5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江戸時代の朝鮮人

1 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:09:43 ID:Q3EBrrNv
       +         +     +            ,                ./
   +                Π                  Π           / 
.        ∧_∧  +.  ⊂二⊃ ウェーハハハ . ∧_∧∩ ⊂=⊃    ∧_∧∩
ニワトリカエセヨー ( ´Д`)     <`∀´ヽ> rァ      (  ´Д`)ノ゙<`∀´‖> ⊂(´Д` )/
        (つ  つ     (つ  つ' {    ... ( ゝ⊃ ノ⊂i ⊂i )x   \   )
.    +   ( ヽノ      ( ヽノ <彡}   +  ノ  γヽ  ノ____ノi/    ( ( 〈
        し(_)      レ(_フ,i,i,'     (__丿\__ノ <_<__〉     し(_)
    ∧_∧
と⌒^つ´Д`)つ

鶏を盗んで、町人と 喧嘩をする 朝鮮通信使
「朝鮮人来聘記」 京都大学 所蔵

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1

2 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:10:33 ID:KJlQj3j0
>1

すでに見れねーぞ!

3 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:12:46 ID:Q3EBrrNv
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/thistory/1777000/20061024116167740943042600.jpg

これならどうだ

4 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:16:55 ID:eeewnUxA
>>3
 なんか、微笑ましい絵だなあ。
 まあ朝鮮人の品性が下劣であるのは江戸時代と変わらないってことですね。

5 :ドーラ・グスタフ安崎 ◆QxcU4kXRPU :2006/10/27(金) 21:19:37 ID:MaQHzn2S
・・・なあ、朝鮮通信使って使節団みたいなもんだろ?



それがコレか?
いっくらなんでもこれは・・・・・・orz

6 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:21:38 ID:KJlQj3j0
ただこういう画を見ても彼らは
「ウリナラの人間はきちんと長い着物着て帽子かぶって正装しているにだ!
イルボンチョッパリは膝までしかない着物着て裸足ニダ!」
などと言って優越感にひたるんだからね。

7 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:24:14 ID:Q3EBrrNv
       +         +     +                                 /
   +                Π                  Π             /
.        ∧_∧  +.  ⊂二⊃ ウェーハハハ  + ∧_∧ ⊂==⊃    ∧_∧∩
ニワトリカエセヨー ( ´Д`)     <`∀´ヽ> rァ       ( ´Д`)<`∀´‖>  ⊂(´Д` )/
        (つ  つ     (つ  つ' {       (つ  つ⊂i ⊂i )x   \   )
.    +   ( ヽノ      ( ヽノ <彡}    +  ( ヽノ  ノ____ノi/     ( ( 〈
        し(_)      レ(_フ,i,i,'       し(_) <_<__〉       し(_)
    ∧_∧
と⌒^つ´Д`)つ

8 :呂-50 ◆B5FTrr3p86 :2006/10/27(金) 21:28:39 ID:Wia32z2H
>>5
< `∀´>「両班として当然の行動を取ったまでニダ」
< `∀´>「それが何故このような仕打ちを受けなければならないニカ?」
< `∀´>「やはりチョッパリは野蛮人ニダ」

9 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 21:51:20 ID:BmzWoI6l
徳川将軍に三跪九拝を命じられました。
朝鮮通信使は不承不承ながら、「倭人を拝するのではない、倭人の持つ朝鮮の国書を
拝するのだ」と妙な理屈をつけて拝しています。
『日東壮遊歌』の作者は憤慨して欠席しました。

10 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 22:06:20 ID:upc+cWD5
通信使は、日本の灌漑技術とか貨幣価値の普及みたいな、すごく分かりやすい部分ですら
まともな評価ができなかったんがろ。
そんなやつらに風紀だの言っても通じるわけナスビ

11 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 22:31:00 ID:GoOclBvP
いや、通信使は日本の水車を高く評価というか驚嘆して、導入しようとしたよ?

結局、できなかったけど。

12 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 10:29:01 ID:SEDOz1tv
下の者が上の者に挨拶に行くのは当たり前だ。

13 :(゜- ゜)っ )〜 ◆hTvfL9OoTU :2006/10/28(土) 10:33:23 ID:G1EnBMBT
通信使っていっても食肉をさばくための白丁も同行してたといいますし
まさか偉いさんがトリおっかけてた訳じゃないとおもいますけどねー。

14 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 10:35:54 ID:6vWlAt8B
実行犯は下っ端でも指示は上が出したんだろう


15 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 10:39:08 ID:5FhKiBVb
京都や大坂、江戸の町並みを見て、「これが何故朝鮮てはないのかかんしゃくがおこる」と火病爆発。
それが朝鮮通信使。

16 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 10:46:06 ID:HZVQ08RW
番屋にしょっ引かれて「ウリは日本人ニダ!」

17 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 12:20:57 ID:YrBl9D9X
>>1
犬でないのが激しく悔やまれる。

18 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 12:27:57 ID:noAXasJD
ここは辻に占拠されるに5000ウォン

19 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 17:53:08 ID:3bnmR34Y
ちょwwwwwwwwwwwwwww

20 :九尾狐 ◆85KeWZMVkQ :2006/10/28(土) 18:11:24 ID:qLWbHD0L
>>13
この絵を見る限り、鶏を捕まえて逃げているのは両班の服装のようですね(藁

