5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『産経抄』ファンクラブ第75集

1 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 21:57:40 ID:np2eAH3X0
     。_o=oヽ  / 江戸時代までの日本人は太陰太陽暦のほかに
    (__ U)<  「二十四節気」という生活暦のようなものを発明していた。
    _φ  ⊂)_\ 冬至の日を基準に約15日目ごとに「小寒」「大寒」と迎えていく。
 . /旦/三/ /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 | 3K新聞  |/

                     ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< ♪ぶ〜めらん ぶ〜めらん
責任者出てこい!   >( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
________/ |    〈   |   |
               / /\_〉  / /\〉
                ̄      / /
                       ̄
産経抄  http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/sankeisho.htm
過去ログ http://www.sankei.co.jp/news/[yy][mm][dd]/morning/column.htm
イザ!  http://www.iza.ne.jp/news/column/sankeishou/
第74集  http://society5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169439792/

2 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 22:30:24 ID:hxeGSovnO
>>3以降の方へ
申し訳ございませんが、この度は私が「2ゲット」させていただきました。
多くの方が2を希望しておられたと存じますが、誠に申し訳ございませんでした。
私は「2ゲット」の為に、これまで多くの苦労を積んで参りました。
「2!!!!!」と気合を入れてカキコしたものの、「16ゲット」だった事もございました。
このような失敗談も、今では良き思い出。
2ゲッターの為の修行を1年以上積み、これだけの長文を記しても
なんら問題無く皆様の憧れである「2」をゲット出来るまでに至りました。
これも>>3以降の皆様のお陰でございます

それでは、2をゲットさせていただきます。
「2」


3 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 23:20:38 ID:HIhXteB60
明日は「一部のマスコミや評論家が、まるで鬼の首をとったかの
ように、日本の孤立化、北朝鮮の勝利などと大ハシャギをしている」
ってやつをキボンヌ。

4 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 23:24:16 ID:VTHvXONY0
>>1
乙一

重油は韓国が(笑)。

5 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:07:17 ID:1LQfvOAh0
>>1
長年続いてるスレの慣習を批判して「君ら」だのって同格の住人のフリすらしないバカが居るけど無視な。

せめて「君達と同じ住人としてこう思うんだけど、どうかな?」っていえば、説得力もあるだろうに、
そんな態度の人間の意見なんて通るはずが無い。
何しろ「自分がこのスレの大多数と違う意向を持っている」って宣言した上で意見言ってるんだからw

6 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:25:48 ID:M68KPqu60
>>5
何言ってるんだ?

ここの住人=産経抄批判がデフォルト(サヨ)
アンチここの住人=ここの住人のおかしなレスを批判(ウヨ)

図式的に過ぎるが、大まかには上のような感じだろう。

「アンチここの住人」も「ここの住人」には違いないというなら
その通りだが、レス内容でかなりわかりやすい違いがある
のだから、そんなに目くじらを立てる必要はないと思うぞ。
産経抄を批判する自分を批判する奴は、排除したいのか?

7 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:30:08 ID:VzHpVUEg0
>>5
相変わらず、自分の足許が見えていない駄々っ子だな。

君らは間違いなく、俺よりも下の存在だから。
さっさと自覚してどこか見えない所に隠れろよ。

8 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:30:23 ID:TmMwOIid0
ま、「加害者様の都合を最優先し、冷たい海に沈む自国民など放っておけ」
の産経抄を批判する人間を「サヨ」「売国」認定したけりゃご自由に。

9 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:37:16 ID:4akZDMnm0
警察官による「自殺阻止」の話が「治安」の話にすり替えられてしまうところが、
さすが産経クオリティw
「自殺しようという人を見て、非常通報ボタンを押す」話が「社会全体が治安を
守る」なんて話にすり替えられてるし。

で、そもそもの自殺の話には意地でも全く触れない。
「自殺」という言葉すらない。
「自殺を止めよう」としていた行動も「救おう」としていたことになってるし。
ま、政権批判に繋がりそうな話だから、産経が触れないのは当然だが。
産経が必死に擁護する、サラ金業界の話にもなりかねないし。

だいたい、ほぼ毎日「人身事故」が起きて、振り替え輸送が行われている首都圏で
暮らしていると、大騒ぎするような話かって感じもするんだけどね。
こんなこと、飛び込み自殺のたび毎回やっていたら、ほぼ毎日警官が殉職するし。
飛び込み自殺に関して、感覚が麻痺してきた。
死んだ人がどうこうというより、振り替え輸送で面倒くさいって感じの方が強い。

10 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 00:39:00 ID:7oOCQlse0
>>3
前スレでも書いたが、産経の普段の論調なら、
「アメリカが中韓露と一緒に対北援助を負担するのに、
日本だけ参加しないとはいかがなものか。
ブッシュ大統領の苦渋に満ちた
決断を重く受け止めるべきではないか」・・・というのがしっくり来るな。
でもブチ切れて、「日本以外の六カ国協議参加国が北の核を事実上黙認するのならば、
日本も核武装すべきである。北朝鮮は認めて日本には認めないなどという詭弁は
国を守る気概を取り戻した我々には、もはや通用しない」ぐらいやばいこと書いてくれると嬉しいな。

11 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 01:20:07 ID:1LQfvOAh0
>>6
1ビット思考お疲れ様です。

>>7
はいはい。
「足許」だの「駄々っ子」だのの、曖昧な言葉で誤魔化すしかないのね。

で、長年続いたテンプレを変える理由を提示してね。

明らかに上にいる駄々っ子ではない人なら。

12 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 01:24:29 ID:A0ZSJXR20
今日のK抄は
「当て逃げが特アの船じゃなくて残念。
 同じ日本人同士なら、あまり『波風』立てないように」

13 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 01:28:15 ID:1LQfvOAh0
アメリカの船なら同盟国としての友情ある態度を求めます

14 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 01:31:27 ID:TmMwOIid0
ニュー即+の消沈ぶりオモロイ

15 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 05:55:40 ID:paWSJnbh0
【産経抄】
 とかく日本人は、何事も横並びでないと心が落ち着かない。会議といえば
「全会一致」が原則で、わが国会には「異議なし採決」というのもある。米国の
心理学者ジャニスは、集団の結束を乱したくないというこの心理を「全会一致の
幻想」と呼んだ。
 ▼ところが、イエスと同時代の裁判所には「全会一致は無効とする」という
規定があったという。人の意見は割れるのが当然で、一致は偏見や興奮に
基づくから顔を洗って出直せとの教えだ。だから、6カ国協議で日本が拉致
問題で進展がない以上、重油の提供には参加しないと突っぱねたのは正しい。
 ▼横柄にカネをせびる北朝鮮の行動を見てからでいい。北はミサイル乱射や
核爆発の実験で「暴発するぞ」と大国を脅してきた。協議では、北の将軍様の
代理人が合意草案を「こんなもののめるか」とたびたび啖呵(たんか)を切った。
まるでショバ代稼ぎのヤクザの所業だ。
 ▼ところが、ヤクザには韓国の盧武鉉政権という助っ人がいて、「5カ国は
均等分担するのが原則だ」などと援護する。核施設の「無能力化」という次の
段階に進めば、重油95万トンの追加支援だそうだ。だが、盗人に追い銭は
いるのか。
 ▼北の将軍様は早晩、ボロを出すだろう。合意といえどもホンネを隠し、
約束を守る気などハナから希薄だ。北は94年の米朝枠組み合意でも、
核放棄を約束しながらひそかに濃縮ウラン型をつくっていたとの違反の
実績がある。
 ▼「全会一致の幻想」に陥らないために、ジャニスは「小人数のグループに
分けて議論を行う」という対処法を提案した。中国が採用した5つの作業部会の
設置は、偶然なのかこの心理学者の処方箋(せん)に通じる。北が約束を
たがえないよう、がんじがらめにする戦法か。
(2007/02/15 05:01)

----
二千年前の裁判制度が現代の主要国家の判断より正しいとか言われてもなあ・・・・。
あと、民主主義の原則はお互いに議論を尽くして納得した上での全会一致で、
多数派による強行採決とかは異常事態じゃないだろうか。

16 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 06:01:34 ID:LR/E7+BU0
主要国家って何だバカw>>15のつけたし。つか余計なもん付けるのやめろ。

17 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 06:15:27 ID:paWSJnbh0
>16
連投規制がもうちょっとゆるければ分割してもいいんだけどねえ。
・・・って、もしかして解除されてる? 新鯖に移ってからか? 

米中ロが主要国家じゃなかったらなんなんだろう。

18 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 06:17:50 ID:SMCq63pQ0
>>15
要は日本政府が自国の主張を通せなかっただけの話じゃん。
その他大勢を責めて満足するなんて、相変わらず反省無き自慰主義だな。

19 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 06:57:21 ID:H5WYEx8m0
朝鮮半島北部の軍事政権が暴発する危険を防止するために、重油
を供与するという発想で想起される歴史的事実に、旧大日本帝国
での真珠湾攻撃が惹起される暴発での理屈がある。

旧大日本帝国は、満州国承認と石油貿易解禁とを要求するための
外交交渉を実施していたようで、1941年11月5日の「帝国
国策遂行要領」が決定されたそうである。

昭和一六年九月六日の御前会議席上で、海軍司令部総長であった
永野修身氏が、「戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を逃れぬ
とすれば、戦わずして亡国に委ねるは身も心も民族永遠の亡国で
あるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずと
も祖国護持の精神がのこり、われわれの子孫はかならず再起三起
するであろう。統帥部としてはもとより先刻申したとおり、あく
まで外交交渉によって目的完遂を望むものであるが、もし不幸に
して開戦と決し大命が発せられるようなことになるならば、勇躍
戦いに赴き最後の一兵まで戦う覚悟である」と述べたそうである。

しかし、亡国とは、満州撤退を実施すれば、陸軍部が暴発して、
内戦が勃発するという危険を意味していたようである。しかし、
満州事変や上海事変を挑発して、日本への武器兵器の輸出で稼儲
していたのは、その産業必需物資の七割もの輸入を依存した相手
である、亜米利加合州域内の軍産複合体であった。

旧大日本帝国は、愚劣にも、陸海両軍部の競争意識により、中華
大陸への侵攻の手柄を争奪する行為に狂奔し、陸軍主役の大陸戦
と海軍主役の海洋戦との両面作戦をすることになってしまったの
である。

20 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 06:57:42 ID:n5ixzYZGO
で、アメリカ様に逆らうのか?
枠組みが決まってホウガチョウがまわってきたら、もう対北の話じゃないんだけどな。

21 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 07:02:07 ID:7oOCQlse0
IEだとスレが浮上した時しか書き込めなくて、不便すぎ。
それはさておき。

もう破れかぶれでファビョッてるだけだが。
北朝鮮を包囲するつもりが、5カ国をバラバラにされて、
見事に漬け込まれたのを悪態をつきつつつ認めて、開き直ってるな。
それから、ブッシュ大統領が自画自賛している共同声明が
破棄されることを期待するかのような言動はいかがなものか?
北が約束を破ったとして、アメリカ軍による対処は難しい状況なのに。

22 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 07:03:29 ID:iUaKx6CV0
>▼ところが、イエスと同時代の裁判所には「全会一致は無効とする」という
>規定があったという。人の意見は割れるのが当然で、一致は偏見や興奮に
>基づくから顔を洗って出直せとの教えだ。

これはそのジャニス氏が言っていることなのかな。
ちなみにイザヤ・ベンダサンこと故山本七平氏の「日本人とユダヤ人」が元ネタ
だとすれば、それは不正確。「全会一致は無効」というのは全ての例に当ては
まるのではなく、死刑の判決を下すときに全会一致であった場合にもう一度考
え直せ、という意味であったらしい。だから今回の六カ国協議の話にこの「全会
一致は無効」を持ち出すのは不適切。
もちろん、ジャニス氏がそのようなことを言っているのなら話は別だが。




23 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 07:09:32 ID:iUaKx6CV0
>16
ちなみに、誰か一人が転載していると思ってないだろうね?

