5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

石油・天然ガスから見るこれからの国際情勢

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 17:12:58 ID:jcnK1+9p
カザフスタン、アゼルバイジャン、トルクメニスタンなど
旧ソ連諸国を中心に、新たな資源大国として国際政治のキーマンに
なりつつある国が増えている
資源、特に推定の要素も強い石油埋蔵量から世界を考察したい
カザフのように地域大国化する国が今後でてくるのか?


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 18:18:40 ID:IX1B0Z/i
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 18:30:32 ID:ZiZ8N0yb
モルドバのかわいそうな人たちに天然ガスを安く売ってあげてください

4 ::2005/12/07(水) 18:41:01 ID:lZ/GUoSr
東京の地下深くに使えない天然ガスが結構あるって聞いたけど?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 19:03:50 ID:OHu4QDhA
カナダのオイルサンド

6 :@@@:2005/12/07(水) 22:00:05 ID:M5ZxRqlW
>>5
カナダのアルバータ州はオイルバブルらしいね
なんでも埋蔵量がサウジに匹敵するとか
カザフも昨日のBS特集では将来的にサウジ並の年間生産量が見込めるらしいし
10年で今の力関係が逆転するかもな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 22:41:58 ID:EAuF6Mm6
そろそろカナダも悪の枢軸ですね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 00:14:17 ID:u5qT3HeO
ラディンをカナダに潜伏されないとな

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 00:33:43 ID:4nuv3aMK
なあ石油ってホントはまだまだあるんだろ?

10 ::2005/12/08(木) 00:51:30 ID:AYjx+5Eq
アメリカのアラスカ州には石油がたんまり埋まっています。
(ちなみにアメリカは石油を買っています。)

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 01:36:26 ID:4cIFCJdD
中東の原油が枯れれば、再び中央アジアが資源争奪の主戦場となるだろうね。
今すでにその芽は見られるし。
あとカナダもうらやましい。日本もなんか将来性のある資源を発見できないものか・・・

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 13:05:09 ID:Acez/xcl
硫黄

13 ::2005/12/08(木) 18:28:52 ID:AYjx+5Eq
もしも水から簡単に水素を取り出すことができたらエネルギー問題解決。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 19:02:08 ID:rH2ZLOEw
>>13
それ、夢やなあ・・・w

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 22:56:50 ID:tQ2KO+OY
>6
カナダ 1バレル掘り出すのに20ドル。
サウジ 1バレル掘り出すのに2ドル。

(´・ω・`)

16 :ドクター中:2005/12/09(金) 00:18:37 ID:yxK1EQzR
>>13
が抜けてるだろ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/10(土) 01:10:12 ID:FdnPqjKX
>>9
石油の専門家は、15年後は大丈夫だが、20年後は需要を賄いきれないと
言ってる人が多い。脱石油を本気でやらないと、世界は戦争になります。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/10(土) 08:25:50 ID:ufkuiP2z
東ティモールと豪州、ガス田の利益分配決定・開発へ前進
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20051209D2M0901O09.html

【シドニー=野沢康二】
東ティモールのアルカティリ首相は9日、オーストラリアとの間にある
海底ガス田の利益分配について合意に達したと発表した。
両国が5割ずつ分け合うことが決まり、日本の大阪ガスが権益を持つ
大規模ガス田の開発が一歩前進した。

合意したのは米コノコフィリップスなども参画する「グレーター・サンライズ」ガス・油田。
両国は生産に際し企業側が支払う権利金(ロイヤルティー)や
所得税を半分ずつ分け合う。1月12日、両国の外相が合意文書に署名する。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 02:40:55 ID:22f+PGHn
>>15
今の原油価格だったら十分儲かるがな。
日本の天然ガスは採掘費用はなんぼだろうか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 03:39:36 ID:xhTnkeAJ
>>13
石油利権のある国では難しいでそ
だから日本はそういう事に金を注ぎ込むべきなんだよ
中国と張り合ってる場合じゃない

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 06:24:20 ID:V9EeRaci
早く日本は東シナ海の天然ガスを掘れ!
遅すぎる

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 07:19:54 ID:uU2y6A3/
>>21
それは中国のセリフだよ
欧米の石油会社は全部手を引いたよ
シナガス田開発競争に残ってんのは日本と中国だけ
中国は儲かるから掘ってるわけじゃないよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 07:20:55 ID:uU2y6A3/
早くから右翼(馬鹿)はホレホレと言っていたが・・・・

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 07:23:31 ID:uU2y6A3/
中国がさっさと掘り出してるときに
日本が調査に時間をかけてる意味をちょっとは考えてみろ
右翼ってホント頭悪い

25 :名無しさん@お腹いっぱい。::2006/01/14(土) 08:37:20 ID:ZRzhXYi2
欧米は政治問題に絡むと面倒臭いから手を引いたんじゃないの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 09:21:49 ID:Zyy3ygsE
有望なガス層は中間線より日本側に偏り、更に中国側から吸い込む
ことができない地質だったんじゃないのか?欧米は帝石の調査と日本政府の
決断を待ってるんだろうよ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 18:11:25 ID:iA9xDZXw
日本の会社がアメリカでガス田を発見したそうだね

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 20:12:56 ID:V9EeRaci
>>27まじで!
ソースは?

29 :馬鹿だなー、喪舞えラw:2006/01/17(火) 07:03:19 ID:mnjDB3ME
日本に天然ガスの需要なんてあまりねーよ。
掘ってもどうせサハリン同様中国に売るだけだろ、アホ苦さww

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 18:54:47 ID:cqLxx89b
さて、寒波が治まらないわけだが。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 20:00:37 ID:pM31LcyV
資源をめぐる戦争が中東で起きれば、戦火が世界に飛び火するのは確実だな。核戦争ももうすぐか…今から俺ん家の地下に核シェルター作ろうかな。

32 :三頭 ◆8VI.bNsVGc :2006/01/29(日) 21:20:29 ID:ygvvF0WH
>>13

東京理科大、窒化物半導体の光触媒効果で水を電気分解し水素ガスを作製

2005年12月07日 09時44分

東京理科大学理学部応用物理学科の大川和宏助教授の研究グループはこのほど、
窒化物の一種である窒化ガリウム(GaN)のn型半導体が持つ光触媒効果を利用し、
水を電気分解して水素ガスを発生させる効率を1.4%と大幅に高めることに成功した。
2005年10月26日に、大川助教授の研究グループは窒化ガリウム・インジウム(GaInN)の
n型半導体の光触媒効果による水素ガスの発生効率を0.7%に高めたと発表したばかりである。



http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/elec/417262

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 22:57:40 ID:WBFWylL9
ちゃんころが採掘している日本海のガス田、あれなんとかならねえかなぁ。
そうそう、北朝鮮の金正日、長距離ミサイルのいい標的があるよ。
ここは一発ドーンとやっちゃてよ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 07:00:56 ID:R7nUwx8h
石油メジャーが価格コントロールをしているのではなく

米政府が中東での戦争と投機屋を利用して
石油価格をコントロールをしているのだ。

結果的に石油メジャーウハウハ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 13:34:07 ID:rTc7No0V
なんかタイムリーなスレだな、これ。
イラン戦争が始まったら、ロシアはボロ儲けかな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 14:18:12 ID:DXPZC0EY
ロシアは今年中にG8から追放されるよ。サミットは中止。
ウクライナをブッシュ大統領が7月ごろ訪問する。
アメリカはロシアに対して厳しい経済制裁を課してウクライナや
ポーランドに基地を造る。軍事的に中国にさえバカにされている
ロシアは、最後はビビって天然資源を近隣諸国にタダ同然の値段で
売らされるだろうな。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 14:18:46 ID:DXPZC0EY
ロシア解体まだ〜

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:04:36 ID:l/GBtQdT
日本の東シナ海には沢山の天然ガスが眠っています。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:54:52 ID:GvYesY/R
中東・南米には資源大国がたくさんあるけど、全然国際政治の主導的立場になれてない。
資源があるだけではだめだと思う。