21 :はぽねす ◆BBx90lwzdU :2006/10/28(土) 18:17:48 ID:TWKSPc4H
この帽子は典型的なリャンパンの服装だな。



22 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 19:22:08 ID:gQAizxMr
両班は肉体労働しないんじゃないの?
朝鮮ではカッパライは労働じゃないのかな

23 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 19:32:31 ID:vXxo9RuH
    ∧__∧
    (`・ω・´)   <武士は食わねど高楊枝
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ     両班食うため鶏泥棒    
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"

24 :マンセー名無しさん:2006/10/30(月) 23:52:35 ID:OeBil2C1
146 :可愛い奥様:2006/10/25(水) 16:00:02 ID:i3emj9Xa
その朝鮮通信使は、こんなこともしてました。
http://www8.ocn.ne.jp/~chazan/fudeno-genpon.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝鮮人の説 

 四方の国北狄(ほくてき)より強はなく、琉球より貧弱なるはなく、朝鮮より礼儀なるはなしと書中に見えたれど、

今時の朝鮮人威儀なき事甚し。膳案をさゝげゆくに半途にて其中の嘉味(かみ)をとり食ひ、又燭台に立てたる蝋燭を

ぬすみ食ひ、或は席上に尿(ゆばり)し坐側に唾す、僕従など庁前に鼾睡(いびき)するもあり、物しれる輩(ともがら)も

詩を人に送るに号を書するの類あげて数へがたし。箕子の化も年久しくてかくなり下(くだ)りしか、唐山の人これを

礼儀なりといふもいぶかし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.つまみ食い
2.ロウソクを盗み食い
3.座席で小便をする
4.座席の横に痰を吐く・・・・・・・・・・・などなどw


25 :(゜- ゜)っ )〜 ◆hTvfL9OoTU :2006/11/14(火) 07:46:21 ID:6L8ruSHU
あ げ

26 :イルボンサラム:2006/11/14(火) 07:55:10 ID:H/v2JuDV
鶏強盗といえば、泰山流のコグレの兄貴

27 :(゜- ゜)っ )〜 ◆hTvfL9OoTU :2006/11/18(土) 16:03:00 ID:5NaKaMtc
あげとこう

28 :マンセー名無しさん:2006/11/18(土) 17:38:41 ID:jxwRSkBf
ロウソクは食えるものなのか?


29 :マンセー名無しさん:2006/11/18(土) 17:46:23 ID:f6uyO6sZ
>>28
蜜蝋なら食えそうだが・・・?
当時は櫨が原料かな?

30 :マンセー名無しさん:2006/11/18(土) 18:14:36 ID:NSvidTpi
江戸時代は獣脂とかだから食える


31 :マンセー名無しさん:2006/11/19(日) 13:22:01 ID:szW5TYhw
ロウソクのカスを集める商売もあったらしいな、江戸時代には。


32 :マンセー名無しさん:2006/11/19(日) 15:56:17 ID:VNLqDIQ1
>>31
在ったよ 町中での紙くずを拾う椰子もいたくらいだから
今で言うリサイクルは相当機能していた

33 :玲奈:2006/11/21(火) 18:41:25 ID:Sgrax8z+
今のロウソクもカラスは食べるですので食べられるかもしれないです。

34 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 18:56:57 ID:/qUlN/cs
>>33
石鹸も食うよね

35 :銀河鉄道今井君 ◆NSQBzYTb6I :2006/11/21(火) 19:36:37 ID:yM4el0kB ?PLT(10420)
江戸時代の日朝関係を調べるのにいい参考文献はありますか。

36 :我儘ツァオベラ− ◆Z3OXfbmeho :2006/11/21(火) 19:40:43 ID:uPTIVP16
>>32
実は釘を集める商人もおりました。
鎖国していたという事もありましたので、そういう再利用は重要だったんじゃないかと。

37 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 23:29:26 ID:v+yTfopa
>>36
おお そうですか 
鎖国もさることながら江戸初期には町民も脇差など指していたという事ですから
釘も鍛治屋や刀鍛治に回されていたのでしょう

38 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 23:04:52 ID:3mvE27CS
>>35
「大君外交と東アジア」

39 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 23:07:07 ID:KaHmDoKC
>>35 江戸時代日本家屋に釘???謎?W

40 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 00:45:55 ID:dlY+q8xW
レモン石鹸はカラスの大好物です

41 :マンセー名無しさん:2006/12/22(金) 21:08:03 ID:TNdBQEzP
>39
          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ||. 煽る前に   。    ∧_∧  いいですね。
          ||  ぐぐれ!   \ (゚ー゚*)
          ||________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP%3Aofficial&hs=Ofi&q=%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%80%80%E9%87%98&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

42 :マンセー名無しさん:2006/12/29(金) 17:14:01 ID:vxm+gMou
正月スレ

43 :銀河鉄道今井君 ◆NSQBzYTb6I :2006/12/29(金) 18:02:35 ID:hRCua5ZQ ?DIA(30700)
>>38
ttp://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%90%9B%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%A8%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-%E7%B4%99%E5%B1%8B-%E6%95%A6%E4%B9%8B/dp/464203336X

これですか。在庫切れですね…

44 :マンセー名無しさん:2007/01/07(日) 23:08:15 ID:7+49Nm49
鶏泥棒w

45 :マンセー名無しさん:2007/01/11(木) 05:25:38 ID:YVpxT7XY
上級両班「オイ、ウリは肉が食いたいNIDA!」
    「今すぐ食べたいNIDA!」
    「あそこの倭人の家の鶏を盗ってくるNIDA!」

