5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おい、もまいら!創価を愚弄する小説を書け!P8

1 :久村友恒:2007/01/02(火) 01:59:05 ID:???
age進行で池!

2 :妖輝緋 ◆is1mRve2Rk :2007/01/02(火) 01:59:34 ID:tULdsjad
2げっとぉ!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 05:06:40 ID:bQvjBchc
俺の父親は一家そろって皆創価だったが
創価中学、創価大学の受験に落とされて
恨んで創価やめたらしい

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 19:55:28 ID:llu84k8J
age

5 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/23(火) 22:54:02 ID:TUBPG6pa
当面書かないけどAGE

6 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/24(水) 21:05:44 ID:im1EirYE
さげないようにAGE

7 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/26(金) 06:59:29 ID:k0x8q/i5
学会を、愚弄する小説・・・ストーリー考案中

8 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/26(金) 22:13:25 ID:G0P/YeIB
学会と私という観点からすると、「私小説、私が政教一致@大阪になるまで」
がいいけど、それは一読すれば「こ、これは! 」と叫ぶ学会員が十名はくだらないという話になるので
やばすぎて発表できません

9 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/27(土) 22:18:55 ID:kMWuhKsD
東京 とある病院のVIP病室

「う。カネコ…」
それが最後の言葉だった。
「先生! 」原田は絶叫した。
「病院ですから静かにしてください」看護士がクールにたしなめる



10 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/27(土) 22:23:31 ID:6bRyTFd+
「うむ」原田は廊下に出て公衆電話の受話器をとった。
「ツルルルル、ガチャッ」
「もしもし」
「はい、層化学会総本部です」
「あー、葬儀対策委員会につないでくれ」
「合言葉は? 」
「キンマンコ」
「しばらくお待ちください」

11 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/01/28(日) 10:15:10 ID:hgMLFHl3
葬儀対策委員会室は、病院事務局からの第一報を受けて沸き立つような大騒ぎの最中だった

12 :◆JgJAzfkQlM :2007/01/28(日) 10:17:39 ID:???
死後 宗教は1つ そして言う 人として成すべきは、1つ!

隣人の為に自身を生かすこと 愛すること それだけでいい!

霊界の1番に挙げられる指導霊は、ナザレのイエス様です、

霊界の崇拝の対象は、大霊(宇宙の生命エネルギー・摂理・全ての生命に
対する畏敬の念)
其れそのものです、俺様宗教は、滅びるしかない。

現に私を、知る者は、創価に 何の霊的な御力が無いことを 知る者です。

 広島の創価様1グループ 恐がらせて 御免なさい 皆さまが、
 変わってくださるのが、我々の1番の望みでもあります。
シルバーバーチ霊 霊医団の一人霊医アトス様 その霊媒Fエクソシストでもある
代打担当でした。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:24:17 ID:???
一読して、誰もが「創価を愚弄している」と思った。
その小説を読んだ学会員は、皆かんかんに怒って作者に抗議した。

事実がありのまま書かれていたからだ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 14:26:05 ID:gxCI+Ulb
11より
「先生は、お亡くなりになった。葬儀の手配を!」
「あ、あの・・実は、池田一族の方から死後再生の秘儀を行いたいとの申し入れがありまして・・・」

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 18:22:28 ID:???
あるベテラン創価幹部が、脱会を考えている一人の青年を懸命に説得していた。

「池田先生のために、我が地域から一人でも退転者を出してなるものか!」
公布の使命に燃える彼は、聖教新聞に載っていた反逆者たちの例を引き合いに出し、
奴らがどれほど悪党で、退転者の末路がいかに哀れであるかを熱っぽく語りはじめた。

「…この○○や××という奴は、本当に悪い奴だ!同志が生活を切り詰めて活動しているのに
自分達は豪邸を建て、盆栽にうつつを抜かし、海外で豪華な船旅を楽しむなど贅沢三昧だ。
だが仏法は厳しい。今や全て暴かれ、皆の笑いものになっている」

青年は、やれやれまたか、と言いたげな顔をした。すでに聖教や会合で散々聞き飽きた話だ。

受け売り話では効果なしと見た幹部は、話の方向性を変えて、今度は自分の体験談で釣る事にした。
(この際だ。こいつをおもいっきり羨ましがらせてやるか…フフフ) 彼は得意気に語りだした。

「この信心は本当に凄い!私も貧乏だったが、先生の御指導のもと折伏、選挙を
戦い抜いた功徳で、今では大福運を頂いた。…三階建ての豪華な自宅を新築し、
趣味の盆栽では展覧会入賞。念願だった海外旅行にも行けて夢のように優雅な船旅を…」

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 18:58:30 ID:???
>>15  おっと笑いました。
ははは、文才あるね。確かに功徳を受けよう。福運をつけようと言って
入会さしていたのに、敵になるとすべて悪口に変わる。口コミでもそうだね。
おかしいと思う人が増えるね。口八丁ではごまかされない人が増えてきたよ、
MCとける人も増える。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:49:55 ID:???
某巨大教団機関紙の名物企画、四面幹部座談会の次回のネタ合わせのため、
教団の最高幹部たちが集まってダベリ話をしていた。

