとなるわけだ。

代替医療に過剰な推進などありえないんだよ。
代替医療と言う言葉自体、既に従属物ではないか。
正統医療で上手くいかない問題がある時、代替医療を使えばいいのだ。
馴れてこなければ、いきなり代替医療を選択することは不可能だな。




122 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 20:20:17 ID:KLIKwA54O
山奥の仙人は弟子のSBX                                                                          ぐふふ。

123 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/04(日) 20:39:10 ID:iaeRnEJ50
>>120
>何かに頼って自然治癒力が働き奇跡的な治癒、なんてのはどこか変。


頼るのが上手い方が代替療法は効きます。単細胞な人ほど。
能動的過ぎる人はには猜疑心が邪魔します。

この猜疑心を解消するのが一苦労なんですが、
それが済むと突然効果のあるものにバンバン出会うようになります。

私の場合、ステロイドといい関係を作るのに6年というか、
再燃して腎不全で死ぬ寸前まで行きました。
それでやっと「信じる」ということを体で理解しました。
それでやっと医学も代替療法も何でも分け隔てなく信じる対象になりました。


124 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 22:19:49 ID:+yhWz3bF0
>>121
>代替医療に過剰な推進などありえないんだよ

代替医療そのものになくても扱う人や勧める人に行きすぎがあるんです。
漢方でもそうですけど生体と治療法の組み合わせの微妙さ、万人に共通のエビデンスなんて画一的なものはないから
ある人に有効でも他の人には当たらないのに「これしかない、これ以外はダメ」は言えない。
まぁそれは現代医療でもほんとはそうなんですけど。

現実にばく進する癌細胞に対し現代医療を否定し代替医療で、は行き過ぎた無茶でしょう。

125 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 22:57:48 ID:Yu/Dl8FV0
代替療法は信じる者にだけ効果があります。

126 :湯島天神:2007/02/04(日) 23:03:27 ID:9nYVvC8U0
まあ例えるなら
西洋医学はポルノ雑誌でオナニー
健康的な姿だ

代替医療は夜空の乙女座を見てオナニー
想像力豊かな変態揃い
スペルマの届くだけ西洋医学はましだと
そういうことだ

かっかっかっ

127 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/04(日) 23:34:31 ID:7VCKsGP30
>>124
>現実にばく進する癌細胞に対し現代医療を否定し代替医療で、は
>行き過ぎた無茶でしょう。

進行癌の場合、現代医療でも代替療法でも延命効果しかないよ。
副作用で苦しまないだけ、代替療法の方がましかも知れない。

治験中の細胞免疫療法や癌ワクチンが受けれるようになれば現代医療に
軍配が上がるかもしれないけどね。

128 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 23:48:51 ID:+yhWz3bF0
>>127
ばく進、進行がんでなくても癌は暴走を既にはじめたものです。
現代医療が怖いと惧れ、代替でなんとか止められるのではなどと思っていると
現代医療の治療で治癒が見込めるものまでその機会を逃します。

>正統医療で上手くいかない問題がある時、代替医療を使えばいいのだ
これは各自の自由。

それが最も大きな弊害です。

129 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 23:52:35 ID:+yhWz3bF0
>>123
信じ込むことによって体のほうも沿ってくるのはあるけど、なにが体の自然に沿うものなのか? 冷静さは必要。
もし「信じる」のが盲信ならば体は反抗するんでしょう。
>何かに頼って自然治癒力が働き奇跡的な治癒、なんてのはどこか変。
と言ったのは、なにかに頼る が外にあるもののうちはどうなのかな?ということ。

体に聴く?
危ないと感じられたら戻らなければならないので
しがみついているものから離れること。

受け手の能力(身体的にも精神的にも)にもかかってくる。
それにはまず心のありようが原点にあるように思います。
能動でもハズレでなければ沿ってくるし、その時治癒力は最大に発揮される かな。


130 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 23:54:49 ID:+yhWz3bF0

>死ぬ寸前まで行きました。
>それでやっと「信じる」ということを体で理解しました。
>それでやっと医学も代替療法も何でも分け隔てなく信じる対象になりました
良い方向に向いているなら体が教えてくれる、でしょうか。
今の小林さんは今までの過程の集大成なんですね、わたしも多分そうです。

先は分りませんけど
あらゆる方向から平安を引き出す方法を見つける現実的な能力 の過程 ですよ w
ネガティブな想いに引き込まれるのが一番自身に毒ですからね
受け入れどこでどうであれ幸福でいる それしかない。

131 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/04(日) 23:57:34 ID:WOx0qFtd0
統合失調症の患者さん、その進行例の方々の姿を見たことがあるか?
彼らは既に迫害的な幻聴もなく、単純化された自分を賛美する幻聴が強くなって、
一日中ニヤニヤと実に幸せそうにしているぞ。

それと何ら変らん幸福が欲しい訳だな、小林/いといろw

132 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 00:06:59 ID:bqclwKPK0
>>127
palliative chemotherapyってのもあるが。

133 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 01:26:14 ID:j+h85wRa0
>>127
先入観だけでものを言ってはいけません。
とりあえず>>132について調べてご覧なさい。

134 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/05(月) 06:56:42 ID:cQIjM7GE0
>>124
そんなものは、どの業界でも同じことだ。
それ自体をとやかく言う前に、受手のほうに情報を提供することだな。
代替療法の利点ばかり述べる相手がおれば、欠点ばかり述べればいいではないか。
ただし、事実に基づいたものでなければ、誹謗中傷だぞ。

あ〜、それから個々の患者は自分だけ治ればいいんだよ。
他人の心配までする余裕は無いのだ。
くっくっく。

135 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/05(月) 14:05:25 ID:N6aqP+Y90
>>129-130
>危ないと感じられたら戻らなければならないので

>能動でもハズレでなければ沿ってくるし、その時治癒力は最大に発揮される かな。

>あらゆる方向から平安を引き出す方法を見つける現実的な能力 の過程 ですよ w
>ネガティブな想いに引き込まれるのが一番自身に毒ですからね

私の場合、再燃は2回ですが二度ともステロイドの自主離脱でした。

一度目は波動水の能力に対する挑戦でした。
それは自我で「ステロイドに勝ちたい」と思って、つまり「信じたつもり」で負けました。

二度目は「O-リングテスト」のお告げでした。自我では「不安」でした。
でもその不安の奥に、「今これをしなくてはいけない」という気持ちも強くありました。

二度目の再燃では睡眠薬の注射で一瞬心停止、透析導入、ルートが外れて失血死寸前
などの地獄を味わいましたが、おかげで自分の自我の操作では解放できなかった
毒気が抜けることが出来ました。
抗DNA抗体の数値が突然正常範囲まで改善したのもこれを境にです。

だから、「自我の平安」と「治癒」は別物と考えていた方がいいですよ。



136 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/05(月) 14:10:43 ID:N6aqP+Y90
二度目の再燃の前は15rが私のステロイド減量の限界と言われていました。

今は3.9rです。

まさかその違いを「エンドキサン9クールのおかげ」と考えませんよね?

137 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 14:29:12 ID:V0HMAgV60
病勢は時期によって随分違うんじゃないの?

言われた当時は15mg(プレドニンか?それともデカドロンか?w)が
”限界”だと判断された、というだけのことでしょう。
いまさら正しかったか間違っていたかを確かめる術はないものを大騒ぎするのはナンセンス。

138 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 14:31:35 ID:V0HMAgV60
いまさら正しかったか間違っていたかを確かめる術はない。大騒ぎするのはナンセンス。

ところでリンゴ病はどうなった?w
ウィルス治療したからステロイド投与量が減ったのかもよ?ww

139 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 14:39:24 ID:4g1UsYQe0
>>135後半読めませんがコメント
よかったです、それははたして何のおかげなのか?
あなたの持つ能力治癒力が最大に引き出されてるんでしょうね。
能動でもハズレでなければ沿ってくる。
でも、大概1度目のような例になってしまいがちでは。

私の場合、
全身性エリテマトーデスの発症。
なにもせずにカンカイしましたが、膠原病因子はかかえたままです。
癌患者でもあります。
治療期には自身で知らずうちに統合治療を実践し、それは現代医療の恩恵を最大に得られる結果を生むことでもありました。





140 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/05(月) 15:26:13 ID:N6aqP+Y90
>>137
言われた当時は15mg(プレドニンか?それともデカドロンか?w)が
”限界”だと判断された、というだけのことでしょう。

プレドニンです。自分の希望で減量して12.5rでしばらく経過していた時に
「やっぱり15ですね」と当時の先生に言われました。


141 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/05(月) 15:29:45 ID:N6aqP+Y90
>ところでリンゴ病はどうなった?w

さあ。もう一度検査に出してもいいですけどね。
抗体がどうなったのか。そのうち気が向いたら。

142 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/05(月) 15:35:05 ID:N6aqP+Y90
>>139
135の後半
地獄を味わいましたが、おかげで自分の自我の操作では解放できなかった
毒気が抜けることが出来ました。
抗DNA抗体の数値が突然正常範囲まで改善したのもこれを境にです。
だから、「自我の平安」と「治癒」は別物と考えていた方がいいですよ。

>それははたして何のおかげなのか?

「自己神格化の罪」を謝罪したこと。神と和解したことです。
自分の無意識の唯物論的思考から解放されて信心できるようになったこと。



143 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 17:13:59 ID:4g1UsYQe0
ただ自我の平安ではごまかしの平安もある か。

>「自己神格化の罪」を謝罪したこと。神と和解したこと
>自分の無意識の唯物論的思考から解放され
ることは、治癒と関連ありますね。

144 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 17:59:50 ID:v1sserc50

Wiki検索のはやきこと風の如く
都合の悪いレスには静かなること林の如く
罵詈雑言で煽ること火の如く
自説に固執し動かざる事山の如し
       ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、        , -‐、/./.- 、
    / | |    ヽ   l l        ( 火◇風 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、      ノ ◇ ◇ (
  /o O / l´ ノ      ヽ lo ',ヽ      ( 山◇ 林 }
  \___/. ト、  ●    ● ハ  ∧      `⌒/7へ‐´  
 / ,イ   レ_   ( _●_) ミl~T--‐彡    /./      
/ ̄ ̄l.  彡、   |∪|  ノ'l  l::::::::::彡ー7⌒つ、     
彡:::::::::::l  ト、___ヽノ /|  l::::::::::::ミ  {,_.イニノ   
彡ソ/ノハ   ト、 \  / ,イ  川ハ ヾー‐'^┴'
くっくっく。



145 :卵の名無しさん:2007/02/05(月) 18:22:10 ID:4g1UsYQe0
>>134
>受手のほうに情報を提供することだな。
と思って代替は精力的なんですね。
>代替療法の利点ばかり述べる相手がおれば、欠点ばかり述べればいいではないか。
欠点を述べなければ。
たとえわたしが猛反対でないスタンスとしても、その欠点は欠点ですから。
>ただし、事実に基づいたものでなければ、誹謗中傷だぞ。
事実?なにをもって事実というのか。
事実に基づくとしたら現代医療のほうが信頼できます。
限界を見据えているからです。

>あ〜、それから個々の患者は自分だけ治ればいいんだよ。
>他人の心配までする余裕は無いのだ。
それは随分見くびった意見ですよ。




146 :卵の名無しさん:2007/02/06(火) 13:02:53 ID:vl765Dii0
>>84
バカか?
お前なんかの戯言を真に受けて手術拒否して、十分助かるのに手遅れになる患者がいたら
どう責任取る?お前は人殺しだぞ?

147 :神田明神:2007/02/06(火) 16:06:56 ID:53tfQYCF0
まあ、なんだ

雨乞いして雨がふった
ああ、天に我が意が通じたと


代替療法というのはそういうもんだ



かっかっかっ

148 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/06(火) 16:39:58 ID:1Qms+z7x0
>>147
それが何回再現されるかと言うことが、代替療法の継続性になるわけだ。
理解できたか?
しかし、将門にしては脳がたりンぞ。
祟られんうちに名前を変えろ。
くっくっく。

149 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/06(火) 18:21:35 ID:XdcbMX2N0
皆さんの経験された「代替療法」って何?私はですね、

タヒボ茶、漢方酒、ヒランヤ、西洋占星術、タロット、バシャール、エクトン、瞑想、世にも美しいダイエット、
甲田式、3日断食、波動水腸洗浄、鞍馬山参拝、チャネリングのセッション、レイキ、チタンテープ、キネシオテープ、
波動転写機アポロ、PH研鑽会のCD、青木侑子CD、郁子CD、船井カード、レーザーポンター、クラニオ、
頭骸調整、鍼灸、カイロ、O-リングテスト、フーチ、パープルプレート、炭、ブラックシリカ、マイナスイオン空気清浄機、
はてなちゃん、ファブリーズ、ピップエレキバン、マグボーイ、水晶、オーラソーマ、リカちゃん大人買い、ビーズ細工、
ガーデニング、EM、ダンス☆マン、アンティーク着物、チャングムの誓い、自ビール、ブルーベリー、ヤーコン
チゲ鍋のたれ、キムチ、サプリメント数十種、チタンゲルマ美容ローラー、バイオラバー、酸素、爪もみ、
デュークウォーク、ヨガ、トレハロース、鼻洗浄器、サフラン、トルマリン、ウコン茶、バッチフラワー、
ローズマリー茶、ミルクシスル茶、カモミール茶、チェストツリー茶、アロマセラピー、湯治、ゲルマ温浴、サウナ、岩盤浴、
アロエ、メビウス結界、過去世、動物霊浄化、先祖の浄化、御香、各方面の神様、お守り、魔よけの塩、トンパ文字のお札、
神社巡り、風水、プロゲステロンクリーム、オリーブ葉エキス、DHEAサプリ、MSM、ブラックカラント油、ボリジ油、アミノ酸、


ぐらいかな。あとなんだっけ。忘れた。




150 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/06(火) 18:33:59 ID:XdcbMX2N0
ちょっと出てきた。

アルファ美輝のサンダル、背筋矯正器、逆さ吊り器、アキレス腱伸ばし器、
テニスボール指圧、ビール瓶指圧、たもぎ茸、NASA開発の波動機械の調整


151 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/06(火) 18:44:15 ID:XdcbMX2N0
いやー、すっかり忘れてる。

丹羽SOD、金の水、プラチナナノコロイド、マヌカハニー

152 :貧相神(´・ω・`):2007/02/06(火) 18:59:15 ID:2jM+6Spx0
あの〜。その、ぼ、僕は貧相神(´・ω・`)といいます。
絶対神さんとは、な〜んも関係ありません。
たまに出雲で会うくらいです。

僕は頭は悪いし、ろくな教養もありません。
僕には皆さんの言葉が宇宙語に聞こえます。
ようするに全然わかれへんということです。

まあ強いて言わせてもらえば、
手技療法家の中には凄腕のゴッドハンドがおるということですわ。
会えた人はごっつい幸運やけど、めったに見つかりません。
そんな人まで拝み屋さん呼ばわりしたらバチ当たりまっせ。
ほなさいなら。

ぷっぷっぷちゅ。('A`)


153 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/06(火) 19:41:57 ID:XdcbMX2N0
スーパーサイバートロン、SE−5、

うわっなんだ、急に眠気が  zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

154 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/06(火) 19:55:41 ID:Y82IERIu0
>>147  >SBX

今日、鍼灸の先生の診察日でした。

お腹の堅さもだいぶとれて、血圧の薬を止めても167/105mmHgまで下がっていました。

とっても良くなっていますよと言われました。

鍼灸も効果があったのかもしれませんが
下記も私には効果があったような気がして仕方がないのですけど。


544 名前:SBX 投稿日:2007/01/24(水) 13:40:06 ID:USA0Fc4+0
マリリンさま
腎経の右の照海穴に一辺が6〜9oの黒の正三角形の色片を
底辺を体幹に向けて貼る。
大腸の左の陽峪穴に一辺が6〜9oの白い正三角形の色片を
底辺を体幹に向けて貼る。
紐を結ぶより効果がでます。三日間試してください。
筋診断という治療です。興味があれば筋診断で検索してみてください。



155 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/06(火) 20:01:17 ID:Y82IERIu0
>>146
>お前なんかの戯言を真に受けて手術拒否して、十分助かるのに
>手遅れになる患者がいたら どう責任取る?お前は人殺しだぞ?

マリリンが言っていることを信用して、手術を拒否する患者さんが
出てきたとしても、私には何の落ち度もございません。


手術させてもらえなかったのは、医者の説明に患者さんが納得できなかったからで、
納得させられなかった医者の責任です。

156 :卵の名無しさん:2007/02/06(火) 20:30:27 ID:TzlljG0B0
【社会】 「豆で25kg痩せアトピー完治!」「タマネギで糖尿病が大改善!」 健康雑誌、その真相は?
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170758088/
1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp] 投稿日:2007/02/06(火) 19:34:48 ID:???0
・どこかのテレビ番組であったような、なかったような情報で満載のこれらの「健康雑誌」。
 ほんとに大丈夫なんだろうか?

 1号あたりの発行部数15万9,000以上を誇る健康雑誌『壮快』。例えば、同誌07年3月号の場合、
「豆ダイエット」の特集がある。
 まずは料理研究家・タレントの園山真希絵さん。「豆ダイエットで25キロやせLLサイズから
 モデル体型に変身しアトピーも完治」と題し、一日9,000キロカロリーも摂取しながら、身長
 160センチ・体重40キロの体型を維持し、それは豆を食べるようになってからだという。
 タレント・ナレーターの魚住りえさんの場合、納豆、豆腐、おからなどの豆製品を食べるように
 なってから「いつの間にか」4キロ痩せた、などなど、いくつもの「豆ダイエット」の「奇跡体験」が綴られている。

 「健康扱うテレビ番組 すべて疑惑あり」で報じたとおり、研究者からは、「食事で長期的に
 ダイエット効果があるなんてことはありえないです」(共立女子大学・井上修二教授)「食べ物で
 痩せるというのは、むしろ毒があると思った方がいいです」(群馬大学・高橋久仁子教授)との
 指摘がされていたが、「豆ダイエット」の場合はどうなのか。

 『壮快』編集部に問い合わせたところ、室橋編集長の署名で次のような回答が書面で寄せられた。
 「この特集のねらいは『豆を食べるだけでやせる』ということではございません。『体にいい豆類を
 日常の食生活に上手に利用してダイエットに役立てよう』というのが主旨の特集でございます。
 実際、記事の中では、豆類以外の食生活について触れておりますし、運動についても紹介して
 おります。栄養学者の解説も紹介しております」


157 :卵の名無しさん:2007/02/06(火) 20:32:09 ID:TzlljG0B0
>>156
 ちなみに、特集記事のタイトルを挙げると「豆ダイエットでスーッと4キロやせお尻や太ももが
 細くなりジーンズがブカブカ」「冷凍枝豆を食膳に食べたら10キロ近くやせブヨブヨお腹が引き
 締まり腹筋が出現」「酢ピーナッツとゆでアズキで16キロやせ〜」「黒豆ご飯で知らぬ間に
 9キロやせ〜」という具合だが、驚いたことに、どうやら「豆だけでやせる」特集ではないらしい。

『壮快』07年3月号はほかに、「〈タマネギ〉で白内障 糖尿病が大改善!ひざ痛耳鳴りも消えたと
 超人気」「〈アワビの粉末〉で緑内障 白内障、飛蚊症 網膜症が大改善 視力も視界も視野も
 大復活」など様々な特集が掲載されている。株も売上も「吉方位」に置いたら急上昇するとか
 いう「財運ボックス」の特集はまあ別としても、そもそも医療的立場や科学的見地にもとづいた
 「健康雑誌」なのだろうか。

 室橋一彦編集長は、「弊誌『壮快』に掲載している多くの記事は、医療の専門家、研究者、
 著名人、読者等の署名記事でございます。医療的見地・科学的見地を基本としておりますが、
 専門情報等を日常生活に役立てるかけはしとして、読者ら一般生活人の体験記も掲載して
 おります。その場合も体験記に対する専門家のコメントを掲載しております」としている。

 一方、『はつらつ元気』07年3月号では、「ゲルマニウム温浴で肌ツルツル」「『ゴマのツボ貼り
 』療法」などが特集されている。ちなみに、ゲルマニウムは大阪大学の菊池誠教授に「健康に
 いいという科学的な根拠は無い」とされていたものだ。では、同誌では科学的な見地から
 編集されているのか。『はつらつ元気』の鈴木秀雄編集長からは意外な答えが返ってきた。

 「載っている記事がすべて科学的なエビデンス(証拠)があるのかどうか、というと難しい
 ところがありますよね。うちの場合、体験談にもとづいてそれを拾い上げて、実践術を紹介
 するというかたちになっています。健康や生命の営みを科学ですべて実証できるのかと言うと
 難しいですよね。例えば『気』とか。科学的にどうかというのは、あまりに『西洋医学的』な
 考え方で、民間療法とか体験データを統合して紹介しています」(以上、一部略)

 ttp://www.j-cast.com/2007/02/06005361.html


158 :卵の名無しさん:2007/02/06(火) 22:35:06 ID:tf35oCuy0
>>146
無責任だから2chで言いたい放題なのさ
そこを追求しても無駄

159 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/07(水) 00:10:11 ID:afGkrf+50
>セナ

「玉ねぎの皮で水銀排泄」です。
思い出した。これでアトピーが良くなったって聞いたんだ。

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/411/411714.html

160 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/07(水) 09:16:51 ID:jRxpnsYA0
>>152
貧相神、良いこと言ったぞ。
くっくっく。

161 :言耳又言方ネ申ネ土:2007/02/07(水) 10:29:32 ID:yZTG9F8K0
親父さま、このようなペンネームはどうですかね。
なれると色々作れて面白いや。

マリリンさん血圧下がってきてなによりです。
女の子だからもうちょっと下がるとよいですね。

162 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/07(水) 11:42:22 ID:afGkrf+50
免疫ミルクを忘れていた。

ところで、カソーダが届きました。カソーダはひまし油+重曹を練ったものです。

今度の代替療法は「ほくろ取り」。人相学ですね。

163 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/07(水) 14:47:44 ID:6q304+9p0
>>161
なんだか、読みにくいの〜。
まあ、いいのではないか。
くっくっく。

164 :最高神:2007/02/07(水) 14:49:57 ID:Y6hiTGw40
まあ、なんだ

西洋医学がどうのと議論するより
花咲かじじいが代替療法の元祖かどうか
それを議論した方がいいぞ

サイババは花咲かじじいの親戚だろう
ちがうか?



かっかっかっ

165 :SBX:2007/02/07(水) 23:33:39 ID:yZTG9F8K0
同じ川に飛び込む事は可能ですが
同じ川の流れに飛び込むことは不可能です…。

166 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 13:03:46 ID:/vq9E5iq0
カソーダ結構強力〜。昨日の夕方首のイボ一つ取れた。
私が首にカソーダちょっぴり塗ったら、夫がトイレに直行。
その後1時間ぐらいして私も。下痢というほどではなく、お腹のものが全部出てすっきりって感じ。
でも足はえらく浮腫んでびっくり。

寝る前に顎のホクロ3つに塗ったら、今朝ムーンフェイスの再来でびっくり。
20rは飲んでる顔。

167 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 13:04:50 ID:/vq9E5iq0
ところで、これ面白かったので持って来た。
カソーダもひょっとしてこれあり?

239 名前:可愛い奥様 投稿日:2007/02/04(日) 17:11:21 ID:LWycUIe4O
免疫疾患は、外に攻撃が向かってたものが、狂って内に攻撃が向かってしまう病気
だからつねにその攻撃が外に向かうようにすればいいわけです
身体に傷をつくれば
その傷をなおそうとする機能が外に向かう
実際痛みに耐えかねた患者はわざと身体に傷をつくる
すると本来の身体の痛みが消える
内にむかってたものが
あわてて こりゃ大変と外に向かう
そうやって地獄の痛みからのがれようとしてる患者は多いです

わからないでしょうね
あの痛みの苦しさを味わったことない人は
で私の場合フェイスリフト中、顔の傷を必死になおそうと攻撃が向かうから
身体がすごい楽になったまるで天国。でやめられなくなった。美容整形
顔に傷をつくる→痛みからの脱出
これくりかえしていたら、いつのまにか美人になった



168 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 13:14:23 ID:/vq9E5iq0
そういえば、子宮筋腫の手術は自分に負荷がかかるのかと思いきや
そうでもなかった。むしろ自己免疫は安定した。
甲状腺のう胞が3.5cmで見つかった時も、「へー、そっちへ移ったんだ」と思った。

ぜんそくの人が胃潰瘍になるとぜんそくが治って
その胃潰瘍を治すとまたぜんそくが戻ってくると夫が言っておりますが
どうなの?