下級両班「わかりました!」
    「オイ!倭人!この鶏を食べるのでよこすNIDA!」

日本の子供「ハア?何言ってんだ?この外国人は?」
     「ちょ、ちょっとなに勝手に持ってくんだよ!かえせよ!」

下級両班「うるさいNIDA!両班様がこの鶏食べてやるからありがたく思うNIDA!」



46 :マンセー名無しさん:2007/01/11(木) 05:32:53 ID:d7BKAxzi
>>24
>或は席上に尿(ゆばり)し坐側に唾す、

まんが嫌日流で朝鮮人は部屋に瓶を置いて、その中に糞をして
いたと自慢げに書いていたが、要するにこういうことか。

47 :マンセー名無しさん:2007/01/18(木) 01:20:24 ID:oQ54bUO0
>1のAAで初めて朝鮮通信使に興味を持って
詳しい実体が知りたいが、歴史初心者なので簡単そうなのを、
と図書館で本を借り読み始めたのですが


 学生社 「朝鮮通信使と日本人」


↑もしかしたらトンデモ本を掴んでしまいましたか?
読んで20nで頭痛がしてきた…

48 :マンセー名無しさん:2007/01/18(木) 15:43:01 ID:TfGl9M2e
>>47
どうせ読むなら戦前に発刊されたものにするべきだったのですよ
黄文雄氏?でしたか そう著書で言うてます
まあ アマゾンで見てみたらチョンだらけw
きゃつらに真実など掴めませんてwwwwwww

49 :マンセー名無しさん:2007/01/19(金) 17:37:02 ID:QabgjQ+T
このころは日本も朝鮮もたいした差は無かった

50 :諸葛瑾 ◆OkhT76nerU :2007/01/19(金) 17:40:43 ID:5LzJYYA9
 江戸の朝鮮人即瓦乞食?

51 :マンセー名無しさん:2007/01/19(金) 18:19:04 ID:SsHDHCFF
>>49
          イキデキネーヨ        (^∀^)ゲラゲラ
ハライテ-       ゲラゲラ                      (^∀^)ゲラゲラ
   ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
  (´∀` ,,)、     ( _ ;)        シテクダサイ     (^∀^)ゲラゲラ
  へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
 (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
乞食チョンと人間を一緒にすんなwwwwwwwwwwwww 

52 :マンセー名無しさん:2007/01/19(金) 18:19:18 ID:hQBjTS3t
>>47
日東壮遊歌をまず嫁。
それからトンデモを読めば逆に理解がしやすい予感。

53 :マンセー名無しさん:2007/01/19(金) 19:12:04 ID:liD+6+PY
粘の該当スレもう読めなくなっちゃってるニカ・・・。

確か、「当事の両班様はどんな物でも白丁から勝手に奪って良いニダ!って事に
なってたから、その朝鮮ルールが日本でも通用すると思ったんジャマイカ」(意訳)
と言う趣旨の韓国側からの解説があったように記憶していまスミダ。

54 :ゆーじ:2007/01/19(金) 20:04:18 ID:3PGdKYu1
良スレ上げ

55 :マンセー名無しさん:2007/01/19(金) 21:03:31 ID:z7IsOfgS
「大日本帝国の民主主義 ---嘘ばかり教えられてきた!--- 坂野潤治×田原総一朗」
今日読みました。
 
日本は戦後いきなり民主主義になったわけではなく、
近代日本は基本的に民主主義だったそうです。

江戸時代に「士農工商」の身分差別はありましたが、
理由なく迫害された庶民が武士を訴えても真っ当な裁判を受けられ、
武士が負ける事もあったそうです。
(朝鮮半島では儒教的に絶対にありえないですね)

56 :マンセー名無しさん:2007/01/20(土) 14:24:55 ID:zl/LWvHQ
>>55
>理由なく迫害された庶民が武士を訴えても真っ当な裁判を受けられ、武士が負ける事もあったそうです。
まだまだ。
武士と庶民が喧嘩して、庶民が勝ったら武士は切腹、庶民は無罪(ケースバイケースだろうけど)。
無礼討ちがあるかわりに、返り討ちにしてもお咎めなし。
基本的に、武士のほうが法の規定は厳しかった。
世界中どこ探しても、日本だけww

57 :六四六 ◆AUtW056hW. :2007/01/20(土) 14:43:38 ID:dw1ne80C
行き倒れになった両班を常民が助けたら、後で一族皆殺しにされるのが李朝クォリティ。

58 :マンセー名無しさん:2007/01/20(土) 14:52:47 ID:COwzMeG2
>>57
助けなくても皆殺しなので、身包み剥いでそれをワイロに別の両班に取り入るのが、
正しい「常民」w

59 :六四六 ◆AUtW056hW. :2007/01/20(土) 14:57:32 ID:dw1ne80C
>>58
常民の分際で、このような高級品を持っているとは、不届きである。(もっと隠し持っているに違いない。)
一族郎党皆殺しで財産没収。

60 :マンセー名無しさん:2007/01/20(土) 15:16:07 ID:Ag0M41Z9
>>59
白丁が持ってたから両班さまの代わりに取り上げて
一族郎党皆殺しにしておいたニダ ホルホルホル
と最後までその場しのぎの嘘を吐き通すのが正しい「常民」w

61 :六四六 ◆AUtW056hW. :2007/01/20(土) 15:21:12 ID:dw1ne80C
>>60
ああ、なんだ、そういうことだったニカ。
…で、それはそれとして、おまいは死刑ニダw