24 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 07:18:09 ID:H5WYEx8m0
1939年から1940年に、安部信行氏の内閣が存在したが、
彼は旧加賀藩士の男子として誕生し、陸軍士官学校、陸軍大学校
を卒業して陸軍軍人であったそうだ。

日独伊三国同盟の締結を棚上げ、支那事変の処理に全力を挙げる
姿勢を見せるなど、阿部も出だしは良識派らしかった。しかし、
支那との和平も、米英両国との関係改善も進まず、貿易省を新設
して外務省から経済外交を取り上げる行政改革に手をつけたが、
内閣のほぼ全員が辞表を出す、という激しい抵抗にあって失敗。
挙句の果ては米穀の出回りを促進しようと、米価を引き上げたの
が裏目に出て、物価の高騰、物資不足を招いたそうである。

「帝国国策遂行要領」に観察される血統世襲な馬鹿で阿呆な連中
の我儘や勝手により、利権や権益だけが右往左往していて、政策
は失敗の連続であったろうと思われる。

25 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 07:20:13 ID:0BPZvUxy0
>>23などがそうだが、このスレは自分に責めが向けられると
みみっちい言い訳を始める奴がやたらといる。

いつまでもヘルメット被った学生気分でいるなよ見苦しい。

26 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 07:20:53 ID:H5WYEx8m0
対北朝鮮の六カ国協議と対旧日帝の「ABCD包囲網」とを比較
して議論する論調が新聞紙上で観察されないのは、何故だろうか?

過去の新聞記事を参考資料とすると、新聞が戦争を煽動していた
実態が露見するからだろうか。

27 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 07:59:43 ID:H5WYEx8m0
追記>>26

「ABCD包囲網」は、実際には存在せず、日本域内で軍部関係
者が、戦争を惹起して、武器兵器や軍需物資を増産し、戦時国債
を増発して、政府の支出で稼儲していたという実態が露見する、
という事態を回避したいのであろうと思われます。

平成恐慌での金融倒産において、公共事業を増産し、赤字国債を
増発して、政府の支出で稼儲しようとした旧財閥関係者の発想と
同一であると言えるでしょう。

28 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 08:00:04 ID:1LQfvOAh0
>>25
いったい、何を言ってるんですか?

23の何処が「みみっちい言い訳」に該当するのかが全く理解できないのですが。

29 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 08:08:07 ID:0BPZvUxy0
まぁ、どちて坊やは黙って見ていた方がいいな。

30 :T:2007/02/15(木) 08:09:03 ID:qBLutOY+0
>>1おつ

「和を持って尊きとなす」の国ですから・・
エネルギー供与はおまけで本当にほしかったのはテロ支援国家指定解除の方だったと思う

しかしこれでアメリカ様のイラン攻撃が現実に・・


31 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 08:10:29 ID:1LQfvOAh0
で、結局逃げるだけなんですね。

意味の無いこと言って何か批判した気になってる「坊や」はそちらでしょう?

32 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 08:13:34 ID:+GT5sJH40
やっちゃった・・・。全会一致は無効って日本人とユダヤ人かよ。
これは左翼が大好きな叩きネタなのに。明日中に取り消さないと、取り消しても永遠にたたかれるな

33 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 08:13:40 ID:H5WYEx8m0
1940年当時、旧日帝の暴発に期待していた亜米利加合州域内
の軍部関係者や軍産複合体のように、北朝鮮の暴発に期待をする
日本域内の防衛庁自衛隊周辺の元軍国少年の欲暴が、反省の無い
自虐的な醜態であることは、言うまでも無いでしょう。

34 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 08:22:36 ID:7oOCQlse0
>>30
テロ支援国家指定解除はアメリカが拉致問題に介入するための
口実作りと肯定的に評価する記事もある。
ただアメリカが日本の期待に応えてくれるという保証は無いが。
>>32
やはり産経にとっては衝撃的だったんでしょう。

35 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 09:32:39 ID:r2sLrdP80
>>15
各紙の特集記事やテレビ報道は、
「守るかどうかも分からない核放棄に見返りを与えた。日本は北のミサイルに
タダで燃料注入しようとしている。北のゴネ得。日米の敗北」
という論調一色だが、北朝鮮問題で安倍政権にポイントを与えてなるものかという
メディアスクラム臭が強い。

核実験によって、放置戦略から拡散防止に、対北戦略は転換した。
である以上は見返りは与える必要がある。査察を入れて、隠し基地まで
核開発の全容をつきとめなければならない。
また、北をソフトランディングさせないことには自国が傾く中韓の事情がある。
これを無視しては、あらゆる対北戦略が成りたたない。
北を向いている韓中露(順番に意味はあるw)に援助負担を背負わせるため、
アメリカは議会を使って態度の流動化をはかり、日本は拉致を突きつける。
特に、拉致を掲げるだけで北との関わりからフリーでいられる日本は
この協議では所与的に立ち位置が良い。

最初期の5万トン(だいたい20億円くらい?)は、同族コンプレックスの韓国が
喜んで出せる規模だろう。
次の95万トンでは、北の核放棄の実行と、そして日本の参加が不可欠だ。
拉致の進展がなかったとして、「核放棄の恩恵に日本だけがタダ乗りするのか」
という(笑)中韓と野党と与党窓際組とマスコミの大合唱に、
国民が答えるのはその時。

ということで、ちっともゴネ得じゃないし、良い所に落とした協議じゃないかと。
今朝ようやく協議関係を読みちらかしたので、テレビがなにしろ変だったし
ざっとまとめてみたんだけど、こんな感じで六ヶ国協議のまとめはおけ?

36 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 10:31:16 ID:hDKHkUGB0
電車内での迷惑行為をなぜが動画で撮影され晒されているDQN(有楽町線編)
http://www.watchme.tv/v/?mid=ac0071f018d6ac7568394853c44cef1f


37 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 10:42:10 ID:M68KPqu60
>最初期の5万トン(だいたい20億円くらい?)は、同族コンプレックスの韓国が
>喜んで出せる規模だろう。
>次の95万トンでは、北の核放棄の実行と、そして日本の参加が不可欠だ。
>拉致の進展がなかったとして、「核放棄の恩恵に日本だけがタダ乗りするのか」
>という(笑)中韓と野党と与党窓際組とマスコミの大合唱に、
>国民が答えるのはその時。

重要なのはここだな。最初の5万トンは日本はもとより、米露もさらさら負担する
つもりはないようだが、万が一北が合意文書を誠実に履行してしまったら、残り
95万トンをどういう割合で各国が負担するのかが次の焦点になる。

KEDO枠組み合意の先例からすれば、韓国が50%以上負担になりそうだが。
少なくとも、5カ国の均等割りはないな。

38 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 11:50:09 ID:7oOCQlse0
>>35 37
20億から300億円ぐらいの金に拘って、拉致も核もどうでもよくなってるな。
100万トン、100万トンって書き立てれば、よくわからんが、そんなに沢山って
思うよな。その裏で進んでるのは核開発か米朝接近か?

39 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 12:04:18 ID:Dy2Ck2hH0
日本への直近の影響は、拉致解決の道筋がより不透明になったことだろうな。
このまま日本が経済制裁を続行しても、
韓国なり、中国なりが大手を振って援助すれば、効果が薄いことは誰でもわかること。
北から歩み寄る可能性はそうとう低いんではなかろうか。
安倍も対話路線へ転換しようとしてるみたいだが、
難しい判断が続くことは間違いない。


40 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 12:16:49 ID:lRfZOiie0
>>38
核開発による北のメリットって何?
米朝接近って、何をすることが接近なの?接近の意味が分からない。
どんな意味にせよ、それによるアメリカのメリットは何?

>>39
「対話路線へ転換」とはどういう意味だ?
小泉訪朝以降の日本が対話の窓口を閉じたことはないんだが。

41 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 12:28:01 ID:M68KPqu60
>>38
正直意味はわからんが、>>37で書いたことは、北が合意文書を誠実に履行して
核廃棄するとは思えないという、俺の脳内前提があることを書き忘れていた。

42 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 17:24:39 ID:5PbcNSbr0
でも、誰も日本の言うことなんか気にしてないって現実に目を向けるべきだと思うの。
他の国全部がおかしいか、日本がおかしいかだよね。

43 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 17:45:23 ID:H5WYEx8m0
とりあえず、重油さえ供与しておけば、旧大日本帝国のように、
軍艦や戦車が作動できなくなると主張する軍部が暴発する危険を
回避することができる。亜米利加合州政府軍部としても、伊拉克
と北朝鮮とでの二正面作戦の不利を回避することができる、など
という虚妄の理屈は成立しているように思われる。

まあ、そうことにしておこうということであろう。

朝鮮半島北部の軍事政権の思考回路が、何故、旧大日本帝国軍部
の短絡的な思考回路に酷似しているかと言えば、朝鮮半島は両班
と呼称される文官と武官との対立があり、その対立を利用して、
旧大日本帝国は、朝鮮半島を植民地化していたからである。

つまり、文官の系統が南朝鮮を形成して、武官の系統が北朝鮮を
形成しており、武官は、旧大日本帝国軍部に育成されたり、虐待
や迫害をされて謀叛をさせられ、植民地化の侵略に利用されたと
いう歴史的事実があるからである。

そのような事態は、伊拉克でも観察され、CIAに育成されたり、
虐待や迫害で謀叛をさせられた阿拉伯民族の人々が、反米行為に
より、亜米利加合州軍部を中東に派兵させて、その地域に侵略を
誘致する行為をしてしまったと言えるのである。

44 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 17:48:43 ID:+ke3/MWY0
>>15

>人の意見は割れるのが当然で、一致は偏見や興奮に
>基づくから顔を洗って出直せとの教えだ。だから、6カ国協議で日本が拉致
>問題で進展がない以上、重油の提供には参加しないと突っぱねたのは正しい。

全く論理的につながってないのに、
「だから」でつなぐこの力量は、すばらしいの一語。

しかも、
「カネをせびる」「啖呵をを切った」「ショバ代稼ぎ」「ヤクザ」「助っ人」「ボロを出す」
「ホンネ」「ハナから」等々、
全国紙の一面コラムでは滅多にお目にかかれないインパクトのある言葉の数々も、
筆者の精神の品格を感じさせる。

ところで、これを書いた人はカタカナで書くとインパクトがあると考えているように感じられたが、
もしかしたら、「産経新聞」も以前のように「サンケイ新聞」に戻した方がいいと
考えているのではなかろうか。




45 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 19:04:45 ID:zRyzikaL0
>35
>北朝鮮問題で安倍政権にポイントを与えてなるものかという メディアスクラム臭が強い。

夢見てるな〜。
まあ、小泉ほど安倍はメディアに対する統制力はないようだが、単純に失敗しただけ。
つか、安倍って政治家としては特に実績もなく、拉致問題の煽りだけで、総理になったん
だから、この結果は当然だろ。
政治家としては失敗しかしてないって印象なんだが。

46 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 20:25:09 ID:M68KPqu60
>他の国全部がおかしいか、日本がおかしいかだよね。

何だこれ(笑)。そんなことないから、安心して歯を磨いて寝たほうがいいぞ。

47 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 20:52:52 ID:4akZDMnm0
>>15
>北は94年の米朝枠組み合意でも、核放棄を約束しながらひそかに濃縮ウラン型を
>つくっていたとの違反の実績がある
いつになっても軽水炉を作らないという違反の実績もあった訳だが。

>>25
自己分析、乙。

>>35
>核実験によって、放置戦略から拡散防止に、対北戦略は転換した
つまり、放置戦略を声高に主張していた安倍晋三は間抜けだったと言いたいのですね?