169 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 16:30:29 ID:5hXIcagg0
>>168 >小林

>子宮筋腫の手術は自分に負荷がかかるのかと思いきや
>そうでもなかった。むしろ自己免疫は安定した。


私は人間の症例をあまり知らないので犬の場合で恐縮ですが。
子宮や卵巣を切除してしまうと、自己免疫疾患が安定する犬は多い。
多分、女性ホルモンの急激な増減が膠原病の発症に関係しているからでしょう。

貴方が、膠原病から回復したのは、>子宮筋腫の手術の成功が
大きかったのかも知れないね。

>甲状腺のう胞が3.5cmで見つかった時も

子宮や卵巣に問題があり、摘出手術した症例で、甲状腺機能低下症を発症している犬
もいる。その上に糖尿病を発症している犬もいるが、子宮、卵巣を全摘出すると甲状腺の
機能低下症も治らないはずの糖尿病も治ってしまうこともある。


ホルモン系や自律神経、免疫細胞が互いに影響しあっているためでの現象ではないかと
私は考えています。

170 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 16:37:33 ID:5hXIcagg0
>>165
>同じ川に飛び込む事は可能ですが
>同じ川の流れに飛び込むことは不可能です…。

不可能ですかね?西洋医学と代替療法、同じ川の流れに何とかしてならないですかね。

私自身は、代替療法と西洋医学のどちらにも受け入れられるような気がしますけどね。

だけど、小林さんの提唱する。占い、おまじない系の流れは理解することはできない。
そのため、私は彼女の話を理解することができないのでしょう。

171 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/08(木) 17:34:40 ID:m/VcKxAB0
>>170
マリリンは方丈記を知らんのか?
くっくっく。

172 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 17:54:23 ID:qJZTIv2Q0

方丈記は知っているよ。
方丈記ふうに解釈すると、川の流れは同じように見えても、そこに流れている
水は二度と同じ水ではないと言うやつでしょ。

だけど、その解釈だと>>165をどのように理解して良いかわからなかったので
勝手に解釈した。


引っかけではなく、もっと担当直入に言ってくれないと、私は理解ではないです。

173 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 18:12:33 ID:qJZTIv2Q0
私は良質な代替療法は効果が現れる機序がわかっていないだけで、必ず効果を
表す理由があると思っている。


医者には、どのような代替療法でも、ブラセボ効果でしかないようだから、
小林さんふうの占い、祈祷、呪いのたぐいも、良質なサプリメントも、鍼灸も気功も漢方も
同質なモノに見えているのだろうか?



174 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 19:26:31 ID:/vq9E5iq0
>>169
>子宮や卵巣を切除してしまうと、自己免疫疾患が安定する犬は多い。

「多い」であって、全部じゃないんでしょ。

>>173
>私は良質な代替療法は効果が現れる機序がわかっていないだけで、必ず効果を
>表す理由があると思っている。

100年後には解明されているかも知れないけど、100年待てないので
100年後の未来からプロの人を呼んで「次にこれを飲め」「次はこれをしろ」
という指導を受けているの。それが私のチャネリング。



175 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 19:32:07 ID:/vq9E5iq0
うちの夫の施術も私の占いのセッションも全部それ。

自分で筋書きを考えない。夫の場合は「次そっち持って」「次ここ押して」と
ガイドに言われて動いている。

私の場合も、「次これ言って」「次このことを相手に聞いてみて」「次チャートを見て」と
全部つきっきりで教わっているの。

先までわかっていて、なおかつ善意で、バランス感覚があって、
全体の利益を考慮してくれるいい先生が始終口を挟んでくるのです。

176 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 19:36:34 ID:qJZTIv2Q0
>>174
>「多い」であって、全部じゃないんでしょ。

この場合、全部であることが何故必要か?


>100年後の未来からプロの人を呼んで「次にこれを飲め」「次はこれをしろ」
>という指導を受けているの。それが私のチャネリング。

私と貴方とでは、基本にする考え方がまるっきり違う。
だからこのようなことを言われても私には理解することはできない。

177 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 19:46:45 ID:/vq9E5iq0
>>176
>この場合、全部であることが何故必要か?

私は子宮筋腫ができた段階で、「膠原病の治癒の階段の一つ」だとすぐ考えた。
1.3sの巨大な筋種にも関わらず子宮を残してもらったのは
ガイドに「大丈夫。残せるよ」と念を押されたから。
あそこで子宮を取ってしまったらホルモンバランスはまた違う方向へ行っていたと思う。

全ての分岐点で正しい選択をすることが試されているのであって、
機械的に「取ってしまえばいい」というものではないと思います。


>だからこのようなことを言われても私には理解することはできない。

教えてあげるからおいで。
うちはこれを教えているのがメインの仕事。

178 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 19:48:38 ID:Uyju1gGS0
>>33
えー、『HeartView』『血圧』って教授の代わりに依頼原稿書いて送られてくるとか
薬屋が置いてくとかいった類の雑誌じゃなかったのか。金払ったことなし。
つーか書いてるのは院生レベルだろ。

179 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 19:50:18 ID:/vq9E5iq0
子宮筋腫の次の年には帯状疱疹になったの。
これも「階段」だと思った。
上手く超えられれば飛躍。失敗すると転落。

実際帯状疱疹の神経痛はひどくて、1ヶ月痛みと痒みで寝込んだ。
もしかしてその先ずっとそのままという覚悟もした。

でも治しちゃった。無理やり。

180 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 19:58:06 ID:/vq9E5iq0
その次の年は子宮ポリープで、日帰り手術で済んだので
「今年は楽だったね」と家族で驚いた。

しかもそのときに麻酔のイソゾールに出会えたの。
脳内麻薬で鍛えていたせいか、
体に合うかどうか微量のイソゾールを試験的に入れた段階で
爆睡しちゃって、起きた後もすっきり。体もいつもより軽くて感動。

それでこの筋肉痛が脳のストレスだということがわかりました。

トレハロースでごはんを焚いて最初に食べた時は
「イソゾールキター」と思った。テルネリンはあんまり効果が無くて
ちょっとの間しか使ってない。


181 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 20:14:08 ID:/vq9E5iq0
せっかくなので、帯状疱疹後の神経痛のために私がしたこと。


@帯状疱疹が出て数日以内に一度ペインクリニックで星状神経節ブロック注射を受ける。
 「この程度なら瞑想の方が効く」と家に帰って言っていたらしいです。だから1回で終了。

Aその後発熱して1週間入院。ステロイド休止。39度台が3日続く。
 「ステロイドをください〜」と担当看護師にお願い。飲んだら解熱。退院。

B自宅療養。毎日爪もみ。もむ指は夫がチャネリングで決めた。
 意外と「薬指」が多く指定された。

C逆さづり器購入。逆さづり(30度程度の傾斜)になっている時痛みが激減。
 
D十善クリニック(白石)で「神経痛じゃないね」と言われて電気治療器で痛みが激減。

Eデュークウォークをテレビ見ながら真似して完治。



182 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 20:29:34 ID:/vq9E5iq0
ところで受話器の持てない彼は、結局「胸郭出口症候群」という診断名になりました。

線維筋痛症の病院へ行って、リウマチ専門医に見せた上で
脳外科の検査もして、最終的にこういう診断に。



マズイ。うちに逆さづり器あるのすっかり忘れてた。。。店に運ばなきゃ。

183 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 20:44:48 ID:Se32HB0m0
整体師ですが、胸郭出口症は胸鎖関節の調整で治る場合がありますよ。

184 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/08(木) 22:12:52 ID:qJZTIv2Q0
>>178
>えー、『HeartView』『血圧』って教授の代わりに依頼原稿書いて送られてくるとか
>薬屋が置いてくとかいった類の雑誌じゃなかったのか。金払ったことなし。
>つーか書いてるのは院生レベルだろ。



ほらごらん。スポンサーに製薬会社が付いている証拠があがったね。


185 :湯島天神:2007/02/08(木) 22:16:23 ID:OjclN9Tp0
158 :卵の名無しさん(age) New! :2007/02/08(木) 01:17:21 ID:StE4N0qN0
2ちゃん見てると
こんなんが医師っていったい、、、と思わせるレス満載で
医者の印象悪くなるだらけ

さすが医師のを読むと さすが!って
だけどコテの、じゃなくて名無しのがいぃんだ

頼むよ、先生方
あんたら見られてる


あんたは正しい。 賞金1万ドル

186 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/08(木) 22:17:55 ID:/vq9E5iq0
>>183
長年うちの手技療法を定期的に受けられていた方なのです。
「胸郭出口症候群」でFA?という感じですが、
ともかく進行性の難病ではなさそうで一安心。

今は抗不安薬などが効いて痛みが減っているそうです。

今月末で一度実家へ戻って静養することになりそう。
その前に逆さづり器に一度乗ってもらうおうかと思案中。

でも、物理的な調整はずっとしていたわけだし
それ以外のことを再調整する時期ということではないかと。




187 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 23:34:56 ID:TsYt2ZZw0
>>178
ぶっちゃけそういうレベルの話であれば、今出てるハリソンの日本語版のある章は俺がゴーストライターをやったよww

薬屋がおいていく病院もあるだろうが、書いてある内容はどうなん?w
『血圧』をおいていくメーカーなんて、俺は知らないんだけどw どこがおいてくw?


>>184
薬屋がスポンサーなのと、書いてある中身は関係が無いぞ。

獣医はどうか知らんが、医者は出版社から依頼があったら適当に書くもんだ。
その本のスポンサーは知らんがな。

それとも獣医はスポンサーを知ったうえで、内容を書くもんなん?


俺も雑誌の依頼で書いたことがあるが、製薬会社んんて気にしたこと無いぞw

188 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 23:39:43 ID:EZu+nBgD0
イソゾールが良いって・・・一体・・・

189 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 23:44:42 ID:TsYt2ZZw0
>>185
医者なんて、いつの間にそんな立派なレベルになったんだwって話。

もともとは学者と並んで、扱いが低いから医者という、『者』だったわけで、上級の『師』は使わなかった。
『医師』というのは近代の話。特に日本ではw

医者と医師は本当は別物。

医者に期待をするな。馬鹿ばっかりなんだから。
日本に医師もいない。それは国民と政府の要請の結果wwwww



医者を辞めた俺が保障してやる。
まともなやつもいるけど、馬鹿ばっかwwwwwwwwwww

190 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 23:52:07 ID:TsYt2ZZw0
俺が日本の馬鹿ばっかりだと思う、いい例が「風邪の抗菌役の適応について如何思うか?」と聞いて見るといい。

ほとんどの医者がこたえられないよw

風邪の分類もよく分からない、胃腸炎での抗菌役の有効性が確かめられている下痢も答えられないよww



アホばっかw
専門以前の問題だwwwwww


血圧も同じノリだなwww
アホみたいな処方、説明wwww日本は患者も医者もアホばかりwwwwww

191 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 23:56:52 ID:TsYt2ZZw0
さて、そんな俺でも、西洋医学的な正しさは疑わないわけだ。

例えば糖尿病は、俺の予想ではあと30年で治る病気になる。これは科学的にほぼ間違いが無い。
有り余る金があれば、もっとこの期間は短くなる。もちろ特殊なな糖尿病は分からないけど。
生活習慣が影響している2型糖尿病は完治するし、おそらく糖尿病そのものにならない。30年だ。



代替医療ではどうなん?ww糖尿病の展望は?w


192 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 00:17:51 ID:7jKxsh470
そうだな、日本の患者も医者もレベルが低いから、今がちょうどいいんじゃね?w

EUでもアメリカでも、日本の医者は通用しないし、日本の患者は医療を受けられないよwww



代替医療ががんばるといいねwwwwwww

193 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 00:36:29 ID:7jKxsh470
日本の医者が通用しない、というのは違うか。合わないというほうが正しいかな。

脳梗塞だからCTをとりましょう、というのが通じないというほうが正確かな。

194 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 04:59:26 ID:W7r7yq6Z0
>>189
なぜ石をお止めになったのでしょうか?

195 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 08:12:12 ID:WNMIizsz0
酔うと相変わらず下品な俺。


>>194
もともとアメリカ行きたかったし、その辺は説明するのがなかなか難しい。

196 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 13:05:16 ID:gF0b4Weq0
>酔うと相変わらず下品な俺。

いつもよりいい感じだけど。素直で。

197 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 13:20:39 ID:gF0b4Weq0
>>195
石やる以外にできそうなことは何かな?
マンガ描く?小説書く?タレントする?
妻や母の女医だって2足以上のわらじ履いているしねぇ。
器用な人はいなくなはいけど…。

あなたは馬鹿がつくほどの医者馬鹿のような。

医者馬鹿が馬鹿医者にくじけてどーすんだよ。


198 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 13:21:44 ID:gF0b4Weq0
喧嘩の仕方ならお姉さんが教えてあげますよんよん。

199 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 13:46:05 ID:gF0b4Weq0
>さて、そんな俺でも、西洋医学的な正しさは疑わないわけだ。

あなたを医者馬鹿に選んだ神様の意図を汲め!

これがあなたの思う「理想」への最短ルートなんだから。

200 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/09(金) 16:39:51 ID:8p+VkNHN0
>>199
西洋医学的論理体系の中から西洋医学を見れば正しいのは当たり前だ。
正しくないから治らん患者がおると言うわけだ。
くっくっく。

201 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/09(金) 16:50:31 ID:xJm9pjnE0
>>200
バカであるお前の目から見れば、お前自身がいつも正しくなる。それと全く同じだな、腐れオナニー下郎よ。

202 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 16:55:57 ID:gF0b4Weq0
糸色 文寸 ネ申 の前世が 糸色 文寸 ネ甲 だと思いますが。

いかがですか糸色 文寸 ネ申。懐かしさを感じませんか。



203 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:13:14 ID:gF0b4Weq0
あー、馬鹿で不器用な子ほどかわいい。

201は自分をウサギだと思っているところが既に馬鹿。

典型的なのろまなカメ。よそ見するカメ。

馬鹿な医者馬鹿。 


204 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:20:25 ID:gF0b4Weq0
「のろまでよそ見する馬鹿な医者馬鹿」ということが最大の才能。

本人気付いていないけど。

気付いていないからゴミ箱に捨てるような真似をすぐしちゃう。

205 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/09(金) 18:29:19 ID:+r52dHZ80
>>202>>203

このスレの人は、暇人ではないので、一日中2chの書き込みはできません。
なんスレも一人で書き込んで、スレを滅茶苦茶にするのは止めてください。

回転の遅いスレは、貴方のような人に書き込まれたら、一溜まりもありません。

少しは、このスレにいる他の人のことも考えて下さい。






206 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:33:21 ID:gF0b4Weq0
出た。マリリンの嫉妬。

207 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:34:44 ID:gF0b4Weq0
>>205
マリリンって男?女?

マリリンも男だと思ってるよ。

208 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/09(金) 18:35:21 ID:+r52dHZ80
>>206

嫉妬ではありません。私はスレ主として、スレが荒らされないように
忠告する権利がありと思っています。


>小林

少しはお行儀をわきまえなさい。


209 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:37:31 ID:gF0b4Weq0
きのこにクリソツ〜。「軍医はわきまえた」

210 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/09(金) 18:53:44 ID:+r52dHZ80
>>187
>薬屋がスポンサーなのと、書いてある中身は関係が無いぞ。

医者の雑誌を読んだことがないので、これが本当なのかどうかは
わからないが

ただで、雑誌をおいて行くことじたい、医者の機嫌取りだと思う。
そうやって、薬売り(医者)の機嫌をとって、薬を売らせようとする下心が
丸見えだね。

>獣医はスポンサーを知ったうえで、内容を書くもんなん?

獣医は、薬の売り上げなどたいしたことはないので、純粋に雑誌の売り上げや
書籍の売り上げが、出版社や著者の収入になる。

ただで、雑誌をおいておくなんてことは余り無い。

製薬メーカーにとって、都合の良いことが書いてある雑誌をただで配ることはあるけどね。
そんなこと、たまにだね。だいたいはちゃんとお金を払うよ。

211 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 18:55:12 ID:gF0b4Weq0
マリリンを本物の獣医と思っている人、挙手お願いします。

212 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/09(金) 18:57:12 ID:xJm9pjnE0
獣人間でしょう。

213 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/09(金) 19:26:48 ID:+r52dHZ80
>>190

>アホみたいな処方、説明wwww日本は患者も医者もアホばかりwwwwww

これで、医者は人の生死を左右しているのか。驚きだねぇ。私の知り合いは
こんな医者にね殺されたと思うと、悔しい。

>>191
>例えば糖尿病は、俺の予想ではあと30年で治る病気になる。これは科学的にほぼ間違いが無い。
>有り余る金があれば、もっとこの期間は短くなる。もちろ特殊なな糖尿病は分からないけど。
>生活習慣が影響している2型糖尿病は完治するし、おそらく糖尿病そのものにならない。30年だ。

未来はパラダイスってか?生体の恒常性や自然治癒力を考えず、対症療法しか主眼にない
西洋医学だけで糖尿病が治癒するなんて考えることじたい甘いわ。馬鹿医者

貴方ね、他人を馬鹿にしすぎ。他人を馬鹿にすると言うことは、自分より優れた人に馬鹿に
されると言うことだよ。

少なくとも、自分より優れた人に、馬鹿にされるという恐怖の中で生きていかなければ
いけない。それはねそれで辛いよ。早く、そんな重荷おろしてしまいなよ。

気軽で良いし、他人に対しても優しくなれるよ。  後、酒の飲み過ぎ気をつけないと、
頭も体も壊れるよ。特に、欧米では日本人のような飲み方は許容されないみたいだよ。

アル中と言われるからね。


214 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 19:33:26 ID:gF0b4Weq0
>貴方ね、他人を馬鹿にしすぎ。他人を馬鹿にすると言うことは、自分より優れた人に馬鹿に
>されると言うことだよ。


ちがうよん。この人結構優秀なんだよ。いじめられやすいだけ。喧嘩が弱いだけ。
十分すぎるくらい十分に腰を低くしてやってきたんだよん。

腰が低くてもいじめてくるやつっているんだよ。そういうのに対応するノウハウがなかったの。

215 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 19:36:22 ID:gF0b4Weq0
嘘ついたり顔色伺って生きると弱くなるってあれほど言ってるのに〜。

まぁ「正義の味方になりたい」は錯覚で、「正義の味方に助けてもらいたい」が
本心なんだと私は見た。

216 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 19:37:43 ID:gF0b4Weq0
そうやって私だけスーパーサイヤ人になっていく不思議

217 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 19:44:26 ID:gF0b4Weq0
>少なくとも、自分より優れた人に、馬鹿にされるという恐怖の中で生きていかなければ
>いけない。それはねそれで辛いよ。早く、そんな重荷おろしてしまいなよ。

本当に優秀な人に馬鹿にされたらいいのにね。それがこの人の本当の願いだね。
自分より馬鹿な人間に負けちゃったから悔しいの。


でもそういうのって、あるよ。「何であいつが?」という人事って、わざとなの。
納得行かない配置にして発奮させるの。支配者側が手口として使う。


218 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 19:49:40 ID:gF0b4Weq0
いじめをかわすには「真っ白」になる以外ないの。
自分に汚れがあるとそこが弱点になるの。
だから嘘をやめる。それが一番強くなる方法。

219 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:02:27 ID:90exhJ0y0
相手が真っ黒な場合の対処方法ですかそれは。
完全無欠な「真っ白」なんてありえないでしょうに
無茶言いますね。

かわす必要すらなく
いじめは本人に返るものです。
そういうもんです。

220 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:06:17 ID:gF0b4Weq0
真っ白になると今本当に光っている人が見えるし、
ダイヤモンドの原石も見えるの。
自分が宝石じゃなくて半貴石でしかなかったとしても、
ダイヤの原石がゴミにされないように守ってあげることもできる。

だから磨け。

221 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:09:23 ID:gF0b4Weq0
>>219
自分が光ってくると邪悪なものの目に必ずつく。
こちらが望まずとも真っ黒のものと出会うことになる。
下手すれば命を取られます。
自分とは限らず家族に向かうこともある。

だから平凡さを嫌う人にはそこまでの努力が必要。

222 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:10:44 ID:90exhJ0y0
やるほどにどす黒くなっていくのは行う側
それはけして消えない汚れ。

やられる側は いかに影響をうけないようでいるかそれだけ。
そう、そして磨く。

223 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:12:29 ID:gF0b4Weq0
>いかに影響をうけないようでいるかそれだけ。

邪悪なものは強い。エゴで管理しても勝てない。
それ以上のものを味方につけないと。

224 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:14:51 ID:90exhJ0y0
命を渡す、
あえてそうなるかもしれなくても
避けないでやっていく。

努力、は磨く努力?

225 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:17:20 ID:gF0b4Weq0
黒いものはどこから顕現するともわからない。
自分のために黒いものの馬にさせられる人もいる。
だから黒い役の人を私の犠牲にしないためにも
大急ぎで自分を磨かないとだめ。

226 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:21:10 ID:gF0b4Weq0
あるいは自分が黒い役を負わされる。
「灰色のつもりで黒」の人生はよくある。
だからいつも白を目指して生きるのが大事になる。

227 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:21:27 ID:90exhJ0y0
黒いものは、
邪悪なほど一目瞭然で黒くは見えない

常に磨いていればそれは見える
でも磨かないと馬にさせられてしまう。


228 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:22:19 ID:90exhJ0y0
>だからいつも白を目指して生きるのが大事になる。

うん、そうだね。
そのとおりだ。


229 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/09(金) 20:23:40 ID:gF0b4Weq0
良かった。

230 :卵の名無しさん:2007/02/09(金) 20:25:58 ID:90exhJ0y0
ありがとう。

231 :湯島天神:2007/02/09(金) 20:36:55 ID:gG1Fg5Aw0
礼には及ばんぞ。

おやすいご用だ。

かっかっか

232 :SBX:2007/02/09(金) 23:42:42 ID:HvfxPH1E0
マリリンさま
俺がいいたいのは同じ患者さまを診ていても
同じ状態のその患者様は診れないということです。
現代医療は余りにも生化学検査の数値を当てにして
治療を組み立てているような気がします。

俺自身は代替医療と西洋医学の融合云々には興味はありません。
俺のミッションは訪ねて来られた患者さまの内在している「不思議な力」を
治癒力に変換するお手伝いをすることのみだからです。

西洋医学と代替療法の融合の一つの形なんではないかな?
と個人的に思うのは「ホメオパシー」です。
効くか効かないかは別にして…。

233 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 01:00:46 ID:WE/tjcDt0
>>213
全く持って論点ずらしだなw

医者が馬鹿なことと、科学的な正しさは全く違う。

俺が昔から言ってただろうに。特に開業医なんて馬鹿ばっかりだと。

自然治癒力、なんて糖尿病と全く関係が無い。一般的な糖尿病を分かっていない証拠だw
同じような生活で、糖尿病になる人ならない人がいるわけだw

糖尿病の本質というのは、生活環境とほとんど環境が無い。

馬鹿は馬鹿だからwwマリリンは無駄に優しいねwww




成人病の真実がいかにくだらないかw
1955年あたりからの国民栄養調査のデータを見てみると面白いんじゃないかな。伊藤先生のデータだったか。

酔うと口止めされてることも書いてしまいそうなので、しばらくやめとくw


234 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 01:06:32 ID:WE/tjcDt0
ここに常駐している神様や、マリリンも含め、例えば「糖尿病」をどう思っているのか、どうしたら治るか書いてみるといいんじゃね?