…と、常民風情の言うことには耳を貸さないのが、正しい「両班」。

62 :マンセー名無しさん:2007/01/20(土) 15:34:28 ID:COwzMeG2
落語の世界になってきたなw

63 :マンセー名無しさん:2007/01/20(土) 16:04:15 ID:Ag0M41Z9
>>61
まぁ、李朝クォリティということなら、そういう落ちでしょうなw

64 :マンセー名無しさん:2007/01/21(日) 14:28:05 ID:V9qAfVKY
>>55 >>56

参勤交代で江戸詰めをしていた地方藩士が
荷駄の運賃の値を、輸送途上で吊り上げにかかった馬子から、
再三侮辱的な言葉を投げつけられて、終に斬り捨てた。
後の裁判でお構いなしになっている。
つまり、公式的な手続きを踏めば、武士が有利になっている

だが、事件発生場所の藩、江戸の目付・老中に届出をするなど、面倒な手続きがあったようだ。
それを知っていて、武士に吹っかける庶民もいたということだよ



65 :マンセー名無しさん:2007/01/21(日) 14:32:32 ID:M/Cb8712
>>64
その辺からなのかな やはり八丁堀が懐が暖かいのは

66 :マンセー名無しさん:2007/01/21(日) 14:52:23 ID:iNBkvb8g
>64
その事例のどこが武士有利?

67 :マンセー名無しさん:2007/01/21(日) 15:59:04 ID:Ye+eaTEp
斬り捨て御免が罷り通るだけで十分有利だろう。

訴訟手続以前に、法そのものが武士に有利になってる。
そもそも法が公正でない以上、裁判の公正性を論じても、あまり意味はあるまい。

68 :マンセー名無しさん:2007/01/22(月) 03:34:09 ID:xBqfK6TN
>>67
なんか話がかみ合っていないように見える。

>>55については、その元の文章を読んでいないのでなんとも言えないが、
「民主主義」というより「法の支配」について述べられてる話だと思う。

その上で、>>64
>公式的な手続きを踏めば、武士が有利になっている
の意味合いがどちらとも取れるためになお食い違いが起こる。
「公式的な手続きを踏めば」とはいっても、
手続き上問題がなければ武士が有利ということはなく、武士といえども「法の支配」を受ける。
その意味では>>64を「武士が有利」という事例に挙げるのは無理がある。

あえて言うならば…
>そもそも法が公正でない以上、裁判の公正性を論じても、あまり意味はあるまい。
こういう発言は場合によっては、「法が公正ではないので従わなくても良い」につながるので危険。
なぜ六法といわれるものに「民事訴訟法」「刑事訴訟法」が入っているかよく考えるべき。


ついでに…>>55
>江戸時代に「士農工商」の身分差別はありましたが、
ここが既に間違ってるよ。


69 :64:2007/01/22(月) 23:31:04 ID:K8+pQoVM
何かややこしくなってるね 俺の書き方が悪かったか

つまり、無礼討ちが認められているので、元々武士が有利。
だけど、何でもありというわけではなくて、きちんとした手続きを踏まないといけなかった。

特に、江戸詰めの地方藩士ともなれば、よその土地での刃傷沙汰は、
主家に迷惑をかける恐れもある
だから、出来るだけ揉め事は避けようとしたんだね

そうした及び腰の武士が、時として庶民に軽んじられることもあったわけよ。

70 :マンセー名無しさん:2007/01/23(火) 03:34:53 ID:z4YwqlZk
>>69
いや、もうこの「武士が有利」ってのを使わない方が…

裁判によって「無礼討ち」と認められるかどうかの問題なんだから、有利とか不利とかいう話じゃないでしょ。
現代で言うなら「正当防衛」に近い法理なんだから。
無礼があったとの本人の証言だけでは 絶 対 に 「無礼討ち」と認められないので、
有利・不利で言うならむしろ武士の方が不利。
しかもその無礼討ちも一刀の元に斬り捨てることが必要で、もし討ち損じたりしたらやっぱり死罪。
そんな状況下じゃよっぽどのことがない限り刀は抜けんわな。


基本的に江戸時代は法治国家だったので、たとえ大名でも法を犯した場合は罰せられる。
まあでも例外っていうのはあるもので、
盗みを指摘されたのを逆ギレした朝鮮通信使が公衆の面前で日本側の通詞を杖でめった打ちしたのを、
その後その通詞が通信使を槍で一突き、なんてのは本来無礼討ちでかまわないと思うんだがw
外交優先の超法規的措置で吟味なしで死罪にされちゃったからな…

と、本来のスレの話題に近づけてみるw


71 :長坂地鑓九郎:2007/01/23(火) 03:39:30 ID:WllEoLD2
もともとチョンを付け上がらせたのがいかんな、今にも通じる事だよ
な。

72 :マンセー名無しさん:2007/02/18(日) 22:23:11 ID:w34ECKxU
鶏泥棒晒し上げ

73 :マンセー名無しさん:2007/02/18(日) 22:41:29 ID:PPXtVMH8
江戸っ子朝鮮人
「てやんでぃ!べらぼうめぇ!クソ喰いねぇ。」

74 :マンセー名無しさん:2007/02/18(日) 22:52:35 ID:PPXtVMH8
東京マラソンは朝鮮人が起源。
鶏盗んで42.195キロ逃げたニダ。