48 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/15(木) 21:20:12 ID:H5WYEx8m0
参謀本部作戦課の大東亜戦争 高山信武著 芙蓉書房出版
http://www.fuyoshobo.co.jp/gunsen/4829502835.php

121頁

南方作戦の見通しに関する奉答資料について

また複雑な人種問題を包蔵し、輿論尊重と婦人優先の米国として
は、長期大持久戦には堪えられないであろうなどという甘い観測
も幕僚の一部には内在していた。作戦課の辻政信参謀は、とくに
この点を強調していた。

従って、日本としては積極的な勝負の決め手はなくても、大持久
圈を堅持し、反攻して来る米英軍を随所に攻撃撃滅して、敵戦力
の減耗と、戦意の喪失をはかればよいとの結論に達した。 

要するに、座してじり貧を待つより、進んで活路を見出だすべき
だ。そして、その活路とは南方資源地帯であり、対日封鎖された
当時としては武力を以て進路を拓く以外に策案はないという前提
に立った奉答資料である。

しかし、既述のように、当初から見通しに、甘さがあり、妥当性
を欠いた点もあって、遺憾に堪えない次第である。

49 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 21:30:07 ID:M68KPqu60
今気付いたが、いつのまにかイソタクがトリップ使いになってた(笑)。
なんだかわからんが、非常に嬉しい。

50 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 21:48:11 ID:NS12GkXn0
まあまあ

交通マナーを巡って鬼気迫るメンチのきりあい
http://up.kabubu.net/cgi/img2/22144.jpg

51 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 21:54:21 ID:iQ8sxjPm0
六カ国協議の日本での報道を見てるといつも感じる不満がある。それは、新聞なら朝日から産経まで、
テレビならNHKからテレ東まで、みんな報道の主役が「日本」になっているということだ。
それは違うだろうと思う。
あくまでも六カ国協議というのは、北朝鮮のことを六カ国が集まって協議する場ではないのか。主役
はあくまでも北朝鮮であって、そもそも日本はその他の国と同じく脇役の一人にしか過ぎない。その
点が忘れさられているのではないか。

さて、協議がまとまって北朝鮮が核を放棄するかという問題がある。今現在は放棄しないのではないか
という議論がどちらかというと優勢なように思える。
しかしここでいくつかのことを思い出してみよう。例えば北朝鮮の言う核爆発なるものは本当に成功した
のであろうか。第二弾の実験の動きとやらはどうしたのだろう。
言うまでもなく核兵器の開発には高度な技術が必要だ。もちろん巨額の費用もだ。そしてさらに核兵器
を維持し、管理し、増産してゆくためにはさらに高度な技術と莫大な費用がのしかかってくる。
北朝鮮の現実から言って、彼の国はこれらの費用負担に耐えることができるのだろうか。

おそらく、核兵器どころか現在の国を維持していけるほどの経済力がないからこその六カ国協議では
ないのかと思っているのだが。北朝鮮はもう国として破綻を来しており、そのことはもう誰の目にも明ら
かになってきている。
そのことを考えるなら、核実験なるものも、最初から援助を引き出すための道具ではなかったのかと
いう推測(邪推か)も可能になるかもしれない。



52 :文責・名無しさん :2007/02/15(木) 22:45:35 ID:Dy2Ck2hH0
>>51
つーか、米国の体制保障と援助を引き出すためというのは周知の事実だと思っていたが・・・

53 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 22:54:05 ID:O/qzA60Y0
明朝のサンケイショーは

拝啓、父上様?。

54 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:06:42 ID:zRyzikaL0
俺的には、拉致問題の解決って、どんな解決なのか聞いてみたい。

55 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:08:37 ID:RQPuBTED0
お台場からフェリーのたかちほ眺めてひとくさりだろ。海運業界は人件費削減で安全に必要な人員まで
カットしまくってる。殉職したおまわりさんだって駅員がホームにいて電車に緊急連絡入れてれば亡くならずに
済んだかもしれない。安全のコスト負担しないで事故が起こってから騒いだって遅すぎる。

つーことで日本も北朝鮮にはエネルギー支援は絶対すべき。拉致があるから安全のコスト負担しないで
いいという身勝手は許されない。拉致は自前で解決しなくちゃ行けない問題だからだ。

56 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:22:35 ID:t22WzBMc0
>>54
たぶんこのスレ的には、みんなが寺越武志さんとその母親みたいな
状況を甘受すること。

57 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:22:53 ID:iQ8sxjPm0
>52
もちろんそれは周知。
言いたかったのは、彼の国は核武装なんてことは最初から考えてなかったのでは
ないか、ということだ。
援助や体制維持を引き出すためだけに核実験をするなんて、馬鹿げた考えだと思う。
でもその馬鹿げた考えを本気でやったのではないか、そう思うわけだ。

58 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:28:51 ID:t22WzBMc0
>>9
>「自殺を止めよう」としていた行動も「救おう」としていたことになってるし。
>ま、政権批判に繋がりそうな話だから、産経が触れないのは当然だが。

いくら産経抄スレクオリティといっても、
この妄想は乙すぎw

59 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:37:57 ID:zRBwKHGI0
▼ところが、イエスと同時代の裁判所には「全会一致は無効とする」という
規定があったという。人の意見は割れるのが当然で、一致は偏見や興奮に
基づくから顔を洗って出直せとの教えだ。だから、6カ国協議で日本が拉致
問題で進展がない以上、重油の提供には参加しないと突っぱねたのは正しい。

イエスの時代を持ち出して正しいとか言ってるけど…。全然関係ないだろwww
つうか、海外とか歴史を持ち出さないと理論も組み立てられないもんかなー。
ま、バカ向け新聞だからそれでいいのか。

60 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 23:53:31 ID:GCyR3MdZ0
>>35
やけにテレビがどこもブーブー言ってるからハァ?(゚Д゚)とおもってた。
結論はやっぱそういうことだよな。
北が初期段階の凍結と査察受け入れをしっかり果たし、
95万トン支援が現実になることを願おうではないか。

十中八九、日本の拠出は無いけどなw

61 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 00:13:35 ID:vUXAJ+Cw0
>>55
コストカットを批判するわけがない。なんか変な精神論持ち出すだけだよ、多分。

62 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 00:48:36 ID:4BkmBSvW0
>>55
ちょっと単語を変えれば米軍やNATO支援、自衛隊PKO展開の肯定論にそのまま使えるな。

63 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 00:59:45 ID:CzYDrW0U0
>>54
拉致問題の解決とは、犯罪人西村チンコや、専従プロ市民・増元が失業しちゃう状況のこと。
国民はウェルカムだが、当事者にはマズーな事態。
だから「特定失踪者」とやらを持ち出して、失業阻止に必死。
永久に運動やってりゃ解決しちゃう心配ないからね。

64 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 01:02:08 ID:8jooYXBW0
拉致を持ち出されるとこのスレは弱いわw

65 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 01:15:19 ID:1foQlT6P0
なにその思い込み?。

66 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 01:15:31 ID:CzYDrW0U0
ヤクザ犯罪定番の非弁で有罪になった代議士が
議員に居座れる魔法のワードだからね、「拉致」は。
後生大事にせんとw

67 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 01:41:57 ID:D5BsVRrQ0
>>63
>当事者にはマズー

この当事者というのは恐らく横田夫妻などのことを言ってるんだろう。
こういう、政治的に偏った思惑で普段から拉致事件を邪魔だと考えている人間が
場面によって、拉致の解決が遠のいてるよ困った困ったなどと
心にもないそぶりをしてみせるさまは、醜悪以外のなにものでもないな。

多くのセクハラ記者を抱えながら、西村一人を槍玉に拉致運動を全否定する
朝日新聞のごとき言いがかりもまた醜悪。

もはやこの程度のことしか言えないからではあるのだが。

68 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 01:54:47 ID:D5BsVRrQ0
>>47
>つまり、放置戦略を声高に主張していた安倍晋三は間抜けだったと言いたいのですね?

何か勘違いしているようだけど、北が核を持っても日本は痛くも痒くもない。
北の核は、その拡散のみが世界の懸案であって、これは日本のみが新たに抱えた
心配事ではない。何故なら、かりに北を基点に核が拡散するとしても、
その核で日本のみを標的にしたがる国が他にないから。

韓国があるだろって?w

69 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:22:03 ID:4BkmBSvW0
1994年や2002年と比べて一番大きいのは、当時はロシア、中国は完全に
「北の味方」として動いていた。だが、両国は今でも利害打算や影響力
へのスケベ根性は残しているけれど「あの国はどーしよーもねー」
「ほっとくとまたアホやり出す」という視点を共有するようになった。
というか、そういう立場になったら国際的に顔がつぶれる状況。

その中で、親北になぜか転換した南朝鮮では大統領、、支持率低下と
みんなが喜んでいる安倍ちゃんの三分の一以下の支持率にあえぐw

はっきり言うとこの点だけ観ても、北およびノムヒョン政権が加速度的に
「孤立化」してる状況。少なくとも当時「北支援」や「国交正常化」を
進めたりしなくてよかったなあという気はするよ。


70 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:24:03 ID:aq9yLmfE0
>>68
経った四つの短い文しか書いていないのに、自己矛盾を二つも抱えられるのだから天才的w
二つ目の文で、いきなり直前の一つ目の文と矛盾することを書くあたりは、産経抄にそっくり。
さすが、産経擁護に必死なだけのことはある。
もちろん、三つ目の文が二つ目の文の根拠に全くなっていないことは言うまでもない。
四つ目の文で三つ目の文を否定するようなことを書いたのは、皮肉のつもりなんだろうから、
論理的にはおかしくないが、アフォだとは思う。

「日本は痛くも痒くもない」と「日本のみが新たに抱えた心配事ではない」が矛盾しないと
いう屁理屈を、書けるものなら見てみたいなw
また、「日本のみを標的にしたがる国が他にある」かどうかなんて、他国にはどうでもいいこと。
他国が懸念する理由にはなりえない。これを否定する屁理屈も、書けるものなら見てみたいw

71 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:29:32 ID:nJn4Y8KB0
>>70
あーやっぱすごく頭が悪いんだわこいつw

72 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:41:37 ID:aq9yLmfE0
一言も反論できないのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

73 :文責・名無しさん :2007/02/16(金) 06:46:57 ID:ACxNvqsq0
麻生もそうだが、アメリカに裏切られたからって
中国・ロシアも日本の味方をしてるから大丈夫だって、
単なる子ども騙し。まあ安倍を本気で支持するような頭の弱い人たちは
信じてしまうかもしれないが。1994年や2002年との違いはアメリカの力の
低下と愚かにも日本がアメリカ一辺倒で来た事だろうが。
それから産経抄はじめ(と麻生もw)北が裏切るの大合唱だが、
北だって日米の状況を良く見て、裏切っても大丈夫な時しか裏切らないわけでw。
拉致問題を口実にした単独行動とかは、イラク情勢が改善しないという条件なら
「北朝鮮が裏切っても平気」な状況をわざわざ作るようなものだな。


74 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:54:41 ID:Wtb36x/H0
>>70
頭が悪いな。

核拡散が日本にとっても心配ごとだってことは、日本は痛くも痒くもなくないじゃーん
矛盾だあーと虚勢を張る。
>>47で、ひとり安倍だけを嘲っている自分の発言も忘れてだw