是非教えてくれw

235 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 01:14:26 ID:aHiUU65p0
ハーイ。

まず「膵臓におわび」。「膵臓に事情を聞く」。「他の臓器が膵臓をどう思っているのか聞いて回る」


会話が出来ない人は「夢に出てきて〜」とお願いするのよ。

236 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 05:42:18 ID:ngy5YnUDO
ハーイ。
膵臓で〜す。なんか用事ですか〜ニコニコ…

237 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 06:46:04 ID:v2MhKv6T0
疑似科学者の特徴 マーティン・ガードナー「奇妙な論理」より

1.自分を天才だと考えている。
2.仲間たちを例外なく無知な大馬鹿者と考えている。
3.自分は不当にも迫害され差別されていると考えている。
4.もっとも偉大な科学者や、もっとも確立されている理論に攻撃の的を絞りたいという強迫観念がある。
5.複雑な専門用語を使って書く傾向がよく見られ、多くの場合、自分が勝手に創った用語や表現を駆使している。

↑正に舌苔神をはじめとしたこのスレに生息する基地外のことだろw爆笑www


238 :側湾娘!:2007/02/10(土) 08:10:56 ID:9wWor5qVO
脳下垂体異常。膵液をコントロールするホルモンは脳下垂体から出る。糖尿は膵臓だけ診てもダメだと思います。

239 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 08:25:44 ID:L6tB6CpC0
糖尿病性腎症で透析まで行ったらいいとこあと5年

240 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 08:49:03 ID:TQCypQan0
>>238
>脳下垂体異常。膵液をコントロールするホルモンは脳下垂体から出る。

えっ! それ、ちょっと違うと思うよ。


241 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:08:18 ID:TQCypQan0
>>233>>234

>自然治癒力、なんて糖尿病と全く関係が無い。一般的な糖尿病を分かっていない
>証拠だw   同じような生活で、糖尿病になる人ならない人がいるわけだw

貴方、糖尿病が専門なの?

また、動物の話になるけど犬の糖尿病は、今はクッシングに併発するものが、ほとんどだ

だから、私は遺伝によるところが大きいと考えている。ごくわずかに糖尿病だけを単発に発症
するものがある。昔は、糖尿病だけを単発に発症するものも多かったけれど、今はほとんど
いないと獣医の学会で発表されてた。  

昔、単発で糖尿病を発症していた症例は何かのウイルス感染が関係していたのではないか
とのことだった。

242 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:10:42 ID:TQCypQan0

私は、重度の網膜や腎臓に異常が出るような糖尿病と、今人間の方で言われている
126mg/dl以上は糖尿病と言われる時の病態とは、違うものではないかと思う。

何故かと言うと、猫は、ストレスがかかると血糖が上がってくる、ところがこの場合の、
高血糖は一時的なんだ。 ストレスがなくなれば正常に戻ってしまう。


人間の場合、犬のように重度に進行していく糖尿病と、猫のようなストレスによる高血糖を
ゴッチャに考えていると思う。

そんなに、心配しなくてもいい、可逆的な高血糖状態なのに、重度の遺伝的な糖尿病の
症状を使って患者さんを脅し、病人に仕立て上げているような気がして仕方がない。


貴方が、犬タイプの遺伝的な糖尿病が将来治療できるようになると言っているのなら
私は納得するよ。


その場合、糖尿病と言われる人は、今よりずっと少数にならなきゃおかしいね。

243 :側湾娘!:2007/02/10(土) 09:20:40 ID:9wWor5qVO
私の友達が急性の糖尿だとゆわれたんですけど、なんかの理由で脳下垂体の腫瘍が見つかって、それ取ったら治っちゃったんです。 マリリン姉さんごめんなさい!

244 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:23:22 ID:TQCypQan0
>俺が昔から言ってただろうに。特に開業医なんて馬鹿ばっかりだと。

こんなこと言っちゃーいけないよ。仕事の内容が違うだけ。


>馬鹿は馬鹿だからwwマリリンは無駄に優しいねwww

私は開業だからだよ。これがなかったら仕事ができない。

医者の開業医さんは、薄利多売だから、患者さんに優しさを分けてあげる
時間的余裕がないのが、患者さんも医者も可哀相だと私は思うよ。

それでも勤務医さんよりは、優しいかな。


上層部の医者の言うなりという医者が多いのは悲しいけどね。


245 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:26:40 ID:TQCypQan0
>>243

各種ホルモンや血糖値は複雑につながっているからかなぁ

成長ホルモンとか、ACTH が関係していたのかも知れないね。


246 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:43:46 ID:TQCypQan0
>>232 >SBX さま

>俺がいいたいのは同じ患者さまを診ていても
>同じ状態のその患者様は診れないということです。

説明ありがとうございます。


>>165
>同じ川に飛び込む事は可能ですが
>同じ川の流れに飛び込むことは不可能です…。

この文書で、マリリンに上記のことをまで理解しよと言うのは、不可能です。




247 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 09:44:08 ID:TQCypQan0


>西洋医学と代替療法の融合の一つの形なんではないかな?
>と個人的に思うのは「ホメオパシー」です。

西洋医学と代替療法の融合は、西洋医学側が基本的な考え方を変えないと
どんな代替療法を使っても、融合にはなっていないと思う。

当然、「ホメオパシー」もそうだと思います。使い方しだいです。

248 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 10:15:59 ID:WE/tjcDt0
>>245
糖尿病はいろんな種類がある。医学はごっちゃにはしていない。馬鹿な医者がごっちゃにしてる。
いつだったか典型的なクッシング体型の若い女性が、糖尿病として治療されていたのは笑った。
プシコ扱いされていた褐色細胞腫もいたな。かわいそうに。


>貴方、糖尿病が専門なの?

もともとは違う。大昔に大学を喧嘩してやめて、そこをとある立派な先生が拾ってくれたわけだ。
その先生のところでいろいろやって、その後はその先生に頼まれてのドサまわりww
東日本を中心に、いろんな病院を数ヶ月から1年単位でヘルプに入っていたわけよ。

そうすると、俺の専門なんてレアすぎてほとんどいない。心電図を眺めてたまにニヤニヤする程度。
僻地の病院なんてほとんどが糖尿病、高血圧、高脂血症なわけだ。しかも無残な治療を受けている連中ばかり。

「何でこの人は血糖が高いのか?」
「何でこの人の血圧は高いのか? これは妥当なのか?」
「何でこの人は脂質がおかしいのか?」

という当たり前のことを考えない医者が多くてな。俺が診るまでプシコ扱いされていた褐色細胞腫の患者は
本当にかわいそうだった。精神病扱いされ、何年も無駄に病院に通い続けていたわけだ。

あえて弁護するのであれば・・・やっぱやめとこう。あとは野となれ山となれw


いまは親のやってる某屋に顔を出し、「若旦那」とか言われてますよwwww恥ずかしいwwwwww



249 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 10:39:24 ID:aHiUU65p0
>>248
何で自分で開業しないの?

250 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 10:44:31 ID:aHiUU65p0
こんな馬鹿医者馬鹿に商売継がせても…。

251 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 10:45:57 ID:aHiUU65p0
せっかくのドサ回りが無駄に終わってるし。アホ。

252 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/10(土) 10:55:42 ID:0vCqNxse0
>>248

>馬鹿な医者がごっちゃにしてる。

>>244
>>俺が昔から言ってただろうに。特に開業医なんて馬鹿ばっかりだと。
>こんなこと言っちゃーいけないよ。仕事の内容が違うだけ。

こうやって書いたけど、私や絶対神の方がさんざん馬鹿だ、アホだと言っていたね。
ごめんね。

内部から、馬鹿だと言う人も出てきても、今の医療の実態を考えると仕方がないね。

貴方は内部の人だから、事情を知っているから、自分の身が守れるけど
私たち患者の立場の人間は、馬鹿な医者にかかったら、自分の身に害が
及ぶのを防ぎようがない。

苦肉の策は、病院なんかに寄りつかんことだと、今は思っている。

医者を止められて良かったね。おめでとう。
私も医者じゃなくて、獣医で良かったと思っているよ。人に害を及ぼさずにすむからね。

アメリカに行っても、2chは読めるから、また遊びに来てね。


253 :病弱名無しさん:2007/02/10(土) 12:36:26 ID:J6KMl5AN0
>>248

お前なんかゴミだよ。
実のあるものなんて、なんかあんのかよ?




254 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 13:00:59 ID:aHiUU65p0
いいとこのボンってもっと世渡りと帝王学を仕込まれているはずだよね。
嘘っぽい。馬鹿旦那にしておくはずがない。


255 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 13:05:08 ID:aHiUU65p0
何で嘘ばっかりなんだろう。ボンより家庭教師つけずに
苦労して勉強して医者になった人、かっこいいじゃん。

どうしてかっこ悪くなったのかよく考えてよ。



256 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 13:36:33 ID:aHiUU65p0
228 名前:卵の名無しさん 投稿日:2007/02/09(金) 20:22:19 ID:90exhJ0y0
>だからいつも白を目指して生きるのが大事になる。

うん、そうだね。
そのとおりだ


昨日、「これレスを書いたのは自分だ」という匿名の女からメールが来た。
違うと思う。

この女、どこまで嘘をつけば気が済むんだろう。


257 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 13:38:22 ID:aHiUU65p0
一瞬そう思わされただけでも悲しい。

本人頑張れ。応援しているから。

258 :SBX:2007/02/10(土) 13:44:59 ID:HBF27lp00
奈保ちゃん、お久しぶり。
寂しいの?

259 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:01:59 ID:aHiUU65p0
>>258
寂しいじゃなくて、悔しい。
苦笑いとか、薄ら笑いとかの人生を見せられて。

260 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:04:22 ID:aHiUU65p0
生きているうちに赤ん坊まで戻ってやり直せ、って感じ。
ハイハイからし直せ〜。

261 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:10:41 ID:aHiUU65p0
そういえば、ステロイド1000rパルス4クールしたとき
「ハイハイ」からし直したよ。オムツまでは戻れなかった。
体中管だらけで24時間の点滴のキャスター引っ張りながら
自分の個室のトイレへ2mハイハイするのがすごい距離に感じた。

便座から立ち上がれなくてボタン押して人を呼ぶんだけど
あの時は悲しかった。

でも歩けない時期は思ったより短くて
すごい勢いで回復して、先生に言われる前に勝手に歩行訓練始めて
みんなびっくりしてた。

262 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:13:03 ID:aHiUU65p0
本当にひどい時はベッドの頭の上の電球の紐に手が届かないの。
枕のところまでしか届かないから全部枕元に置いて。

そこから帰って来たんだよ。

263 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:18:24 ID:aHiUU65p0
失血死しかかったのはその後なんだよね。
そこまで回復してるのにまだ「お試し」が来て。

それを超えてもエンドキサンでトイレに一晩しがみついて過ごすのが待ってたし。
エンドキサン苦しかったよ。出血多量の時の苦しさより時間的に長くて。

264 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 14:19:33 ID:Zy9b2eYX0
>>256
残念です、、
嘘ではないし、嘘をつかなければならない理由もない。
あなたがどうしてそう思ってしまうのか解らない。

メールで本当のことだと証拠を挙げることもできますが
あなたがここで>>256のようなレスをするなら私にとってはとても危険なことになってしまいます。
ここで晒すのはやめてもらいたいです。

265 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:22:41 ID:aHiUU65p0
>>264
あなたは全くわかっていないもの。
自分に都合よく「白いつもり」

あなたは灰色どころか黒。

266 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 14:29:23 ID:aHiUU65p0
もっと自分の黒さに直面しないと命が危ないって何度も言ってるでしょう。

267 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 16:16:23 ID:+RxadFLY0
>>252
医者が自分より下の者を馬鹿にするのはヒエラルキーごっこです。
馬鹿を排除する仕組みとしては機能しておりません。

268 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/10(土) 19:54:02 ID:aHiUU65p0
64 名前:ケロロ 投稿日:2007/02/09(金) 10:57:24 ID:RFbBsucq
まだ出産していない人は、砂時計の揺れを止めるいかなる
魅力的な治療も拒否する強い意思が必要だな。
分かる?
性ホルモンの脈動を止めるような治療は、それが如何に
不調を緩和しようとも、若年女性の治療方針としては
邪道であると言うことだ。脳が司るこのリズムを一度止めたら
回復するかどうか全く予測がつかない。っていうこと。
本の心地よい内容に溺れてはいけない。
今は揺れを大きくすべきか、揺れを小さくして停止に向かわ
せるべきかの判断を促す記述が欠如しているのではないか。
HRT理論の根幹部分を知ってる医師はそんないい加減な
本は絶対に書かない。よく読むこと。
その理解の上にアトピーや膠原病治療への応用を検討
すべきものだな。
これしかなかった的な重症患者はこのスレに向かない。
論外!
各自、本の内容を再検討するように。以上。


セナと俺の総意はその一点に尽きる。



269 :SENA:2007/02/10(土) 21:23:03 ID:hPGrPh1c0
しらねーよ、勝手に人の名前使うな。

270 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 23:51:29 ID:8YTy8WszO
何のこっちゃ

271 :SBX:2007/02/11(日) 00:01:40 ID:6/ejS++X0
奈保ちゃん
訳解んない事は若い衆がいうところの「スレチ」ですよ!
ここのルールをまもらなくちゃ!

272 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 01:14:08 ID:5ljQ2rxOO
信じられないくらいオナラが出る状態が二年ほど続いています。五年前に潜血で引っ掛かって検査したら大腸憩室とやらでボコボコの腸でしたが来なくてよいとのこと。予後はどうでしょうか。セカンドオピニオンを。

273 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 02:19:40 ID:W+qhwyLiO
SBX様
奈保にとって2ちゃんは日記であり自伝でありメールでもありCMでもあるのでスレチなる概念は存在しないのですよ。

274 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/11(日) 12:07:15 ID:pOd5Qo5s0
玩具

275 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/11(日) 12:36:48 ID:yWfOYwAS0
>>272
>信じられないくらいオナラが出る状態が二年ほど続いています。
>五年前に潜血で引っ掛かって検査したら大腸憩室とやらでボコボコの腸
>でしたが来なくてよいとのこと。予後はどうでしょうか。セカンドオピニオンを。

初めまして。私は獣医ですから人間については、良く分かっていません。
貴方が、犬だと思ってアドバイスをしてみましょ。

>五年前に潜血で引っ掛かって検査したら大腸憩室とやらでボコボコの腸
>でしたが来なくてよいとのこと。

大腸憩室は動物の場合は、手術で治します。医者に様子見をしろと言われたなら
多分、貴方の大腸憩室はそんなに酷くないのでしょう。

>信じられないくらいオナラが出る状態が二年ほど続いています。

これについてですが、食べたものでおならが一杯でることがありますが、
貴方の場合は、そういう食べ物が大好きではありませんか?
それなら心配することないです。

腸や腸内細菌が活発に動いているんでしょうから、おならが出ること自体が、
そんなに悪いことばっかりだと思えません。

それとも、人間はおならが、出過ぎると良くない病気があるんでしょうか?
人間のお医者さん答えて上げて下さい。


276 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/11(日) 12:39:47 ID:yWfOYwAS0
>>267
>医者が自分より下の者を馬鹿にするのはヒエラルキーごっこです。
>馬鹿を排除する仕組みとしては機能しておりません。

私は医者じゃなくて本当に良かったです。こういう世界では生きて行けないです。

獣医は気楽で良いですよ。大学の先生達も気さくで優しいです。


277 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 17:35:40 ID:eW3wT6Lb0
>>276
医者が「そういうもの」だと仮定しよう。

医者と獣医が違うと言えるのだろうか?その根拠は?
あなたは違うと断言できますか?あなたの周囲の人間は?
あなたの周囲の人間がそうなら、他の獣医もみなそうだという証拠になりますか?

所詮はねw

278 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/11(日) 19:40:00 ID:19LAaRAx0
>>277
>その根拠は?


獣医には守るべき利権がない。正確にはないに等しい。
だから、医者みたいに、上層部の医者の権限で、開業や勤務医を縛ることが
できない構造になっている。

製薬会社も獣医なんか、どうでもいいしね。

開業獣医なんか、お金払って書籍を買ってくれたり、セミナーに出席したりしてくれるから
大学の先生達にとっては、いいお客さんなんだわよ。白い巨頭みたいにはなり得ないね。

それに、すべて自費診療だから、農林水産省も縛りがかけずらいしね。


279 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 20:56:06 ID:JPp/V+/R0
つまり居ても居なくてもどっちでもいい存在だということ。

280 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 21:53:38 ID:eW3wT6Lb0
>だから、医者みたいに、上層部の医者の権限で、開業や勤務医を縛ることが
>できない構造になっている。

ドラマの見過ぎw

281 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 22:02:01 ID:rvAykAty0
玩具にしているといつか自らにしっぺ返しが来るよ。

282 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/11(日) 22:32:02 ID:Xk4xzhjR0
>>280
医学部の教授は斡旋屋だろうが。
場蚊ではないか。
くっくっく。

283 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/11(日) 22:32:46 ID:Xk4xzhjR0
>>281
慰謝は患者を玩具にしてしっぺ返しを喰らっておるからな。
くっくっく。

284 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 22:48:12 ID:eW3wT6Lb0
知ったかぶり選手がw

285 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/11(日) 23:05:46 ID:YbwtUItg0
>>279
>つまり居ても居なくてもどっちでもいい存在だということ。

何言っているの?獣医さんいなくなったら困るでしょ?

何で利権がらみじゃなきゃ存在価値がないわけ?奢るのもいい加減にしてよね。

286 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/11(日) 23:20:47 ID:cICZmYfH0
>>282
白い虚塔以来、全く進歩がない脳味噌だな。
やはりWikiだけ見てても、何にも分からんという見本だ。

低脳めwwwwww

287 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/11(日) 23:27:51 ID:YbwtUItg0
斡旋しているかどうかは知らないけど、医者って、何かに怯えているよね。
右へならえが酷すぎるしね。言いたいことも言えないようだし。


外部から見るとなんか変だよ。

288 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 23:31:26 ID:JPp/V+/R0
三流獣医は何でも言えるつもりが

実は遠吠え


まあね、実力のあるところを書き込みで見せないと

獣医って馬鹿???


ってなってるよ

289 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/11(日) 23:35:05 ID:Xk4xzhjR0
>>286
医療業界に進歩などと言う言葉があるのか?
旧態依然とは慰謝のためにある言葉なんだよ。
くっくっく。

290 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/11(日) 23:39:17 ID:cICZmYfH0
>>289
Wikiのみから知識を得ている低脳下郎が、世間の流れも知らずに書く妄言の見本だなw

死ねwww

291 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 23:41:05 ID:rvAykAty0
>>289
あるある、日進月歩だね。

292 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 23:42:55 ID:rvAykAty0
>>290
そうした物言いは己を現してしまうだけで効果は少ないんだよ。


293 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 23:44:03 ID:eW3wT6Lb0
相変わらず主観ばかりですねw  アツくなってどうするww
>右へならえが酷すぎるしね。
大勢の見解が一致している状態は、そんなに変かな?
問題にもよるだろうけどね。それならあなたの言い方だっておかしいわけです。

>言いたいことも言えないようだし。
何に基づいてそう判断するのだろうね?
言いたいことが「言えない」のと「ない」のを区別する方法はあるんですか?

294 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 23:45:22 ID:eW3wT6Lb0
>ID:rvAykAty0」

したり顔で書いていますか?w

295 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 01:52:57 ID:Lk68dR180
さすがに医学部の教授が斡旋業者という話はテレビの見すぎだな。

斡旋業者をやってるのは医局長。教授がそんなだるい仕事を自分でやるわけないじゃん。

ニートというのは本当なんだな。

296 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 01:56:05 ID:uBziwgpu0
>>289の書込みを見て欲しい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

297 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 02:04:26 ID:Lk68dR180
>>296
単にステレオタイプなだけでしょう。

テレビやマンガや言ってるというのを、そのまま垂れ流してるだけ。


298 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/12(月) 08:22:07 ID:Fz05nfzW0
>>296
>なんとつまらない書込みだろうか。

でも糸色 文寸 ネ甲って糸色 文寸 ネ申を意識していることは
間違いないよね。

299 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/12(月) 08:24:58 ID:p7IM6sDE0
>>296
儂に論破されたことがよほど口惜しかったようだが、罵詈雑言だけではなんの説得力も無いぞ。
あ〜、みじめ。
くっくっく。

>>297
医療業界はそもそもステレオタイプなわけだが?
場蚊ではないか。
くっくっく。


300 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 09:34:49 ID:Lk68dR180
>>296
医療業界のどのあたりが旧態依然で、ステレオタイプか教えていただけないか?


教授が斡旋業者なんて言い出す輩が、どの程度医療業界を知っていることやら。

301 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 09:53:17 ID:GAHQxF6o0
>>300
うちんとこは派遣を拒否するときだけ教授の登場だったなw

医療業界はともかく、医者はもっとステレオタイプであるべきだな。医者と医者で実力に差がありすぎだ。


医療業界が旧態依然ねぇ。
これも医者は違うかなw マッチング導入で医局崩壊起こしている大学もあるし、ここ最近の
裁判やらで医療崩壊している地域もあるしww
俺が知ってる東京の大学病院もいくつかの医局で10〜20人規模で抜けるしww


一昨日に大学病院勤務の友人から愚痴の電話がきたけど、なかなか笑ったwwこれはそのうちニュースになるだろうw

302 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 11:03:02 ID:95i5Zj7N0
医療不審の一般人を小一時間問いつめたい
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1170475440/

303 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 12:36:26 ID:AuKIFMII0
>>302

このスレ読んできたわ。

このスレ主の医者が下記のように認めている。あなた達、嘘つきだね。

>49 名前:1 投稿日:2007/02/06(火) 22:31:49 ID:9QElqn3i0
>>46
>> 医者ってマジでキモいよね。
>> 大学病院の人間が不足したからと勝手に地域病院の医師を大学に引き揚げる
>> 教授もキモいし、将棋の駒みたいに戻れといわれたらはいはいと戻る現場の医師も
>> キモい。

>医者は、基本的に「医局」という派遣会社に所属しています。
>派遣会社の社長(教授)が命令した場合、それに従うのが、派遣会社
>の社員の勤めです。
>また、社長のいる本社が危ない時は、本社を手伝うのも義務です。
>それをキモいと言われても、そういう社会なのだから仕方がない。


304 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 12:58:02 ID:AuKIFMII0


>>303>>293>>295あてだよ。



305 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 12:58:47 ID:GAHQxF6o0
>>303
だからそれは昔の話だって。

大学の医局からボロボロ人がやめる、もしくは入局しない時代になってるのにw
数年連続で入局者0人の医局が現実に存在するw

脳外なんて県全体で3年連続入局者0なんてところもあるんだぞw

306 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 13:02:45 ID:AuKIFMII0
>>305

昔の話って、つい数年前の話でしょ?多分、私が降圧剤を飲まされた期間より
短いでしょ?

そんなの、また、元に戻らないとどうして言えるの?さんざん、研修医制度に
文句つけているじゃないの。


307 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 13:14:03 ID:GAHQxF6o0
>>306
うむ。だから今は違うわけだ。

これから元に戻るかもしれないというのは微妙なところかな。
俺がこの前までいた病院に来てた研修医と話をした感触では、大学の魅力なんてもう無いも同然だったしな。

ましてや数年間新入医局員が0が続いてしまった医局はもう元には戻らんだろう。
青森かどこかは確か教授も当直しているところがあったはず。そんな「人を集められない教授」なんて誰が見ても魅力が無い。

法的強制力を持ち出せば、これから医者になるやつがより減るだけww


とある医局が今年の3月〜4月で若手中心に合計22人が辞めるという素晴らしさww
元に戻れるといいねw

308 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 13:27:43 ID:95i5Zj7N0
>>307
医師医局大量脱局情報を提供するスレ。ビバ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1169206376/

309 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 13:30:57 ID:GAHQxF6o0
その一方で、研修先で倍率が10倍超えるような人気民間病院があるわけだ。

もう大学に残るやつはやる気無いやつだけwwwって研修医の中でも言われている時代。




日本の医療なんてもうどうでもいいし、好きに批判してくれていいけど、旧態依然というのはちょっと違うかな。
降圧薬も飲みたくなければ飲まなくていいよ。本当に。

俺は血圧正常でも飲んでるけどw

310 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 13:33:12 ID:GAHQxF6o0
>>308
うかつに書いて、知り合いにばれたら嫌なのでw

そこの医局員が書くんじゃないかなw

311 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 13:52:29 ID:zljE0uID0
【上手】  医 者 の 説 明  【下手】
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1170991614/

312 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 14:30:44 ID:wxju3y9e0
どんなシステムもメリット・デメリットがある。デメリットが大きいと評価されれば
システムは改められる。医局崩壊・復活も同様。医局の力が復活するとすれば、
医局に代わるシステムを作れない時だろう。かつての学生運動のテーマの
ひとつが医局であったことを考えると、なにを作るか考えるだけの時間と人材は
十分にあったはず。

みんなが、文句を言うのだが、新しいシステムを考えるのは自分の仕事
ではないというだろう。それで、結局新しいシステムがなかなか上手く出来上がら
ないんだ。

313 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 14:51:14 ID:GAHQxF6o0
>>312
俺も含めて医者のほとんどは頭にお花が咲いていてなw
目の前の仕事以外ほとんど興味がなかったんだw


これから新しいシステムができるのかな。

まあスレ違いか。

314 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 16:04:05 ID:uBziwgpu0
>>299
俺がいつお前に論破された?良く分からんなぁ。
論破、と言うからには何か論を語らねばならんだろう。
だがお前、何か論を立てたことがあるのか?
安っぽい茶々しか書けん阿呆のお前が、何か言えた事が一度でもあるのかwww

阿呆、死ねwww

315 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 19:17:36 ID:YZYKsUOY0
>>307

>これから元に戻るかもしれないというのは微妙なところかな。
>俺がこの前までいた病院に来てた研修医と話をした感触では、
>大学の魅力なんてもう無いも同然だったしな。

結局、医者も獣医並みの研修になってきたんですね。

獣医なんか、大学に残る人の方が全然少数ですわ。どうしてかと言うと大学に残ると
低賃金の労働を強いられるからです。

民間の動物病院に就職すれば、技術を教えてもらえた上に、週休2日に有給休暇あり
給料も一般のサラリーマンぐらいはもらえますからね。

医者も、その味を占めたら、医局の体制には戻れないかも知れないね。

大学に残る人は博士過程に残る人だけど、入りたいと言えば獣医の免許
持っていれば、ただでこき使える獣医師として、大歓迎されるみたいです。

医者の方もそんなものかな?