40 :とらいあすい:2006/06/11(日) 16:00:26 ID:DdHJ8/s8
日本は石油利用の効率が
アメリカの三倍ほど良いので

アメリカは
日本の売国奴官僚を利用して
日本の石油に税金を含ませ
石油価格を不当に吊り上げて

日本の世界での産業競争力を削いで
いるのだ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:42:15 ID:Ii6Gayce
>>40
その理屈だとアメリカが自滅するだけです。本当にありがとうございました。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:59:11 ID:LpO5gGz6
原油高、世界株安

この責任はブッシュにあると思うのは俺だけ?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 16:58:33 ID:26lbjRpa
>>36
現実世界を見ようね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 13:26:13 ID:8T305raJ
>>36
ロシアを締め付けたら一番困るのがウクライナなんだが。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 14:21:15 ID:8AqO3YDq
イリノイ君じゃね?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 16:21:22 ID:MeJt85fD
ウクライナの黒海海底にあるらしいね。
ロス茶系が「カスピ海なみ」といって開発に乗り出してきたとか。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 16:27:38 ID:d76lteBA
中国も

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 11:44:23 ID:lomMeoXV
今のまま使い続ければ、石油はあと30年で枯渇する…1973年のはなし

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:17:04 ID:P1cZR0YP
国際情勢にとっては世界の石油よりも、アメリカ国内の石油の枯渇の方がよほど重要なんじゃないの?
確実にそれが、世界大戦の引き金になるはずなんだから。
今年の一般教書演説じゃぁ、共和党でテキサス出身のアメリカ大統領が石油を使うなっつってんすよ?
俺はビックリしちゃったよ。
あげくに原子力を推進するは、GMほっといてトヨタをかわいがっちゃったり。
埋蔵量の数字なんて正確な数字は表には絶対出てこないけど、
大統領レベルなら当然事実に近い数字を知ってるはずで、なんかやっぱあるんじゃないかと勘繰ってしまいますよ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 21:56:32 ID:R7OmQBc1
ところが資源なんて無いと思っていた日本にも無尽蔵な資源が
有るんだよ,メタンハイドレードなんだ日本周辺の大陸棚には
無尽蔵にある 日本のお家芸の科学技術でプロジェクトチーム
を編成し早く開発して欲しい成功すれば特許権を有し知的権保護
の元で各国に先駆けて貰いたいものだ,又我が国は固有の火山国
地下に眠るマグマ熱を利用し地熱発電の利用の研究もして欲しい
是くらいクリーンなエネルギーは外に無いと思う 我が国なら実
現出来ると思う地元で採取できるエネルギーのメリットは凄く大
きい開発する価値はある

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 22:08:02 ID:+FEbwH9o
>>49

共和党の支持層はサバービアーっていう自動車がないと不便な郊外
に住んでる連中がメイン。石油価格の値上がりは即それらの生活に響く。
だから是が非でも石油価格を下げないと選挙も危うくなるわけ。
ちなみにアメリカってのは本気で石油探査すればサウジアラビアに匹敵す
る産油国でないかといわれてる。それをしないのはアラスカのように環境問
題や海底にあるので採掘コストがかかり過ぎるといったネックがあるため。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:25:53 ID:Ki0kL2EV
天然ガス資源の宝庫メキシコ湾 開発議論、米で活発化
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200606190013a.nwc
「観光・環境に悪影響」の声も

 米議会で“エネルギー資源の宝庫”といわれるメキシコ湾の大規模開発を目指す
動きが活発化してきた。政府による規制を自由化し、高水準で推移しているエネル
ギー価格を引き下げる狙いだ。ただ、観光産業や環境に悪影響を与えるとの反対意
見も根強く、実現には曲折がありそうだ。(以下略)

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 01:03:13 ID:hj0I4Yng
日本近海は世界最大のメタンハイドレート埋蔵量を誇ると言われ、
このため日本のエネルギー問題を解決する物質として考えられているが、
メタンハイドレートは固体であるため液体である石油とは違い、
(石油が枯渇していない現状とも相まって)
採掘にかかるコストが販売による利益を上回ってしまう。
そのため現段階では商売として成立せず、
研究用以外の目的では採掘されていないのが現状である。
ただし地球上から石油が枯渇した場合
、日本は世界最大のエネルギー資源大国になると言われている。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 01:15:43 ID:9mkKbqMS
90年代みたいに原油価格が低迷する可能性って今後あるの?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 02:39:23 ID:+PJ7X0Ur
メタンハイドレートはメタンをばらまくから、地球温暖化に一層拍車がかかるとか。

でもって地球温暖化の責任を「日本がメタンハイドレートなどを使い出すからだ」と全て日本のせいにされ、
世界から猛非難を浴びて日本沈没。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 11:28:04 ID:XEoP8Vwy
メタンハイドレートを燃焼させればどう言う気体に成るかは不明
だが生のメタンガスをそのまま放出する事にはならない 今後の
課題と思う,地熱発電も語ってよ火山国の国民なんだから・・・

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 21:50:09 ID:7VVYO+jl
アメリカがウクライナに介入したら、
ロシアは更に硬化するだろ?

そこまでアメリカがやるか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 21:59:51 ID:fQO3K77v
燃料としてはバイオエタノールが有望じゃないか?
そうするとトウモロコシやサトウキビが山ほど取れるブラジルとかアドバンテージありそうだぜ?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 02:12:23 ID:8rQS5mus
>>58
でも、バイオエタノールは大規模な森林伐採を伴うんでしょ?
メタンハイドレートはCO2を比較的多量に排出するっていうし、
エネルギー問題は環境が絡むとホント難しいっすね。
ファイナルアンサーは「人類が減少すること」なんつって、
環境テロリストが無差別大量殺人テロを日常的に敢行しまくるのも
そう遠くない未来って気がする。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 11:08:19 ID:jx5MNOdb
>>59
砂糖価格の低迷で、サトウキビ栽培を縮小している所結構あるよ。
キューバもそうだし大洋州の国々も。
北の方だとサトウダイコン栽培もあるよ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 13:19:06 ID:EAV+gJo8
>>59
文句言うだけの悲観主義者って最悪だな


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:05:07 ID:KkEIdeUR
80年代、ブラジルとかエタノール配合燃料を
利用する車が多かったと記憶してるけど、
今はもうジェアないのかな?



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 21:35:33 ID:n0tnNUGZ
>>62
むしろシェアのばしてるらしいよ。 最近の原油高でガソリン高いから。
エタノール対応車といっても、要するにディーゼルだから軽油でも走れるし。
欧州、米国もエタノール対応ディーゼルを推奨するみたいだし。
ハイブリッドとかクソ技術を開発する前にディーゼル改良に手をつけておくべきだったw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 13:54:15 ID:aS6b3+XI
普通の乗用車ってだいたい、150馬力ぐらいあるでしょ?
んで、馬力って馬一頭分ぐらいの力ってことですよね?
ということは、車に乗るってのは150頭立ての馬車に乗ってるのと
同じエネルギーを消費してるって事ですよね?
もんのすげぇ無駄だと思うんですけど。
ちょっとスーパーに買い物に行くぐらいなら、馬に乗るべきだと思います。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 15:23:13 ID:iH7joIwd
チャリでよくねwww

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 17:36:54 ID:y16eVYNe
>>64
> 車に乗るってのは150頭立ての馬車に乗ってるのと
> 同じエネルギーを消費してるって事ですよね?

いいえ。
まず馬力の定義は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%8A%9B
ここ見て。

それと、最大出力と常用している出力は違いますよ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 18:54:01 ID:11aKEODx
     〆ヽヽヽゝ  
     _( *‘ー‘)
    /      )     ドゴォォォ!! _ /
   / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
  / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_
  | |  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \
  | |   `iー__=―_ ;, / / /←>>36
⊂ニ(!、)||二二二二二二⊃=;, / / ,'        ガッ!!
      /  /       /  /|  |
     /  /       !、_/ /   〉
    / _/             |_/
    ヽ、_ヽ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 04:33:58 ID:Fe5P6Uk/
米国では燃料電池自動車が普及し始めてるのに日本は何やってんの 弾幕薄いぞ
米国の数々の市や軍が積極的に無公害燃料電池自動車を導入してる
カリフォルニア州は高速道路沿いに水素ステーションを揃える準備もしてるし、
日本も早く燃料電池自動車の大量導入計画を政府指導で行って欲しい

http://www.qtww.com/index.php
QTWW

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 12:28:09 ID:Fz9/2hsi
誰か頭のいい奴,無線送電を開発して呉れると電池自動車も電池が
なく走れるのだがなー 電波が飛ぶんだから是を媒体に電気送れ
無いのかなー単純な寝言で済まん 聞き流して呉れ!