こういう人間は、ただひとつでも利点を見つければ自分を全肯定する一方、
ただひとつでも隙を見つければ、相手を全否定してはばからない
愚劣なアンフェア精神の持ち主だ。
しかもその利点や隙は自分の貧しい脳味噌だけで勝手に認定。
長講釈をくれてやるだけ無駄な人間だ。

75 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 06:56:32 ID:3n46kTI00
【産経抄】

 だから言わんこっちゃない。とは書きたくなかったが、きょう開港1周年を迎える神戸空港の建設費返済計画に
早くも赤信号がともろうとしている。3000億円にのぼる建設費の大半を空港島の土地を売って返そうとしている
のだが、買い手がいない。

 ▼市役所はバブル期までの「土地はカネを生む」神話を捨てられなかったのだろう。空港の利用客数も東京便
はにぎわいをみせているが、目標の年319万人を大きく下回るという。

 ▼いずれ借金のツケは、夕張市のように市民にまわってきかねないのだが、市長以下幹部が見通しの甘さを謝
罪したとはとんと聞かない。昨年、汚職事件で2人の逮捕者を出した市議会もいたって静かだ。「オール与党」体質
は地方自治を腐らせている。

 ▼それにひきかえ、といえば褒めすぎだが、いまや民放ワイドショーのスターとなったそのまんま東(東国原英
夫)宮崎県知事の所信表明演説はなかなか聴かせた。満員札止めとなった県議会の傍聴席では、涙する支持
者もいたという。

 ▼ 内容は「談合は納税者に不利益をもたらす行為で断じて許されない」といった選挙戦で訴えた公約の実行を
約束したものだったが、その当たり前なことが宮崎をはじめ多くの自治体でできていない。熱狂はそのうち冷める
だろうが、知事には熱が冷めないうちに蛮勇をふるって改革を断行してほしい。

 ▼ 幸い、4月の統一地方選から具体的な数値目標などを示した公約集「首長マニフェスト」を選挙期間中も配れ
るようになりそうだ。あれもこれもしますと実現不可能な公約を掲げる候補はいないか、有権者は見分けやすくなる。
「第二の夕張」に住みたくなければ、有権者が厳しく候補を選択し、投票所に足を運ぶしかない。

(2007/02/16 05:09)

76 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:08:03 ID:3n46kTI00
>75
改革知事にオール野党ってのは滋賀県も同じような状況なのだがな。


77 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:10:09 ID:jz+9Bg1z0
>>73
残念だけど君の言う日米の状況とやらはイラク情勢に頼り切った願望なので、
中露を日本の「味方」と呼ぶ種類の願望と大差はない。

イラク情勢が遠く北朝鮮に対し担保することは、
北はほんとうに先制攻撃を受けることはない、ということだけ。
しかもこれは、ブッシュも5ヶ国も最初からそう宣言している。その程度のこと。

これで勝ち誇るには相当貰いがショボイのだがね。

78 :文責・名無しさん :2007/02/16(金) 07:18:19 ID:ACxNvqsq0
>>77
イラク情勢がアメリカの外交力を大きく低下させてることを理解できないようだな。
産経新聞しか読んでなければしょうがないが。
でもこういう人が、安倍を支持し続けれてるから厄介だな。


79 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:20:48 ID:jz+9Bg1z0
>>78
それは君が個人的に「低下」と言っているだけだから。

80 :文責・名無しさん :2007/02/16(金) 07:24:30 ID:ACxNvqsq0
>>79
jz+9Bg1z0凄いな。産経記者並みだ。


81 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:27:25 ID:4BkmBSvW0
たった9行で矛盾してるなw

>1994年や2002年との違いはアメリカの力の低下
>北だって日米の状況を良く見て、裏切っても大丈夫な時しか裏切らない


「力が低下してなかった」クリントン政権と合意しときながら、核開発を
せっせと進めていたから現在まで問題が続いてるんだし、そもそも訪朝し
日朝交渉を実際に進めていた小泉に対して、拉致問題をあんな形でお茶を
にごそうとしたから停滞が始まっているのだが。
(最初の被害者帰還(彼らのプランでは一時帰国)で、十分に北は誠意を
見せている!あれで十分!!と主張するならまた別だが)


82 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:28:33 ID:pkxZLA010
>>75
「オール与党」って共産党独特の造語だと思っていたけど
国政と地方で対応の違う民主党に対する当てこすりの為には
何でも利用するんだなw

それにしても6カ国協議が終わった途端
自分自身に言い聞かせるようなレスが増えたなw
安倍が拉致被害者に会いにわざわざ新潟まで行くそうだから
それに自分なりの光明を見いだして少し落ち着け

83 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:28:35 ID:4BkmBSvW0
>>80
ID:ACxNvqsq0凄いな。岩波書店の「世界」並みだ

かな?

84 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:35:41 ID:4BkmBSvW0
>>82
>「オール与党」って共産党独特の造語だと思っていたけど

地方行政の停滞や不活性化の理由として、だいぶ前から言われていたよ。
もともと「地方行革」キャンペーンは自由主義的な思想が日本では先導
していたわけで産経が使っても不思議じゃない。
つうか君が「産経抄に対する当てこすりの為にはなんでも利用」してるだけw


>自分自身に言い聞かせるようなレス
「日本、当初は支援に加わらず」(というか主要支援は某国の負担に集中)
それに対して国際批判もわずか、という意外な結果にカリカリ来てる人多い
からねえ。たしかに落ち着いて欲しいわ

85 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:44:18 ID:jz+9Bg1z0
>>82
昨日の産経抄に乗じて情勢分析をやってみたんだが、
相変わらず頭悪いくせに堪え性がない>>47
果ては>>57のような半泣きレスまで飛び出して
ここの住人はたいへんだなと気の毒に思っているよw

86 :85:2007/02/16(金) 07:46:19 ID:jz+9Bg1z0
あれっ!>>57じゃなくて>>55だった。>>57さんごめんよ悪かったよ。

87 :文責・名無しさん :2007/02/16(金) 07:49:14 ID:ACxNvqsq0
>>昨日の産経抄に乗じて情勢分析をやってみたんだが、
産経抄に乗じて情勢分析
産経抄に乗じて情勢分析
産経抄に乗じて情勢分析
産経抄に乗じて情勢分析

こんなことを真顔でかけるなんて素晴らしいw
恥辱の殿堂の名誉会員になれるよ。

88 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 07:56:17 ID:jz+9Bg1z0
>>87
卑屈な人にはどんなフレーズが存外にヒットしてしまうのかよく分からないんだけど
そんなことより、アメリカの外交力の大きな低下を示す事例を挙げてみせることが
>>87の次の仕事のはずなんだけどそういう普通の手順をこの手の人達に期待するのは
無茶なこと、なのかも、しんない、のかな。

89 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 08:05:29 ID:o6m2KB360
                       /::::/::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::∧
                  |:::/::::/:::::::/::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::∧      と   オ
                  |::|::::::|::::::/:::,.イ:///:::::::ハ:::::::::::::∧
                  |::|::::::|::://-'く._/イ::/|/__|ム:::::::::::::}     は   レ
                       l::|::::::l:::l′ ‐== `'|/ィ=‐ リ }::::::::::::|
                    !:!::::::::::!    ´/ l|`  /:::::::!:::::!      違   は
                   |::::::::::::|    j l|  ノイ:::::::||::/
                   |:::::::::ハ|     -、:_j    /::/!::|l/      う    そ
                       ノイ:::|:|ヽ.   -‐__‐  /::/ .|/
                       _,ハ∧! |ヘ       ,イ::|::::|         :   い
                  //|  ハ  | ` ー--イ 、ヘl、::|
              ,. -f  |     '. |   ,.イ .ト、 \ ヾ            :    つ
           ,.  ´  | |\   '.|    | | ヘ ヽ-、_
        __,. -‐'´       ,   !::::::\‐'´ \  /  ー',  \` ー- 、.   :   ら
.      /^\  \    /  |:::::::::::::\―-  r―‐-;ハ    \    \
     /    ヽ.   Y  〈.   |::::::::::::::::::::`::ー┴‐::::´::::::|、  /    ∧
.    /       ヘ  |  _> ´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  く       / ハ
   |       ハ  | 「     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   \    |   }

       自分だけは住人じゃないと言いながら書き込むスレ住人

90 :T:2007/02/16(金) 08:08:52 ID:PQbOKxCS0
神戸空港と関西空港を橋で繋いで関西空港の二期工事の代わりに(ありえんw
3000憶あれば北朝鮮を丸ごと買えるな

そのまんま東は不祥事で芸能界から干されていたような物だし
正直マスコミが大騒ぎしているだけで
あまり期待が大きいと失望も大きくなるなるぞと心配になるな
前任者があまりにもひどいのでこれ以上ひどくなり用がないが(w

91 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 08:15:34 ID:4BkmBSvW0
>>89
「産経を読む奴はXX」→批判を受ける→「産経を読んでないくせにレスに文句つけるな(俺は読んでる)」
って流れを思い出しました

92 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 08:19:58 ID:o6m2KB360
それ以前にそっくりそのままの人の上の方にいるからなぁ
思い出すまでもなく

93 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 10:04:46 ID:8AAeVNki0
学生さんの休みの季節になると、
レスのレベルが顕著に下がる、この現実。

94 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 10:15:48 ID:uMovOPZT0
319万人予測で270万人利用の神戸空港より
休刊日発行をやめて美しい新聞宅配も他社に頼ってフジテレビの広告以下略?。

95 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 10:19:59 ID:u51LiqV40
Expressはそろそろ「いわんこっちゃない」かな?

96 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 12:00:18 ID:McI0v4Td0
>>76
真剣に悩んでしまった。だからどうした?

97 :文責・名無しさん :2007/02/16(金) 12:09:27 ID:ACxNvqsq0
>>88
事例を挙げてみせることが >>87の次の仕事のはずなんだけどそういう

俺の仕事はあんたの相手をすることじゃねえよ。
あんたはバイトでここに書き込みしてるのか?


98 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 13:09:23 ID:pg07A7dY0
▼それにひきかえ、といえば褒めすぎだが、

なんかこの表現、俺の日本語センサーに引っ掛かるなぁ。
厳密にいうと間違いではないかも知れないが……

99 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 14:41:02 ID:cGr6QqMj0
これって、与党は癒着していてダメってことなのかな?
産経にしちゃ珍しいよね。

100 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 19:37:22 ID:aq9yLmfE0
>>74
>頭が悪いな
30分近くたっても、全く同じ台詞かよ。馬鹿丸出しじゃんw

>虚勢を張る
虚勢という言葉の意味を知らないようだなw

>ひとり安倍だけを嘲っている自分の発言も忘れてだ
忘れてませんが何か?

>こういう人間は、(以下略)
お前が馬鹿なことを書いたと、お前が認めているだけの文章だなw

結局、「頭が悪い」と繰り返すだけで、反論は一切無し。
で、自分が書いた馬鹿な文章を見逃してくれない奴は、「愚劣なアンフェア
精神の持ち主」だと言い出す始末wwwwwwwwww

お前は、底知れぬ馬鹿だな。お前の馬鹿さ加減には底がない。

101 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 19:43:52 ID:2Ki4B6080
>>100
こいつくだらねぇw

102 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 19:56:21 ID:5naAiXb20
>>75
そういや以前、空港建設の住民投票運動で先頭に立っていた田中康夫に関しては当時
産経はどういうスタンスだったんだろう。リベラルな彼と市民運動には否定的だったのかな?