316 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 19:27:33 ID:YZYKsUOY0
>>309
>日本の医療なんてもうどうでもいいし、好きに批判してくれていいけど、
>旧態依然というのはちょっと違うかな。

そうかも知れないね。だけど、製薬会社と医者の癒着、その結果の病人の乱造は
昔よりずっと今の方が酷いと思う。


>降圧薬も飲みたくなければ飲まなくていいよ。本当に。
>俺は血圧正常でも飲んでるけどw

飲めと言われたって私は拒否するけどね。どうして貴方は正常血圧で薬を
飲むの?今の基準だと135/80が正常とされるでしょ?そんなんでどうして
貴方は薬を飲むの?

薬中?

317 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 19:32:56 ID:uBziwgpu0
>製薬会社と医者の癒着
ほうwwwwwwwwwwww
阿呆の脳内では、まだ「薬価差益」がタプーリあると、そう埋め込まれてる訳だw

病院側では一円でも安く買い叩くたいので、ゾロ屋なども活用して競合させてる現実や、
病院側に絞られたくない薬屋との、修羅の闘争が見えない訳だ。

バカの壁がエベレストより高く聳え立ってるなwwwww

318 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 20:06:40 ID:YZYKsUOY0
>>317

病人でもない人を、病人に仕立て上げれば、製薬会社にも医者にも利益になると
言うことを患者が分からないと思っているか。馬鹿医者


319 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 20:09:27 ID:uBziwgpu0
お前のようなバカ人間は捨て去って、次なる真っ当な患者を診療した方が、
収入になるし、評判もよくなると言う事が分からんのか。
蒙昧めがw

320 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 20:20:21 ID:YZYKsUOY0
>>319
>お前のようなバカ人間は捨て去って

字が読めないようだね。私は病院には行かないと言っているでしょ。
こっちが、医者など見限ってやったわ。馬鹿


『高血圧は薬で下げるな』
http://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%81%AF%E8%96%AC%E3%81%A7%E4%B8%8B%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%AA-%E6%B5%9C-%E5%85%AD%E9%83%8E/dp/4047100161/sr=8-1/qid=1171279046/ref=sr_1_1/249-0604853-0131557?ie=UTF8&s=books



この本、10万部以上売れたらしいよ。私のように考える患者も増えていくさ。

医者に騙されたと思う。

321 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 20:21:54 ID:uBziwgpu0
>>320
お前は自分で自分を騙してるに過ぎん。
だが安心しろ。
死ねば治る。

322 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/12(月) 20:23:43 ID:YZYKsUOY0
>>321

そんなこと言って、脅しても無駄だよ。




323 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 20:41:36 ID:uBziwgpu0
>>322
脅しではない、単なる現実だ。
そこからお前が逃げようともがいている所の、それをお前が見たくない所の、その現実だ。

だが安心しろ、死ねば逃げられる。

324 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 21:40:46 ID:TVR3Hwaw0
>>320
信じたい情報を選り好みするようになっては・・・

せめて、他人を巻き込むな。自分一人でやってなさい。

325 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 21:43:23 ID:TVR3Hwaw0
>そうかも知れないね。だけど、製薬会社と医者の癒着、その結果の病人の乱造は
>昔よりずっと今の方が酷いと思う。

何を根拠にw

コンプレックスか、はたまたジェラシーか。

326 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 21:53:27 ID:a5uc/Z3k0
病院にいかないとは何故。
何もかも信じられなくなってしまった?
信じたいものだけ信じてやっていくのも結構、自分の体だもんね。

でも他人を巻き込むな。巻き込まないで。
病院で助けられる人もいるのだから。
巻き込まないと大声を上げないと不安でしょうがないの?


327 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/12(月) 22:38:04 ID:cz/1tbW10
やれやれ、何奴も此奴も現実逃避に必死だな。
医療業界が旧態依然なのは、保険医制度のせいだ。
で、慰謝は教授の言うことを聞かなくてもいいのか?
ん?どうなんだ?
くっくっく。

328 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/12(月) 22:40:06 ID:cz/1tbW10
>>314
なんだ、自分が論破されたことすらわからんのか?
場蚊につける薬はないの〜。
くっくっく。

製薬会社に見捨てられた慰謝の言いそうだなことだな。
治験でもやったらどうだ?
くっくっく。

329 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:01:40 ID:Lk68dR180
>>327

>医療業界が旧態依然なのは、保険医制度のせいだ。
ここを是非詳しく。


>で、慰謝は教授の言うことを聞かなくてもいいのか?

これはどこの学部も同じだし、会社で社長の言うことを社員は聞かなくてもいいのか?と同じようなレベルですね。
医者はもう「使えない」教授の下では働きたくないし、言うことも聞きたくないので大学から逃げているでしょうに。

330 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:11:18 ID:Lk68dR180
>>309

>俺は血圧正常でも飲んでるけどw

これは製薬会社に踊らされすぎだと思いますけど。

331 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:12:06 ID:TVR3Hwaw0
>医療業界が旧態依然なのは、保険医制度のせいだ。
これは真っ当な指摘ではないかな。

332 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:13:55 ID:TVR3Hwaw0
>>330
年齢・性別・基礎疾患の有無にもよるんじゃないのかな?
事前情報なしで一般論を語るならその通りでしょうけど。

333 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:21:11 ID:Lk68dR180
>>331
個人的にはそれだけで説明がつくかな、と思いますけどね。

>>332
これに関しては確かにそのとおりですね。
バックグラウンドを考えないまま書いてしまいました。

334 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 23:29:11 ID:Lk68dR180
しかし何にせよ、旧態依然、ステレオタイプ、医者と製薬会社の癒着とか、いつの時代の話なのか。
あげくに治験。

治験なんてもう誰もやりたがらないですよ。
外来で症例を選び、インフォームドコンセントをして、承諾書を書いてもらって、必要な検査を定期的に行って
提出する書類をうめて、それを一定の数そろえる。

このご時世になんと馬鹿らしいことを。


マリリンさんや絶対神さんの心配はもはや不要になりますよ。
病院から医者がどんどんいなくなっていますから。あとは開業医に行かないようにするだけで、病気にされないで
すむかと思います。

335 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 23:37:51 ID:uBziwgpu0
>>327
>で、慰謝は教授の言うことを聞かなくてもいいのか?

↑ここ、笑う所か?

336 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 23:39:52 ID:uBziwgpu0
>>327の「で、慰謝は教授の言うことを聞かなくてもいいのか?」と言う書込みを見て欲しい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

337 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/12(月) 23:41:06 ID:uBziwgpu0
>>328の「治験でもやったらどうだ?」と言う書込みを見て欲しい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

338 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/12(月) 23:44:00 ID:uBziwgpu0
>>327-328
ま、お前自身が自分の安い脳内からネタを搾り出して書こうとすると、
この程度のことしか書けないと言う事実を、自ら綺麗に立証したと言う事だな。

笑いを取るのは、それ位にしておいたらどうだ。
そして、Wikiをもっとしっかり読み込んで来いwww

339 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 10:39:47 ID:PME69Bdz0
>>324
>信じたい情報を選り好みするようになっては・・・

血圧の適正基準に対して納得いく情報なんてどこにあるの?
外国人のばっかでしょ?

その外国人のデータからして、ブラセボはもうけてないみたいだし、
循環器病の罹患率は強調しているけど、癌を含む総死亡率には触れていない。

年齢別も分けていないしね。

ちゃんと情報出してから、情報のえり好みと言ってよね。



340 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 10:42:31 ID:PME69Bdz0
>>325
>コンプレックスか、はたまたジェラシーか。

何で、医者にジェラシーなんか持たなきゃいかんの?可哀想にとは思うけどね。

341 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 10:50:23 ID:PME69Bdz0
>>326
>病院にいかないとは何故。
>何もかも信じられなくなってしまった?
>信じたいものだけ信じてやっていくのも結構、自分の体だもんね。

>でも他人を巻き込むな。巻き込まないで。
>病院で助けられる人もいるのだから。
>巻き込まないと大声を上げないと不安でしょうがないの?


私は、西洋医学は症状が出てからが本領発揮の医療だと思う。
だから、症状が出ていない時に、検査値だけ見て予防で薬を飲ませようなて
間違いだと思う。

辛い、症状が出てしまった人なら

>病院で助けられる人もいるのだから。

これは言えるだろう。それでも、自分の自然治癒力で回復させることを患者は
怠ってはいけないし、西洋医学側も患者が自分の自然治癒力で治ろうとしているのを
じゃましちゃいけないと思う。






342 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 10:58:15 ID:edAtctpI0
でもね、癌なんかは症状が出てからじゃ遅いんだよ。
なんにも自覚症状なんてないんだから。

検診を受けて、西洋医学で治るものまで逃さないようにして。
ならない心がけも必要だけどどうしたって皆無にはできない。
「出来る」と断言し 他を否定するのは傲慢です。

もちろん、現代医学側のごうまんも ないとは言いませんが。

343 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 11:34:36 ID:z6s4HyBW0
>>316
>>330
>>341

まあ製薬会社に踊らされてると思ってくれてもいいよw
俺は血圧は正常だし、他の検査値も全て基準値内。年齢もリスクというほどまだいってないw

知り合いの内分泌や循環器の先生のデータや論文で、予防的に内服するというのもそれなりに意味があるかなってw
血圧が上がり始めたときにはRA系やアディポサイトカイン分泌・機能異常と考えるというのは個人的には魅力があってなw
塩分3g以下なんてとても達成できる気がしないしw
がんばって6g以下やね。


マリリンは西洋医学を過大評価しすぎですよw
発症してしまってからできることなんてたかが知れていましてな。だからアメリカでさえ心不全の治療ガイドラインに
StageAという予防の概念をつくらざるえなかった。発症してからでは金もかかるし。

病気を発症させたくないから、人の遺伝子を全て解析しようともするw
西洋医学の研究でわかることは、常にその限界。

344 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 12:56:48 ID:PME69Bdz0
>>343

腎不全は元に戻せる
http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/0916jinfuzen.html

RA系って、多分、こういうことを言っているのでしょ?
獣医の方も最近、慢性の腎不全でACE阻害剤を使うようになっている。
獣医の場合は、水素水も使うよ。

アディポサイトカインって、アディホネクチンのこと?

そのあたり、私も獣医として患畜の体の中で、西洋医学的治療と代替療法をどのように
折り合いつけようか自分としても迷いがあるのは事実だ。

だけど、病気かそうでないかの基準が今の医学は滅茶苦茶で、検査値上だけで
大量の病人を生み出しているのも事実だと思う。


345 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 12:57:33 ID:PME69Bdz0



穏やかで、楽しく人生を送っている人の中には、薬などなんにも飲まなくても
平均寿命まで、元気で生きられる人は沢山いるわけで、

そういう人たちを高血圧だ、高血糖だ、高脂血症、塩分だと脅すのには納得ができない。

薬を飲んだからといって、こういう人たちがより長く生きられるかどうかもわから
ないわけだからね。

貴方の場合、薬は自分で入手可能かもしれないけど、普通、患者の立場の人間は
一月に一回は医療施設を受診して、見たくもない医者の受診を受けないと薬は手に
入らないし、その時に自分が病人であることを自覚しなきゃいけないしね。

そんな人生送るなら、病気を受け入れるのは症状が出てからで十分ですわ。
それまでは、自然治癒力を上げることで、病気にならないように私の場合は
したいと思っている。

346 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 13:07:38 ID:PME69Bdz0
>>342
>でもね、癌なんかは症状が出てからじゃ遅いんだよ。
>なんにも自覚症状なんてないんだから。

助からん癌なって、いつ見つけたって三大療法では助からないよ。

助かったと言っているのは、がんもどきを見つけているか、その人の免疫力が上がって
治っただけよ。

そのぐらいなら癌になる前に生活全般を見直して、癌にならないように
免疫力をあげた方が良いよ。

免疫力あげるのに、現時点では病院行く必要もないしね。

347 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 13:15:38 ID:z6s4HyBW0
>>344
アディポネクチンというのは、アディポサイトカイン群のひとつ。
俺が内服する意味とはそこのページは違うかな。


医学は確率の学問でな。
もちろんどんな破天荒な人生を過ごしても病気にならないやつはならない。
しかし経験的、統計学的、科学的にも「なりやすい」という状態もあるわけよ。

結果的に金がかかる病人を作り出すよりは、金のかからない病人と呼ぶにも微妙な人で止めておきたいわけだ。
まあそれでも病気になるやつはなる。


だから何度もいっているように、好きにするといい。自分の生き様だものw

348 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 13:42:53 ID:vs6iwLM80
>>345
症状が出るまで医者に行かないのなら、そもそも誰も健診を受ける必要がない。
なんで受ける人がたくさんいるのか。お金の無駄。

行政は健診が無駄ではないと信じているからやっている。
医者で健診が好きで医者をやってる人はいないと思うよ。
でも医者も健診をする方がしないよりマシだと思ってはいる。
本当に要らないなら、やめてしまってもよい。

349 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 19:39:14 ID:PME69Bdz0
>>347

これだけ、人間の生き方が多様化してくると、検査値で輪切りにして
健康と病気を決めるのも無理があるし、お仕着せの治療法だけ勧めても拒否してくる
患者も出てくる。


>だから何度もいっているように、好きにするといい。自分の生き様だものw

医者がこういうことを理解してくれれば、私はそんなに反抗的になることも
ないんだけどね、現実は、理解できなくて患者におこってくる医者も多い。

こういう医者は患者が理解した上で、自己責任で治療法を選ぶ選択肢もあると
認めることができない。

だから、我が儘な患者だと言ってしまうのだと思う。


350 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 19:47:41 ID:PME69Bdz0
>>348
>経験的、統計学的、科学的にも「なりやすい」という状態もあるわけよ。

>結果的に金がかかる病人を作り出すよりは、金のかからない病人と呼ぶにも
>微妙な人で止めておきたいわけだ。

>まあそれでも病気になるやつはなる。


健診に関しても、以上のことを理解した上でもなお、
受けない権利だって患者にはあるはずだ。

それを法律を作って義務化すると言っている。とんでもないお節介だと思わない?

そりゃー、製薬会社や医者のためだろうと言いたくもなる。


351 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/13(火) 19:49:29 ID:CobgQcm/0
>>349の死に様を見て欲しい。
なんとつまらない死に様だろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少の努力を込めて健康づくりをする事は容易いはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼女の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼女は精神的な事情で十分な治療を受け入れる事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見自殺行為としか思えない彼女の書込みは、
現在のテレビ番組の見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

352 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 19:54:53 ID:PME69Bdz0
>>351

私は自分の体は大事にしているよ。
>多少の努力を込めて健康づくりを放棄しているわけではない。

西洋医学的な、薬を使った病気の予防法を受けたくないと
言っているだけだ。

どうして、私の意志を尊重してくれないの?

血圧だって降圧剤以外の方法で下げるように努力しているよ。


353 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 19:56:22 ID:ddoi368w0
>>345
人間の歴史上、平均寿命80歳までに延びたのは現在しかない。
戦後これほど平均寿命が延びた要因としては何が考えられますか。
三大療法が1番大きな要因と考えられますが、それでも否定なさるのですか。

354 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 19:59:17 ID:edAtctpI0
>>346
混同さんに毒されてるだけだね。
それを証明することは出来ないのに。



355 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 20:01:26 ID:PME69Bdz0
>>353

>三大療法が1番大きな要因と考えられますが、

私は、そうは思わない。癌は増え続けている。医療が貢献したことは
認めるけど、それは昔のことで

現在寿命が延びたのは衣食住の環境が良くなったためだと思う。
このまま、無駄な薬を飲み続ければ、害も出てくると思う。

ホームレスの人は今でも寿命は短いと書いてあった。


356 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 20:07:01 ID:PME69Bdz0
>>354

>混同さんに毒されてるだけだね。
>それを証明することは出来ないのに。

近藤先生や安保先生を受け入れるのも、私の自由です。

では三大療法に代替療法と比較して、選りすぐれた効果があると証明できるのですか?

がんもどきがあるのかないのかも証明できないでしょ。



357 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:07:57 ID:z6s4HyBW0
>>349
そこは難しいところでな。

「好きにしていいですよw」

というと、見捨てられたと感じる患者もいるわけで。
最近の判例で「患者が納得するまで説明しなかった」という理由で医者が裁判に負けたのもある。

ある弁護士の見解では「患者に怒らないとダメ」と言い切っている。
そうでないともし医療裁判が発生した時に、裁判で負けると。
怒るだけ怒って、患者が勝手にドロップアウトする分には裁判では問題がない。言うことを聞かない患者を抱えるのは
リスクを抱えているのと同じで、自業自得だそうだ。そう弁護士が断言しいる。


医療面接の上手い下手はあるが、なかなか難しいところ。

また患者本人の意思を尊重していると、なにかあったときに、その家族が裁判を起こすこともある。
肝癌の患者で、本人が検査は不要といったので経過観察していたところ食道静脈瘤破裂で死亡。そしたら家族が
必要な検査を怠っていたと裁判を起こした。それでもちろん裁判で医者は負けたw



今の医療はつまらんよw


358 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 20:08:19 ID:PME69Bdz0
>>356

自己レス 訂正

選りすぐれた効果 ×

よりすぐれた効果 ○


359 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:09:27 ID:ddoi368w0
>>355
癌が増えたのは、他の病気で死ぬ人が少なくなり平均寿命が延びたからでしょう。
戦前は、結核は不治の病とされて、実際死亡する方も多数見られました。
現在では死亡例は極端に減少しています。
それは薬物療法の発達のおかげです。
衣食住だけでは病気は治せません。

360 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:12:00 ID:edAtctpI0
あぁ、自由だよ。
それをまるで唯一の「事実」のごとく発言しないならいい。

三大療法を拒否して代替に賭け、命を落とした そんな例もあるね。
そんな人は現代医療でもどうせ助からなかったんだからいいじゃん、と言うのかな?

証明できないのだから最善を尽くす、それがどうしてわからない?


361 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/13(火) 20:13:11 ID:CobgQcm/0
>>358
どうあがいても死ぬのだ。

362 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 20:15:56 ID:PME69Bdz0
>>357

そうだね。社会全体が変わらないと、無理だね。

そういう医療の現状でも、私は自分の体は守りたい。

私みたいに、はっきり意志を示す患者は医者にとっても楽だと思うよ。

例え、自分で選んだ選択で、まずいことがあったとしても
医者を訴えたりしなし、そもそも病院自体に行かない、健診も受けないからね。


>>357のような現状があり、マリリンのような患者がいる限り、医療不信は
なくなって行かないんだろうね。


363 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:17:56 ID:ozPM3TvM0
シュタイナーをリスペクトしますか皆さんw

364 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:18:30 ID:edAtctpI0

>例え、自分で選んだ選択で、まずいことがあったとしても 医者を訴えたりしない

当たり前だよ。
でもね、そうやってきた人が最期は医者を頼るんだ。

365 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:19:11 ID:z6s4HyBW0
>>362
あとまあ俺はあんまり自己責任、という言葉を信じていないのは正直なところかな。
何度か、

「先生があの時もっと強くすすめてくれたら」

といわれることもあったしな。
入院予約までして、その入院を蹴った患者のしばらくあとの一言だ。助からなかったけど。



「もっと強くって、入院まで決めていたのに? もっと強く?」
ああいうのはずっとトラウマになるもんよw



366 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 20:21:20 ID:PME69Bdz0
>>360

>三大療法を拒否して代替に賭け、命を落とした そんな例もあるね。

何度も言っているけど、私は癌の治療は西洋医学では、癌ワクチンや細胞免疫療法が
受けたいです。

治験状態で誰にでも受けられないままにとどめおかれていますけどね。

>証明できないのだから最善を尽くす、それがどうしてわからない?

私は癌家系に生まれましたので、三大療法の悲惨な末路を経験しています。
あんな治療法は受けたくないです。

ちょっと用があるので、これで落ちます。また後で。

367 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 20:29:54 ID:edAtctpI0
わたしは3大療法のうちの2つを受けた。

あなた個人のトラウマなんだね、それは。

368 :健康第一:2007/02/13(火) 20:55:22 ID:N4XJJ3hc0
>>366
OGTTで30分後・60分後・120分後の血糖値が一時的に140を超えてしまって
いても問題は無いのでしょうか?
30分後・60分後に超える程度なら大丈夫なのでしょうか?
ご回答お願いします。

369 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 21:57:44 ID:Is1Bkv2e0
>>368
>OGTTで30分後・60分後・120分後の血糖値が一時的に140を超えてしまって
>いても問題は無いのでしょうか?

私は、そんな検査は受ける気はないので知らない。

糖尿なんか、病院行くのは多飲、多尿など体に異常が出てきてからでいいよ。
それまで病院なんか行かないよ。


370 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 22:06:13 ID:Is1Bkv2e0
>>364
>でもね、そうやってきた人が最期は医者を頼るんだ。

しょうがないよ。死亡診断書がなければ埋葬もできないからね。

西洋医学的治療法でも私の気に入った治療法は拒否しないよ。


>>365
>「先生があの時もっと強くすすめてくれたら」
>「もっと強くって、入院まで決めていたのに? もっと強く?」
>ああいうのはずっとトラウマになるもんよw


私に関しては心配ご無用、口が裂けてもそんなことは言わないから。
意識がなくなって救急車で運ばれても、よけいなことはして欲しくないわ。

371 :健康第一:2007/02/13(火) 22:07:31 ID:N4XJJ3hc0
それから追加で質問です。糖尿病スレでも質問したのですが、
オシッコに泡が立つと糖尿病の可能性があると言われているのは、
尿にタンパクが含まれている可能性があるからなのでしょうか?
一応、私は尿タンパクはマイナスでしたが、尿に泡が立っていても
問題ないと考えてよいのでしょうか?

372 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 22:09:33 ID:Is1Bkv2e0
>>371

尿に泡が立っているのは、糖が出ているからでしょ?


373 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 22:13:51 ID:t2kOCx0f0
>>371
どうしてこういう人々は
自分の家の台所で砂糖水を作ってみて泡立つかどうかためしてみないのだろうな、、。

そういう発想が無いのが患者様、ですので日々の診療もしんどくて仕方が無いわい。

374 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 22:18:06 ID:t2kOCx0f0
水でなくても糖尿病ではない家族の誰かの尿に糖を混ぜたのと混ぜてないので泡の出来方を比較してみればよいのだ。

375 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 22:18:16 ID:Is1Bkv2e0
>>371

貴方、医者じゃなくて患者さんなの?