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 13:25:26 ID:NHw3mfrR
>>68

政府主導でやると非効率になりかえって駄目になる。
ハイブリッドも太陽電池も日本のほうが開発進んでる。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 06:16:38 ID:9fk5v+eU
サハリン産ガスを直接供給=パイプラインで北海道へ
ttp://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/56db3b4855704e642d0095f08084aab6

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 10:22:48 ID:D5FHS1zf
千葉県

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 21:58:17 ID:2LyMlbmJ
>>68
事故防止がどうなるかだな

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 22:24:58 ID:5iYK62+H
第二のスターリンはいらねーよ。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 22:46:51 ID:HNu6DvDH
IBダイワのガス、石油生産量が莫大になるけど、単価の下落はあるんだろうか

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:50:01 ID:m3VuFGp8
さとうきび畑がこれから、儲かるよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 10:41:27 ID:YhnOjdiH
madamada上がれーー

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 13:27:46 ID:IDEpqByP
石油やガスよりも原子力で見たほうが良さそうな近頃の国際情勢であります。
絶対に確度の高い数字は表には出てこないものの、オイルピーク説はひょっとして
現実化しつつあるんじゃないのか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 18:05:33 ID:XJMlvt2c
>>63
国内ではホンダがディーゼル改良に関心があるらしい。
ホンダというばトヨタに続いてハイブリッド車を市販化したメーカーだが、
シビック・ハイブリッドこそ成功したものの北米でアコードのハイブリッドは
燃費改善効果の低さから失敗状態、トヨタと異なりハイブリッドはフィット
クラスの小型車で勝負を賭け、中型車以上は新世代の超低公害ディーゼルを
積極的に開発・採用していくらしい。

バイオエタノール絡みでディーゼル車が注目されているのは、バイオエタ
ノールは高オクタンでしかもCO2の排出量にカウントされないメリットを持ち
ながらも通常のガソリンよりも燃費が悪いという欠点を持つから。ディーゼル
としてバイオエタノールを燃焼することで燃費の改善を狙うというわけ。

>>78
北海油田の枯渇のことか!?
オイルショックが沈静化し、今日の異常な原油高になるまでの約20年間、原油
価格が極めて低価格で安定し続けられたのは、北海油田が大量にしかも安定して
原油を、特に欧州市場に向けて供給してくれてたから。その北海油田も今や枯渇
の危機に。先進国最大の原油輸出国の英国もあと少しで純輸入国になるらしい。
産油国の英国が最もガソリンが高いのも、急速に脱原発政策を転換したのも、
急速に温暖化問題に積極的になったのも、そして、今日の原油高の発端となった
のも、もとはといえば英国が北海油田の枯渇に危機感を持っていたことにあるのだ
ろうか?
北海油田が枯渇に近づく現在、時計の針は確実に北海油田の生産がまだ軌道に乗って
いなかった、オイルショックの頃に確実に引き戻されつつある。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 15:40:04 ID:qfQVzY2w
いきなりで申し訳ありません。
石油がとれる国は1番はどこだと思いますか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 20:42:17 ID:0VPg0aGA
>>13
俺、大学では核融合を専攻したのよ。関係ないところに就職したけど。

先進国が早く核燃料サイクル、そして核融合を実現すれば
エネルギー事情は大きく変わるんだけどね。

化石燃料なんてどのみち無くなるんだしさ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:08:56 ID:v03Syh0V
この間露の石油会社が潰れたけどなんでこのオイルバブル時に?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 01:56:18 ID:8F/5ubYX
>>82
ヒント:プーチン

84 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/07/30(日) 06:15:45 ID:S8VQrVno
米石油大手シェブロンが28日に発表した4―6月期決算は、純利益が前年同期比
18%増の43億5300万ドルだった。総収入は同11%増の535億3600万ドル。一株
利益は1.97ドル(前年同期は1.76ドル)だった。原油価格の上昇に加え、昨年
8月の米大手ユノカルの買収で生産量が10%伸び、増益に貢献した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __   石油は必ず枯渇する。だから永久にコイツらが 
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /  世界を牛耳ることが出来る訳ではない。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 米国でもバイオエタノール技術が盛んですしね。
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l でもそうなれば次の連中が同じ事をするんでしょう。(・A・ )

06.7.30 日経「米シェブロン、純利益18%増・4―6月期」
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060729AT2N2800P29072006.html

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 08:15:42 ID:Dim/A8xb
>>79
つーか、インドネシアも原油輸入国になりそうで、メキシコのガスも枯渇と
言う状況があるわけだよ。日米の輸入先も危ないわけでこれらが偶然
同時に起きているわけだろ。
そこにきてどこかのトンチンカンが戦争なんか始めてテロ煽っちまったもんだから、、、、
あーあ、とうとう米国不景気に突入だよww

しかしなんと言っても中国市場の拡大は大きいよ。将来考えると田舎にも道路やパイプライン
そしてガソリンスタンドまでつくりまくっているんだから少しぱかり資源の事情が良くなったところで
大勢に影響はねーだろうな。供給不足より需要の拡大が要因だよ。
この調子で不景気も折りこんで発展するとしても少しばかりの資源開発なんか焼け石に水だろうな。
それ以上に世界が中国に投資しちゃってんだから。これに東欧だの東南アジアだのが追随しよう
もんなら、もう、、、なにやっても資源争奪は不可避。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 08:16:44 ID:Dim/A8xb
>>51
つーかもともと米国は世界有数の産油国。現在でも確か日本の全使用料ぐらいは
自前だろ。ただしどう考えても使いすぎなんだよ、その三倍半使う国だからなw
何年も前から指摘されている点だな。

本質は世界全体が需要過多なんだけどね。最大の原因は使いすぎ米国とつかいたがり
中国の存在とその協調性。米中蜜月経済はこれに拍車かけいているわけだなw
CO2排出規制外の国と規制忌避している点なんかも実は似ているんだよなw
いずれにせよ、規制外と言うことだからな。

日本のクールビズだのハイブリッド車だのは正しい方向ではあるが、まぁ外交ベタな国の
主張では全然効果ねーよなwww

中国は地方でも鉄道より車が主要な交通手段だ。僻地にもガソリンスタンドや道路が
整備されつつある。そりゃあ、米国もどこも投資したがるわけだよなw
いまだに小汚い路地みたいな車道ばかりの島国とは全然違うわけだよw
そりゃ日米経済人の会議でも日本の景気なんかよりも中国が話題になるのは
わかるわなw日本は鉄道が実は主要な交通手段なんだが無理して車維持している
だけだからなwだから車の台数の割には石油使わないわけだよw

で、米中対露と言う構図は当分は続くよ。国連でも見事に米国は中国に妥協したべ。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 09:57:51 ID:vlr/QxTW
インドやブラジルってどうよ
インドネシアも2億人近い人口がいながら、イスラム教だから発展しないのかな

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 10:13:49 ID:HUMU7eAd
石油はもう既に枯渇したのか?
業界筋の方、如何?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 23:17:34 ID:pu3Kgxgm
石油って世界中のどこを掘っても出るんじゃないの?マントルから染みだす説を真に受けて日本も穴掘ろうよ〜 
出たら国営でお願いします

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 01:14:32 ID:U2ZIDTI+
石油って恐竜の死骸からできたって本当?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 06:17:54 ID:bQN8EbcQ
こんなニュースが。

メキシコ湾の油田開発規制を緩和 米上院が法案可決
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200608030004a.nwc
>米内務省によると、同湾の未開発地域には、米国の全家庭の80年分の
>需要をまかなえる420兆立方フィートの天然ガスが埋蔵されているという。

アメリカすげぇな。これにプラスして、さらにアラスカもあるよね。

資源を生産する海洋国家ってのは、言ってみりゃ
艦上で戦闘機を量産できる空母みたいなもんだよねw
絶対かなわんな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 07:34:28 ID:rLsXllrv
>>90
専門知識は全く無いけど、化石燃料ってのはユダヤの陰毛だと思う

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 08:24:22 ID:kO/FJX6l
台湾が産油国チャドとの国交を断絶。チャドが中国との国交を樹立した為。台湾には大きな痛手になりそう。
マジですげぇな、中国!本気で世界中の石油独占しようとしてない?
これでイランの油田も取られたら…あー取られましたかそうですか。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 08:56:50 ID:C/9sBH5M
ねずみと同じだな。食い尽くして全滅。
シナ人には悪いが、ずっと自転車に乗っていて欲しかった。
でも、後戻りはできない。
こりゃ、戦争だな。三回目の。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 22:11:14 ID:qMhRqpsO
代替燃料エタノールの需要が高くて、
サトウキビひいては砂糖の値上げって、そりゃないでしょ???