103 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 20:04:06 ID:qzLPGVCQ0
>83
>岩波書店の「世界」並みだ

これって、ほめ言葉なのかな?
確かに「世界」で産経レベルの間違いは聞いたことないけど。

104 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 20:28:33 ID:aq9yLmfE0
>>77
お前の「最初」は随分と最近のことなんだなw
ブッシュがそんなことを言いだしたのは、イラク戦争を始めて、結構経ってからのこと。

>>81
>核開発をせっせと進めていた
妄想、乙。
クリントン政権時代に何かやっていたとしても、原子力工学のお勉強くらいのもの。
色々と作り始めたのは、ケリーが喚き始めて、北朝鮮がIAEAの査察を終わらせてから。

>>88
そんなことは誰の目にも明らかだと思っていたのだが、お前ほど馬鹿だと違うんだな。

>>101
半日経って、やっとそれかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

105 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 21:00:58 ID:8k8t28wN0
>>104
こいつの脳内年表は北の動向がすっぽり抜け落ちてるのなw

106 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 21:35:09 ID:6TLZVTJR0
>>75
>「オール与党」体質は地方自治を腐らせている。
きっと今日の産経抄筆者は、統一地方選で共産党に頑張って欲しいと期待して
いるのよね?w

>「第二の夕張」に住みたくなければ、有権者が厳しく候補を選択し、投票所に
>足を運ぶしかない。
夕張市そのものが今の日本を象徴している出来事なのだが?このことは統一
地方選だけでなく夏の参院選にも言えるわな。

>>84
「オール与党」って共産党が首長や議会での自公民(時には社民も含めた)の
「与党」相乗りに対して使っている言葉なのでは?マスコミ的にも「共産党を除く」
のが一般的な『オール与党』なのだが。
まあ、議会の「オール与党」化が地方行政の停滞や不活性化の一因であるこ
とは確かだね。

107 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 21:43:58 ID:wPMkzJoU0
今日の産経抄は、「しんぶん赤旗」から盗作でもしたのですか?

108 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 22:13:10 ID:gmUbVwNr0
今朝のサンケイショー子は

関空が出来たら伊丹廃港を地元のごり押しで存続させ伊丹関空第一種空港二重投資で国家財政に負担をかけている件はスルーですか?。
それともそんなこと知らん ですか?。

109 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 23:21:46 ID:McI0v4Td0
>ケリーが喚き始めて

北の核開発に関連するレスでこういう表現になるから「ここの住人」は
信用できない。最初からアイデンティティが北寄りだ。

110 :文責・名無しさん:2007/02/16(金) 23:44:08 ID:gN6G7+Wr0
まあ北チョンには韓国が勝手に援助すればいいじゃん。
そうしたいと言うのならすればいいさ。
他の5者は「出さない」とか「様子見」とか言ってるわけだし。

111 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 00:06:15 ID:nDq/Usxs0
>>109
簡単に人を信じるようじゃ2ちゃんに来ない方がましだな。

112 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 00:12:14 ID:ftOLjx820
なんつーシンプルな買い言葉w>>111
発想が、このレベルなんだよなぁ。ここの住人って。

113 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 00:19:18 ID:sDB3D/I80
>>109
>>111
このやり取りを読んでも俺には全く意味がわからない。>>111
何を言いたいのだ?

114 :文責・名無しさん :2007/02/17(土) 00:28:05 ID:Bdbxn0PV0
この記事産経に載るのかな?

<CIA拉致>伊地裁が公判を決定 世界初の正式裁判に
 イタリアのミラノ地裁は16日、03年2月にミラノで起きた
米中央情報局(CIA)工作員によるエジプト人男性拉致事件について
6月8日に初公判を開くことを決めた。CIAによる一連のテロ容疑者の
不当拘束疑惑を巡り世界で初の正式な裁判の開始となる。
[毎日新聞社:2007年02月16日22時57分]

115 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 00:30:39 ID:vgrxVJzI0
>>75
神戸空港に関しては役所本体、市議会を含む神戸市側とゼネコン、
地元建設業界との密約っぽいものを感じる。
震災復興利権の総仕上げ的なね。
何せ山口組のお膝元だし。
「株式会社神戸」と呼ばれ、商売上手だった神戸市にしては、
お粗末な計画。
市の助役の焼身自殺なんてこともあったし。

116 :文責・名無しさん :2007/02/17(土) 00:41:47 ID:Bdbxn0PV0
クリントン大統領の時も、空爆直前まで行ったけど、
その後は米朝蜜月へと進んだんで、今回も同じでしょう。
アメリカにとって北朝鮮と対立してもメリットは無いし、
「朝鮮戦争を正式に終わらせた大統領になること」は
ブッシュ大統領の名誉でもあるからね。

117 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:05:51 ID:Yn+oxSef0
>>116
下衆の勘繰りだな。>名誉w

118 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:11:31 ID:nDq/Usxs0
>>113
お前が馬鹿だといっただけ。

119 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:13:10 ID:LYbfyeAr0
>>113
112は思い込みのはげしいお方

120 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:23:11 ID:sDB3D/I80
>簡単に人を信じるようじゃ2ちゃんに来ない方がましだな。

>お前が馬鹿だといっただけ。

なるほど(笑)。意味はなかったのか。思わせぶりな書き方しか
できないのは、自分の意見に自信がないからだぞ。今回は
見逃してやるけど、反省はしろよ。

121 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:34:03 ID:vDVlaqx60
鏡に向かって罵るのはいい加減やめてほしい。

122 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:37:39 ID:my8rH/OLO
引用というのは自分の意見が正しいと思うからこそ用いるものなのだよ。

123 :文責・名無しさん :2007/02/17(土) 01:46:43 ID:Bdbxn0PV0
>>117
戦争を終わらせるのは大変なことなんですよ。
イラクを見ればわかるでしょう。

124 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:47:22 ID:qxhBBDuV0
>>120
書けば書くほど、自分の馬鹿さ加減を露呈するってことに、まだ気付かないのか。
>>74を読むと、自分の馬鹿な行動に気が付いても、全く反省していないことが分かる。
他人に反省を求める前に、自分の愚かな行動を反省した方が、お前のためだぞ。

無論、>>111には反省すべき点など皆無なのだが。当然、意味もあるし。
>>109が、自分が何を書いたか、理解していないだけの話。

125 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 01:53:52 ID:k/whla5w0
こいつの無駄口って成長がないなw>>124


126 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:05:55 ID:FXfHn9QZ0
そらあんたや

127 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:12:19 ID:sDB3D/I80
>>124
反省しないどころか錯乱してるのか(笑)。ひょっとして、ID:nDq/Usxs0
とは別人かな? よくわからんが、ひとつだけ言えるのは俺は>>74ではないぞ。

文体も意見の内容も違うのがわからんのかなあ。自分を批判するのは同一人物
だと思い込む病気にでもかかっているのか? 俺はいちいち故意にIDを変えること
はないから、それくらいは信じて欲しいものだ。

128 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:13:41 ID:v/N4oMdt0
シリトリ競争って知ってる?w>>126

129 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:20:51 ID:zvdNFsp20
>>116
自分で拡げた風呂敷であるイラク情勢をたためないヤツが
数十年前の戦争を正式に=名分上で終結させても名誉回復なんてしませんよ?

あぁ、そういえばイラクも戦争状態は脱してるんでしたっけ?

130 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:23:42 ID:v/N4oMdt0
>>129
そだよー。イラク戦争は終わってる。今やってんのは宗派対立と、
バグダッド限定のマスコミ向けテロ興業。

日本だって、戦後15年間は騒乱状態だったんだよ。知ってた?

131 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:34:30 ID:zvdNFsp20
へ〜日常的に車が爆発して「戦争終結」後に民間人やら進駐軍が1000人単位で死んでたんですね。
勉強になりました。

132 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 02:35:24 ID:v/N4oMdt0
>>131
当時は三国人にだって爆弾なんか簡単に手に入んないからねぇw

133 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 07:59:27 ID:how0hbJu0
 「抜け雀」という落語がある。宿屋に泊まった一文無しの男が、宿賃代わりに衝立(ついたて)に
雀5羽を描く。みごとな筆致の雀たちは絵を抜け出し飛び回る。だが、その後訪れた別の男が
「これでは羽を休める所がない」と止まり木やカゴを描き加える。
 ▼奈良県明日香村のキトラ古墳に描かれた赤い鳥「朱雀」も1300年ぶりに石室の壁を抜け
出した。しかし、こちらは落語のように優雅な話ではない。バクテリアの侵入などによる絵の劣化や
汚れを防ぐため、やむを得ず壁からはぎ取り外に出したのである。
 ▼朱雀は抜け雀と同様、今にも飛び立ちそうな鮮やかな絵である。しかも白虎など「四神」の壁画の
うち、朱雀はこの石室にしか残っていない。「はぎ取り」による保存方針が決まった後も、ほんとに無
傷で壁から切り離せるのか、保存研究者たちの気苦労は絶えなかったようだ。
 ▼決め手となったのは「ダイヤモンドワイヤ・ソー」と名付けた切断器の開発だった。石材業者が
使っている切削工具を参考に、機械好きの研究者たちが工夫し合ったのだという。これで石壁と
壁画を描いた漆喰(しっくい)との間を、きれいに切り離すことに成功したのだ。
 ▼金属など硬いものを自由に切断することは、工業技術の基本である。日本の切削技術は特に
優れていると言われ、モノづくり日本を支えてきた。その技術が古代からの文化遺産を何とか守る
ことができた。その点に限れば喜ばしいことと思わねばならない。
 ▼だが、石室の解体工事が進んでいる近くの高松塚古墳もそうだが、古墳の中で保存する方法は
全くなかったのだろうか。抜け雀たちのためにカゴをつけ加えるような知恵は、生まれなかったのか。
今さらと叱られるのは承知の上で、残念でならない。

134 :T:2007/02/17(土) 07:59:56 ID:03z+4JSM0
「抜け雀」という落語がある。宿屋に泊まった一文無しの男が、宿賃代わりに衝立(つい
たて)に雀5羽を描く。みごとな筆致の雀たちは絵を抜け出し飛び回る。だが、その後訪
れた別の男が「これでは羽を休める所がない」と止まり木やカゴを描き加える。

 ▼奈良県明日香村のキトラ古墳に描かれた赤い鳥「朱雀」も1300年ぶりに石室の壁
を抜け出した。しかし、こちらは落語のように優雅な話ではない。バクテリアの侵入など
による絵の劣化や汚れを防ぐため、やむを得ず壁からはぎ取り外に出したのである。

 ▼朱雀は抜け雀と同様、今にも飛び立ちそうな鮮やかな絵である。しかも白虎など「四
神」の壁画のうち、朱雀はこの石室にしか残っていない。「はぎ取り」による保存方針が
決まった後も、ほんとに無傷で壁から切り離せるのか、保存研究者たちの気苦労は絶えな
かったようだ。

 ▼決め手となったのは「ダイヤモンドワイヤ・ソー」と名付けた切断器の開発だった。
石材業者が使っている切削工具を参考に、機械好きの研究者たちが工夫し合ったのだとい
う。これで石壁と壁画を描いた漆喰(しっくい)との間を、きれいに切り離すことに成功
したのだ。

 ▼金属など硬いものを自由に切断することは、工業技術の基本である。日本の切削技術
は特に優れていると言われ、モノづくり日本を支えてきた。その技術が古代からの文化遺
産を何とか守ることができた。その点に限れば喜ばしいことと思わねばならない。

 ▼だが、石室の解体工事が進んでいる近くの高松塚古墳もそうだが、古墳の中で保存す
る方法は全くなかったのだろうか。抜け雀たちのためにカゴをつけ加えるような知恵は、
生まれなかったのか。今さらと叱られるのは承知の上で、残念でならない。