だったら、言っておくけど。糖尿の可能性があって、医者の世話になりたくないなら
代わりの健康法はしっかりやらなきゃダメだよ。

インスリンが必要なほど高血糖になったら、医者の世話になるしかないよ。

分かったね。


376 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 22:42:42 ID:PJDLxN220
獣医って小学校の先生以下の知識だな

377 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 22:48:00 ID:VNRwNUU00
>>376
小学校の先生に失礼すぎる。

378 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 22:52:18 ID:Is1Bkv2e0
>>373
>そういう発想が無いのが患者様、ですので日々の診療もしんどくて仕方が無いわい。

あんたら文句が多いわね。

ものを知らなくても行かんし、マリリンみたいにああ言えばこう言うでもいかんし
どういう患者なら、丁度いいのさ。馬鹿医者め。


379 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 22:56:46 ID:ixFoJiGh0
そうだな、先生に失礼だな。
ペットショップの金髪にーちゃん以下だよ。

380 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 22:59:35 ID:Is1Bkv2e0
>>379

マリリンがペットショップの金髪にーちゃん以下かも知れないけど

このスレにいるお医者様がた、マリリン以下のような気がするーわ  (^▽^笑)


381 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/13(火) 23:01:29 ID:Is1Bkv2e0

マリリン、眠くなっちゃった。お休み。

382 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 12:43:15 ID:rXJv7M1q0
>>334
>治験なんてもう誰もやりたがらないですよ。
>外来で症例を選び、インフォームドコンセントをして、承諾書を書いてもらって、
>必要な検査を定期的に行って
>提出する書類をうめて、それを一定の数そろえる。

>このご時世になんと馬鹿らしいことを。

これはどう考えても酷いと思う。
こういう状態に医療があるのに、何故、代替療法に
データを出せと要求するのか?

まともなデータも出す意志がないくせに、西洋医学的治療のどこに根拠があると
言うのか?馬鹿らしい。


383 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 12:46:32 ID:XDo1q6fa0
>>350
それは行政の問題だよ。おかしいと思った人がなんとかしなければ
なんともならない。

自分は健診が役に立っていると思うよ。たとえば、糖尿病で透析導入まで
放っておいた患者さんにも税金使って治療している例が多数あるわけよ。
病気の早期発見早期治療が医療費を減らすことが出来ると考えたうえで
やっている健診をやめるのなら、いろんな病気の治療に税金使うのもやめろ
ってことだね。「病人は金がないなら氏ね」で済むなら話は簡単だ。

384 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 13:05:49 ID:zbR6bBvh0
>>382
治験って何かわかってる?
wikiにのってなかった?

385 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 13:15:40 ID:zbR6bBvh0
>>382
wikiにものってるね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%AB%E5%AD%A6#.E8.87.A8.E5.BA.8A.E8.A9.A6.E9.A8.93

> 臨床試験
>医学における介入研究を臨床試験という。
>一方で新薬の承認、あるいは既存薬の新たな適応の申請のために、製薬企業が行う臨床試験を治験と言う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E9%A8%93

>国内治験における手続きの煩雑さ、費用の高騰、医師の治験へのモチベーション低下などがあいまって、
>国内での治験空洞化が進行してきている。


製薬会社と癒着とか、治験に参加させてもらえ、とかデータを出す気が無いとか、医療業界のことをしらなすぎです。

386 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/14(水) 14:20:18 ID:MLjqijld0
>>382
お前、サリドマイド飲んで見ろ。
きっと効くぜw

え?どうして効くかって?
俺の神霊治療の一環だ、データだせとかヤボな事は無用さ。

387 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 15:58:24 ID:jevXF7qe0
毎晩、小林奈保と戦っていた某先生、某先生、
おられましたら、応援願います。
某先生、某先生、
おられましたら、応援願います。

病気は病魔ではなく魂を癒す薬なのです2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1171115396/

388 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/14(水) 18:06:53 ID:BBW77vUp0
>>386
サリドマイドは確かガンに効くのではないか?
妊娠中に飲まなければ問題ないだろうが。
くっくっく。

389 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 18:55:00 ID:mKGCjBhK0
>>382
>何故、代替療法にデータを出せと要求するのか?
何も数値化された詳細なデータを出せとはいっていない。
代替療法にそれを要求するのは無理がある。

自分がお気に入りの代替療法を盲目的に推奨するのではなく、
患者さんが納得できるような材料くらい用意した方がいいと思う。

効果の表現はあいまいでもいい。「気分がいい」「楽になった」「痛みは治まった」
「熱は下がったようだ」「顔色が良くなった」という類の表現でも構わない。
そういった効果が出た条件は、できるだけ判りやすくするべき。
ある療法を行った場合と、行わない場合を比較すれば、その療法の効果が判りやすい。
明解なことだ。

あなたの例では、鍼灸と色彩療法を同時に行って、体調が良くなったといっている。
あなた自身、鍼灸が効いたのか色彩療法が効いたのか分かってないだろう。
それなのに、鍼灸と色彩療法の相乗効果を示唆するのはかなり強引だ。
色彩療法は鍼灸と併用しないと効果がないと思われかねない。
駒落ちの将棋のような判定をしては、色彩療法に対しても失礼であろう。

ある代替医療の効果で、あなたの体調が良くなるのは大変結構なことだ。
だが、理屈がよくわからないものを他人に勧めるのに、誤解を受けるような表現は避けるべきだ。
色彩療法の記事はわざわざブログに掲載するような内容といえるであろうか。
自信を持って勧めるのなら、それにふさわしい材料を用意してくれということだ

ところで、温泉は気持ちいいなあ。人工温泉だが露天風呂もあるし、
ジェット風呂の水流がマッサージのように気持ちがいい。
いや、別に勧めてるわけじゃないけど。

390 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/14(水) 19:06:55 ID:MLjqijld0
>>388
サリドマイドが、癌に効くだとwww
死ね。無知蒙昧ヤロウwww

391 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 20:27:02 ID:zbR6bBvh0
サリドマイドが有効である癌は存在します。最近では多発性骨髄腫が有名ですが、日本ではまだ処方は制限されています。

392 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:18:50 ID:rXJv7M1q0
>>389

おっしゃることは代替療法であったとしても、もっともだと思います。
例えば10人中何人に効果があったというデータだけでもあれば゛、他の人に説明しやすく
なりますから、簡単なデータでもあった方が良いのは当然です。


ただ、わかって欲しいのは、私は人間の医者ではありませんし、色彩療法の専門家でもありません。
そのため今回のような場合、簡単なデータを出すためにでも、
鍼灸の先生に診察してもらった上で、SBXさんにどこの壺に何色の色片を張るか
教えてもらう方法をとらなければなりません。

試しに、うちの看護婦さんに、風邪を引いた後に咳が止まらない人がいるので、費用は
私が出すから、鍼灸の先生の診察受けてきてと頼んで見たのですが、何せ若い女性ですので
全身の診察をされると言うことに抵抗があったようで、拒否されてしまいました。

そんな状態ですので、私では被験者が集めることが難しいです。

そのため、今回のブログの色彩療法については私の体験談として書きました。



393 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:24:56 ID:rXJv7M1q0

>「薬のみ」と「薬+鍼」の比較(これは鍼の有効性が出そうなパターン)や
>「薬のみ」と「薬+色片」の比較、
>「薬+鍼」と「薬+鍼+色片」の比較でも意味はあります。

以上を私の体を使って調べるのには、私の血圧が許容できないほど
高くなってしまっていて、体が辛くて、色々な組み合わせを試すだけの、
時間的余裕がなかったです。


本音は、とにかく薬ではなく他の方法で血圧を下げて早く楽になりなかったのです。

効果を客観的に確かめる余裕が私にはなかったのです。

また、お腹の圧迫痛がちょっとですが、ぶり返していますので、
色片へを張ったりはがしたりして観察は続けるつもりですが、私一人にはやれることに
限界があります。

色彩療法は私の体験談として受け取ってください。


394 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:28:53 ID:rXJv7M1q0
>温泉は気持ちいいなあ。人工温泉だが露天風呂もあるし、
>ジェット風呂の水流がマッサージのように気持ちがいい。


お風呂は、本当に良いですね。安上がりで気持ちが良くて、安全です。

優れた免疫力を高めるための代替療法だと思います。

395 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/14(水) 21:31:49 ID:MLjqijld0
>>394
風呂に入って免疫が高まるというエビデンスを出せよ。

396 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:34:26 ID:rXJv7M1q0
>>385
>製薬企業が行う臨床試験を治験と言う。

こんなことは知りませんでしたわ。でも、あんたたちでも臨床試験と治験を混同して
使っている場合があるのではないの?

397 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:35:50 ID:rXJv7M1q0
>>395
>風呂に入って免疫が高まるというエビデンスを出せよ。

貴方、お医者さんなの?お風呂の効用を軽んじてはいけないよ。

398 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:40:15 ID:rXJv7M1q0
>>383
>自分は健診が役に立っていると思うよ。たとえば、糖尿病で透析導入まで
>放っておいた患者さんにも税金使って治療している例が多数あるわけよ。
>病気の早期発見早期治療が医療費を減らすことが出来ると考えたうえで
>やっている健診をやめるのなら、いろんな病気の治療に税金使うのもやめろ
>ってことだね。「病人は金がないなら氏ね」で済むなら話は簡単だ。


「健診受けて、病人にされるのはいやだ。」そういう患者の気持ちもあるのを
医療関係者も行政も忘れているわ。

399 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 21:44:20 ID:7NZarjJh0
糖尿病は自覚症状が無いのが特徴なんだがなあ。

400 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/14(水) 21:45:13 ID:MLjqijld0
>>397
俺は「証明しろ」と言ってるのだ。
根拠も無く言うならば、「サリドマイドで躁うつ病が完治する」とも「ポロニウムで歯痛がたちどころに治る」とも言える。

無責任な放言は,、止めておけ。

401 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:51:53 ID:rXJv7M1q0
>>400

エビデンスとは治験の結果の意味として、使われることが多いです。
私ではね治験も臨床試験もできません。何故、そのようなことを私に求める?

>「サリドマイドで躁うつ病が完治する」とも「ポロニウムで歯痛がたちどころに治る」とも言える。

私は、自分が受ける代替療法を決める時に、ある程度決まりをもうけています。

1.安全であること
2.費用がかかりすぎにいこと
3.カルトに結びついていないこと
4.原理が納得できること


貴方の言う方法は、1と4が当てはまりません。

402 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/14(水) 21:56:08 ID:MLjqijld0
>>401
お前の決まりなんかどうでもイイんだよ。
「証拠」を出すんだよ。

403 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 21:59:18 ID:rXJv7M1q0
>>399
>糖尿病は自覚症状が無いのが特徴なんだがなあ。

私も>>248に賛成です。糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがあると思います。
今の健診の体制では、心配するほどのことでなくても糖尿病のレッテルを貼り
糖尿病の最悪の症状を使って患者を脅します。


医者に脅されながら生きる人生を歩みたいとは思いません。

404 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:00:53 ID:rXJv7M1q0
>>402
>「証拠」を出すんだよ。

では、お風呂にゆっくり入ることを続けていると
リンパ球数が上がってくるのは確認しているよ。


405 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:06:09 ID:XDo1q6fa0
>>398
だから、強制していないでしょう。そして、それゆえに糖尿病を放置
して透析になる人はたくさんいる。ところが透析にかかる医療費を自分で
出せる患者さんなんてほとんどいない。ほとんどみんなの税金で賄っている。

406 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:10:33 ID:XDo1q6fa0
>>403
残念ながら、>>403>>248とはあまり共通点が無い。
>>248は「糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがある」
などと大雑把なことは言っておらず、続発性の糖尿病もあるという
指摘をしているだけだ。
「糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがある」と思うのなら
どういうものなのかちゃんと教えてもらわないと誰もあなたの話を
理解出来ない。

407 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:11:22 ID:zGacVDR10
御風呂はいいにきまってるよ。
色彩の影響だって嘘じゃないだろうね。
でもそういうのっておばあちゃんの知恵と似たようなもんで。

お医者がむきになって否定しないでもいいくらいのものだけど
マリリンが、「患者は」などと一般化したり
検診の拒否が正しいことのように言ったり
現代医療が悪のような物言いするのが 放置できないと感じるんだろうね。

医師に相手してもらって充実感を感じてると思うのよ、彼女は。

408 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:14:34 ID:rXJv7M1q0
>>405
>ほとんどみんなの税金で賄っている。

ごめん。だから?
健診をうけても糖尿だと言われた人が、全員透析になるわけではないでしょ。

早く見つけたって、なる人はなる。

健診を受けたことで病人としての人生を歩まされる人が多すぎです。
それなら、健診など受けないという人が出てきても不思議ではありません。

私、思うんだけど。透析も日本の場合、早いうちからやりすぎるんじゃない?
医者が透析を勧めるけど、拒否しているがまだ大丈夫だと言っている人、周りにいるよ。




409 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:16:24 ID:zGacVDR10
また混同さん理論なの?

410 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:16:48 ID:XDo1q6fa0
風呂はたしかにリラックスできるだろうけど、体、特に心臓や血管に負担がかかる。
だから、いいかどうかは人による。

411 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:17:31 ID:mjg59VGC0
>>396
普通は治験とは一緒にしないですな。

治験とは区別して、俺とかはスタディってそこはなぜか英語で言ってたw
あとはトライアルとか、自分とこなら自験とか。他にもいろいろ。大規模臨床試験ならそれの名称をそのまま使う。
最近ではJ-DOIT3とか。

「DOITのあれどうなった?」

って感じで。治験は治験じゃてw

412 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:18:09 ID:rXJv7M1q0
>>406
>「糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがある」と思うのなら
>どういうものなのかちゃんと教えてもらわないと誰もあなたの話を
>理解出来ない。

あのさー何度も言っているよ。血糖の正常値をどんどん下げて行くじゃない。
それで、おまえは糖尿病だ薬を飲め、食事制限せよと言われてどうして納得できる。


413 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:19:27 ID:rXJv7M1q0
>>411

じゃー、エビデンスってなんのこと?


414 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:26:50 ID:XDo1q6fa0
>>408
思うに、透析を受けている患者さんの愚痴を全部まともに聞いていたら
たいへんなことになるよ。あくまでも愚痴も含まれていることを知りつつ
傾聴すべき。役人は削れるところを虎視耽々と狙っているよ。
たとえば、最近、難病指定されている疾患の中で患者数が多い
パーキンソン病と潰瘍性大腸炎の軽症患者を対象から除外かも
しれないと発表があったときは騒然となった。まさに患者さんの死活問題。
>>412
悪いけど、もう1度教えて。血糖の正常値をどんどん下げて行くこと
と「糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがある」ことの関係もわからない。

415 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:27:03 ID:rXJv7M1q0
>>407

>お医者がむきになって否定しないでもいいくらいのものだけど
>マリリンが、「患者は」などと一般化したり
>検診の拒否が正しいことのように言ったり
>現代医療が悪のような物言いするのが 放置できないと感じるんだろうね

患者の立場の人間には、それなりの言い分がある。人種も性別も年齢も職業も
一律、ひとまとめにして、病気の判定されて脅されてどうして納得できる?


風呂に関しては、医者は黙認ではなく積極的に勧めなきゃいけないでしょ。
私は、シャワーしかしない人に、入浴がどんなに体に良いか話して聞かせる
話した人は、すべて納得したよ。








416 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/14(水) 22:29:14 ID:rXJv7M1q0
>>414
>悪いけど、もう1度教えて。血糖の正常値をどんどん下げて行くこと
>と「糖尿病には悪性のモノと、そうでないモノがある」ことの関係もわからない。

糖尿病でもない人も、糖尿病扱いされると言うこと。

ちょっと書き込みに疲れてしまった。今日はこれで勘弁してね。

417 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:32:12 ID:mjg59VGC0
>>248を細かく話してもしょうがないんだけどw

続発以外にも、MODYとかミトコンドリア遺伝子異常とか、糖尿病はいろいろあってな。

さらにいわゆる2型でさえ本来はいろいろな型があるのよw

そこにさらに糖への感受性の違いがあってなw


まあいわゆる2型なら、あと30年で治るようになるよw
技術が進めばもっと早いかもしれんw

418 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:44:19 ID:XDo1q6fa0
>>417
あなたの話はわかってるよ。2型さえ一つの疾患ではない
だろうこともよくわかっている。でも、それと「糖尿病には
悪性のモノと、そうでないモノがある」こととはミッシングリンク
がたくさんありすぎて一緒くたに出来ない。

419 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:45:11 ID:mjg59VGC0
>>413
エビデンスとは単純に根拠でしかない。

もちろん治験もエビデンスになるが、エビデンスにはさらにエビデンスレベルというのがあってな。

治験のエビデンスレベルなんて非常に低い。だから発売後に何度も、いくつものグループが人を変え、条件を変え
何度も確かめるわけだ。そうしてエビデンスレベルが上がっていく。もちろん途中で取り消されるものもある。


まあ普通は治験のデータは参考程度ですなw
他にいいのが無いときに選ばれるくらいよw

420 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 22:48:40 ID:mjg59VGC0
>>418
ですねぇ。糖尿病は非常に誤解されてる病気だな、と思うよw

血糖が上がるというのは糖尿病の特徴ではあるが、それは結果であって糖尿病の本質とは違うんだけどもw

まあ贅沢病とか成人病とか生活習慣病とか宣伝された結果ですかなw

421 :卵の名無しさん:2007/02/14(水) 23:05:13 ID:mfd7VF1k0
>>387
今、私は忙しいので。応援できません。ごめんね。
そんなに目くじら立てなくても、好きにやらせてあげたらいいんですよ。

422 :SBX:2007/02/15(木) 09:38:37 ID:DJt+zUUBO
マリリンさん。体調はどうですか?そろそろ大腸の実症がとれる頃だと思うのですが…。

423 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 09:56:11 ID:5gofJgGv0
痴呆国立の地域枠のレベルの低さにはびっくりした。
昨年のセンター試験で72%で合格。二次は面接、小論文だけ。
これでは僻地限定医師免許にしてほしい。

424 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 12:16:04 ID:lqkKLql50
マリリンという人は高楼省・胃枝・成薬会社を敵にした勧善懲悪のシナリオ
しか描かないな。そのワンパターンしかないからいつもマスゴミ以下のおばちゃん
の立ち話になってしまう。せいぜい近所の人の愚痴を聞いてストレス発散の
手助けをするならちょうど役に立つくらいではないだろうが。

425 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 12:45:08 ID:ZvW7YsJI0
>>424
>そのワンパターンしかないからいつもマスゴミ以下のおばちゃん
>の立ち話になってしまう。せいぜい近所の人の愚痴を聞いてストレス発散の
>手助けをするならちょうど役に立つくらいではないだろうが。

私の言ってることをそのようにしか捉えられないのは、貴方が私の言っていることを
認めたくないからだ。

知識のない素人のおばちゃんの言っていることと一緒にしてしまいたい貴方の
心のあらわれでしょう。

なんと言われようと、今の成人病(生活習慣病)の診断基準は、人種も性別も年齢も職業も
一律、ひとまとめにして病気の診断をして、病人を大量生産し、飲ませる必要のないひとに
体に害のある薬を飲ませつづけ、病院と切れない生活を余儀なくさせる。

それを正当化する理由などどこにある。


426 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 12:51:21 ID:ZvW7YsJI0
>>419
>エビデンスとは単純に根拠でしかない。
>もちろん治験もエビデンスになるが、エビデンスにはさらにエビデンスレベルというのがあってな。
>治験のエビデンスレベルなんて非常に低い。

そう、だったら西洋医学だって、まともなエビデンスに基づいた治療なんてそんなに
ないじゃない。

すべてが良質なエビデンスにもとずいで治療しているワケではないじゃないことをいい加減に
認めたら。

427 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 12:58:52 ID:ZvW7YsJI0
>>422  >SBXさま

色片は調子が良かったので一週間ぐらいはがして下ります。

おとつい五回目の鍼治療に行ってきました。


お腹の触診で、右腹部の下の方がちょっと痛かったです。ちょっとだったので
最初は「痛くないです」と言ったのですが、先生に、「ここは本当に痛くないですか」と
念を押され、わかるんだと思いました。

血圧は163/98mmHgまで下がっていました。
もう少し血圧が安定するまで週一で通ってくださいと言われました。


428 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 13:06:18 ID:Qw+5Z7+q0
糖尿病患者の増加に伴い、国の医療費が増加する。
これからは予防医学なるものが始まるらしいよ。
糖尿病事態が深刻な問題ではなく、糖尿病の合併症が問題なんだよ。
血糖コントロール不十分で合併症を引き起こし、人工透析なんかなってみろ。
1年で600万はかかる。全体で人工透析患者にかかる総医療費は1兆円を越えるらしい。
予防医学は国の医療費削減対策なんだよ。

糖尿病位恐ろしい病気はないよ。

429 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 13:27:57 ID:ZvW7YsJI0
>>428
>糖尿病位恐ろしい病気はないよ。

ちょっと血糖の高い人がすべてが最悪の事態になるわけではありません。

>>420を読み理解して、勝手に決めた基準をちょっと超えるだけの人を
脅すのは止めなさい。



>420 名前:卵の名無しさん 投稿日:2007/02/14(水) 22:48:40 ID:mjg59VGC0
>>418
>ですねぇ。糖尿病は非常に誤解されてる病気だな、と思うよw
>血糖が上がるというのは糖尿病の特徴ではあるが、それは結果であって糖尿病の本質
>とは違うんだけどもw
>まあ贅沢病とか成人病とか生活習慣病とか宣伝された結果ですかなw


430 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 15:28:38 ID:lqkKLql50

昨日の話を読んでみると、合併症が出るような悪性の糖尿病を合併症が出る前に
診断することは今は出来ないから、合併症ないし症状が出るまで医者にかかる必要は
無いと主張していた?この主張には全く賛成できない。現在の診断基準はベストでは
ないと言う事は多くの人が賛成すると思うよ。でも、あなたにより良い診断基準をつくる
能力があるのか?それは流石に現状のあなたでは誰も認めないよ。それだけ。

431 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 15:42:48 ID:/vWTCm8a0
>>424
それは、正しい認識である。

432 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 16:05:07 ID:adGAkQq20
>>426
それは自分がどういうエビデンスがあるのか知らないだけでしょう?

文献を誰かが提示しても、探せないって言うし。

433 :SBX:2007/02/15(木) 16:22:17 ID:E7m7I3ot0
>>424さま
べつにそれでもいいじゃん!
>>マリリン様
ここんとこ、忙しかったんで昼間から飲んじゃったいました、
鼻水出ます?最近…、

434 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 17:39:19 ID:QWEvpW0c0
>>433 >SBX様

>鼻水出ます?最近…、

どうして、あれだけの書き込みだけで、そんなこと分かるの?
不思議な人だ。

確かに、ここ2日ほど風邪をひいて鼻水ずるずるでした。今日はだいぶいいです。



435 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 17:41:04 ID:QWEvpW0c0
>>432
>それは自分がどういうエビデンスがあるのか知らないだけでしょう?

だったら、出してらっしゃいよ。出せない癖に。

あるあると言うだけじゃない。


436 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/15(木) 17:48:01 ID:sZifPZfO0
>>435
おい、もっと落ち着け。レタスが良いらしいぞ。
また、納豆を喰って痩せれば、体も心も軽くなるw

437 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 17:53:29 ID:QWEvpW0c0
>>430

>現在の診断基準はベストでは
>ないと言う事は多くの人が賛成すると思うよ。でも、あなたにより良い診断基準をつくる
>能力があるのか?それは流石に現状のあなたでは誰も認めないよ。


将来、合併症が出る人を1人見つけるために、何人の病気ではない人を
病人に仕立て上げるつもりさ。迷惑この上ないわ。

しかも、将来合併症が出る人が、早く見つかったからといって合併症が
出ない、もしくは送らせる保証もない。 そんな健診、どうして受けなきゃ
いかん?誰が信用する?