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:14:54 ID:iMeLlVst
日本のガスを盗む死那マジムカツク。ガスが沢山いる理由はどうせ吸ったりしとるんじゃろう。じゃけえあがいにバカなんじゃろうの。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:30:21 ID:OSbQBYNb
オイルメジャーに油田を売って、
個人単位でチェルシーのオーナみたい石油成金が
できるんじゃないの〜

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 10:42:05 ID:ZOt4FmTI
今日の明け方の2時ごろ、NHKで過去のドキュメンタリー番組の再放送やってたけど、
ベネズエラの反米左派政権、ブラジルとチリの左派政権についての特集やってたね。
ベネズエラはご存知のとおり・・・
ブラジル、チリもアメリカの掲げる汎アメリカ州主義、アメリカ州自由貿易構想については険悪感。
またブラジルはエタノールの産出に躍起で、その技術をインドほか第3世界に公開していくとのこと。
特に外交ではインド、中国との結びつきを強化していく模様・・・
もう欧米の自由経済にだまされない、
先進国の多国籍企業にいいように利益吸い上げられ、
失業と貧困は改善されないままおわった80年代、90年代を繰り返さない意気込みはすごいな。
ブラジルのルーラ大統領は見ていて、温厚そうななかに抜け目ない厳しさのある感じを受けた。
自ら貧困層からの出身で、ブラジルの貧困問題を立て直すといった意気込みはすごく感じた。。
それだけでなく、第3世界全体を底上げしていくというような心持ちも見えた。
外交は多角的にしてゆく、という番組最後にでてきたブラジル外交官の声が響いた。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 11:42:12 ID:eV7NNyT9
もう、石油は枯渇寸前なんですよ
あと35年ぐらい持つ予定だったんですが、思いの外、中国とインドの消費が物凄い勢いなんです。
おそらく10年持たないでしょう
これから石油がどんどん高騰します

もちろん、戦争も起きます


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 15:26:44 ID:xVzrUrW1
100^^


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:48:29 ID:g4Stezfd
ほんまに天然やな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:57:48 ID:EgVzqo05
石油の消費見通しが大変だけど・・・
でもここ10数年実際の石油消費量より、埋蔵量の増大の方が多いでしょ。
ついでに日本での石油消費量は去年減少しています。
単価が上がれば、代替エネルギーにシフトしてゆく。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:37:25 ID:Ei2kH4IB
>>102 甘過ぎる。

潤沢に入手可能なうちに様々な対策をとっておくことが極めて肝要であります。
半端でなくて急を要します。


以下、参照のこと。

http://education.ddo.jp/ishii/

http://www007.upp.so-net.ne.jp/tikyuu/index.html

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 00:47:25 ID:0fkpn4gn
>>98
番組っていうかテレビじたい見ないので要約たすかる
確かに南米の共産主義化・反米主義は何度も出ている問題だ。
今のアメを中心とした自由主義経済やグローバル経済に関して
アンチになるのはわかるけど、かと言って南米諸国や中露が
世界の先端技術産業や人材を集め、将来世界各国に大きな貢献を果たす
とも思えない。
次の世界的な体制秩序、グローバル経済の一極集中に変わる
新たな模索とか番組で問題提起してなかったのか?
関係ないけど、アーミテージは確か、今後世界で破綻国家がいくつも
現れることは問題になるだろうみたいなことを発言してたよ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 03:07:48 ID:tPMsr7Ia

21世紀初頭が原子力の時代になるとはねぇ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:33:28 ID:LY65o39K
>>86
>>使いすぎ米国とつかいたがり中国の存在とその協調性。
>>米中蜜月経済
  けふ昼飯食いに入った中華料理屋で何回か前の週間ポスト読んだんだが
米中は手を組んでるだとかぶってる学者さんがいた。
表向き日米が連携を深めているようだが
ブッシュは狡猾だ(ここで吹いたW)
アメリカが他国に収奪をするパートナー国として
ヨーロッパにはドイツとフランスが選ばれている(ここで吹いたW)
アジアで選ばれているのは日本じゃなく中国で、日本は収奪される側だとか
米中台は華僑ネットワークで政権間でウラの人脈がはびこってて
敵対はありえない(ここで吹いたW)
とかのたまっていた。がよーく考えれば
アメリカの支配層って清朝末期から伝統的に中国と親和性が高いわな

 しかし中国が天然資源も水や食料も貪欲に吸引するブラックホール化しつつある
状況でアメリカがいつまで中国と蜜月できるかが問題だな
アメリカも石油を水代わりに飲む怪物国家
石油依存の利権構造が国の根幹まで達していて代替エネルギーなんぞ
自力でどうこうするのは不可能だろうし中東のの骨がらみの関係もあるからな・・
石油欲しさに行動する中国との利害がいつどうなるやら

 巷間に言う日中で組んでアメリカと一線画した独自外交もすべき
とか米中はウラで組んでアジアの諸問題は米中の両者で決められる
とかいう論者は
 アメリカも中国も石油を不可欠としていて利害が衝突するのは明白だという点も
(そしてアメリカも中国も違う理由だが決して石油以外に転換できないのでなおさら)
日本と中国が本質的に資源争奪のライバルでしかないという現実も
どうみえているのか?正直疑問だったな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:46:42 ID:LY65o39K
>>105
正直石油から原子力への移行は疑問だな。
ある程度比率は上がるだろうが100%代替は無理
化学繊維とか諸製品に原油を利用している状況では
石油の時代から原子力の時代へ
という展開は正直ねー。

石油の代替を見出せるのはアメリカ、日本、欧州で
 アメリカが有利なのだが、アメリカの場合本質的に石油の時代の到来とともに
勃興し石油資本が国の根幹まで利権腐敗の構造を築いてるわけで
 そういう体質が足を引っ張り到底新規エネルギーは見出せそうにないという
気がする。

欧州の場合、世界規模で運用できる代替エネルギーを見出せる可能性は
90%以上絶望的、EU単位で自然エネルギーとかで活用していけるレベルで
留まるのが火を見るより明らか、つーかアメリカとかと違って今の欧州に
世界への責任とか使命感は皆無だしなw

日本の場合
政府のやる気はアメリカや欧州に劣るし、世界への責任とかでも
国がアメリカの軍事的半植民地状態で使命感もないのだが
石油に代わる代物の必要性は世界で一番欲してる先進国だというのが強みだな。
日本は一刻もはやく石油の代替を探さないと国の存亡に関わってくる
安全保障とか諸問題で・・でそういう危機感では(政府じゃなくで民間とか研究部門でのな)
知る限りアメリカや欧州の比でない。

もれは総合的に見て石油に代わる技術や産業は日本が主導するんではないか
と密かに期待している。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:47:12 ID:9JQk3X2p
       , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:47:43 ID:9JQk3X2p
       , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_



110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 04:21:05 ID:CThyQ4WO
>>107
それが京都議定書と燃料電池と天然ガスと言うことだったらしいんだが、
外交ベタが原因で街に水まくのが関の山ww

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:40:44 ID:BZuQYqWE
【米国】メキシコ湾で原油の試掘に成功、米シェブロン
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1157537826/l50

米シェブロン、メキシコ湾深海で原油試掘に成功

 【シカゴ=毛利靖子】米石油メジャー2位のシェブロンは5日、メキシコ湾の深海油田で
原油の試掘に成功したことを明らかにした。同社によると、海底2万フィート
(約6100メートル)を超える深海での試掘成功は同湾で初めて。他社も含む周辺鉱区の
開発が成功すれば、米国内の原油の確認埋蔵量が最大で現在の1.5倍の450億バレルに
膨らむと指摘する報道もあり、生産コストの低減などが課題になる。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060906AT2M0601406092006.html