135 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/17(土) 08:08:15 ID:dZL3ivbK0
官僚的な隠蔽体質の杜撰と放縦とが、古墳石室の内部を腐敗させ
美麗な壁画を崩落させた事態は、雪印や三菱自工や不二家等での
隠蔽体質による製品の品質劣化と同一の病理が原因である。

NTTでも、通話明細の蓄積漏洩という汚職や涜職が関連しての
組織犯罪が多発しているが、いまだに、個人犯罪であるかのよう
に処理され、巧妙な隠蔽工作で実情が露呈されないままである。

NTTの組織内部では、組織に従順な人間が出世昇進することが
「常識」とされており、商品(製品、役務)の品質を向上すると
いう努力は、製造事業者や構築事業者に委託されている、という
ことにして、維持管理だけが目的化している官僚化が深刻なので
ある。>>134

136 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 08:59:19 ID:O5gZktdc0
>133-134
そもそも、なぜはぎ取り作業をする必要があったのか、から
追求してもらいたいところなんだが、そういう話はまったくないのか。

>ほんとに
日本語センサーが・・・。

137 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 11:21:02 ID:PgRzCdOv0
>133-134
モノ作り日本を褒めるのはよい。ただ美しいモノばかり褒めるのはまるでいただけない。

>古墳の中で保存する方法は全くなかったのだろうか。

などと嘆くよりも、肝心なのは、千年以上も保存されてきたものをなぜ今になってはぎ
取らなければならなくなったのかという点だろう。人類の遺産とも言える古墳をまとも
に保存することも出来ない。嘆くのはそっちの方ではないのだろうか。

宮内庁は長年宮内庁管理下にある古墳の学術的調査を拒んできた。真の理由は別にある
だろうというのが研究者の共通認識だったが、宮内庁の言う理由の一つには、現在の技術
で調査をして、もし古墳に何かがあったらいけないから、というものだった。
今やこの言葉が大変説得力を持って聞こえる。もちろんこれは皮肉で言っているのだが。


138 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 11:34:45 ID:B+APP50P0
だって、壁画の剥ぎ取りなんて、だいぶ前からやってますよ。

139 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 12:14:28 ID:t0Tl38fg0
壁画の剥ぎ取りに一番興奮しているのが3K紙面なのに、
壁画を剥ぎ取るなかよ。世間は冷めてみているよ。

140 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 12:32:54 ID:l6daM3Ip0
>>107
> 今日の産経抄は、「しんぶん赤旗」から盗作でもしたのですか?

そういえば、「産経抄が他紙に盗作された」という話には、
ついぞお目にかかったことがない。



141 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 12:41:25 ID:zvdNFsp20
そりゃまぁ、同じ話題を取り上げる時に、基本的に後発になるのが産経抄だしな

142 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 12:42:01 ID:qxhBBDuV0
「ダイヤモンドワイヤ・ソー」なんて、何十年も前から存在する装置なんだけどな。
1mを超えるような大きいものを切ったり、屋外で使ったりってのは、初めて聞いたけど。
ちょっと疑問に思ったのは、カビの心配をしているのに、濡らしちゃっていいのかってこと。
もしかして、水を使わずに使えるようなものを開発したのか?

結構、頻繁にワイヤが切れてイライラするから、俺は大ッ嫌いな装置だが。
ま、マルチワイヤ・ソーを使っているからってのもあるんだけど。

143 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 13:08:31 ID:ES2KBHYL0
>>134
文化破壊庁がメチャクチャにしちゃったからねぇ。
昨日の続きで言えば、コレに関して役人どもは責任とったのかな?
日本の優れた技術も、お上が音頭を取るとグダグダになる典型例ですな。
指揮官がアホやと部隊は全滅ですわ。

144 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 13:14:44 ID:nDq/Usxs0
一応発見当時の最大限の知恵を絞って保存に努めた結果だから、いまさら知恵はなかったのかといわれてもな。
ないものねだりするなら、産経抄子が知恵出せ。専門家じゃないから思いつきませんじゃ子供の方がましだ。

145 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 15:27:24 ID:LVz8vB1r0
>子供の方がましだ。

じゃあ子供以下の産経抄子に代わっておまえが産経抄を書けよ。

146 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 15:53:45 ID:jqzTpW2q0
文章を仕事にしているたいていの人間は、
産経抄はおろか天声人語でも編集手帳でも
あのぐらいは俺でも書ける、と思っている。
ただ、毎日まいにち一定レベルで続けるのは容易ではない。

毎日一定の低レベルで、しかも複数筆者が共通して
「同じレベル」で書けるというのが驚嘆に値するのは、
これも文章を仕事にしている人間なら同意するだろう。

147 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 16:21:39 ID:EI8tHbQm0
>>146
確かに。産経抄については、石井さんがやめてからしばらくは、それぞれ
違う人が書いてるようで個性が見られたが、途中から統一感が出てきた。
俺は、ある時期から一種の「人口無能」を産経新聞が開発したんじゃないか
と考えている。

148 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 16:28:45 ID:ACOMG54X0
産経に必要なのは「自動校閲機」だな。

149 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 16:49:51 ID:nDq/Usxs0
>>145
二十四節気を日本が発明したことにしてしまうようなすごい無知と、いまだに
謝りを訂正しない厚顔さをとても俺は持てないから無理。壁画もはがすのが最良だと思うから
代案はないよ。

150 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:06:19 ID:LVz8vB1r0
>いまだに謝りを訂正しない厚顔さをとても俺は持てないから無理。

いや、大丈夫だろう。
ここのアンチ産経連中が自論の誤りを訂正したことも俺は今まで一度も見たことがない。
それこそ産経に負けないぐらい厚顔だからな。

151 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:12:53 ID:how0hbJu0
天下の全国紙一面コラムと2ちゃんねるマスコミ板の一スレッドを同列に扱うのか?
それはそれは光栄の至りw

152 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:22:10 ID:y9J2EfdI0
>>151
わかっているんならもっと低姿勢に口をきけよな。

153 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:31:38 ID:qxhBBDuV0
>>150
お前は、自分の誤りを指摘されると、「見逃してくれなーい」と
喚き散らす訳だがw

>>152
やっぱり、産経新聞社員だったんだねw

154 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:47:55 ID:y9J2EfdI0
またこいつかw>>153

155 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:56:27 ID:7KtLY0Hr0
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/other/39688

【コラム・妙】お叱りは承知の上で
ワロタ

156 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:05:10 ID:LVz8vB1r0
>>153
何言ってんだかさっぱり解らんおまえに産経抄子はさすがに「無理」だがw

157 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:25:56 ID:vDVlaqx60
>150
>ここのアンチ産経連中が自論の誤り

具体的に指摘できる?

158 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:31:28 ID:qxhBBDuV0
>>156
一週間、ぶっ続けで間違いだらけのコラムを書く豪快さと、いまだに
誤りを訂正しない厚顔さをとても俺は持てないから無理。

159 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:33:04 ID:y9J2EfdI0
>>157
>>97に何か一言ある?w

160 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:34:56 ID:zyMO4hDN0
『見解の相違』と『事実誤認』を混同している方がいらっしゃいますね

161 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 18:38:39 ID:vDVlaqx60
>159
元の話がアメリカの外交力の低下の話なら、一般常識レベルだと思ってたけど?
NHKでもクローズアップ現代で南米で反米化が進んでる話を以前やってたよ。

162 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 19:03:05 ID:eAluhLNp0
>>161
ソースがクロ現てのはさておきw
そーいう大雑把な材料で六ヶ国協議がなんか違う方向に動いたの?
なんかなー。
都知事選候補を決めれない民主党をスルーして内閣支持率下がった下がったって喜んでるのと
レベルが同じw

だいたい南米といったって、過去の親米政権がアメリカの政治介入の産物ってのがサヨクの認識ではw
親米でも反米でもサヨクにとっては同じアメリカ叩きのネタじゃんw

163 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 19:35:05 ID:vDVlaqx60
>162
・・・あんた自分が阿呆なのを自慢したいのか?


164 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 19:36:05 ID:235+F3WS0
>>163
ぐうの音もでない時は無理して書き込まなくてもいいからw

165 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 20:08:18 ID:uOiG9l4V0
>>164
はやくケツラケットうpしる!

166 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 20:46:22 ID:LVz8vB1r0
>>158
いや、そうじゃなくて、おまえが言ってることは意味不明だから無理だと言っているのだ。
そういう日本語すら通じないのでは話にもならんわ。
おまえの場合は「誤りを訂正」以前の問題なんだよ。

167 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 20:46:41 ID:9fP67In/0
ピノチェトマンセーしてた住田閣下、如何お過ごしでしょうか

168 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 20:53:12 ID:c9+1HZud0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000079-mai-soci
<八方尾根スキー場>撮影用のワイヤ引っかけリフト転落事故

本当に呪われてるな。

169 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 23:01:23 ID:qxhBBDuV0
>>168
名木山ゲレンデって麓の方で、リフトの下の雪面までの距離があまり無かったように
思うのだが、今年は暖冬で雪があまり積もってないのかな?
踊る大捜査線で名をあげたフジテレビ&ROBOTも、とんだケチが付いたな。
そもそも、リフトの真下にワイヤを張るのが非常識だとも思うが。

170 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 00:08:00 ID:Gc3QERac0
撮影のためならどんなに周囲に迷惑をかけても許されると思ってる。それが日本のテレビ局。

171 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 00:19:58 ID:hKKUdYKr0
そして事故の記事にフジテレビの名前は出さない。それが産経。

172 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 03:28:41 ID:WVoJDJY80
相変わらず「ここの住人」に対しての優越感だけを書き込んで
なぜかそれが産経の擁護になると信じ込んでる人がいるという。

173 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 04:42:42 ID:ONam+UOV0
>>172
何か言われるたびに劣等感に苛まれているようでたいそう気の毒だけどw
産経の擁護ねぇ〜。

なにも産経新聞を擁護したくてここにカキコしてるんじゃないんだけどな。

たんに君たちクズサヨクに現実を教えてやってるだけなんだけど?

君らはほっとくと、間違ったまま内輪で完結しちゃうからさ。
そういうのをこういう公開の掲示板でまき散らされると、周りが迷惑するんだよ。

174 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 04:49:35 ID:KplK5IqW0
また脳内シャドーボクシングか・・・

175 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 05:31:18 ID:eiTDEHvy0
君はシャドーか?だったら口を閉じろよ?>>174

176 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 05:45:45 ID:hKKUdYKr0
【産経抄】
 司馬遼太郎氏の「街道をゆく」シリーズ『肥薩のみち』に、サムライの伝統を
伝える小さな町のことが出てくる。「長老」たちから話を聞くのだが、その中で
一人だけ50代という人がこう自己紹介する。「寄合のときはビールの栓ぬき
ばかりさせられます」。
 ▼いまだに「小僧扱い」だとユーモラスにボヤいているのである。確かに
寄合でビールを切らさぬよう栓を抜くのは、若輩の大切な仕事だった。いや、
ビールそのものがかつての「寄合社会」を維持していくために、潤滑油の
役割を果たしていたのだろう。
 ▼そのビールの売れ行きが今、減少しつつあるという。若者を中心に
アルコールの好みがワインに焼酎にと多様化し、ビール離れが進んでいる
ためという。だが、日本のあらゆる地域で「寄合社会」が崩壊し「栓抜き」が
不要になりつつあることとも無関係であるまい。
 ▼唐突な感じでビール業界の再編説が浮上してきた背景にも売り上げ
不振があるようだ。シェア3位のサッポロビールに米系の投資ファンドから
買収話が出たとたん、「白馬の騎士」として他のビール会社との統合案が
登場した。それも1位のアサヒビールが有力だという。
 ▼アサヒ側は強固にこれを否定している。しかし、もし統合などが実現すれば、
単純計算でシェア50%という巨大ビールメーカーが登場する。その大きな力で、
業界全体の不振を乗り切りたい。双方にそんな思惑が潜んでいるとしても
不思議ではない。
 ▼一方、百貨店業界でも大丸と松坂屋とが経営統合する計画が表面化して
きた。だが、ビールにしても百貨店にしても、社会の変容を映す鏡のようなもの
である。それだけに今はやりの再編だけで業界が活性化するのか。いささか、
おぼろげである。
(2007/02/18 04:59)