75 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 09:46:00 ID:+kFiVIRl
へ〜〜アゲ。

76 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:29:21 ID:Elakuytm
目下の人間がガンつけただけで斬り捨てられたという心温まる日常風景で知られる薩摩を除けば、
切り捨て御免の掟は3代将軍家光の時代に空文化されていたよ。

無礼討ちなら一応切り捨ててもいい事にはなってるけど、本当にやってしまったら後に別件を口実として切腹を命じられる不文律が確立された。
つまり自分も死を覚悟しないと斬り捨てられない。

薩摩では唐紙一枚に「ガン飛ばしやがるから斬りますた」と書いて藩庁に報告するだけでお咎め無し。

77 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:33:49 ID:FHD9War5
家光や吉宗は町に出ては辻斬りなどやってたというくらいだからな。
下々の武士だってそれくらいやるだろ。

78 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:37:54 ID:+kFiVIRl
大統領が外見を気にして整形するくらいの国なんだから、国民だってそ
れくらい平気でやるくらい外見に問題抱えてるよな、韓国。

79 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:37:57 ID:JngZlp1g
>>77
|∀・).。oO( 店長さん、またドラマをソースにしてる…w
|∀・).。oO( それとも、CR機で覚えたですか?

80 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:39:35 ID:Elakuytm
辻斬りは見つかるとアウトだから切り捨て御免とは別問題だよ。

81 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:40:29 ID:/IP7Ie4p
>>80
偉いさんだと無問題。

82 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:45:29 ID:+kFiVIRl
偉いさんだって外様大名の殿さんがそんな奇行やってたらお家取り潰し
の名目立っちゃうから。
家臣による殿さまの「押し込め」は結構起きてる。
親藩や御三家、高家でさえ何かあれば家が潰されるから、問題抱えた殿
さまはすぐトップから降ろされる。
将軍さまなんか不自由生活の見本だったのだが・・・・・

83 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:46:34 ID:JngZlp1g
>>82
|)つ「サンマはやっぱり目黒に限る」

84 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:47:02 ID:Elakuytm
大名でも辻斬りが見つかれば無事ではすまない。
そうでなくても武士は少しでも行状にケチがつくと切腹はおろか家禄没収、大名ならお家取り潰しも当たり前。
辻斬りみたいなヤバい性癖のある殿様が居たら家臣から寝首を狙われる。

85 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:47:17 ID:CDZxIkJO
偉い人がそんな乱行やってるなら改易や取り潰しの良い口実になりますな。
また将軍も選出の段階でそーいった問題ありげな人物は外されてる事が多い訳で江戸時代の将軍並べてみると意外と
暗君は少なかったりする。

86 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:47:38 ID:/IP7Ie4p
|)つ「試し斬りはやっぱり民百姓に限る」

87 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:48:39 ID:CDZxIkJO
落語と史実を一緒にしないよーにw

88 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:48:46 ID:JngZlp1g
>>86
|)つ【マンガの見すぎ/テレビの見すぎ】

89 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:48:50 ID:/IP7Ie4p
>>84-85
発覚したらね。


90 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:49:33 ID:ErJyie0w
>>77
ソースは?
>>79
「将軍家光忍び旅」でも「暴れん坊将軍」でも辻斬りはやってないよ
押し込み、届け出なしの果たし合いはやってるけど
(いつだったかの「暴れん坊将軍スペシャル」ではキモいけど凄腕の公家と戦ってるんだよな…)

91 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:51:19 ID:CDZxIkJO
んで、貴君は江戸時代の発覚しなかった事実をどーやって知ったのかな?ソースキボン

92 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:51:22 ID:Elakuytm
どうも朝鮮人は両班と武士の区別がつかないらしいな。
両班と違って武士には名誉が大切だから余程の正当理由が無いと平民を殺せないんだよ。

93 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:51:47 ID:ErJyie0w
>>89
だからソースは?

それから吉宗は史実でもドラマでもマンガでも尾張大納言というライバルがいるね

94 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:52:21 ID:+kFiVIRl
いや、試し切りは死罪になった罪人の死体を土壇場に置いて切ったりし
たんだが・・・
「二つ胴」とか「三つ胴」とかは身体の部分の名称。
死体二つ重ねたとかじゃないんだな。

あと、鉄兜に斬り付けて、どこまで食い込んだかとかやってる。

試し切りにはそれ専用の役人がいて、将軍様が刀を抜くなんてなかっ
た。

95 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 11:52:28 ID:JngZlp1g
ステルス解除w

>>90
確かに、家光さん・吉宗さんはやっていないですね。
「将軍家光忍び旅」は見たことないですw

|∀・).。oO( お武家さんの辻斬りネタはあった気がしますが…

96 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 11:56:33 ID:JPKhzp3A
>キモいけど凄腕の公家
この人?