米シェブロン、メキシコ湾深海で石油試掘に成功

 シェブロンによると、記録的な水深と水圧下での試掘で、日量6000バレル以上の流量が
確認された。これは注目されているアンゴラ沖の海底油田などの産油量に匹敵する。
推定埋蔵量は明らかにしていない。

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、シェブロン幹部の発言として、メキシコ湾での
最近の発見で、およそ150億バレルの石油・ガスが埋蔵されている可能性があると報じた。
これにより、現在の米石油埋蔵量は50%増加することになる。
http://www.worldtimes.co.jp/news/bus/kiji/2006-09-06T063756Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-227256-1.html

深海油田の試掘に成功
http://www.tv-tokyo.co.jp/biz/nms/days/060906/n2.htm

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:43:33 ID:BZuQYqWE
>>111
絶対に大和堆に油田があるし、技術的にも掘削可能。
http://www.apsaras.co.jp/shimane/naiyo/honkai01.html


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 20:48:45 ID:WhMzrqTI
大和堆の権益配分はかなり微妙。

海図
http://www.oceandictionary.net/z54.gif
http://www.oceandictionary.net/home1.html

http://www.jfa.maff.go.jp/kokushi_hp/H17genkyou/H17syousai/64.pdf#search=%22%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%A0%86%E3%80%80%E6%BC%81%E6%A5%AD%E5%8D%94%E5%AE%9A%22

竹島問題ニュース【竹島調査問題用】
http://72.14.235.104/search?q=cache:kD_QgC2e_T0J:tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1145603901/l100+http+:+/+/+www+.+oceandictionary+.+net+/+z10+.+gif&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 21:03:23 ID:c9JZFWTC
もし石油の枯渇する前にその代替案が出てこなかった場合、
やっぱり原子力に行き着くのかなぁ。

サトウキビから燃料って、どうもピンと来ない。
そもそも世界の消費を賄えるほど、供給する能力が
あるの?

何十年かしたら各家庭の屋根にはソーラーパネルがずらり。
海にはソーラーパネルの浮島、空には飛行船・・・


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 04:35:33 ID:khJAODAg
海底油田の採掘って、そんな難しくないでしょ?
ブラジルだってできるわけだし・・・

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 04:40:21 ID:eeboykwc
化学式はほとんどCとHだから、石油の合成方法は明日にでも
発明される。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 05:21:04 ID:EObGqPf0
石炭だって、天然ガスだってあるじゃん
エネルギーは無くならないよ、ただ高価になるだけ
人口問題なんとかせんとな

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 13:35:54 ID:PjFod1gQ
>>117
簡単に無くなったりはしないが、問題は手に入らなくなるということにある。 あっても手に入らない。
可能性のありそうな所はしらみつぶしに調査し尽くしていますからね。
金で買えるのは今暫く(ギリギリ楽観的に考えて20年先までだろう。)の間だけ。
エネルギーが手に入らなくなることで経済が崩壊して金が紙くずになるということにある。
技術を売るといってもエネルギー無くしては意味無しで買い手などはあろうはずがありません。
生産が止まり、流通が停止して身動き不能に。
百姓をすればといっても、今の日本農業は石油に100%依存しているから即座に全滅する。
人力では家族の食い扶持までを作るのがやっとになるでせう。(化学肥料の大量投入で土も死んでいますからね。)
同様に漁業も全滅。 昔のように手こぎの小舟をつくってささやかになども、今は木の船を造れる大工がおらんからどうにもなりません。
FRPは石油エネルギーなくしてはOUT。

現状において、石油に変わる新エネルギーなどは糸口もつかんでいない現実があるわけですから、今のうちに、
まだまだ石油が潤沢に入るうちに農業と流通と漁業などのありかたを根本的に変えていかねばなりません。
高層ビルなども石油エネルギーなくしては維持できませんからそろそろ新規建設は打ち切りが必要でしょう。

どのみち経済は破綻することが必至なわけですからね。
国債刷りまくって激しく国内改造をするのが肝要です。 改造といっても道路作りますなどの戯言は全て却下です。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 19:33:35 ID:vv21MN5q
ガソリンはいつ値下がりするのでしょう?中東が不安定で中国などの産業活動が盛んで、消費が激しいと聞きますが。このままの値段だと痛い・・・

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 20:03:30 ID:lskq2lZZ
ズバリ、下がらない。
理由は、中国とインドの経済成長が止まらないため。

イラン問題がこじれるとむしろ上昇するし、人口爆発は今世紀最大の課題だね

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 18:55:58 ID:yxRPEhq9
今年の年末はガソリン170円くらいになるでせう。
来年春には230円くらいになります。
しかしまだマシと言えましょう。 掘っただけで吹き上げてくる油断などはもうありませんからね。

このまま進めば20年先には企業群全滅です。
それを阻止するには燃料にかかる税金をゼロにするなどの方向になりますが、不足分はすべて庶民の肩に掛かることになります。
そうやって頑張れば10年や15年は何とかできるかもしれません。
しかし、その後はどうしますか?
結局、現状路線においては崩壊しかないわけです。 恐ろしい崩壊ですよ。 全てを石油に依存していますからね。
エネルギーの支え(保証)がなくなったら工業国家などはあっというまに即死です。
大根1本1万円などは絵空事では無いわけです。
現状において全ての食料を自国で賄うとすれば9割の日本人は死ぬことになります。
仲良く分け合えば3割はギリギリ生きることができるかもしれませんが必ず醜い奪い合いが発生しますからね。
慎ましく自給自足に近い生活が可能な人間だけが助かる構図であります。

路線の180度切替を決断し、且つ実行していくのは今しかないわけです。 猶予はありません。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:04:51 ID:UqZLOaDR
>>121
ガソリン200円超えたら、本格的にさとうきびで走る車か
燃料電池車が普及するだろ

石油は今世紀中は無くならないよ、石油以外にもエネルギー代替手段は
いくらでもある。ただ、高価になるのだけは避けられない
昔は核融合研究がうまくいくと期待していたのだが、残念です

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:13:45 ID:zvYix2LE
下がらない。
インドと中国の成長は表向きの理由。
そもそもブッシュ親子は、石油価格を安定させる目的で、イラク叩いてた。
高騰する石油価格の利鞘で、次期エネルギー源を確保し、会社をスライドさせるための下準備。
ガスが今の所、既存の会社スタイルで、楽にスライドしやすい。

124 :原油価格スレ、なくなったな:2006/09/13(水) 23:10:14 ID:stLhdJA+
原油先物相場:NY 63ドル台、半年ぶり安値
  毎日新聞 2006年9月13日 東京夕刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060913dde007020032000c.html

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 00:39:30 ID:G8VTKxLn
日本は食べ残しなくせば70%くらいの食量自給率があるから
飽食やめれば何とかなりそう

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:39:27 ID:jmFXcbh3
>>125
残念ながら70%などにはほど遠いですよ。
すべて賄うとすれば30%切るハズです。
さらに、中大規模農業においては化学肥料とかも多様しますから石油資源が確保できなければOUTです。
今の内に小規模分散型とし、地域で独立した自給自足体制が可能となるようにしないと間に合いません。
石油資源は現状において激しく減り続けることはあっても増えることなどありませんからね。
中東の油田も20年先には汲み上げに採算が合わなくなってくるはずです。
石油エネルギーの確保が困難になってからでは方向転換は不可能です。
ならば石炭を・・・とかの論は本末転倒甚だしいと言えましょう。

127 ::2006/09/14(木) 09:02:40 ID:XgmMJWYm
本当に石油が世界から消えた場合人々の生活は「スグ」では
ありませんが大きな影響を受けます。足りないものが増えます。
しかし本当に怖いのは石油が無くなった後より
無くなる直前までの間です。まず石油製品、ガソリン代が
驚異的に跳ね上がり人々は焦りパニックになります。
そうなると後は誰でも簡単に想像ができます。
一部でデモらしきものが出て、買い込む人が商店に押しかけ
経済は低迷しリストラされ浮浪者が出る・・・
考えればいくつもの被害が出ます。まあ他の事でも言えますが。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 10:43:54 ID:N327cSZO
ちょっとまとめ。
現在の快適な生活、経済活動に必要なもの。主なものをあげると。
1.電気
2.自動車や、トラックなどの車両を動かす”燃料”
3.ほかにもあるけどこのスレを尊重して割愛。