確実に、将来合併症が出る人を見つけ出す診断技術を確立することだね。

そうじゃなきゃ、医者不信が広がるだけ。

438 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 17:57:45 ID:Qw+5Z7+q0
糖尿病の合併症が発症するかどうかは患者の心がけによるところが大きいのだよ。
そして食事療法・運動療法を開始するのは早ければ早いほどいい。

439 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/15(木) 18:09:39 ID:QWEvpW0c0
>>438
>糖尿病の合併症が発症するかどうかは患者の心がけによるところが大きいのだよ。

だから、wwwwwwの医者の説明ではそうでないでしょ。
将来、重症の症状を現す糖尿病と、そうでない糖尿病が人間でも
あるらしい。少なくとも動物にはある。

原因がストレスによるものは可逆的の場合が多い。


>そして食事療法・運動療法を開始するのは早ければ早いほどいい。

マー、食事と運動療法だけなら、そんなに目くじら立てることではないかも
知れない。食事療法は厳しすぎて、かえって害が出るじゃないと思うところもあるけどね。


あんたら、薬を飲ませるでしょ。これが許せない。害がないと何で言える?
病院通わせるでしょ。心の自由が縛られる。とんでもないわ。

440 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/15(木) 19:28:53 ID:d5FwkmFmO
失礼します。
小林奈保さんに身体板の医者も知らないホルモンスレをしつこく荒らされて困っています。
当該スレはストレスが顕著に病状悪化に繋がる患者がいますが、
喜々として荒らします。
何度注意しても聞きません。
同板に対抗して病魔スレを立てて、これみよがしに悪意の妄想を書いてるのは我慢できますが。
徹底無視しかないでしょうか?
99年から2ちゃんやってますが、ここまでの人は中々いませんでした。



441 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/15(木) 19:37:59 ID:FZI9Pi7V0
405 名前:病弱名無しさん 投稿日:2007/02/13(火) 11:33:05 ID:35BaOeF+
私は小林奈保に1票。とくに >>260-298のあたりの分析はするどいと思う。
相手によってコロコロ態度変わるし、名無し煽りもかなりやってる。

だいたい

> 200 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/11(日) 11:35:00 ID:+3ouH4Xi
> 辛いから一言だけ

と書いてる同じ日の夜にオールってどういうこと?信用できないよ。


406 名前:JK ◆JHD/FnPLYo 投稿日:2007/02/13(火) 12:19:16 ID:62RYaQU8
うわぁ…あなたはあそこ関係の人か…
でないと、リアルストーカーになるよね。

マジすか。

そのレス都合良くキリだしてるけど、
虚脱は金の朝、日曜の 辛いは精神的ストレスなんだけどなあ。
大事な日だから、もちろんコート増やしたし。
これだけは、答えてね↓
なんでオールって知ってるの?



442 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/15(木) 19:39:20 ID:d5FwkmFmO

申し訳ないです。
こちらに書くべきでは無いですね。
失礼しました。
忘れて下さい。

443 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 19:42:12 ID:dg09gPNH0
餌のまきすぎ


444 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/15(木) 19:44:14 ID:d5FwkmFmO
441 うわっ、速攻出てきた!
あのね、そのレス、こちらはどういうつもりで書いたか、わかってるから。
気の毒に誤解された方だよ。
アナタが私を貶めるつもりで貼っても意味ないの。
誤解して書いた方が気の毒なの。


お騒がせしました。
失礼します。

445 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/15(木) 19:50:07 ID:FZI9Pi7V0
184 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/02(金) 13:54:23 ID:U8ylkrKV
私もまた期害収縮の嵐デスワ。マジで害悪。
コート増やさなヤバイ。
これをこう原病スレとかでヤッテ、患者が悲鳴上げてタンダロ。
ひでぇな。

:JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/02(金) 22:52:49 ID:U8ylkrKV
好きな男の気を惹くために、周りを滅茶苦茶に貶める汚い女っていますよね。
あれの電波版でしょうね。

319 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/02(金) 23:54:54 ID:U8ylkrKV
ホンマ、知識もだけど馬鹿みたいに上っ面しか見えないんだね。
そんなヤツに無理無理〜。

272 名前:JK ◆JHD/FnPLYo 投稿日:2007/02/12(月) 23:24:10 ID:N6KFgutC
257サン、何が混乱すか?

コピペ張り、意味ないな。
やはり単純に嫉妬ですね。ここのパチモン霊媒は。
キタナラシイ動機で神や愛を語るんじゃねぇよ。

321 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/02/02(金) 23:57:40 ID:U8ylkrKV
小林、あんたが毒ガスだよ。



446 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/15(木) 19:51:49 ID:FZI9Pi7V0
373 名前:JK ◆JHD/FnPLYo 投稿日:2007/02/13(火) 01:02:59 ID:62RYaQU8
共感能力の欠如 なんでしょう。
佐藤さんは霊媒では無いですが、
霊媒に共感能力が無いのは致命的です。
商売にすれば口上の巧みで行けますからね。
共感能力が欠如しているから、感情が飢える。
怒りや愛など極端な感情を見たい、感じたい。
容易いのは怒り、解りやすい。
怒りの裏の悲しみも充分餌さになる。
つまり、感情を出す玩具が必要なんですよ。

まあ、境界例に多いんですが。


447 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/15(木) 19:53:41 ID:FZI9Pi7V0
787 :ケロロ :2007/01/19(金) 12:30:40 ID:gJwlUHUI
>しかし、レセプターダウンレギュレーションも知らないは無いデショ。
おーよいよし、頭を撫でてやるぞよ、おーよしよし。w
たまには化けろw



788 :JK ◆JHD/FnPLYo :2007/01/19(金) 12:32:29 ID:sqQB3mj2
軍医は口が悪いンスよ。 (・ω・)

影響力アルンやから…

軍医の指咬んで、無理矢理膝の上に乗って、頭スリツケて、撫でれとやってヤル→感情論(`・ω・´)


448 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 21:18:00 ID:BOah1tJz0
予防医学?ちょっと意味が分からない。医学を未然に防ぐと言うことであれば分かるけどね。症状もない人間の血液検査の結果で人を病気にして金儲けしてきたけど、いよいよみんな賢くなってきたということかな?
医学が人の寿命を長くしたのではないぞ。身体を酷使しなくても食える時代になたから長生きする奴が増えてるだけだ。原始時代は寿命は約20年、今から400年前で約40年、医学が寿命を変えたと思うなよ、

医者はちょっと身の程を考えろ。病気でもない人間まで引き込もうとするな。
網膜症?糖尿と関係ある病気なのかね?合併症と言われているその他の病気も、今では「明らかなデータがない」ということは医者本人が知っているはずである。

449 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 21:42:18 ID:adGAkQq20
>>435
今まで具体的にたくさん文献やstudyの名前は出ていたと思いますが?

それらのうちどれかをきちんと目を通しましたか?

450 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/15(木) 22:01:50 ID:676GVr9U0
>>395
医学におけるエビデンスなどそもそも捏造だな。

>>400
科学的証明など無意味だと言っておるではないか。

>>402
観測の理論負荷性を知らんのか、ウツケ。
ほれ、どうするんだ、ナリスマシ君。
くっくっく。

451 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 22:03:41 ID:/vWTCm8a0
>>450
>医学におけるエビデンスなどそもそも捏造だな。

根拠は?

452 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 22:04:16 ID:adGAkQq20
>>448
寿命に関して医学の貢献度が非常に低いことはよくわかります。せいぜい感染症くらい。
また医学は限界があり、思い上がることなんてとてもできません。

しかし後半は初耳です。高血糖が引き起こす膵臓β細胞のアポトーシスの文献とか読んだことはありますが。

453 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 22:06:25 ID:BOah1tJz0
「高血糖」「高血圧」「高脂血」他が出てきた=「老化が始まった」
と言うことで別にその「症状」が病気ではありませんよ。

ただ、健康診断の数字からはみ出る人間はほとんどいないことから考えれば、
これを機に自分の生活を見直すところに来ているのではないかと言うことですよ。
喰ったから糖尿になる、運動しないから糖尿になると言うことではない。
持って生まれた体質ですよ。

454 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 22:10:38 ID:BOah1tJz0
これを医者にとやかく言われる前に自分で何とかするしかない。
食事運動療法なんぞまともにできる奴はほとんどいません。
ほとんどが挫折して薬を飲むことになる。この時点からあなたは「病人」です。死ぬまでね。

でも、言い換えれば、食事運動療法をまともにできる奴は健常者以上に健康ですよ。

455 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/15(木) 22:42:23 ID:sZifPZfO0
>>450
はあ、白い巨頭読んで衣料業界分かってるつもりの低脳が、また喚きだしたのか?

>観測の理論負荷性を知らんのか、ウツケ。
Wikiを読み込んできてその程度wwww
低脳愚脳の見本を自らさらしてwwww

死ね

456 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/15(木) 22:47:38 ID:sZifPZfO0
>>450
ほれほれ、にげてんじゃねーよ、低脳愚脳蒙脳がぁwww

>観測の理論負荷性を知らんのか、ウツケ。
素粒子についてWiki読んで、それをそのまま人間について云々しようってかぁwww
阿呆wwwほれ、ポロニウムでも飲用しろやwww

死ね

457 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 22:50:47 ID:YCQjil8j0
>>450
さすがに意味がようわからんなw


>>454
それが非常に大いなる誤解なのだ。

食事療法運動療法をまともにがんばっていても、糖尿病になるやつはなる。

食事をがんばっても、運動をがんばっても、糖尿病が悪くなるやつは悪くなるんだw
それも体質なんだよw

458 :卵の名無しさん:2007/02/15(木) 23:56:20 ID:YCQjil8j0
しかしまあ、怒らないで欲しいし、馬鹿にするわけではないんだが。
こういうスレでは良く見かけるような話で、いつも思うことで、ここでせっかくだから聞いてみよう。


「人間の体は非常に良く出来ていて、条件さえそろえれば完全無欠な健康を保ったまま生きていけるのか?」


運動でも食事でも、風呂でも良いし、善なるなんとかでもいいしw、リンパ球でもいいし、なんたらエネルギーでもいいw

俺は全くそう思わないんだけどw
人間も含めて動物は不完全で、生命維持の機構はバランスを取ったり崩れたりの連続でしかない、って思っているんだが。

そのへんは西洋医学以外を支持している人たちはどう思ってん?
西洋医学は人間の動物としての限界が前提だからなw

459 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:18:05 ID:IQ3xgIqd0
だからこそ遺伝子を全て解析する。出来ることなら遺伝子を置き換えたい。

不利になりそうな要素は排除したい、置き換えたい、有利な要素はたとえそれが異物であろうとも使って増強したい。
人間が自然に持っている能力全てが人間にとって有利であると、遺伝子レベルで信じていない。それが西洋医学だといっていい。


このへんはどう思ってる?
本当に知りたいw




460 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:26:19 ID:cT6H3GP80
>>458>>459
wがバカにしているように見えるね。
>俺は全くそう思わないんだけどw
が、なにをそう思わないのか解らないね。

>人間も含めて動物は不完全で、生命維持の機構はバランスを取ったり崩れたりの連続でしかない
そう思うし、それでいいとおもう。「ゆらぎ」ってやつ?
だとすると、
>遺伝子を全て解析する。出来ることなら遺伝子を置き換えたい
これは実に不自然な行為と言えるし、西洋医学の傲慢だね。


私は、西洋医学以外を支持している人たちじゃないけどさ。








461 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:31:27 ID:IQ3xgIqd0
>>460
さて、人間は完全無欠ではないだろう、と思ってるだけなんだが。

「ゆらぎ」というほど高尚のものでもない。
単純に人間の生命維持機構の不完全さだww

傲慢じゃないから、不安で全てを解析したくなるんだがw

462 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:36:37 ID:cT6H3GP80
>>461
そうかね? 神の手を手にしたいのと違うの?

「ゆらぎ」は高尚なものだとは知らなかった。

行動や衝動の元が 不安 だと うまくいかないものだよ、きっと。

なーんか禅問答 になってきた?

463 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:39:27 ID:IQ3xgIqd0
>>460
自然な行為、というのはなかなか難しい問題だ。

例えば農業。
一般的な意味合いで言えば非常に不自然だ。人為的に人間にとって必要な農作物を集中的に栽培するわけだ。
とても自然とは思えない。そう意味で自然のほとんどは雑木林となるだろうな。

しかし人間そのものが自然の一環であると考えたら、どうだろう。
所詮人間は自然の一環であり、人間の行いで自然にあるもの以外に利用できるものがあるだろうか。想像でさえ
脳神経細胞の電気的エネルギーの活動でしかないwwこれは不自然か?w

464 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:44:57 ID:IQ3xgIqd0
>>462
確かに禅門等かも知れんなw

西洋医学にどっぷり使った俺から見たら、代替医療のほうが傲慢に見えるw

風呂が良いとか、食事とか、運動とか、免疫を高めたら、善エネルギーを集めたら、なんてw

465 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:45:46 ID:cT6H3GP80
知らんね。
種が地に落ちて実を成らす、それはどのような形であろうと「自然」
種への操作は不自然だろうけどね。

>人間の行いで自然にあるもの以外に利用できるものがあるだろうか。想像でさえ
>脳神経細胞の電気的エネルギーの活動でしかないwwこれは不自然か?w
なにいってんのかわかんないよー


466 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:46:46 ID:cT6H3GP80
行動や衝動の元が 不安 だと うまくいかないものだよ

467 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:47:46 ID:cT6H3GP80
おばぁちゃんの知恵は傲慢ではないさ。

468 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:53:47 ID:cT6H3GP80
これ、ふと思い出した

さみしかったから〜 あなたを愛して
さみしかったから〜 あなたを憎んだ
さみしかったから あなたにさよならを
そして ひとつぶ すみれいろのなみだ

                     てか。


スマソ、ヨッパライでつ。寝ます。

469 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:54:38 ID:IQ3xgIqd0
>>465
人間のやること全てが結局は自然の範疇を超えるものではないんじゃないの?って話ですよw
想像でさえ、結局は脳活動であり、細胞の基本的な電気的信号と、化学反応でしかない。

それから生まれたものは不自然ですかな? 自然から生まれているのに?

470 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:56:10 ID:IQ3xgIqd0
>>468
俺も寝ようw

悪いね、付き合ってくれてw

471 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 00:57:52 ID:cT6H3GP80
人間のやること全てが、ってこたぁないでしょ。
電気的信号だって化学反応だって 自然に存在する。

ヨッパライは寝るのだ。

472 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 01:01:48 ID:cT6H3GP80

おやすみん

473 :SBX:2007/02/16(金) 01:51:25 ID:jVUhIngq0
>>434マリリンさま
肺経の症状が出てきたんですよ。
しかし急性なので肺を取っても体はかわらない。
大鍼法的解釈で肺の一番遠い経、すなわち膀胱経を撮るのです。
もしもまだはなみずるずるだったら、
腎・膀胱経を取ると今回は話しがつきそうです。

474 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 02:50:00 ID:cU55Lq870
現代人が自然からはなれすぎているから不健康になっている、
などの主張はとても受け入れられない。自然とともに生きていた
原始人が現代人より健康だった、とは考えられないとすると、
現代人の健康は自然からはなれることで成り立っていることになる。


475 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 02:52:14 ID:cU55Lq870
生命現象だって物理現象。
食べ物の消化も薬剤の投与も、
要するに化学反応だ。
有用な反応は大いに利用したらいい。

476 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 02:55:18 ID:cU55Lq870
もし古代人が現代人より健康だとしても、
それは単に生命力がない奴は死ぬので、
生命力があるやつばかりが生き残っているに過ぎないんではないか。


477 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 04:19:01 ID:NyPvdOao0
>>457
> それが非常に大いなる誤解なのだ。
> 食事療法運動療法をまともにがんばっていても、糖尿病になるやつはなる。
> 食事をがんばっても、運動をがんばっても、糖尿病が悪くなるやつは悪くなるんだw
> それも体質なんだよw

しかし、食事療法をやれば、全体としてはリスクが低下することは認められているのですよね?
今現在、食事療法が効かない体質かどうかを前もって予見する方法は確立されていないのだから、
とりあえず食事療法をやってみるのが妥当じゃありませんか?
一日40本近くタバコを吸っても、肺がんにならず大往生する人は確かにいるでしょうが、だからといって
それを一般化し、ヘビースモーカーやっても大丈夫だなんて考えが通らないのと同じことだと思うのですが。




478 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 08:13:40 ID:BEzLxP+I0
俺思うんだけど。「糖尿病」って診断うけて「ナマクラ」こづける一部の人間
もいるんだなと。普通まともなやつは、頑張って自分で治すよな。でも食事運動
療法を実践できる患者はほとんどいないと聞く。そんなナマクラばかりだから
投薬されるワケです。
糖尿保護団体とかあって幾ばくかの○貰ってる連中なのかな。
もう国の借金は減りませんね。またこれから税金も増えますね。まともに頑張
る人が損をするする時代が来ますね。
ところでおまえら糖尿病政治団体かなんかなの?

479 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 09:06:03 ID:x4qZKawR0
>>477
努力を否定するわけじゃないよw
非常に大事なことだ。

ただがんばれば大丈夫、という物でもないことを知って欲しい。

たまにがんばりすぎてうつ病になるやつがいるんだわw

480 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 09:11:14 ID:x4qZKawR0
しかし無職というのも暇だなw

親のところに顔を出せば健康相談ばかりだしww
店のやつには「立派になったw」とか言われるし。素直に老けたっていえよwwww

本当はいろいろ手続きして大使館に行かないといけないんだが、なんかだるいわw

481 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 09:23:46 ID:6M0O7SmD0
>>473 >SBX様

>大鍼法的解釈で肺の一番遠い経、すなわち膀胱経を撮るのです。

教えて下さってありがとう。東洋医学の基礎学問はそれはそれで
根拠があるんですね。驚きました。

私は西洋医学が基礎にあるので、東洋医学的診察や治療は
とてもミステリアスな世界だと思いました。






482 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 09:26:22 ID:6M0O7SmD0
おはようございます。

>>458
>そのへんは西洋医学以外を支持している人たちはどう思ってん?
>西洋医学は人間の動物としての限界が前提だからなw


これのお返事レスは、即座に書き込めないので、少し考える時間を下さい。


483 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 09:32:25 ID:6M0O7SmD0
>>481  >SBX様

>名前:SBX 投稿日:2007/02/16(金) 01:51:25

こんな時間まで起きていてはいけません。体に絶対悪いと思います。


484 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 10:37:04 ID:q9gI3pPn0
>>437
自分に能力が無いという指摘は否定しないんだな。
やっぱり、あなたの話はマスゴミ以下のおばちゃんの立ち話。
まったく話を深めようが無い。

485 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 10:40:35 ID:q9gI3pPn0
>>478
あなたの言う通りにダメ人間を本当に排除したら、ヒトラーの再来になれるね。
それで良しとされるなら、話は簡単。

486 :SBX:2007/02/16(金) 12:14:53 ID:jVUhIngq0
>>483マリリンさま
俺は毎日寝るのは2〜3時なのです。
その代わり朝はゆっくりと7時までにおきます。
家族を寝かせて夕飯の洗い物、朝食の下準備をして落ち着くと
だいたいそのような時間になってしまうのです。
子供達も大きくなると早く寝てくれないモンでしてねぇ…。
俺自身も夜更かしの癖がついちゃったしねぇ…。

487 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 20:19:39 ID:Pgd/HpbR0
>>486 >SBX様

>俺は毎日寝るのは2〜3時なのです。
>その代わり朝はゆっくりと7時までにおきます。

それでは毎日4〜5時間しか睡眠時間がありません。そんなの絶対良いことだと
思いません。

>夕飯の洗い物、朝食の下準備をして落ち着くと
>だいたいそのような時間になってしまうのです。
>子供達も大きくなると早く寝てくれないモンでしてねぇ…。

こんなのいいわけです。

>俺自身も夜更かしの癖がついちゃったしねぇ…。

そのうち病気になって、担当の患者さんに迷惑かけますよ。もう少し早く寝るように
努力しましょう。

488 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 20:31:20 ID:Pgd/HpbR0
>>448
>医学が人の寿命を長くしたのではないぞ。身体を酷使しなくても食える時代になたから
>長生きする奴が増えてるだけだ。

>原始時代は寿命は約20年、今から400年前で約40年、医学が寿命を変えたと思うなよ

同意です。今でも劣悪な環境下に人間をおけば、寿命は縮ます。例えば、極端な栄養の過多。
働きすぎ。過剰なストレス 


>医学を未然に防ぐと言うことであれば分かるけどね。症状もない人間の血液検査の結果で
>人を病気にして金儲けしてきたけど、いよいよみんな賢くなってきたということかな?

これも同意です。患者を増やそうとして、基準値を下げすぎたため、膨大な数の病人が
発生してしまいました。


これでは、よぽどの阿呆でない限り、現代医療はおかしいと気がつきます。

薬を出すのも検査付けにするのも金儲けのためだと気がついて当然です。





489 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 20:34:31 ID:Pgd/HpbR0
>>484
>自分に能力が無いという指摘は否定しないんだな。

貴方、患者の立場の人間に何言っているの? 馬鹿じゃないの?


490 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 20:41:06 ID:lgCizdNP0
で、あんたの代替療法とやらで誰かあるいはどの動物かを救えたの?
どうせ殺してる数のほうが多いんだろうな。www
残りは自然治癒か

491 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 20:41:42 ID:Pgd/HpbR0
>>458
>「人間の体は非常に良く出来ていて、条件さえそろえれば完全無欠な健康を
>保ったまま生きていけるのか?」

私はそんなふうには思っていません。

>人間も含めて動物は不完全で、生命維持の機構はバランスを取ったり
>崩れたりの連続でしかない、って思っているんだが。

これも同意です。

ただ、バランスの崩れは可逆的な場合も結構多く。

>運動でも食事でも、風呂でも良いし、善なるなんとかでもいいしw、リンパ球でもいいし、
>なんたらエネルギーでもいいw

こういうモノを使えば、バランスの崩れを治すことができる場合もあると私は考えて下ります。


リンパ球を含む白血球の検査は

体のバランスの崩れを調べる簡単で安価な検査方法だと思っています。

492 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 20:43:17 ID:WX6FTWRW0
医者って 
若い女の子のお腹さわって、その子が便秘だったら浣腸できるからいいよね!!!

493 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 21:19:39 ID:q9gI3pPn0
>>489
患者かどうかなんて関係ないよ。社会のルールは皆が作るんだよ。
診断基準を使って検診をするかどうかは社会が決めたこと。

494 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 21:32:53 ID:cFEc/2So0
>>493
>診断基準を使って検診をするかどうかは社会が決めたこと。

そんなこと誰が信じるか。今の診断基準を意識的に決めた奴らがいるだろう。


その診断基準を使って一般人を脅しまくっているのは、他ならぬ医者を筆頭にした
医療関係者だろう。


社会のせいにするな。  私はそんなことを頼んでいない。


495 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/16(金) 21:37:06 ID:gPMwEOCS0
>>494
信じたくなければ、信じなくてもいいんだよ。
従いたくなければ、逃げてもいいんだよ。

だが、決して死からは逃げられない。
また、妄言で他人を惑わしているその罪からも逃げられない。
かならず裁きはある、裁きからは逃げられないんだ。

496 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 21:40:29 ID:rQa7m3Kb0
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ
ガッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハ

497 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 21:40:49 ID:cFEc/2So0
>妄言で他人を惑わしているその罪からも逃げられない。
>かならず裁きはある、裁きからは逃げられないんだ。

そんなことは、大量の病人を作り出している医療関係者に言ったら。

>だが、決して死からは逃げられない。

こんな当たり前のことを何言っているんだ。馬鹿。

498 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 21:44:16 ID:q9gI3pPn0
>>494
社会のルールを変えればいいのだけど、代替案は確かあるよ。
健診受けなければいいだけ。受けて精密検査といわれてもいかなければいいだけ。
サボタージュというのもひとつのやり方だもの。
健診受けて異常無しでないと職場で働けないというのなら、それは職場の問題か、
職場のあり方を規定する社会の問題。社会のルールから逃れるのは難しい。

499 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 21:50:43 ID:q9gI3pPn0
なんで、医者だと雄弁を振るう気になるのに、社会相手だと思うと
途端に萎縮してしまうのかね。あなたみたいな人は敵がデカいほど
もえるんでは。ドンキホーテを思い起こさせる人だもの、もっと大物で
あって欲しい。

500 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 21:53:26 ID:cFEc/2So0
>>498
>健診受けて異常無しでないと職場で働けないというのなら、それは職場の問題か、
>職場のあり方を規定する社会の問題。社会のルールから逃れるのは難しい。

今の健診の基準で、まったく健康体なんてことは、あんまりないでしょ?
どっかにいちゃもんつけてくるわ。

それで会社で働けないと言ったら会社が潰れるわよ。
それより、色んな人が、今の健康診断の正常値は間違いだと訴えているのだから
会社の方を 説得するばいい。

文句を言わないのは、医療関係者だけ。



501 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 21:54:41 ID:cFEc/2So0
>>499

意味不明、何言っているか良く分からない。詳細希望


502 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 22:01:21 ID:q9gI3pPn0
>>500
> 今の健診の基準で、まったく健康体
どこの会社もまったくの健康体でなければ働けないとは、一言も言ってない。

> 会社の方を 説得するばいい。
説得すればいいじゃないの。どこが問題なのか分からない。
就業規則に問題があるなら、会社と話し合ったら。

>>501
社会の制度を変えてくれ。そしてら、健診だって無くせるよ。
という意味。今までの経緯からいって、あなたにはできないけどね。
できなくても、他の人のせいじゃないよ。あなた自身の問題。

503 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 22:04:37 ID:cFEc/2So0
>>459
>不利になりそうな要素は排除したい、置き換えたい、有利な要素は
>たとえそれが異物であろうとも使って増強したい。


これは、私には単なる理想に聞こえる。西洋医学の現実は、よけいなお節介を焼き、
生体のアンバランスを強い薬で、固定し慢性化させていても、それを治療と称する。

そういう面も、西洋医学はある。


西洋医学が劇的に効果を現すことも確かにあるけど、すべての人体の不都合が
西洋医学的やり方だけで解決すると考えるのは間違いだと思う。

それが端的に現れているのが、自然治癒力の分野じゃないの?