   .|  | |           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
    |  | |          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
    .|  | |          |______|_____|
    |  | |          .| 三|  _     _   |三 !
    .|  | |          | 三|  三シ  ! ヾ三.  |三 |
     |  | .|         | 三'-、_.,.ノ i;;iヽ、,.,___、 i三 |
   .  |  .| |          ト、ニ|``ィヽOン , .;'iィKOン |三.|
     |  ,l、.゙l、        ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ 
    ..l_,..-−-`-、       i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ  
  _,..-l´-'"~二二~`'=、_    .ヾ!  / i ,、 ,..、ヽ    lノ
 / / ̄ _;,: =‐、‐'ト、_ ヾヽ    .|   ,__,.-;-;-;、._、ヽ l
 `、.ヾi´   _,,....L:;_)`t、'´    l  イ,=,=,='='='=l'ヽ /、
   `〉  ''"~´  _j,, )`´     ゙i.、   `'"~⌒~"'  /'"\
    l  、-''"´_,,. ::.〕        | \  ー一 / /   _,ン'゙\
    〕  、-''"´ _,..、〉      ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶__
    i゙:';;  ,ィ-'゙   !i   _,. イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´ `、

97 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 11:58:00 ID:+kFiVIRl
幕末の尊攘浪士はやってたみたいね、辻斬り。これも浪人という自由な
身である事と喰い詰めた事による金銭目当てと、世情不安を煽る為のテ
ロ行為だった。
で、幕府側は、そういう辻斬りとかする連中を取り締る為、新徴組だの
新選組だのを組織する。

98 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:00:18 ID:JngZlp1g
>>94
スエ物切りですねぇ

|∀・).。oO( 私や町人文化の方が興味あるなぁ… > 江戸時代

99 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:01:33 ID:MnW1IOCx
>>97
維新が成功しなければ、赤軍やアルカイダと同じ扱いで終わってたのに・・・・

100 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:02:12 ID:JPKhzp3A
佐幕派のウリがちょっと通りますよ……。

101 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:05:01 ID:JngZlp1g
>>100
|∀・)φ 那智くんはサバクの国ご出身っと…日記に書いておこう

102 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:09:33 ID:+kFiVIRl
小栗上野介なんて、アメリカで金貨と小判の交換比率を決める話し合い
で、金の含有率をアメリカ人もビックリの計算でスラスラと割り出し、
堂々と日本側の主張を認めさせた。
しかもアメリカの技術力を目の当りにし、帰国後幕府の金で造船所を作
る。
いわく「幕府が潰れても日本が残る。そして残った日本にこの造船所が
役に立つ。」

こんな人を殺した明治政府ってのは・・・・

103 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:11:34 ID:JPKhzp3A
>>101
中東かいw

>>102
長岡藩を敵に廻した岩村といい、新政府軍DQN多過ぎ……。

104 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:13:55 ID:MnW1IOCx
>>100
東国の出身

105 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:16:19 ID:JngZlp1g
>>103
イヤ、会津とか…w

106 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:17:36 ID:JPKhzp3A
>>104
先祖は水戸の下っ端武士じゃあ!

>>105
会津って砂漠あったっけ?

107 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:18:44 ID:+kFiVIRl
江戸時代の町人の間で流行ってものの一つが、かわら版に載せる懸賞金
付の数学パズル。
当時の10歳の子供が作った図形パズルが、現代の高等数学を駆使してや
っと解けるくらいのレベルだったとか・・・・

ゆとり教育のお陰で見るかげも無くなりそうだが・・・・

108 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:19:38 ID:JngZlp1g
>>106
尊王派に属していないってことで…
|-`).。oO( ゴメ、幕末史はよく分かりませんです…チョブ

109 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:21:06 ID:MnW1IOCx
>>106
水戸?へたれの慶喜の・・・w

110 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:21:26 ID:JPKhzp3A
>>108
話が急展開過ぎて読めませんでした、スマソ。

111 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:22:18 ID:JPKhzp3A
>>109
『ヘタレ』で評価を止めてしまうようでは、歴史は見えてこんぞ。

112 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:24:18 ID:MnW1IOCx
>>108
 水戸の御老公が尊皇派でしたが・・・
腐っても一応御三家ですから佐幕派に分類して大丈夫です。

113 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:26:12 ID:JngZlp1g
>>107
和算ってロストテクノロジがありましたからねぇ > 当時
|-`).。oO( 指物などの工芸設計など進んでましたからねぇ

114 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:26:47 ID:MnW1IOCx
>>111
 勝てる戦を捨てたので、将軍としては愚将です。
大政奉還は良い策でしたが、鳥羽伏見や大阪城等は・・・

115 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:28:59 ID:MnW1IOCx
>>113
 和算に使う算木自体が中国のロストテクノロジーですからね・・・
忘れられた技術を復活される日本人って・・・w

116 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:30:00 ID:+kFiVIRl
水戸は光国さんから尊皇だし、光国さんが「天皇家と幕府が万が一対立
する事があったら一も二もなく天皇を奉戴しろ」と言ってるくらいなん
だけど・・・・

一応ものの本には「勤王」側にカテゴリされてますが・・・・

117 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:30:21 ID:JngZlp1g
>>115
シルクロードの終着駅&保管庫ってことでw

118 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:31:55 ID:+kFiVIRl
>>114

大阪城には居てちょうだいよと「新撰組」関係のものに触れる度に思い
ますな。慶喜さんには・・・・

119 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:32:51 ID:JPKhzp3A
>>114
さぁ、それはどうだろうか。
戦術的には勝てても戦略的には上手くいかんよ。
それに偽錦の御旗のこともある。尊皇思想叩き込まれた可能性の高い慶喜には有効な策であったわけだ。
「我が軍に西郷に匹敵するものがいるか、大久保に匹敵するものがいるか」とも言っているが、そうでなくとも板垣などもいる。
対する幕軍は立見尚文が力戦したという話ぐらいしかなく、どう見ても勝てる戦とは思えんね。
数で押せばそりゃ勝てるだろう。しかしその後は……ということになる。

120 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:33:14 ID:MnW1IOCx
>>117
 皇室自体が層なのですが・・・
民族的にも色んな特徴備えてるし