まずはじめに重要になってくるのが、温暖化ガスの排出。十年前くらいから地球温暖化
が心配されてるのはご存知でしょう。よく、温暖化しているかどうかなんてのは
まだほんとにはわからない、という意見などがでてるけど、実際ハリケーンの大量発生とか
氷河の後退、などを見ると危機感を覚えるのはとうぜんですね。
ン十年後に水位があがって、海岸部水没なんてしゃれになんないからね。
つづく

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 11:34:13 ID:FRwRC1u2
続き
いまの内から手打っといても損することないでしょう。温暖化ガス排出しまくって
後々後世に後ろ指差されてもイイ!なんていう無責任な人間は、この激動の
21世紀には必要ありません。

本題に戻るといかに石油への依存を段階的に減らしながら代替エネルギーに
移行するかですね。
1.まず電気ですね。ようは、石油燃やして電気起こすなんて阿呆のすることです。
  ここは原子力を軸に風力、太陽発電の研究開発(R&D)を増やして
  効率を高めるのが率先。でも原子力は燃料の再利用はまだ技術が未熟だし
  リスクが大きいので使い捨てにしたほうがいいでしょう。
  ゆくゆくは核融合が本格的に商業利用されるまでにこぎつけることです。
2.燃料。
  石油でなくとも車両が動かせればいいのですからここは水素ですね。
  水素燃料電池で動く車の長所として、水蒸気しか排出しないのと、
  騒音がとても低く抑えることができる、加速が内燃機関と同等、あるいは
  すぐれてる、モーターブロックを積む必要がないのでより自由な
  設計が可能。などの理由からGM、トヨタなどなど主要メーカーは
  開発に躍起でつ。
  もう一つ重要なのは石油の増産、精製、配備、配給にかかる費用は
  水素燃料を生産、配給する設備にかかる費用と大して変わらないこと。
  どうせ金使うんだったら新設備に投資しろと。カリフォルニアなんかは
  がんばってますね。
  要は石油が枯渇する前に乗換えがほぼ終わればいいのです。
  まあ時間とのレースなので各国政府はR&Dに金を回せと。

 はっきりいって、水素燃料の世界規模で生産配備、核融合商用利用が
 実現すれば、人類半分ウハウハデス。水素なんて電気さえあれば水で
 いくらでも取り出せるから。
 まあ当面の敵は石油関連に固執する輩でしょう。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 17:48:17 ID:jmFXcbh3
ところが、核融合などは事実上不可能に近いものであるわけだ。(言い換えれば妄想の域の代物)
実験レベルでさえまともなデータはなかなか得られない。
実用には全く近づいていないし実験レベルでさえ前に進んではいない。

石炭などは発生する公害も半端ではないし、世界中がそれに切り替えたら数十年で無くなる。
100年保たん。
ま、それに切り替わる前には食料を得るための暴動(殺し合い)が始まるでせう。
死滅した農地で化学肥料ゼロでどれだけの作物が取れるかというと収穫量などは1/5以下になります。
それでいて食糧自給率(つまり生死を分ける率)が事実上30%を確実に切るような日本では大半の庶民が死滅するしかありませんよ。
化学肥料を使いまくりでこの数字ですからね。
今の内に何とかしないと8割以上は死ぬしかありません。
問題は日本だけのことではありませんからね。
このような状態に至っては金の価値などはゼロに等しいわけですから金で横面叩いて輸入するなども不可能です。
不便になります程度は問題の範疇には入りません。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:38:43 ID:eUgW6c3x
人口抑制するか、発展途上国の人が貧しいままでいてもらうか
どちらかしないと、この先、石油価格上昇して生活きついな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 00:06:06 ID:iZlYkbpZ
核融合はそんなに遠未来の話じゃあありません。
まあたしかに実験機が、本格的にデータを採取するのは2010年代中番
からですが。ちなみにソースはSCIENTIFICAMERICANの最近の増刊号です。
その実験炉が2016年くらいにフランスで完成してデータ採取に、本番の商業
利用炉のデザインが完成するまでは、さらに20−30年かかると言われています。
2016年に完成予定の実験炉は実際に大規模に融合を起こしてみて
商業的に利用価値の出る、核融合に投入した電力の10倍を得られるか
どうかを調べるそうです。まあ、平均して実現にはあと約45年かかるようですので
ぎりぎりですね。(商業価値が出ればの話ですけど。)
でももう実際に商業炉のデザインは建設コストを低く抑える事まで考えられた
ものが出されてます。スパコンのいい使い道ですね。
まあうまくいくことを祈るのみ。ウランにしたって100年持たないしね。

石炭はなくなりません。全部切り替えても200年近く持ちます。
切り替えたら多分文明は海に沈むでしょう。パンドラの箱です。
天然ガスの枯渇のほうが先に来るでしょう。北米では、いわゆる”化石燃料”
の内で温暖化ガスの排出量が最も低い、天然ガスの値段が最近跳ね上がりました。
一応、合衆国も京都議定書には取り合いませんでしたが自分たちなりに
温暖化ガスの排出を抑える努力をしてるので(たぶんね)石炭の変わりに
天然ガス発電所の建設を大幅に行ったためだそうです。

食料についてですが、現在世界の総生産量は120億人分です。足りない理由は
ご存知のとおり、肉食べたいが為に牛さん、豚さん、鶏さんに食べさせてるからです。
特に欧米での肉の消費量を抑えないといけませんね。
しかし真水とあわせて食料は問題になってくるでしょうねやはり。

皮肉にもこの石油価格の上昇分の一部が新代替エネルギーの研究開発
に使われてるんですね。
転換期はいつも痛みを伴うのです。

133 ::2006/09/15(金) 08:38:36 ID:fII8jEDZ
スペインの石油資本・REPSOLに買収された
アルゼンチンの国有石油会社“YPF”の
略さない正式名称教えてください。

民間石油会社が他国の国有石油会社を買収
する時代になったんだね〜。
もはや資源ナショナリズムは死語やね。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:33:47 ID:Fm9W1DuD
【アルジャジーラ特約13日】国営サウジアラビア石油(アラムコ)のアブダラ・ジュマ社長兼最高経営責任者は
このほど、世界の原油埋蔵量は4兆5000億バレルで、現行の消費水準で推移するとしても、
あと140年間は供給可能だと言明した。これは供給量が次第に減少し、
埋蔵量が底を突くとの懸念が出ているのに反論したもの。

ジュマ社長は「これまでに分かっている原油埋蔵量のうち、まだ18%しか消費していない」とも述べ、
供給量が20、30年後に枯渇するとの見方を否定した。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2447770/detail?rd

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 14:58:34 ID:h8NHLbbN
ひと昔前は生産者側はオイルピーク説を煽って値段を吊り上げてたよね。
最近は逆に消費者側の疑念を打ち消そうと必死な希瓦斯。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 15:55:03 ID:bK5a4tnl
代替エネルギーの開発で需要が減っても困るしな

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 17:29:41 ID:O8OYPi/X
>>134

18%は採算性に優れている部分の量なのだがな。
後はだんだんとコストが高くなってくるわけだ。
採取可能な量はギリギリでも50%まで。
それ以上は、汲み上げに投入するエネルギーのほうが大きくなって意味無し。
あっても採取できないわけだ。
これは海水中の金を云々するのとまったく同じ理屈。 凄い量があるにはあるがどうにもならんわけで。

いまのままでは20〜30年後に供給困難になることはほぼ間違いはない。
これについては以下を参照のこと。 キチッと頭に焼き付けておくことが必要。

http://education.ddo.jp/ishii/

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:55:51 ID:OwX8c1k7
石油余りすぎ

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 22:10:39 ID:LZsvfEqJ
日本はエネルギー資源が無いから深刻なる石油問題は一切隠して突っ走っているが、
近未来(20〜30年先)において石油の入手が困難となることは確実だ。
潤沢にあればこそ金でいくらでも買えるが、潤沢ではなくなったら金では買えないものになる。