504 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/16(金) 22:05:04 ID:gPMwEOCS0
>>499
マリリンは、どんな社会相手でもそう弱腰では無いと思うんだよ。

何処へ言っても、星飛雄馬のような燃えるな瞳で、
確信に満ち満ちた妄言を連ねて自分の信じる健康食品を、
それがまるで決戦でもあるかのような調子で勧めてるに違いないと、そう思うんだ。

505 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/16(金) 22:07:28 ID:gPMwEOCS0
>>503
お前の馬鹿さ加減、愚劣さ加減、蒙昧さ加減、それが自然治癒しないのはなぜだ?
そこに自然治癒力の限界を、皆が見て取っている。
やはり馬鹿は死なねばダメなのか?それではあんまりだ。
せめて死ぬ前に、自らの愚ぐらい気付いて欲しい。そして、怪薬を勧めた罪を認めて、
皆に謝罪してから死んで欲しい。
そうでないとお前は地獄に落ちる、そうあってはならないというのが、皆の願いなのだ。

506 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 22:07:29 ID:cFEc/2So0
>>502
>社会の制度を変えてくれ。そしてら、健診だって無くせるよ。
>という意味。

健診なんてあったって言いさ。受けない自由を保障してくれ。

法律を作って全員に受けさせるなんて、そもそもお節介。

507 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/16(金) 22:08:52 ID:gPMwEOCS0
>>506
>健診なんてあったって言いさ。受けない自由を保障してくれ。
ダメだ。結核を伝染させる。近年の結核の増加を知ってるだろう。
それほど社会に迷惑を掛けたいなら、無人島に行ってしまえ。

508 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 22:09:45 ID:q9gI3pPn0
他の人を揺り動かして事を成したいと思うのなら、いまより工夫しないとね。

509 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 22:11:33 ID:cFEc/2So0
>>505 >糸色 文寸 ネ甲

貴方が何を言っているか分からないよ。

>怪薬を勧めた罪を認めて

医者の方が、ずっと、副作用のある酷い薬を人体に使っているわ。


ちょっと私、やることがあるんでこれで落ちるね。


510 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 22:11:39 ID:q9gI3pPn0
VIPあたりで暴れてる厨房とマリリン、大して変わらない。

511 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 22:12:48 ID:q9gI3pPn0
>506
> 健診なんてあったって言いさ。受けない自由を保障してくれ。

それはさ、社会人なんだから、ここでいってもしょうがない事が分かるでしょう。

512 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/16(金) 22:15:15 ID:cFEc/2So0
>>507
>ダメだ。
>結核を伝染させる。近年の結核の増加を知ってるだろう。

結核か。牛の結核を思い出すな。見つかると、牛舎ごとすべて殺処分。

その発想だね。人間は牛ではないだわ。


それではお休み。

513 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/16(金) 22:54:18 ID:gPMwEOCS0
>>512
人間の場合、自分で自分に始末を付けるのだ。
無論、死ぬという事ではない。治す、と言う事だ。
自らを隔離し、他人様にうつさぬようにする。
それが社会人の当然だ。

514 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 23:12:44 ID:2zNx24+j0
>>458
今の医療を全否定していないし
代替医療がどういうものを指すかもよくわかっていないけど、
私は欠損を抱えたまま生きて死にたいと思ってます。
今の社会の中でできるだけ。

>>459で出てくるかもしれない歪みよりは
はじめからある歪みを受け入れたいし、
それが現代社会で出てきたものなら素に近い状態にしたい。
素と言ってもあるがままでいるというものとは違います。

個人的には食事でも運動でも何でもそれを目指したい。
あくまで自分なりのベストな状態を目指して
結果的にある程度身体の「健康」を保てればいい。愉しみをもちながら。

515 :卵の名無しさん:2007/02/16(金) 23:14:03 ID:2zNx24+j0
だからマリリンさんとは逆でフリーでいるために
検査は厳しい方がいいと思ってます。
その日々の生活を見直す目や
>>248>>417のようなことについては医学を信頼しています。

私が辛うじてそうできる状態と環境というだけで
こんなことを言っていられない人が沢山いることはわかっています。

516 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/17(土) 08:24:51 ID:EnJMcJwk0
>>513
ちがうな。
感染症を蔓延させない責任は個人ではなく、国家にあるのだ。
国家は個人の自由を保証しなくてはならん。
結局、蔓延すると言うことだ。
それでいいんだよ。
くっくっく。

517 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 08:49:42 ID:GNrB84mM0
>>514 >>515

おおむね同意です。私と貴方の考え方の違いは、医者の立場と患者の立場の違いから
出てくるのでしょう。

私は、癌の家系に生まれた。だから私も何度調べてもリンパ球数が少ない。つまり、
免疫力が低いわけです。だけど、それはそれで受け入れて生きて行くしかないと思っている。

ただ、そんな私でも、生活の仕方によってリンパ球数の上下はあるわけで
より健康に暮らせる方法はあるはずだと考えています。

今のところ私の場合は薬や手術を、その方法として選ぶ必要がないと
思っているだけです。

状態が酷くなれば、西洋医学的治療を受けなきゃならない時も来るでしょう。
そういう状態になったとしても、医者に脅されてではなく、自身に納得して
西洋医学的治療は受けたいです。

このように考えておりますので、健康には十分気をつけているつもりです。
したがって、検査の数値を知ったところで、私がやることに代わりはありません。

下手に健診など受けて、馬鹿医者に当たって大喧嘩することの方が嫌です。
西洋医学的治療を受けるのは、症状が出てきてからでいいです。

518 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 08:55:01 ID:GNrB84mM0
癌になった時には、臨床試験中の癌ワクチンか細胞免疫療法の中からどれか選んで
受けたいと考えています。

今、健診を受けて癌を発見されて、臓器の摘出手術なんてかないませんから。


助からない癌は、どんなに早く見つけても助かりませんわ。これはうちの親戚で癌死
した人を見ているとそう思う。どうせ助からないなら、胃なんかとらないで、食べたいものを
食べさせてやりたかったです。

>>248>>417のようなことについては医学を信頼しています。

これは同意です。

ただ、まだ全然完成されていない学問だとも考えて下ります。これからの発展を
期待しています。

519 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 09:04:39 ID:GNrB84mM0
>>513
>人間の場合、自分で自分に始末を付けるのだ。
>無論、死ぬという事ではない。治す、と言う事だ。
>自らを隔離し、他人様にうつさぬようにする。
>それが社会人の当然だ。


貴方には、ライ予防法の医療関係者が犯した過ちに対する反省が
ないようだ。

貴方が言うことが正しいのなら、何故、HIVの検査は全国民を対象に
実施されないのでしょうね。言っていることに矛盾しませんか?

人間と牛との違いは、治療することが許されるかどうかより、人間は
患者さんの心の存在を無視してはいけないと言うところだと思う。


今の医療関係者は平気で患者の心の存在など無視するでしょ?

それでは、人間も牛と一緒にしていると言われても仕方がないよ。

520 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 09:11:31 ID:GNrB84mM0
>>516  >糸色 文寸 ネ申

おはようございます。最近は華麗な書き込みはお休みですか?

ちょっと寂しいです。それとも、どこかで遊んでいるのかな?


521 :側湾娘!:2007/02/17(土) 09:40:23 ID:3Rzr/juYO
じぃちゃん、念力送るので精神統一してるんじゃないかなぁ〜、

522 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 12:12:25 ID:L2jJOzDU0
スレのテーマからは外れるが、>>513の意見には賛成だ。
隔離はしても氏ねと言ってる訳ではない。手厚い看護を受けさせ、治そうと努力するのだ。
隔離施設を充実させれば、生きがいもできるだろう。

保菌者の数が少ない段階で厳しい手を打てば、蔓延は防げるかも。

HIVなどは感染しもすぐに死ぬわけではないから蔓延する。
エボラ出血熱などのような強烈な致死力がある感染症なら甘いことは言ってられない。

しかし本当に恐ろしいのはどっちだろう?
ttp://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/taiwanexp.html

523 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 18:14:59 ID:weZvcQwv0
>>522

トリインフルエンザで死んでいる人より、タミフルフルで死んでいる人(疑い)の方が
日本では多いよ。

理想を言ったところで過剰医療で、薬害の方が多いのが日本の医療の現状。


524 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 18:24:51 ID:8513TJNO0
>>518
>助からない癌は、どんなに早く見つけても助かりませんわ。
勝手に断定してくれるね。

>これはうちの親戚で癌死 した人を見ているとそう思う。
すいぶん少ない分母だけど、
あなたは助からない癌の家系だといいたいのね。
とすれば一般化は出来ない。
あなたに限ったものだよ、ひとりでどのように考えて行動を選ぼうといいです。
他の人には当てはまらないことだからね、そのあたりは了解しておいてほしい。


そんなカンタンに受けられるもんじゃないよ、それ。

525 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 18:45:16 ID:SSOSeZOM0
>>523
当たり前だ、トリインフルエンザは、濃厚な接触をしない場合人間には掛からない。

だが、人のインフルエンザで死んでる人間の数は、タミフルで死んでる数よりずっと多い。
白痴的な詭弁を吐くな。

526 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 18:51:44 ID:weZvcQwv0
>>524

どんなに早期癌と思われる人を治療しても、結局、癌死する
人の数は増えるばっかでしょ?

これだけ、健診をして、癌の人を見つけて治療をしているのだから、癌死する人が
減らないきゃおかしいんじゃないの?

久山町でも、あんなに健診を繰り返しているのに、癌死は減らない。


結局、死ぬ人は死ぬのよ。



527 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 18:53:59 ID:bE8eieZm0
>>525
たまにはまともなことを言う・・・ と思ったんだが成りすまし?

528 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 18:55:39 ID:B5FQoKJs0
年期の入った馬鹿獣医だな。
解説するのもかったるい。

529 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 18:56:51 ID:SSOSeZOM0
>>526
馬鹿かお前。
俺のオヤジは、たまたま早期がんで、オペが大成功。現在ほぼマーカー0の所に来たぞ。
少なくとも一人、「その」癌で死ぬ人間が助かってる罠www

↓アホですか?
>どんなに早期癌と思われる人を治療しても、結局、癌死する
>人の数は増えるばっかでしょ?

早期がんの人が、手術もせずにそのまま末期がんになって死ぬ人が増えているという、
そういうエビを出せよ。
昔だったら、結核で死んでた人が癌で死んでるだけだろうに。
>癌死する人が減らないきゃおかしいんじゃないの?
↑白痴的妄言とはこのことだw

530 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 18:57:44 ID:weZvcQwv0
>>525

>インフルエンザで死んでる人間

こんなの年寄りでしょう?年寄りはインフルエンザで死なくても、
他のなんかの理由で死ぬ。 年寄りはそんなモノよ。


子供のインフルエンザ脳症は、鎮痛解熱剤の副作用だと言うしね。
殺されたくなかったら病院なんかに寄りつかぬことだわ。

531 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 18:58:17 ID:SSOSeZOM0
>>527
申と甲、そこに違いがありますよ。以前は半角空白一個が違ってましたけど、それでは分かりづらいのでね。
それと、時々、甲→由、にしてる事もあります。

532 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 18:59:18 ID:bE8eieZm0
なーる

533 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 19:01:09 ID:SSOSeZOM0
>>530
よく言った、白雉よ。
>こんなの年寄りでしょう?年寄りはインフルエンザで死なくても、
>他のなんかの理由で死ぬ。 年寄りはそんなモノよ。
お前の言う「他のなんかの理由」、その最たるものが癌なのだ。

まさに↓ここにあるとおりの事だ。
>どんなに早期癌と思われる人を治療しても、結局、癌死する
>人の数は増えるばっかでしょ?

年寄りの数が増える、従って癌が増える。
>久山町でも、あんなに健診を繰り返しているのに、癌死は減らない。
分母が増えてるからな。インフルエンザで死な無い場合、癌で死ぬ。
そう言う事だ。

それとも何か、自分で言った事が理解できないという訳じゃなかろうなw

534 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:01:45 ID:weZvcQwv0
>>529
>昔だったら、結核で死んでた人が癌で死んでるだけだろうに。

そんな前と比べてどうする?ここ10年を比べても、増えている。

外国では減っているのに、日本だけ増えている。おかしいよ。


>俺のオヤジは、たまたま早期がんで、オペが大成功。現在ほぼマーカー0の所に来たぞ。
>少なくとも一人、「その」癌で死ぬ人間が助かってる罠www


「がんもどき」だったんだわ。

535 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/17(土) 19:03:40 ID:SSOSeZOM0
>>534
現実逃避かぁ、ま、良かろう。
>>533を穴が開くほど熟読しろ。10000回、声を出して読め。

お前の言ってることによって、お前の論が反証されているその様子を、しっかり心に刻め。

536 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:05:56 ID:weZvcQwv0
>>533
>年寄りの数が増える、従って癌が増える。

年寄りの癌じゃないわ。40代〜60代の若い人の癌が減っていない。

そんなもん年寄りになって、癌で死のうがインフルエンザで死のうが、何で死んでも
同じ


我が人生に悔いはないわ。

537 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:08:25 ID:weZvcQwv0
>>533
>分母が増えてるからな。

久山町のデータを見ていると、分母は増えていないよ。

538 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 19:11:16 ID:SSOSeZOM0
>>536
>年寄りの癌じゃないわ。40代〜60代の若い人の癌が減っていない。
証明してみろ。まず先に反証を出しておいてやる。

まず、60台について。
この世代の人間の絶対数が増えている。なぜか?団塊で多いからだ。
背景になる絶対数が多ければ、当然患者数も増える。
それとも癌になる割合が増えているのか?
それもありうる。なぜならば、昔のように結核などで死なないから、他の病院で死ぬほか無い。
要するに死因が収束してるから、相対的に癌の割合も増えるのが当然だ。

さあ、反論してみろ。

539 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:11:29 ID:3mh9V8EC0
530 名前:マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 18:57:44 ID:weZvcQwv0
>>525

>インフルエンザで死んでる人間

こんなの年寄りでしょう?年寄りはインフルエンザで死なくても、
他のなんかの理由で死ぬ。 年寄りはそんなモノよ。


お茶の間からブーイングww

540 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:13:09 ID:3mh9V8EC0
>年寄りの癌じゃないわ。40代〜60代の若い人の癌が減っていない。

・・・



ヒント:診断されない病気は統計上「存在しないこと」になるよね。

541 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 19:13:20 ID:SSOSeZOM0
>>537
また現実逃避か....................よほど嫌なんだな、現実がw

>分母が増えてるからな。
総数とは書いて無いぞ。総数から「結核で死ぬ人間」「梅毒で死ぬ人間」などを引いたのが分母だ。
その程度のことも読めないのではなく、読みたくない、知りたくない、見たくない、逃げたい。

それがお前の浅ましい姿だ。

542 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/17(土) 19:15:33 ID:SSOSeZOM0
>>539
うむ、その通りだ。
年寄りの中には、死なない者もいる。

見ろ、あのヒノーンを!
悪魔(推定年齢10万45才)を超える長寿を誇ってる。
少なく見積もっても、後20万年は生きるといわれてるな。

543 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:18:33 ID:weZvcQwv0
>>538

>昔のように結核などで死なないから、

そんな昔と比べてどうすると言っているでしょ。結核で人間が死んだのは
50年ぐらい前までじゃないの。

>それとも癌になる割合が増えているのか?

癌で死ぬ人の割合が変わらないんだわ。健診し続けているのにおかしいでしょ。

特に、久山町のように健康意識の高いところで、他の地域と同じだけ癌死
する人がいるのは、早期癌を見つけても癌で死ぬ人は減らせないと言うことだと思う。



544 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:21:17 ID:3mh9V8EC0
>>543

>そんな昔と比べてどうすると言っているでしょ。結核で人間が死んだのは
>50年ぐらい前までじゃないの。
不見識ですね。発言権剥脱かww

>特に、久山町のように健康意識の高いところで、他の地域と同じだけ癌死
>する人がいるのは、早期癌を見つけても癌で死ぬ人は減らせないと言うことだと思う。
現に切って治ってる人の立場は?ww


自分の病気が難治だからって、他の人の病気まで治せないことにするのは酷いなwww

545 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:21:56 ID:weZvcQwv0
>>540
>診断されない病気は統計上「存在しないこと」になるよね。

ごめん。誤解されたかな?癌死する人の割合が減っていないってこと。


546 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:25:20 ID:3mh9V8EC0
前から指摘したかったことなんだが

自分の病気は治らない
   ↓
周りの人間の病気も治らないだろう(自分と同じであってほしい)
   ↓
自分と同じ境地に達しなさい!


こういう図式になってるように見えます。

547 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:26:31 ID:weZvcQwv0
>>544
>現に切って治ってる人の立場は?

どういう治療法を選ぶかは、患者さん自身の意志。

「がんもどきだわ」とも思うけどね。免疫力が上がって治ったのかもしれないしね


それはそれで「おめでとう」とちゃんと言えるよ。治って良かったね。


548 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:26:59 ID:3mh9V8EC0
>>545
私の言いたいこと、うまく伝わらないようだね。


昔死んだ人の死亡診断名が正しいとは限らないだろう、隠れた病気もあるのでは?という指摘。

549 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:27:58 ID:3mh9V8EC0
>>547
では、治った人がいることが統計に反映されない理由はあるのか?

550 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:32:44 ID:8513TJNO0
なんだか発言を聞いてると癌患者に失礼だよ。
「がんもどきだったのよ」だなんて、、。

癌が現代医療で治るなんて許せないのかな?

551 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:33:11 ID:weZvcQwv0
>>546
>こういう図式になってるように見えます。

ちょっと違うな。進行の早い悪性の癌になったら、いつ見つけてもどうせ死ぬ。
そのくらいなら、腫瘍が大きくなって、不都合が出てきてから手術しても同じ

それなら、私の場合は、何か不都合が出てくるまで、病院なんか行かないよと
言っているだけ。免疫力を上げて癌ができないように、大きくならないように
する努力を怠っているわけではない。

他の人にまで、道連れにしているわけでもない。私の書き込みを見て勝手に
賛同する人のことは知らない。

そういう人は、お医者さんが説得したら。




552 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:34:31 ID:3mh9V8EC0
獣医なんだから少しは医学知識を持っていても・・・という期待はしない方がいいのかww

553 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:38:50 ID:8513TJNO0
>>551
>進行の早い悪性の癌になったら
って、
たちの悪いものかそうでないか、あなたは自分でたちが悪いにきまってると決め付けてるんだね。
「がんもどき」じゃなくて、癌でもたちの悪いものも比較的そうでももないのもあるんだよ。
でもね、
>腫瘍が大きくなって、不都合が出てきてから
では、とりかえしつかなくなるんだよ。


554 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:41:20 ID:weZvcQwv0
>>552

獣医だから、現代医療の外から、モノが考えられる。

動物も確かに癌になるんだけど、年寄りの癌がほとんどだね。人間で言う
若い人の癌は血液の癌以外、人間ほどない。 猫のウイルスによる癌はあるよ。
でも、これは感染病だからね。

何故、人間だけ、若い時から癌を発症するんだろうね。

ストレスが原因じゃないのかな。ペットは食っちゃー寝だから、ストレスはあんまり
ないからね。

ごめん、ちょっと疲れてしまったわ。

555 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:41:34 ID:3mh9V8EC0
>>553
だから、みんな道連れにしたいんでしょうよ。

556 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:43:47 ID:3mh9V8EC0
>>554
生物学的限界に挑戦するかのような寿命の延長。これが人間とその他動物の差だろうよ。
人間本来の寿命は30歳くらいだろ。それ以降は動物として老齢に相当するってことだ。

これくらい類推できないかね?w

557 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:45:55 ID:3mh9V8EC0
人間ではライフスタイルの変容が好発癌の種類を変えているよね。

ペットフードの添加物はどんなだろうか?発癌性は?
むしろ人間より大変なのかもしれないという気がするけど。

558 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:46:00 ID:8513TJNO0
>ストレスが原因
これは癌になってしまった人の割と多くが口にするね。
「思い当たるふしがある」って。
私もあるしね。
でもさ、それはストレスがない人なんていないのを考えれば
「原因」とまで言い切れるかどうか?そりゃわからんけど。

559 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/17(土) 19:46:15 ID:weZvcQwv0
>>553
>腫瘍が大きくなって、不都合が出てきてから
では、とりかえしつかなくなるんだよ。

胃を取られるのイヤだよ。代替療法を受けて、健康体を維持すれば、
癌の発症は抑えられると信じている。

レントゲンは発ガンの危険があるでしょ?CTもMRも発ガンの危険のある検査
なんか受けたくないよ。


ごめん、これで落ちます

560 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:47:07 ID:bE8eieZm0
発癌性があるのが嫌なら地上じゃ暮らせない

・・・・ぁお花畑の住人だったか(w

561 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:47:59 ID:3mh9V8EC0
>ストレスが原因
多因子疾患なんだ。関与してたっておかしくない。むしろあると思う。

しかしね・・・こういう議論でこれを出してきてもね・・・「そうかもしれないね」で終わりだろwww

562 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:49:51 ID:3mh9V8EC0
>>559
核シェルターにでも籠もって一生出てこない覚悟が必要ですなww

太陽光を浴びないと人は病気になる。でも太陽光にだって発癌性はあるぞwww

563 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:50:59 ID:8513TJNO0
>>559
うちの親、胃取って10年。元気だよ。
癌はタチ悪いほうだったけどね。
あれ、取ってなかったら別の生活習慣病になってたろうなぁ(w
食が細くなってきっと助かってるね、長生きするよ。そう思う。

あなた怖いんだろうけど、むやみに怖がる必要ないんだけどな。

564 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:52:54 ID:3mh9V8EC0
胃癌は全て胃全摘とでも思っているのかねwww

565 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:54:22 ID:3mh9V8EC0
そういえばPCだって電磁波放出しまくりだよな、大丈夫か?ww

電化製品の使用も控えた方がいいかもな。携帯電話なんてとんでもないwww

566 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:56:49 ID:8513TJNO0
あ、ごはんの時間だー。

けっこう食べるんだよ、親。
あれは腸が代わりをするようになるんかねぇ?

567 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 19:59:26 ID:8513TJNO0
ほとんど全摘出だったけどね。
いや、1/5くらいは残ってるのかな。

暴飲暴食しないようになってよかった。
だってすごい腹出てたもん。
今は50キロ切ってるけど、老体のくせにまだ働いて
爺医です。

568 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 20:01:09 ID:3mh9V8EC0
ダンピングとか大丈夫ですか?