177 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 05:54:22 ID:hKKUdYKr0
>176
ビール自体の売上が減少しているのはまず発泡酒や第3のビールの影響だし
ひいては無茶な酒税体系を温存してきたからでもあるし
そもそも栓抜きが必要な瓶ビールが珍しくなってきているし
知るかぎりでは田舎の寄合はビールで乾杯のあとすぐ日本酒や焼酎に移るし
とにかくなにからなにまで、「寄合社会」に結びつけるのが強引すぎる。
後半にしても、なにが言いたいのかいささかおぼろげであるし。

178 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 06:25:27 ID:+jHBHEiU0
産経新聞社の本
『阿比留のブログ』2月下旬発売(1365円)
http://abirur.iza.ne.jp/images/user/20070216/45295.jpg

似顔絵が違いすぎだろw
これが最適


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/ 
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


179 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 07:48:57 ID:L/6OzOV80
>176
この「業界再編」も新自由化の流れなんだがな。外国からの投資の自由化がなければ
サッポロの買収話もなかったわけで。
KKKは新自由化=小泉改革に反対なのか?それならそれでいいが、いい加減立ち位置を
はっきりさせるべきだろうと思う。

180 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 07:54:34 ID:L/6OzOV80
>173,175
貴方にはこの本をお薦めしておきたい。
あの佐藤優の対談だ。対談となっているが、内容はほとんど
佐藤優の話で占められている。

ナショナリズムという迷宮―ラスプーチンかく語りき
佐藤 優 (著), 魚住 昭 (著)


181 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 08:01:26 ID:IvHL0EJU0
>>178
阿比留の部分だけひらけば売れるんじゃないのw

182 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 08:01:40 ID:ZCfRFaG00
>>180
魚住wんなもんすすめんなバカサヨwつか普通読んでるよ!

183 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 10:16:44 ID:hKKUdYKr0
>>168
石原と組んでめいっぱい煽ってた東京マラソンはこの大雨だし・・・
お祓いでもした方がいいんじゃないか>フジサンケイグループ
本気で心配になってきたよ。

184 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 10:19:32 ID:L/6OzOV80
>182
普通読んでるんですか。なるほど。ではもう読んだのですか(笑)?
読めば魚住昭は単なるインタビュアーで、内容はほとんど佐藤優の
思想を聞いているだけということが分かるのですが。
それとも、佐藤優はサヨだから意見を聞く必要もないと(笑)。


185 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 10:32:46 ID:jH1tiB+f0
つーか、実質的な不況で寡占化が進行してるだけなのに、業界の活性化なんて問題が違うのではないか。

186 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 10:44:46 ID:9EW+Prv90
ゆとり教育の導入決定委員長の三浦朱門。
靖国神社に代わる新慰霊施設建設答申を出した委員の一人である上坂冬子。
ノモンハンは日本の大勝利。張作霖爆殺はコミンテルンの仕業の渡部昇一

そして
佐藤優
さらに
竹中平蔵

素晴らしき正論メンバー

187 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 11:28:33 ID:sTxSDveb0
で結局生む機械だ生産性だの話はどうなったんだ?
柳沢も管も引退すべしでFA?

188 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 11:48:17 ID:JI0OzLGU0
ビール業界も、百貨店業界も内需なきいざなぎ景気越えの犠牲者だろ。
景気いいって言っても、輸出ばっかりでその上給与水準が上がらないから
内需冷えまくりじゃん。消費税税率上げたらもっと内需減るだろうけどトヨタを
筆頭に輸出企業は、消費税の還付がまた増えてウハウハだね。

189 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 13:08:34 ID:IvHL0EJU0
>>183
速水もこみち主演の東京タワーが最終回を迎えるまで呪いが続きそうな気がする。
でも下手すると他局にもこの呪いが移ってバイオハザード状態になるかもしれんw

190 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 13:52:41 ID:I2a2i+JE0
>>179
そこまで話を単純化させると、民主党も基本路線では小泉と同じ改革指向だったから、
国民新党くらいしか支持できなくなりそうだぞ。

191 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 13:57:31 ID:Gc3QERac0
いい加減弱小新聞社もどこかと統合すべきだと思うんだ。縮刷版も発行できないんじゃねえ。

192 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 14:08:01 ID:WVoJDJY80
大阪新聞と紙面統合して夕刊出してるらしいんだけど、
この紙面統合ってどういう風な状況なんだろう?

大阪新聞ってのはまだ出てて同じ内容ってこと?

193 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 17:43:13 ID:uKA0l5KVO
>>186
核武装はよやれ派の兵藤二十八や柿谷勲夫も。

産経って核武装賛成だったよね?

194 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 18:09:05 ID:I2a2i+JE0
>>193
核武装に関する議論をすることに賛成ではなかったか?

核武装そのものに賛成とか、核武装すべしという意見の
政治家も新聞社も記憶にないな。いわゆる評論家の類
にはいるだろうが。

195 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 20:04:29 ID:JI0OzLGU0
>>194
NPT脱退する議論ってことか?

196 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 20:14:07 ID:hKKUdYKr0
10月以後の「主張」をざっとチェックしてみたが、産経のスタンスは、
核武装を否定はしないが肯定もしない、ぐらいだな。

自主核武装とアメリカのポチは両立できないから、
いろいろ迷うところもあるのだろう。

197 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 21:01:14 ID:8LL9mJn00
>>184
他の著作を読んでたので、立ち読みでざっとだけどさ。
もの知らずの庶民なんざ社会システム論と価値相対主義程度でびっくりしてくれる
と考えている、君と同類のwよくいるサヨクだよ。この人は。

198 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 21:25:27 ID:oRrZFP380
 以前、NHKで放送されていた「ザ・ホワイトハウス」はアメリカの大統領
執務室を舞台にしたテレビドラマだ。劇中、大統領に扮するマーティン・
シーンが、殉職した兵士の遺族にお悔やみの電話をかける場面があった。
大統領は兵士のフルネームと電話に出る遺族の名前を秘書に確認してから
電話に出ていた。人間として当然の礼儀であろう。それを我が国の総理大臣
は不覚にも怠った。

 交番勤務の警官が線路に入った女性を救おうとして電車にはねられ
殉職した。国民の安全を守る警官の鑑である。多忙な総理がわざわざ
お悔やみに出かけた誠意は認めよう。ところがインタビューの中で、
亡くなった宮本巡査部長(2階級特進して警部)の名前を間違えて
「ミヤケさん」と言った。「名前ぐらい、ちゃんと覚えて行け!」と叱りたくも
なる。

 こういうことがあると、首相は人気取りのために行ったのではないかと
勘ぐられてもしかたがない。支持率が下がっているのは、次々に失態を
見せる大臣だけでなく、総理の人間性にも問題があるのではないかと
思ってしまう。

 私は当欄で先の総裁選を「お坊ちゃん学校の生徒会長選挙」と断じ、
お坊ちゃんの特性を「苦労をしたことがないので弱者の痛みがわからない」
「いざという時、頼りにならない」と書いた。安倍総理の就任以来、ますます
その感を強くしている。

 警官ばかりでなく、自衛隊員や消防・レスキュー隊員など、自らの命を
懸けて国民の安全に取り組む人たちがいる。彼らが職務に殉じたとき、
名前を間違えるような総理を遺族や隊員たちはどう思うだろうか。しっかり
覚えておいてほしい。勇気ある警官のフルネームは宮本邦彦さんという。

ソース(イザ!・産経新聞・コラム「断」、作家・吉川潮氏)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/39799

199 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 21:50:31 ID:W6vSBPOc0
明朝のサンケイショーは

紀香効果で少子化日本からの汚名挽回

200 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/18(日) 21:55:28 ID:9Ely5NDP0
2007年2月14日 産經新聞朝刊6版26面

菜の花忌シンポに田辺聖子さんら

 作家、司馬遼太郎さんの命日にあたる12日、司馬さんをしの
ぶ「第11回菜の花忌シンポジウム」 (司馬遼太郎記念財団主
催)が大阪市中央区のNHK大阪ホールで開かれ、約1300人
の参加者が司馬さんをしのんだ=写真。

 シンポジウムでは、パネリストとして、作家の田辺聖子さん、
作家の出久根達郎さん、エッセイストの岸本葉子さんが参加し、
「司馬作品の輝く女性たち」をテーマに討論。出久根さんらは、
コ肩がゆく』に登場する千葉さな子らを紹介しながら「女性を
うまく描けたから、主人公の竜馬が物語の中で生き生きとして
いた」と話した。

 また、「司馬作品に登場する女性には時代を冷静に見つめる
聡明さがある」などの意見が出され、これまで司馬さんが女性
を描くのが苦手だった、という批評家たちの意見が、必ずしも
正しくはないことを指摘した。

 シンポジウムに先だって、第10回司馬遼太郎賞が、作家の
浅田次郎さんとカリフオルニア大学教授の長谷川毅さんに贈ら
れた。
     ◇

 シンポジウムの詳報は22日付朝刊に掲載します。

201 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/18(日) 21:57:41 ID:9Ely5NDP0
司馬遼太郎氏の小説に登場する女性は、色気は悲哀に起因して、
聡明は苦労に起因することを、明確に表現しており、色気だけの
女性表現を煽情する江呂な似非評論家には「不評」であったこと
であろう。

202 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 22:04:51 ID:I2a2i+JE0
>>201
何となくいいこと書いているっぽいが、もう少し判りやすく書くことはできないのか?

そういえば、イソタクは長州、薩長にこだわりがあるようだから、当然司馬良太郎
にも詳しいんだな(笑)。

203 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/18(日) 23:23:46 ID:9Ely5NDP0
2007年2月14日 毎日新聞朝刊13版8面

経済観測 大臣同伴原則

 安倍音三首相は、大臣同伴でなければ役人に会わない、という
原則を撤回したようだ。同伴という言葉で連想するのは父母同伴、
子どもはまだ一人前でないという印象だ。

 おかしな原則だった。理屈は理解できる。垂要事項は、大臣が
首相に報告すればいい。役人は、首相に報告すると、まるで首相
の了解を得たかのように物事を進め始める。大臣同伴でなければ
首相に会えないとなると、役人は大臣を尊重せざるを得なくなる。

 では、こうした理屈は現実と整合的だろうか。重要事項は大臣
が首相に報告すればいい? 安倍内閣には、重要な問題について、
政府の方針とは異なる考えを表明する個性的な閣僚も多い。そう
した閣僚が、微妙なニュアンスを含めて首相に正確に報告できる
だろうか。

 役人は、首相の了解を得たかのようにふるまう? それをさせ
ないのが、首相の指導力だろう。この原則は、役人への指導力の
弱さを自ら認めるようなものだ。役人が、大臣を尊重するように
なる? 本来、役人に尊重されないような政治家を大臣にすべき
ではない。

204 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/18(日) 23:24:07 ID:9Ely5NDP0
続き>>203

 次に、大臣同伴原則によって、失われたものを考えてみよう。
役人の報告には、結果の報告よりもプロセスの報告が多い。重要
な問題の今後の展開を考えれば、この情報を、首相の耳に入れて
おいた方かいい、といった報告だ。

 そうした報告で重要なのはタイミングだ。その時に大臣の都合
が悪かったり、大臣が報告の垂要性を理解していなければ、報告
のタイミングを失う。後になって、報告を怠ったなどと責められ
れば、やる気もうせるだろう。

 実社会でも新人には仕事の基礎として「報告・連絡・相談」を
たたき込む。大臣同伴原則は、首相を情報から孤立させた。官邸
を「裸の王様」と呼んだ議員もいたが。(龍)

205 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/18(日) 23:27:56 ID:9Ely5NDP0
毎日新聞社では、いまだに、行政職員性善説が「信仰」をされて
いるようである。行政職員が、従業員として、経営者である立法
議員を軽侮する傾向が、学歴崇拝として濃厚なのであろう。

安倍晋三氏の虚飾が、行政職員に暴露される危険を回避している
だけなのかもしれないが。>>203-204

206 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 23:49:42 ID:I2a2i+JE0
>>203-205
五十川よ、お前はどうして空気が読めないのだ?