殆ど全てのエネルギーを石油に頼っている現代世界は、潤沢なる石油無くしては機能しない。
日本のハイテク製品とか車とかが売れるのはエネルギーが潤沢に循環しているからこそ。
電気エネルギーとか石油エネルギーで動く商品を作って売っているわけですからこれら全てが全滅することは火を見るよりも明らか。

石油エネルギーが手に入らなくなることがどれだけ恐ろしいことになるか推して知ることができますね。
全てですから。
このような事態のおりに金持ちが国外逃亡したところで金の価値などは二束三文になります。

つまり、方向転換するなら今の内なわけです。
国家レベルで考えた場合、猶予はありませんよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 00:57:23 ID:Br5KgxNW
核融合がこのままうまくいかなければ
21世紀の文明は
石油→原子力→石炭→メタンハイドレード→栽培バイオマスによるエタノール
と主力エネルギーが変わり、
エネルギー単位当たりの価格も高騰するだろう

風力と太陽光は家庭用電源としては有用だが、気候に左右されるため
工業用電源にはなりえない

もしくは、超電導分野の技術革新に期待するしかない
つまり、この先、人口爆発が続き、発展途上国の開発が進めば
一人あたりのエネルギー価格は上がり続けることになる。
省エネ生活を心がけよう

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 01:21:45 ID:Br5KgxNW
国益の観点からひとつ。
豊かな生活は、エネルギー消費は避けられない。
ロボットによる労働代替もしかり

だから、石油から電力へとエネルギー形態の変化にあわせて
日本は燃料電池部門に官民の総力を注ぐべきだ
また、日本の金融資産が相対的に高いうちに、
日本人が世界の優良企業の株主になってゆくことが好ましい。
銀行など金融機関はそのための広報と援助をすべきだ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 03:11:56 ID:21SN8B4+
British Expert Warns of Negative Consequenses of Possible Russian Purchase Into Shell, BP
(英専門家、露によるシェル、BPの購入の可能性の否定的結果を警告)

抜粋
「最新のデータは、西側の石油メジャーが国際石油市場で影響力を失いつつあり、
現在では世界埋蔵量の9-10%しか保有していない、と示している。
これらは国営制度に於ける小規模なパートナーとしてしか、新たな生産権を勝ち取れないでいるようだ」

さて、エネルギー戦略で敗北しつつあるようだが、どう出るかな

・戦争起こして分捕る
・屈服する
・経済構造を変革して代替エネルギーにシフトを図る

さて如何に

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 04:10:29 ID:sJ6YD7gK
>>142
・経済構造を変革して代替エネルギーにシフトを図る
電力は原子力と石炭へ
自動車は燃料電池車へ
石油は、コストが高止まりするから、化学製品用になっていく

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 13:34:07 ID:M06+6/NK
最近のパ●マガス事件はアメリカがしかけたんですかね?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 15:07:43 ID:zflmfgk1
中国はバイオ燃料に取り組んでないの?
うまくいけば三農問題、エネルギー問題、環境問題全部解決できるんじゃないかと思うんだけど。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 16:11:49 ID:JGkQJfZ7
余剰米をエタノールにできんのかいな?
あと一部自治体がやってる てんぷら油のバイオディーゼル化を国家政策にするとか。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 19:02:22 ID:c/1tpt5a
>>146 そんなことをしたところで需要の0.01%も賄うことはできん。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 19:21:28 ID:sJ6YD7gK
バイオ燃料は効率悪すぎて、コスト高すぎるから、
原子力や化石燃料系を消費しつくして、エネルギー単価が高くなって
からでないと無理。
石油の代替は現実的に、原子力しかないんジャマイカ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 03:35:04 ID:6NRG0h2v
最近の石油の値下がりをどう見る?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 10:14:46 ID:gpl+mMHE
まぁ一時的なものだな
原油高の旨味を覚えた産油国が、供給を絞るのは必定だろ。
アラブだけに頼ってた時代と違って、ロシアという司令塔的な存在が出てきたのは大きい。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 17:45:54 ID:NyFLUPoW
ナイジェリアのテロみたいのはどうなの?
あれは搾取されてんのかな?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 23:18:28 ID:0dC/G4t6
ちょっと前にホンダが開発したトウモロコシの実を使わなくて葉や茎から
微生物を使ってセルロースからエタノールを作る技術に成功してるわけだし
そこらに生えてる雑草からもエタノールを作れるとも言っていたような気もする。
技術的には本格的に実用できるとこまできてるんだから
さっさと国をあげて石油からバイオマスへエネルギー依存を変えれば
日本のエネルギー問題はどうにかなると思うが・・・。


153 :teketeke:2006/10/09(月) 03:11:20 ID:FyTnwfI5
>>152
というか、木材の屑なんかからもエタノール生成できるんだよ。
もう大阪の堺だったかにエアタノール生成プラントただいま建設中でっせ。
WBSでこないだ取上げられてたけど、
関係者の話では、いまの原油価格だったらエタノールのほうが
安く販売できるという言い方してたんで、そう驚くほどは安くはならないのかな?

今後、国内のエネルギー需要のほとんどをエタノールに移行するとすると、
いったいどれだけのエタノール生成プラントが必要になるんだろう・・・
大量生成できれば、廉価販売できるのかどうか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 04:49:47 ID:9kwtyjRL
米国は資源云々よりも技術開発や景気維持、企業の経営改善のための
時間が欲しいだけだと思うけどね。
京都議定書への態度なんかでも明らかなんだが、調印拒否は
しているが無視はしてないわけだよ。監視してなんとか形骸化したいと
言う思いもあろうが、調印している国が多過ぎるからな。

ここいらで米国に追い込みかけているのは実は腹心であるはずの日本。
GMなんてその犠牲者だろ。トヨタの余裕はここいらにもあるんだよな。

メジャーや中東諸国は既に天然ガス田の開発に力入れて代替エネルギー
の有力候補には投資している。例えば先進国でいまだに冬季暖房需要に
灯油で応えているのは日本ぐらいだろ。殆どは天然ガス。
火力発電にしても天然ガスで需要に応える割合増やしたのも日本は最近。
燃料電池なんて大騒ぎし技術的には進んでいるにも関わらずガス需要が
少ないのは将来問題になると思うけどね。
国策と民間需要が乖離しすぎている。インフラ整備はかなり遅れるだろうな。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 14:41:25 ID:Sijst8DZ
日本だけのことに限らず、今、心血を注いで石油に変わるエネルギーを見つけないことには現代文明は滅びる。
工業国家である日本は石油の枯渇問題(採算割れ)を見て見ぬふりをして突き進んでいるが、これは他に手がないからに他ならぬ。
しかし、キャノンとかトヨタなど潤沢なる利益を上げている企業は義務として新エネルギーの発見または開発に尽くさねばならん。
でなければ儲けが紙くずになるのだから。
エネルギーの必要十分なる安定供給の保証がなくては円やドルの価値などはゼロに等しく意味をなさない。
馬鹿高い貴重なエネルギーを使って意味のある貿易などは不可能ですからね。

とにかく、石油が現状においても潤沢に輸入できている今においてこそ総力を挙げて開発研究せねばなりません。
ニコラテスラなどの既成概念を覆す研究でも何でも構わんからあらゆる道を探ってめどを立てねばなりません。
日本のみならず、世界を救うことに直結する問題ですからね。

日本人はやればできる力をもった希有なる民族でありますから民族の責任においてもやらねばなりません。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 01:16:47 ID:tDK7ePEc
石油の亡者 ブッシュきもい

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 01:27:25 ID:mSwt9G4c
少なくとも、2100年までは石油と天然ガスは枯渇しないよ。
今の石油枯渇年数が49年、科学技術が進むと石油の枯渇年数は300年に
なると推測されている。それは油田の発見ではなくて、オイルサンドやオイルシェール
の採掘技術の進歩による。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 04:16:02 ID:pfDtxZOD
>>149
石油の値下がり?下がってるの?
それはこれからの季節吉報なんだけど・・・実感ないな