121 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:37:11 ID:+kFiVIRl
ま、幕府側には大権現様からの陣訓にある先陣2大藩のうち、変わり身
の早さで藩を真っ当した方がいち早く藩祖のやり方を踏襲されましたし
・・・・・


122 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:39:43 ID:MnW1IOCx
>>119
 鳥羽伏見で勝利後すれば、薩摩&長州を賊とする術は有ります。
偽官軍として各藩に宣伝&京の朝廷に討伐要請。
 無許可で錦の旗を使ったのは向こうですから、幕府は大手を振って潰せる訳です。

123 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:41:58 ID:+kFiVIRl
ただ、これは英国VS仏国の代理戦争の一面もあって、どっちが勝っても
余力の無い勝ち方だと、日本が日本でなくなる可能性もあったのではと
思われるのですが・・・・・

124 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:43:19 ID:JPKhzp3A
>>121
orz

>>122
それにはまず、まだニセモノとわからない『錦の御旗』を叩き潰さねばならないわけで。
公武合体や尊皇思想で皇室の重要性を認識させられている時代にそれをやるのがどれほど厳しい事か。

125 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:44:24 ID:JPKhzp3A
>>123
それには激しく同意。

まあ、冗談交じりで言うなら「フランスと組んだから負けたんだ!」って言いたくなるけどw

126 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:46:27 ID:MnW1IOCx
>>123
まぁ、適当のところで許すよ!
 当面は富国強兵政策になると思いますし・・・
士農工商をスペシャリスト育てる術と考えれば、ある程度の身分移動を可能とすれば早く、
近代化できるかと・・・

127 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:49:38 ID:MnW1IOCx
>>124
そこで、近衛家との関係はかなり使えます。
 どちらにしろ、倒幕を防ぐには孝明天皇を暗殺から助けないと・・・

128 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 12:52:30 ID:+kFiVIRl
ま、幕府側の人間の方が日本という国の行く末を真剣に考えていた人が
多く、世界の中での日本の大きさをリアルに捉えていたのではと。
であったからこそ戦意も低くなりがちで結果敗北するべく敗北したので
はと。

で、倒幕連中が真剣に世界の中での日本をリアルに捉え考えていたな
ら、ああも簡単に幕府側の人材を切り捨てられるものかと。

幕府が倒れたのは仕方ないにしても、幕府の文官の行く末を本当に惜し
みます。

129 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:52:59 ID:JPKhzp3A
>>127
そういえば、安重根が「逆賊伊藤!」と叫んで暗殺したのはそれが理由だったなんて説もあるね。

130 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:54:45 ID:JPKhzp3A
>>128
『堂々日本史』で、「片ややる気だけ(討幕派)、片や制度だけ(幕府派)」という評価があったけど、一面を表していると思う。

小栗と河合は惜しいなぁ……。

131 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 12:56:43 ID:MnW1IOCx
>>129
 無駄な戦闘を可能な限り減らして、富国強兵に勤めれば歴史は大きく変わっていたでしょう。
一旦落ちます。テスト、テスト

132 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:56:59 ID:JngZlp1g
オグリキャップと河合その子か…

|-`).。oO( さておき、那智くんは色々本読んでますねぇ…スゴイ

133 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:57:34 ID:JPKhzp3A
オグリキャップは判るけど河合その子がわかんない……。

134 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 12:57:36 ID:JngZlp1g
|-`).。oO( 諸葛どのって…学生さんだったの???

135 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 12:59:19 ID:JPKhzp3A
>>131
いってら〜。

>>134
ご自分で学生だと仰ってたようですが。

136 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:00:10 ID:+kFiVIRl
正直、小栗や河合が新政府の要職に就いていたら、ああも単純な拡張
政策によらずとも財政安定の方策が立ったのではと・・・

結局、後の軍事偏重型に依っていっちゃたのは、新政府による幕府官僚
の登用が閉ざされたせいだとも思われるのですが・・・・

137 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:03:44 ID:JPKhzp3A
討幕派には国家財政を構築するためのノウハウがありませんでしたからねぇ。
幕府を倒した後、幕府官僚を登用すればそういうノウハウも手に入れられてもっと財政構築が出来たと思うのです。

余談ですが、廃藩置県で生まれた3府302県が3府45県になったのは県令(上で挙げた岩村とか)が無能の集まりだったせいで人員整理が行われたからだとか。

138 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:13:46 ID:FHD9War5
>>85
綱吉は暗君中の暗君だろ。
家光の辻斬り癖は柳生十兵衛にこてんぱんにされるまで続いたと聞いた。
忠長は妊婦の腹割いたり武芸者に真剣勝負させたりするような狂人だった。
徳川本家の人間が狂っていた場合窘められるものはいない。

139 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 13:15:46 ID:JngZlp1g
>>138
なんとなく底本がわかる気がする…w
|∀・).。oO( 因みに、綱吉のどの辺が暗君たる所以なんですか?

140 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:15:57 ID:JPKhzp3A
>>138
全部フィクション。

お前はいい加減、

・ケネディは世襲議員
・徳川家康がやったのは恫喝外交

この二つにくわえて、

・時代劇を歴史のソースにするな

これも追加しとけ。

141 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:17:49 ID:FHD9War5
>>139
生類憐みの令は人類史上例を見ない悪法だしな。
柳沢吉保という悪人に権力を持たせたのも暗君の証拠だよ。

142 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:18:33 ID:LyOug49F
忠長って将軍だっけ?w

143 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:18:39 ID:JPKhzp3A
>>141
生類憐みの令は野犬隔離政策なんだが?