569 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 20:08:51 ID:8513TJNO0
>>568
最初はかなりあったみたい。
今でも食べ過ぎると「う〜」とか言ってるけれど
なんかしょっちゅうチョコチョコつまみ食いしてる。
でもごはん時もちゃんと食べるんだな。

570 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 20:10:40 ID:8513TJNO0
未分化だったし、覚悟してたのに
もう大丈夫かな?10年越したしね。
私はまだ数年だから、がんばろっと。

571 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 09:15:35 ID:XSV2rg030
>>570
>未分化だったし、覚悟してたのに
>もう大丈夫かな?10年越したしね。

誤診だったんだわ。


572 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 09:26:32 ID:EpGm1ijw0
医療予算抑制で医療が荒廃--ニュージーランドの先例
「行革」後は、公立病院は独立採算を求められ、地域住民の健康を守るという目的から、利益を上げるために経営をするということに変わってしまいました。
公的医療費の予算は次第に抑制ないし削減されてくるために、公立病院の医療サービスは悪化の一途をたどりました。
一方、自由診療で行う民間の株式会社病院がたくさん開設されました。
そして、お金のある人は、私的な自由診療の民間病院で早く医療を受けられるが、そうでない人は、予算で縛られた公的病院で、不自由な医療を受けることになりました。
例えば、手術では最高2年ぐらい待たされる人もいて、待っている間に亡くなる人もいました。
地方の公立病院は、ほとんど閉鎖されました。今では公立病院は大都市にあるだけになっています。

橋本首相がニュージーランドのボルジャー首相(当時)に、改革を「成功」させた秘密は何ですかと聞いたところ、ボルジャー首相は「国民が何が何だかわからないうちにやってしまうことがコツですよ」と答えました。
このことは向こうの新聞では報じられていましたが、日本の新聞ではほとんど報じられなかったようです。
国民がポカーンとしているときに一気にやるということです。

hodanren.doc-net.or.jp

573 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 09:34:27 ID:XSV2rg030
>>562

>太陽光を浴びないと人は病気になる。でも太陽光にだって発癌性はあるぞwww


紫外線の抗癌効果
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-169.html#more

574 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 14:06:43 ID:OPN9k3jm0
太陽の光を浴びて過ごすのは健康にいいと思うが、
夏場の直射日光は怖いぞw
皮膚がやけどのように水ぶくれになり、ぼろぼろ剥がれ落ちる。

575 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 16:57:23 ID:YU4gI7Hk0
>>573は膠原病患者に日光浴を勧めるちょっと変わった人だから

576 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 17:01:29 ID:pWP37HD50
何事もバランスで、日光浴もその日とその人によるということが理解できないんでしょうか。獣医さんは。

577 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 20:25:48 ID:0A02cw7f0
>>574
>夏場の直射日光は怖いぞw

これって慣れではないですかね。私の場合、さすがに夏の海辺で日焼け止めクリーム
なしで長時間、太陽光には当たる自信はありませんが、いつもむき出しになっている
腕とか足の肌は、それでも平気だと思う。鍛えられた小麦色の肌をしているよ。


いつも太陽光に当たってない、へなちょこだから、突然、強い日差しに当たると
肌がまいってしまって、火傷状態になるんだと思う。


私の場合、他の人より外にいることが多いから、白内障は早くから出るかも知れないけど
それでも、癌になるよ良いと思っているよ。


578 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 20:31:53 ID:ALX5Wjh20
>>571
あほぅ!
ちゃんと病理も見ちょるわ。

リンパ転移してなかったから。
早期に、というのはそーゆうこと。
これが最期の検診かな、と本人が受けたので見つかったんだよ。
どーよ、これ。 え?

579 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 20:34:09 ID:0A02cw7f0
>>575
>膠原病患者に日光浴を勧めるちょっと変わった人だから

膠原病の患者さんって、凄く日光を怖がる人が多いけど、日光ってセロトニンや
メラトニンの分泌を促すし、ビタミンDの合成にも関与する。


日光から、逃げてばかりいることが体にいいことだと思えないよ。

日光にも当たらせないで、鬱病の薬を飲ませたり、膠原病の患者さんが、癌死する
確立が高くなるのを放置するのがどうも納得できない。

医者だから知っていると思うけど、セロトニンが少なくなると鬱病の原因になる。
ビタミンDが不足すると、骨粗鬆症や免疫系が抑制されるでしょ。

580 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 20:39:09 ID:0A02cw7f0
>>576
>何事もバランスで、日光浴もその日とその人によるということが理解
>できないんでしょうか。獣医さんは。

人種も性別も年齢も環境も、一律一緒にして病気と健康の判断をしている
医者にこんなこといわれたくないわよ。

>日光浴もその日とその人による

ちゃんと、膠原病の患者さんにこのことを説明しているの?
極端に日光を悪者にしている患者さん多いと思うよ。


581 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 20:40:35 ID:0A02cw7f0
>>578
>ちゃんと病理も見ちょるわ。

ふーん、その病理医がちょっと間違えちゃったのよ。きっとね。

582 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2007/02/18(日) 20:43:17 ID:vm92Vpq90
>>580
>極端に日光を悪者にしている患者さん多いと思うよ。

いや、患者は太陽の下を歩けば自分でわかる。

583 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/18(日) 20:44:45 ID:Ungtjz6B0
>>579
>日光ってセロトニンやメラトニンの分泌を促すし、ビタミンDの合成にも関与する。
そんなこと、今時、中学校の保健体育でも習うわw
それにも勝るリスクがあるから日光を避けるんだろ?

バランスとか、リスク/ベネフィットとか、一切無視か?
お前は、放射能ですら効くと、そう言いそうだな。

584 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 20:47:38 ID:0A02cw7f0
>>583

それでは、膠原病の患者さんは、一生太陽光にはあたれないの?

メラトニンが不足すれば睡眠が犯される、だから、睡眠薬を処方すれば
すむの?

もう少し、頭使って、考えなよ。


585 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 21:07:16 ID:nQPvnazf0
こんな馬鹿でも獣医をやれるんだ。
日本て平和だな。
俺はマリリンの患獣たちが哀れでならない。

586 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 21:11:33 ID:BpW4bIoh0
>>577
>私の場合、さすがに夏の海辺で日焼け止めクリーム
>なしで長時間、太陽光には当たる自信はありません

あなた自身が、夏場の直射日光の怖さを認めてるのでは。
他人にはデメリットも知らせず奨めるのか?

>いつも太陽光に当たってない、へなちょこだから

職業上、日中の大部分を屋内で過ごす人は多いぞ。
獣医って一日中、犬と散歩してるだけでいいのか?

太陽の光を浴びて過ごすのは健康にいいと思うぞw
夏は焼き過ぎないように気をつけろ。

587 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/18(日) 21:28:46 ID:Ungtjz6B0
>>584

それでは、膠原病の患者さんは、太陽光にびしばし当たっていいの?
少量の睡眠剤を止めるために、皮膚がんになりまくって、いいの?

588 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 21:35:20 ID:0A02cw7f0
>>586
>獣医って一日中、犬と散歩してるだけでいいのか?

獣医は往診あるし、患畜自体が外にいること多いんで、野外での仕事が
多いんだ。

>他人にはデメリットも知らせず奨めるのか?

夏場の太陽が酷い日焼けをおこすなんていうことは小学生でも知っているよ。
顔は真っ黒になってしまうし、シワやシミはできるし、白内障には早くなるしね。

日光の害は医者にいわれなくても、一般に浸透していると思う。

知られていないのは、日光に免疫力を上げたり、良質な睡眠をもたらしたり
精神の安定を与えたり、骨を丈夫にする効果があることの方でしょ?

そりゃー、病気の人に健康な人と同じだけ、太陽光線に当たるのは無理かも知れない。
でも、病状にあわせて当たる努力はするべきだと思う。
太陽光から逃げてばかりでは体に良いことにならないよ。

>太陽の光を浴びて過ごすのは健康にいいと思うぞw

貴方は分かってはいると思うけど、分からない馬鹿医者もいるんで念のため基礎的な
生理学の話をしました。

589 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 21:36:30 ID:0A02cw7f0
>>587
>それでは、膠原病の患者さんは、太陽光にびしばし当たっていいの?

病状にあわせて、日光に当たる努力をしろと言っているでだけでしょ。

590 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/18(日) 21:39:38 ID:Ungtjz6B0
>>589
病状にあわせて当たらないようにしろ、と言う事と全く同義ですよね。

591 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/18(日) 21:42:29 ID:PM7XWt/T0
>>590
まるで同義ではないな。
まったく、論理学を知らん虫卒はこれだから困るの〜。
くっくっく。

592 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/02/18(日) 21:43:24 ID:0A02cw7f0
>>590

>病状にあわせて当たらないようにしろ、と言う事と全く同義ですよね。


そうですか?太陽光線には当たらなければ当たらない方が良いと
誤解して受け取っている膠原病の患者さん多いよ。

医者の説明不足です。大切なことですので反省して下さい。


今日は、疲れたので、これで落ちるね。


593 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/18(日) 21:45:01 ID:Ungtjz6B0
馬鹿が湧いてきたwww
論理学をWikiで齧った阿呆が、またぞろ湧いてきたぁwwwwwwwwww

今日はどんな底の浅い妄言を吐くか、今から楽しみにしてるよ、Wiki蟲君w

594 :糸色 文寸 ネ甲:2007/02/18(日) 21:46:09 ID:Ungtjz6B0
>>592
>そうですか?太陽光線には当たらなければ当たらない方が良いと
病気による。膠原病と一括りってのがまずい罠。

>>591
上の記述に反論して見ろw

595 :糸色 文寸 ネ申:2007/02/18(日) 22:46:20 ID:PM7XWt/T0
>>593
お前の場合は底割れしておるがな。
くっくっく。

病気によるのではない。
病状によるのだ。
病状によって何かをしないようにするのでは意味がない。
病状によって何かをするようにすることが患者のポジティブさを増大させるわけだ。
まったく異なるんだよ。
それを同じだと考えるところが現代医学の底の浅さだ。
わかったかね、虫卒君。
くっくっく。

596 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/18(日) 22:54:49 ID:Ungtjz6B0
>>595
日本語でおk

597 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 22:59:19 ID:MRWJu8410
またハゲがほざいておるな。
ハゲは隣の人を治療して患者が直るとぬかしおる。

禿げすぎだろ。

かっかっかっ

598 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 23:20:51 ID:BpW4bIoh0
>>595
西洋医学の話ではなく、ある代替療法で勧めている事だが、
「引き算の生活」という考え方もある。引用すると、

「身体に良いものを足していくのではありません。むしろ身体に悪いものを
引いていく方が簡単に健康をとりもどすことが出来ます。
むつう整体をえらばなくともかまいません。
しかし、この「引き算の生活」は是非ともえらんでください。」
http://www.mutsuu.com/hikizan.html

この整体院は私も行ったことがあるが、効果はあった。
原理はよくわからない。プラセボかもしれないが効果はあった。
だからといって、ここの整体へ行けとは言わない。

少なくとも「引き算の生活」という考え方も、柔軟に取り入れ、
生活習慣を見直すことが健康につながると思う。

599 :彼らの愛国運動を応援しよう!:2007/02/18(日) 23:44:15 ID:mRlUqWMq0
チャンネル桜
http://bb.ch-sakura.jp/
「維新政党・新風」公式ホームページ
http://www.shimpu.jp/
※ Youtube (http://www.youtube.com)でチャンネル桜や新風を検索してみよう!

■「南京の真実」製作を発表
保守系の有志らが「南京大虐殺はなかった」との立場から ドキュメンタリー映画「南京の真実」を製作 する
ことになり、24日、東京都内で製作発表の記者会見が行われた。 超党派の国会議員や有識者ら約200人が
参加。 衛星放送テレビ局「日本文化チャンネル桜」の社長、水島総さん(57)が製作指揮

製作委員会((電)03・5464・1937)は、■製作資金の協力を一般に求めている■

■振込先 三菱東京UFJ銀行 渋谷明治通支店 普通口座3999924
■口座名義 南京の真実製作委員会

韓国は「なぜ」反日か?:ttp://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
併合前後の写真館:ttp://photo.jijisama.org/index.html
漁火:ttp://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm

韓国人は、アルゼンチンでは『追放したい民族1位』に選ばれ、メキシコでは『共存できない民族』と呼ばれ
タイのマスコミは『韓国には絶対に行くな』と、その危険性を再三に渡り警告し、 フィリピンでは人身売買が
酷すぎて“政府に”訴えられフィリピン当局が『韓国人警戒令』まで出していた。米外務省も
『世界中の国々で韓国に対してのみレイプ警告』を出している
北朝鮮系創価学会公明党の国土交通大臣が、2006年3月1日から韓国人のビザを恒久的に免除

「中国共産党による臓器狩り(外貨獲得)」〜生命の尊厳をも否定する中国に「北京オリンピック」開催資格はない!〜
ttp://www.new-akiba.com/archives/2007/02/post_7140.html
ttp://hemohemo.web.infoseek.co.jp/category/china01/
海外などから臓器移植の希望者が現れますと、刑務所に入れられていた法輪功の人は
臓器移植手術を行うため病院に運ばれ、そこで生きたまま、麻酔も大してかけられずに、体を切断され
心臓や肝臓などの臓器や、角膜、皮膚などを摘出され、そのまま殺害されてしまうのです

600 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 23:49:23 ID:ALX5Wjh20
>>598
ようやくまともな人が来た。
(特にこのあたり。>だからといって、ここの整体へ行けとは言わない)

その通りだと思うよ。

601 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 08:20:06 ID:6/DZm3S30
>>595
いやいや、それもケースバイケースよw

病状だけみていては、病気が見えてこない。

基本的には原因除去が西洋医学ですからw


人によって症状は多彩ですからな。

602 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 09:47:08 ID:8L4Go2sY0
>>601
病気が見えてこない?
医者が見ておるのは病名だけだ。
唯名論なんだよ。
それともなにか、原因不明の病気も治せるとかいうのか?
原因除去など、腰痛の痛みも取ることができん無能者の単なる詭弁だ。
ほれ、どうした?
くっくっく。

603 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 10:20:42 ID:vVCFixLv0
>>602
「腰痛の痛み」って何語ですか?

604 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 10:51:00 ID:JsoNy4DR0
>>603 どうでもいいこと茶化すなよークダランよ

>>595
プラスしていくポジティブさの効用はあるけど
けっこうそれがかえって負担となり増悪させることもあるよね。
引き算の生活、対応、理に適っているよ。

薬を足して増やすことの勘違いポジティブ、とかさ。w
 かといってネ申さんやマリリンに同意はできないけど。



605 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 10:52:23 ID:JsoNy4DR0

急性期には薬や現代医療での対処は必要でしょ。
でも少し安定してきたら日常生活で引き算の対応をすることで正常にもどっていく。
その後だよね、少しずつ足し算(というか元にもどす)
日光にしても食物にしてもそうだと思うよ。

主体がどんな時期だかも診ずやみくもに通り一遍な
主張や批判じゃあね、危険ったらありゃしない。

606 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/19(月) 11:25:41 ID:N1BuNdy50
>>602
唯名論が何か、もう一度Wikiで当たった方がええなw

607 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 11:56:07 ID:8L4Go2sY0
>>603
ほれ、そんなところにしか突っ込めんようになってきたな。
患者が使う一般的な日本語だが?
あ〜、みじめ。
くっくっく。


>>604
どうした?
少し腰が引けてきておるぞ。
くっくっく。


>>606
Wikiしか知らん、おまえでは理解できんのだよ。
やっぱり、場蚊だ。

608 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/19(月) 12:05:57 ID:N1BuNdy50
>>607
茶化し返すことしか出来ん阿呆に成り下がったかwww

氏ねw

609 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 12:17:15 ID:8L4Go2sY0
>>608
茶化しておるやつをまともに相手にするのは場蚊のすることだ。
茶化し返すのが正しい。
「唯名論」はおまえ如き貧脳では理解不可能だ。
ほれ、どうした、もうゴマメの歯ぎしりか。
くっくっく。

610 :糸色 文寸 ネ由:2007/02/19(月) 12:21:41 ID:N1BuNdy50
>>609
はぁwごまめのwwはwぎしwりwwww

無内容な阿呆が、白い巨頭の頃から何にも進歩して無いお前の、その下郎な脳味噌が何を言うのかねw
氏ねやw

611 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 14:34:09 ID:vVCFixLv0
>>602
>それともなにか、原因不明の病気も治せるとかいうのか?

原因不明の病気に効く薬なんていくらでもあるよ。


612 :側湾娘!:2007/02/19(月) 14:42:10 ID:bbMG+7EvO
赤珍ってゆう薬ですか?

613 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 14:57:46 ID:4sJNJFwJ0
安保先生が美味そうにリオヴィーダ飲んでるよねw

614 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:32:40 ID:6/DZm3S30
>>602
このへんが医療をわかっていないなぁと思うんだわw

原因がわからなくても、対症療法的に行うことで、治癒を得ることがある。
例えば肺炎なんかはほとんどがまず原因菌はわからないわけだ。経験的に治療を開始する。

原因のわからない発熱、原因のわからない炎症反応高値、原因不明の心嚢液貯留、いくらでもあるw
しかし原因がわかればその対処はもっと確実になる。


病名しかみていないというが、根本的に人間の認識は「名前をつける」ことで成り立つもんじゃないか?
名前の無い、それそのものを人は認識できない。どうしても最低限「it」とかで表現しからじゃないと認識できないとおもうんだがw

腰痛が治らんのなら、原因が除去できていないんだろう。
痛みの原因が明らかで、それが除去できれば痛みは消えるんじゃないか?


615 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:43:22 ID:6/DZm3S30
それに「腰痛」も立派な病名だぞw

あのしみったれた国民健康保険でさえ認めている立派な病名だw

「腰痛」と名づけて認識しないと、医者は不安でなw

616 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:44:30 ID:8L4Go2sY0
>>610
おいおい、ゴマメ君。
歯が折れるぞ。
で、「唯名論」で儂と論戦するのではないのか?
ほれ、どうした、ゴマメ。
かかってこい。
くっくっく。

617 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:45:05 ID:8L4Go2sY0
>>611
作用機序がわからんのであれば、拝み屋と同じ事だが?
場蚊ではないか。
くっくっく。

618 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:45:38 ID:8L4Go2sY0
>>612
赤チンは駄目だ。
新しい創傷治療を知らんのか。
くっくっく。

619 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:48:10 ID:8L4Go2sY0
>>614
対症療法で結果的に治ったとしてもそれは原因療法ではないぞ。
それを詭弁と言うんだよ。
こいつも場蚊だ。

ところで、儂は「唯名論」だと言ったわけだが?
更に場蚊か。

それからな、「痛み」がなんであるのか、現代医学的には分かっておらんのだよ。
なぜなら、「意識」がなんであるか分かっておらんからだ。
くっくっく。

620 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:51:47 ID:6/DZm3S30
>>619
うむ。つまり現代医学は病名だけみているわけではない、といういい証拠じゃないかw

「唯名論」というのは良く知らなくてなw

621 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:52:38 ID:8L4Go2sY0
>>615
国保は「腰痛」などと言う病名ではレセプト差し戻しだ。
やれやれ、場蚊ばかりだな。
くっくっく。>>358


622 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:54:28 ID:6/DZm3S30
>>621
全然問題なく通るぞw

シップとか処方したら、ひざが痛いという患者にも保険病名は「腰痛」でOKw

623 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:54:32 ID:8L4Go2sY0
>>620
おまえは場蚊か?
実体など見えないんだよ。
だから、「唯名論」なのだ。
くっくっく。

624 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:56:01 ID:6/DZm3S30
>>623
もちろんバカだともw

だから教えてくれw

625 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:56:13 ID:8L4Go2sY0
>>622
あ〜あ、どうしようもない場蚊だな。
では、今後膝が痛いと言う患者には「膝痛」と言う病名を付けてみろ。
あーそれから、学会発表も「腰痛」を病名とするんだな。
くっくっく。

626 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 15:57:32 ID:8L4Go2sY0
>>624
では、質問しろ。
くっくっく。

627 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:57:52 ID:6/DZm3S30
>>625
学会発表とはもう無縁だが、「〜で腰痛を呈した1例」とか全然珍しくないぞw

628 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 15:58:54 ID:6/DZm3S30
>医者が見ておるのは病名だけだ。
>唯名論なんだよ。

ここのつながりがわからん。


629 :側湾娘!:2007/02/19(月) 15:59:43 ID:bbMG+7EvO
千葉の柏ではお腹痛いのも頭痛でも赤珍塗ったってゆってたよ!又嘘だったんだ!

630 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:00:28 ID:6/DZm3S30
>>625
レセプトで切られる、って誤解しているから腰痛でもOKって例を出しただけだから気にしないでw

631 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:01:05 ID:8L4Go2sY0
>>627
だから、「腰痛」を病名だと言って来いと言っておるのだが?
虫学中退慰謝には理解できんのか?
「〜で酩酊を呈した1例」でも問題ないな。
くっくっく。

632 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:02:39 ID:6/DZm3S30
>>631
ようわからんな。腰痛は病名で、学会でも保険でも通るけど?

学会とかでも既往歴に腰痛とか普通に書いているけど?

633 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:04:08 ID:6/DZm3S30
http://gakkai.umin.ac.jp/gakkai/gakkai/2005/A01119.htm

この通り日本腰痛学会まで存在するw

634 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:05:03 ID:qqX0BT4o0
バカはほっとけ いじって楽しい以外は。 裸の王様

635 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:07:40 ID:8L4Go2sY0
>>628
実在は指す事は不可能だ。
普遍的なものは特にそうだと言うのが唯名論の立場だ。
慰謝の言うところの病名は普遍性をもつ。
つまり、単なる名称だ。
個々の存在と名称とは同一たり得ない。
唯名論はそもそも唯物論の元となるわけだ。
唯名論の対概念である実念論との最大の違いは「精神の実在性」だ。
ほれ、理解できたか。
簡単ではないか。
くっくっく。

636 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:07:57 ID:6/DZm3S30
まあ教えてくれるのをマッタリ待ってるわw

本屋にでもいってくるかなw

637 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:08:14 ID:8L4Go2sY0
>>629
小娘、元気であったか。
くっくっく。

638 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:08:41 ID:6/DZm3S30
>>635
全くわからんw

もっとかんたんに頼むよw

639 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:09:13 ID:8L4Go2sY0
>>632
なんだ、その厳密性のかけらもない3流ゴマメ学会は?
虫学中退の集まりではないか。
くっくっく。

640 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:11:50 ID:6/DZm3S30
>>639
いやいや、腰痛という病気をがんばって考えてくれているじゃないかw

学会でも、問題なく腰痛は病気として通用しているのがお分かりいただけましたか?w

641 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:11:52 ID:8L4Go2sY0
>>633
やれやれ、ほんとに場蚊だな。
儂が正しい病名をおしえてやる。
「急性腰痛症」
こういうのを病名と言うんだよ。
分かったかね、虫学中退慰謝君。
くっくっく。

642 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:14:14 ID:6/DZm3S30
腰痛も全然問題なく病名だけどなぁ。

むしろ急性腰痛症なんてレセプトに書いたことないよw

643 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:15:45 ID:8L4Go2sY0
>>638
> >>635
> 全くわからんw
>
> もっとかんたんに頼むよw

そう言われても場蚊を賢くはできんぞ。
自分で勉強して突っ込んでこい。
あまえるでない。
まったく、虫学中退はなんでも他力本願だな。
あ〜、みじめ。

644 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:17:49 ID:6/DZm3S30
>>643
いやー、よくわからなくて説明できないだけなんじゃないの?w

645 :卵の名無しさん:2007/02/19(月) 16:19:08 ID:6/DZm3S30
バカでもわかるように頼むよw

また今日のぞきに来るからさw

646 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:23:37 ID:8L4Go2sY0
>>642
やれやれ、嘘を言ってはいかんな〜。
で、おまえは「腰痛」を症状名ではなく、病名だと言い張るわけだな。
くっくっく。

647 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:25:24 ID:8L4Go2sY0
>>644
まったく、虫学中退らしい屁理屈だな。
短い文章で十分説明できておるではないか。
で、何かわからんのか、質問してみろ、ゴマメ君。
くっくっく。

648 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:27:09 ID:8L4Go2sY0
>>642
そうか、おまえ無脳菌無為だな。
事務方が苦労しておるぞ。
くっくっく。

649 :糸色 文寸 ネ申 :2007/02/19(月) 16:47:50 ID:8L4Go2sY0
>>642
> 腰痛も全然問題なく病名だけどなぁ。
>
> むしろ急性腰痛症なんてレセプトに書いたことないよw

腰痛は紛いもなく「症状名」だ。
しかし、それを「病名」と言い張り、現代医療は原因療法だと言うのであれば、結局「症状名」を「病名」だと詐る対症療法だと言う事だ。
しかも、それを保険者も認め、学会も認めておるのであれば、結局、現代医療は詭弁だと言う事になるな〜。
今度は、どんな負け犬の遠吠えが聞けるか楽しみだな。
くっくっく。

268 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)