「いつものように、仏敵どもの不祥事ネタでいいんじゃないかね」
「でも理事長、もう何度も過去の同じネタばかり使い回してますし…毎回ほとんど
同じ内容ですから、いいかげん読者も飽きてますよ」
「う〜む、確かにな。…何か目新しいネタは無いもんかねえ」
婦人部長の指摘に出席者たちが頭を悩ませていると、出席者の中では一番若い
エリート幹部が、不敵な笑みを浮かべつつ口を開いた。

「実は、とっておきの新ネタがあります」
「ほう。何かね」
「元幹部の××が最近、いかがわしい店に入り浸ってまして」
「ほほう!」
「あの野郎め、反逆してからなかなかボロを出さなかったが、ついにシッポを出したか!わはは」
「それで、奴が出入りしているのはどんな店なんだ?」
「えー、いわゆるセクシーパブというやつでして。その、女性が半裸で接客したり云々」
「んまあッ!!本当にいかがわしい!最低の奴ね!!」
「確かな情報なんだろうな。以前も坊主に名誉毀損で訴えられて負けてるじゃないか。
たかが80万程度の賠償金など屁でもないが、今はインターネットなんて厄介なものがあるからな。
もう『裁判は全て勝った。敗訴したなんてデマだ』なんて強弁しても通用しない時代だぞ」
「その情報の出所はどこかね?まさかまた盗聴じゃないだろうな。万一露見して、過去の
共○党の件とかを色々と蒸し返されても困る」
選挙が近いせいか、少し慎重になっている最高幹部たちに、若い幹部は自信たっぷりに答えた。

「絶対に間違いありません。ちゃんと、この目で何度も確認しました。
昨晩なんか、隣のテーブルでしたよ」

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 10:26:46 ID:YuGwnbmV
「ほう、それで、ちゃんと領収書はとってあるだろうな」
「もちろんですとも、ほら、上様と書きかけたのを創価学会本部様に書くように指示しまして」

19 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/02/04(日) 12:04:16 ID:gOFpnyxk
「こ、このアホーがっ! 」
バキッドガッ!

結局、ネタは信濃町にある没の泉に投げ込まれた。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:47:52 ID:???
「脳天気」

 その日は朝から、全国の広い範囲で冷たい雨が降っていた。
午後には雨は上がり、美しい虹がかかった。
雨上がりに見られる、ごくありふれた自然現象ではあったが、
それまでの陰鬱な気分を帳消しにしてくれる、このささやかな大自然の贈り物に
人々はしばし仕事を忘れ、魅入っていた。

 後日、ある巨大教団の機関紙に、見事な虹の写真とともに
次のような記事が載った。

「仏敵・某は雨に祟られ散々。一方、学会本部には美しい虹が。我らの勝利は歴然!」

 もちろん、こっちでも雨は降っていたし、向こうでも当然ながら虹はかかっていたのだが、
その事に気がつくような信者は、この教団にはいなかった。

21 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/02/08(木) 07:48:50 ID:f+cxzSWb
保守

22 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/02/12(月) 20:28:50 ID:dNzY2ldq
保守 咳が止まらない

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 02:06:27 ID:P9/WRq5R
>>22
お大事に。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:47:26 ID:???
 ある夜のこと。普段、人間に悪いイメージを持たれている動物達が集まり、
人間達の彼らに対する評価が、いかに不当であるかを語り合った。

「人間は相変わらず俺を、性犯罪者の例えなんかに使ってるんだ」
「狼君は、本当は愛妻家で仲間思いなのになあ」
「狼君はまだファンも多いけど、僕らハイエナの扱いなんて実にひどいもんさ」
「君ら、ホントはとても狩りが巧いのにね。まったく、人間てのは無知だよなあ」

 動物達が愚痴っていると、続いて、ひどく憔悴した表情のコウモリが
ワナワナと怒りに震えながら口を開いた。
「私は…もうこれ以上の侮辱には耐えられません…!」
「わかるよ。コウモリ君も、いつも人間のお話では不気味な悪役だもんな」
「そんなことで怒っているのではありません!」
「わかった。卑怯な裏切り者の例えにされてることだろう。ひどい濡れ衣だよな」
「いえ、単にそれだけなら、皆さんも似たような目に遭ってますし…まだ我慢もできます」
「そんな…それ以上のひどい侮辱を君は受けてるっていうのか…!」
「よければ、話してくれないか?」

 心配する動物達に、コウモリは血の涙を流しながら訴えた。
「人間達は、よりによってあの公○党を、私に例えてるんです!!
その時々で、有利な方につこうとコロコロ方針を変える、無責任な党だからって!
…あんな身勝手でハタ迷惑な狂信者どもと一緒にされるぐらいなら、
ただの卑怯者呼ばわりの方がマシだ!!」

25 :政教一致@大阪 ◆hprO1jFx.M :2007/02/16(金) 21:40:17 ID:y6vpe5zt
>>24

GOOD!

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 04:09:42 ID:7wjGFhty
政教一致@大阪氏はもう書かないのか?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)