柳沢が悪人な例を出してもらおうか?

144 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:20:46 ID:FHD9War5
>>142
そうそう秀忠も極悪人だ。
柳生使って暗殺ばっかやって汚い手つかって豊臣氏を滅ぼした。
人間の屑のような人物だったそうだ。

145 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:20:55 ID:JPKhzp3A
>>142
シーッ!w黙っといてやりなさいw

146 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 13:22:28 ID:JngZlp1g
>>141
生類憐みの令の目的は、綱吉の時代にはまだ残っていた戦国時代の荒々しい風潮を
一掃することであった」(『黄門さまと犬公方』山室恭子)

柳沢吉保の日記にも、生類憐みの令に関する記述はほとんどなく、
重要な法令とは受け止められていなかった可能性が強い。(ウィキソース)

こういう論もありますけれど…w


147 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:23:17 ID:JPKhzp3A
>>144
それなんて影武者徳川家康?
それともSAKON(左近)-戦国風雲録-か?

アホかw

148 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 13:26:19 ID:JPKhzp3A
てんちょは原哲夫好きなのか?w

149 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:36:11 ID:LyOug49F
てんちょにはこっちのスレのが合ってるよw

【柳生大戦争】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ2
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1165144339/

150 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 13:56:08 ID:JngZlp1g
|-`)φカキカキ  今日もトドメは那智くんが(ry

151 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 13:56:34 ID:+kFiVIRl
でも、あれだよね。
日本では天平、奈良時代から幕末、近代まで、あの時のあの政策はどう
だったとかって話しが出来るけど、朝鮮だと途中で中国史に変質しちゃ
うし、政策も「事大相手の選択が云々」になっちゃうし、可哀想っちゃ
可哀想だよね。
東洋哲学でも、日本では儒学、道教、墨家から孫子まである程度の文献
が和訳されて、是非について話しができるけど、朝鮮は儒教一筋。
可哀想だよね。

152 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 13:57:48 ID:JngZlp1g
>>151
半島に関しては、圧倒的に史料が残っていませんからねぇ

153 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 14:02:35 ID:JPKhzp3A
>>150
私じゃNEEEEEEEwwwwww

154 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 14:07:06 ID:qVHzjHI1
今後なっちぃは、sageの後に撃墜マーク入れるように。

155 :熱湯翼 ◆NettobIFhI :2007/02/19(月) 14:09:06 ID:JngZlp1g
>>154
|)つ【エラ 目蘭が長すぎます】

156 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 14:10:17 ID:+kFiVIRl
あの〜〜てんちょさん、
日本の歴史上の人物や政策をくさすよりも、
「過去の朝鮮のこの政策により社会が安定し、民衆の生活も向上したの
だ。日本も見習え」
って具体例を教えて頂きたいのですが・・・・
出来れば百済、新羅とかじゃなくて李氏朝鮮からこっち辺りの時期で。

お待ちしてます。

P.S.スルーはなしって事でひとつ。

157 :新那智神社神主 ◆NYASFBo6FQ :2007/02/19(月) 14:10:57 ID:JPKhzp3A
>>154
まだ撃墜してないしw

158 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 14:16:16 ID:1sFy93MR
>>156
過去の在日帰国事業により、奴隷的労働力が増加し、将軍様の生活が向上した。

159 :諸葛瑾 ◆qorOn.S5nk :2007/02/19(月) 14:21:28 ID:9Egwws1B
>>134
黒猫も認定

160 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 14:23:20 ID:+kFiVIRl
>>158

将軍様による朝鮮民族数量調整事業は見習う所ですか?

161 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 15:21:40 ID:M3c6E6et
>>160
ある意味日本の併合時の大失敗を是正していると
言えなくもないよね。
南北合わせた朝鮮の人口を、併合前まで減らしたら、
人道的援助を行ってもいいかもね。

162 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 15:27:59 ID:+kFiVIRl
どうも中華思想の方々は異民族による殺人は忘れられない恨みになる
が、同じ民族同士による大量虐殺は英雄視する傾向がある様で。
ちょっと日本人には分かりかねる精神構造です。



163 :越後の縮緬問屋:2007/02/19(月) 15:43:49 ID:giKMoznx
>>162
外にきつく、内に甘いというのは大陸国家に共通する精神だと思う。
要は「外敵に備え、内の結束を守る」ためなら多少内を切り捨てても…という
理屈なんだろう。

164 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 15:45:08 ID:+kFiVIRl
内で切り捨てる数の方が外敵による損害より多くても、それはアリって
感覚がシビれますな。

165 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 15:52:19 ID:dJXb8lSy
>>164
外敵に殺されれば無駄死にだけど、身内に殺された人間は、勝者の血肉となって生き続けるから。




文字通りに。

166 :マンセー名無しさん:2007/02/19(月) 15:56:22 ID:+kFiVIRl
うむ・・・・中華思想は底なしだ。

167 :諸葛瑾 ◆qorOn.S5nk :2007/02/19(月) 16:04:59 ID:uuFe39GV
>>166
 それが、中華クオリティーw
OK!?

168 :諸葛瑾 ◆rgNck2AvtM :2007/02/19(月) 16:38:01 ID:uuFe39GV
>>162
日本も近いですが、殺した後が違うので・・・

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)