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 11:52:02 ID:KM3ds8un
基本エネルギーの形態がどんなものになれ
エネルギー単価が上昇してゆくことだけは確実
冷戦が終わって、世界が物質的豊かさに向かったのに
人口抑制は行われない

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:21:45 ID:63TgTRFw
OPEC、日量120万バレル減産・実質4.4%減に
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061020AT2M2000V20102006.html 

【ドーハ(カタール)=清水泰雅】
原油価格の下落に歯止めをかけるため、カタールの首都ドーハで緊急会合を開いていた
石油輸出国機構(OPEC)は20日未明(日本時間同日午前)、実質生産量の4.4%に当たる
日量120万バレルを11月から減産することで合意した。減産決定は2004年12月以来、約2年ぶり。
原油相場次第で追加減産を検討する可能性もある。
(以下省略)

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:28:08 ID:Pt8e3iGA
これからますます減産体制に入りますよ。
安価に汲み上げできる量には限りがあり、それがハッキリと予測されているからです。
ある時点を越えると急速に汲み上げ困難となります。
海水から金を採取するのと同じであり、あっても採算が取れない。
金銭的採算もありますが、エネルギー的採算が取れなくなります。
現時点において、石油エネルギー無くしては現代文明など一切が立ちゆきませんから事は重大です。

ロシアが日本へのエネルギー供給路線をとり止めて、同じ共産独裁のムジナである支那に供給すると決めたのは実に重要な意味があります。
おそらくは、というか間違いなく先の世界大戦を予定しており、支那を取り敢えずの見方として世界を滅ぼして支配する計略でありましょう。
信用に値するのはイスラム圏である中東でありますが、これも共産と裏で通じているアメリカにより糸を切られました。
風任せの凧そのものであります。
石油の安定確保の近い将来においての困難は必至です。

ならば、それに変わるエネルギーを独自に開発(あるいは発見)せねばなりません。
できなければアウトです。
それが日本に突きつけられた状況であります。 回避はできませんよ。
これについて、日本が助けることはあっても他国が日本を助けてくれるなどはありません。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 17:02:47 ID:gzAcY/zm
てか、石油は別に不足してないでしょ?
地政学リスクで値上がりしてるだけで。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 22:52:44 ID:bTEr+BKB
>>162 おまい・・・

今は不足していなくても今後数十年で汲み上げ困難になることは予想されているのだぞ。
今潤沢にあるのは世界的混乱の発生を抑えてコントロールするため。
それがあるからこそ中東諸国は石油輸出オンリーから脱出しようと色々と画策している。
ヨーロッパは脱石油試行として風力発電とか少しずつ路線転換を試みている。
支那はなりふり構わずに石油・天然ガス資源にむさぼりついている。
人のものまで盗み奪う国家方針を決めているわけだ。
石油の問題について語らないのは先進国では日本だけだわな。
一億総なんとかの民族であるから公にできないという構図がある。

予想される汲み上げ可能な量の半分を既に使った。
潤沢に石油が輸入できるのは今後15〜20年程度までだろう。
楽観的に考えても30年は保たん。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:15:40 ID:8SdpD1Cs
日本は原子力促進すべき。
エネルギー問題なんて結局各国の政治問題だろ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:19:05 ID:XvQqPjfK
石油、天然ガスは終わる
これからはエタノールだ!

インド、ブラジル、オーストラリアが躍進するぞ

166 :teketeke:2006/10/22(日) 15:40:53 ID:pGCnNzyx
>>165
エタノールも全世界的に供給できるかどうかだよね・・・

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 13:02:24 ID:Qvz/fvFX
――--.、   \     ウ  ,,,,,,,,,,,,,   |~~|ウ ,,,,,,,,,,,,,   |~~| /
リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ  \    ラ  [,,|,,,★,,|,]  | |ラ [,,|,,,★,,|,] │ /     ウォッカ マダー
    "ミ;;;;:}    \  │ ( ・∀・)/ / │ ( ・∀・)/ /          ,,,,,,,,,,,,,,,
 , _,,,..、  |;;;:|     \   /|\/|  /  /|\/|   /  ☆ チン  〃  ミ,,,,,,,,,,,,;;ミ
 ヒ''tュ_  i;;;;|      \ / |~~|:~~ /  / |~~|:~~  /     ヽ ___\(\´_>`)
 ` -     ト'{       .\ |  |:  |    |  |:  /          \_/⊂ ⊂_)_
_ >、     }〉}・         \     ∧∧∧∧ /         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| 
|;|||llii;;,>、 .!-' <同志よ      \   < 予 ロ >        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
='"    |                \<    .シ >         |  毛    蟹   .|/ 
 ゙,,, ,, ' {                 < 感 ア >
――――――――――――――― <    の >――――――――――――――――――
NASAの科学者たちは10年の歳月と < !   >    | |                 `ヽ/「ワ,|
120億ドルの開発費をかけて       ∨∨∨ \   リ ,,,r==、   ,,r===ュ、      ┐ソ
.どんな状況下でもどんな表面にでも  /       \ ゙i -=・=-ヽ i  -=・=- `     ン }
書けるボールペンを開発した!!   /( ━┏)ザンギヘ\i ヽ--‐ .| l `'─‐'"    ノ ト‐/
                      /            \   /l l 、      ,/ ├‐'゙
                     /  п           \.ノr'  レ ヽ¬、,,.... -‐   |
  一方ロシアは鉛筆を使った  /  (`Д) 溜めんな クソ ! \ヽ,,,,,r''´     ノ    |   


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 04:56:06 ID:qatjPpWG
2006/11/18-01:48 NY原油、続落=一時1年5カ月ぶり安値

【ニューヨーク17日時事】週末17日のニューヨーク商業取引所
(NYMEX)の原油先物相場は続落、時間外取引で一時1バレル
=54.86ドルと1年5カ月ぶりに55ドル台を割り込んだ。
通常取引では若干値を戻し、午前10時15分現在、米国産標準油種
WTIの中心限月12月物は前日終値比0.66ドル安の55.60ドル。
  http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2006111800022

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:12:11 ID:ECF70FM+
原油
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E6%B2%B9

カナダってこんなに原油あっかな

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 06:21:16 ID:PMwuW0bj
オイルサンドが計算に入ってるんじゃない?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 02:21:27 ID:vqXi303D
天然ガス生産国は「同盟国」=ロシア国営企業社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070216-00000018-jij-int

 【モスクワ15日時事】インタファクス通信によると、ロシア国営天然ガス独占企業
ガスプロムのミレル社長は15日、「世界の主要な天然ガス生産国は競争相手ではなく、
同盟国だ」と述べ、生産や輸出における長期戦略の調整メカニズムが可能との見方を
示した。石油輸出国機構(OPEC)のガス版とも言えるカルテル結成をめぐって最近高
まっている論議に一石を投じそうだ。

 同社長は「世界中でエネルギー資源へのアクセスをめぐる闘いが激しくなっている。
このような条件の下では、主要なガス生産国はもはや競争相手ではなく、同盟国だ」
と語った。

ロシアとカタール、ガス版OPEC設立の検討で一致
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070213AT2M1300G13022007.html
ガス版OPEC 露大統領が前向き姿勢
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200702030019a.nwc
(中略)
 イラン最高指導者のハメネイ師は最近、ロシアのイワノフ安保会議書記にガス版
OPEC結成を提案していた。ロシアは世界のガス埋蔵量の約27%を保有し第1
位。イランは2位(同16%)で、両国にトルクメニスタンやカタールを加えてガ
ス版OPECを結成すれば、埋蔵量の約6割を支配できる。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 03:28:49 ID:mZ3h2ebK
>>163
石油って年々増えてるって聞いたけど
増えてるって言うか、発見されてるって言うのか


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 04:12:16 ID:RPIdDZZj
>>161
シナの面は全くデタラメとしか思えん、単に商業的に近くてコストが安く、確実に大きな需要があるから
日本なんかじゃ海中にまでパイプを繋げる必要があるし

滅ぼすとか支配するとかいう軍事面じゃ全く逆
仮にシナ以外の世界を支配できたとしても、確実にロシアはシナに滅ぼされるか吸収される
こういう戦略は遠交近攻が基本だから、近くの大国を吸収するか潰さないと話にならん

68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)