そんな長文を連続投稿しても誰も本気では読まない。
司馬の小説に出てくる女性について、お前なりの見解を書け。


207 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 23:56:41 ID:hKKUdYKr0
イソタクさんに空気を読めと命令するのは
産経に誤植をなくせと命令するようなもんです(><)

208 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 00:19:12 ID:+BTdWk180
五十川さんご本人が空気みたいなものなのに、
その空気を本当に読んでマジレスしてどうするんだ。

209 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 00:31:40 ID:ncOp2FFaO
>>195
N速+なんかでは日本が核武装するとして他国は日本には経済制裁は出来ないと言ってる奴多い。

210 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 01:10:05 ID:Pci8Zh5i0
そら言うだけならただだしなw 核持つならもっと安上がりな原子力空母2隻くらいアメリカから買って
日本海に浮かべようよ。空母の方が絶対いいんだって。

211 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 06:39:20 ID:ioOmGV+RO
今日の産経抄
で、批判本だけでるんだろ。レイプ・オブ・ナンキンと同じ欠席裁判パターン。内容が馬鹿げてる、と批判するなら、なぜ出版をためらう?

212 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 07:29:45 ID:az9pWuAT0
【産経抄】
 街を歩くと、マスク姿が目につく。こんな光景に興味を持ち「口と鼻を覆って、
目に見えない大気汚染に対処する日本人」なる記事を仕立てた外国人記者がいた。
気の利いた言い回しではあるものの、いかんせん花粉に備えているとは知らなかった。
 ▼英国に駐在していたとき、日本に関するでたらめ記事の氾濫(はんらん)に
へきえきしたものだ。英紙「デーリー・テレグラフ」の東京特派員、コリン・ジョイス氏は、
『「ニッポン社会」入門』(NHK出版)のなかで、その製造過程をおもしろおかしくつづっている。
 ▼ 豪州紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」の元東京特派員、ベン・ヒルズ氏はどんな
記事を送っていたのだろう。著書の『プリンセス・マサコ』には驚いた。聡明(そうめい)な
女性が、皇室の因習に囚(とら)われて悲劇に追い込まれる−いかにも欧米の読者が
喜びそうな筋立てにした気持ちはわかる。問題は、皇太子妃雅子さまが、体外受精に
よる不妊治療を受けたなどと、あやしげな記述が多すぎることだ。
 ▼宮内庁は、あえて1カ所の誤りに絞って抗議した。ヒルズ氏は、日本の皇室が、
ダイアナ妃のようにハンセン病など論議を呼ぶ事柄にかかわることは考えられないという。
とんでもない。
 ▼天皇、皇后両陛下は長年にわたって各地の療養所を訪問されている。病気に対して、
世間の理解がまったくなかった時代から、皇室は患者の救済に携わってきた。本筋には
関係ないというかもしれないが、こういう事実を押さえないと、皇室が連綿と続いてきた
理由もつかめない。
 ▼先週、日本語版の出版中止が決まった。テレビの取材を受けたヒルズ氏は、出版社が
圧力に屈した、などとうそぶいている。日本をなめるのもいいかげんにしてほしい。
(2007/02/19 05:03)

213 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 07:34:56 ID:AH6zTtkV0
でも、本当にでたらめなのかな?
産経の見方が絶対正しいってわけでもないし。

214 :文責・名無しさん :2007/02/19(月) 07:43:09 ID:qjyHmXNR0
テレビの取材を受けたヒルズ氏は、出版社が 圧力に屈した、などとうそぶいている。

ここは多分事実だ。産経を読むような平均的日本人とはずれてる人たちの圧力に
屈したんでしょう。


215 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 07:53:24 ID:jM7fWdbN0
天皇雅子氏の抑鬱状態の原因は、本人の意思が無視されて、抑圧
された状態に起因するのであるから、その原因について、推測や
憶測が発生するのは、当然のことであろう。

癩病療養所への強制収用にしても、納粹独逸と同様に、反戦運動
をしていた人々を、「反戦死病」として強制収用した経緯もあり、
まず、そのあたりから戦前戦中の抑圧体制の問題や弊害の分析を
する必要がある。

そうすれば、日本國憲法の有難味も増すというものだ。

戦前戦中の日本は、そのような抑圧者にとって、相当に「美しい
国」であったはずである。なぜなら、「癩病患者」は、「醜い者
の象徴」とされて、強制収容所に幽閉され、餓死や凍死をさせら
れたからである。

天皇雅子氏には、各地から正確な情報が伝達されていたと思われ、
それを隠蔽する工作を、行政職員や金融職員が発動した形跡でも
調査すると良いだろう。>>212

216 :T:2007/02/19(月) 08:07:07 ID:qK1yN63c0
そこまで言うなら3kが菊タブーを破ってほしい
出版したトンデモ本を叩くならまだしも検閲をするのはどうなのか

体外受精自体は公然の秘密だし(w
べつに恥じることでもなければ隠す必要もない

217 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 08:28:57 ID:jM7fWdbN0
http://www.lawyer-koga.jp/hansen8-sojo.htm

第四 絶対隔離・断種政策下における人権侵害状況
被告国は、「癩予防法(旧法)」及び「らい予防法(新法)」「
優生保護法」に基づいて、絶対隔離・断種政策を施行し、甚大な
人権侵害を行なった。

一 強制収容による人権侵害

1 入所の強制
被告国は、入所の強制に際し、入所する者の人権に配慮すること
はなかった。有無を言わさず引っ立て連行する、拒否しようとす
れば家族ともども暮らせなくなると威圧する他、強迫暴言を吐き、
罪人同様の扱いにより、入所を強制した。

2 秘密漏洩
被告国は、診療・入所等の措置に際し、患家の消毒を実施し、ま
た輸送列車に「らい患者用」と公に表示し、収容者の秘密保護に
万全を期するどころか、逆に、消毒、輸送を通じ、あるいは検診
医・療養所職員・市町村職員などから患者の感染、入所の事実が
漏洩され、本人及び家族に甚大な苦痛を与えた。

218 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 08:30:03 ID:jM7fWdbN0
続き>>217

二 療養所内の人権侵害

1 強制隔離

被告国は、外出さえも厳しく制限し、療養所の回りには高い塀を
築き、見張りを巡回させ、外出禁止に違反する者には罰則を科し、
懲戒を行なった。このような措置は、入所時の消毒、輸送などと
相俟って、社会の中に目に見えない差別と偏見の高い塀と深い溝
を構築した。その結果、社会の目の届かない閉ざされた世界がそ
こに形成され、人権侵害を伴う絶対隔離が持続されていった。

2 断種手術、堕胎の強制

被告国は、ハンセン病は伝染病であり、断種、堕胎が正当化され
る根拠を欠くことを知悉しながら、女性が妊娠すれば堕胎を実施
し、療養所内で結婚を許す条件として、男子の精子管切断手術、
女子の卵管結索手術を強制した。また、医師ではなく看護士や看
護婦によってこれら手術を受けた収容者も多数存在する。これに
より収容者は自由のみならず、「いのち」をも奪われた。

219 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 08:31:14 ID:jM7fWdbN0
続き>>218

3 劣悪な治療及び生活環境並びに強制労働

被告国は、医師・職員の配置をはじめとして療養所内の生活環境
の整備を十分におこなわず、本来病気治療を受けるべき患者の収
容者に対し、低賃金で、重症者の看護、死亡患者の火葬等様々な
園内作業をさせ、強制労働させた。疾患に対する有効な治療はな
されず、肢体切断中心の処置がなされ、収容者は過酷な労働のも
とで飢えと障害に苦しみながら死んでいった。

4 懲戒による人権侵害

被告国は、施設管理支配のために療養所所長に懲戒処分権を与え
たが、その行使に制約や手続保障の規定は設けず、恣意的で不当
な懲戒権行使が乱発された。多くの者が、懲戒処分中に、餓死、
凍死、病死し、その悪用は、目に余るものがあった。その反面、
理由等に関する記録すら残さず、一年以上にわたる長期拘留処分
がなされ、「特別病室」と呼ばれる拷問部屋を設置し、処断する
ことを許した。

220 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 08:32:57 ID:jM7fWdbN0
続き>>219

三 偏見・差別の助長、名誉毀損・侮辱、
  社会とのつながりの切断

このような法及び強制隔離措置の実施は、病気に対する、誤った
恐怖宣伝となり、社会的偏見・差別を助長した。患者のみならず、
家族の中にも自殺者が出、そうでなくとも転居や戸籍の改ざん等
を余儀なくされた。

収容者は、偽名を使い、入所時に解剖承諾書を書かされ、家族・
親族そして社会とのつながりを絶たれたのである。

四 被告国は、前記のとおり「らい予防法の廃止に関する法律」
を成立させたが、法の形式的廃止だけでは、収容者の受けた被害
は何ら回復されていない。

221 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 08:37:34 ID:jM7fWdbN0
病気療養とは名ばかりの、反戦思想者に対しての、拷問や処刑で
あったことが、報告されていると言える。

通話明細の蓄積漏洩というNTTでの組織犯罪を内部告発した私
へのNTT側の行為も、「精神分裂病(統合失調症)」への冤病
として、上記のような行為であったと言える。>>217-220

222 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 09:44:27 ID:U6xqh2se0
明日はコレかなぁ。
「国民の支持がなくても安部の思うとおりにやる」
「閣僚は首相への(国家へのではなく)絶対的な忠誠(国家ではなく首相への)自己犠牲の精神を求められる」
って、この国の政治って安倍の私有物になったんですか?
というか初代日本国皇帝陛下か、終身独裁官なんですか?

>(時事通信社 - 02月18日 19:10)
> 自民党の中川秀直幹事長は18日、仙台市で講演し、
>「(閣議で安倍晋三首相が)入室したときに起立できない、私語を慎まない政治家は、
>内閣、官邸から去らなければならない」と述べ、閣僚らの緊張感の「欠如」に苦言を呈した。
>
> 中川氏はまた、「閣僚や官僚には首相に対する絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。
>首相の当選回数や、かつて仲良しグループであったかどうかは関係ない。
>われわれは首相を先頭に一糸乱れぬ団結で最高峰を目指すべきだ」と語った。 

223 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 12:10:32 ID:Pci8Zh5i0
オーストラリア人には変なコンプレックスがあってイギリス王家が大好きなんだよな。ダイアナの時も
イギリス本国より凄まじい関心が持たれて連日エリザベス女王とチャールズ皇太子を叩きまくった。
はっきり言えばプリンセスマサコは柳の下のどじょうだけ。スキャンダラスに書かなきゃそもそも意味ないって発想。
いいじゃん。あの受けねらいだけの適当本で表現の自由とかちゃんちゃらおかしい。

224 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 12:32:33 ID:OHJLtL1q0
>>212
いずれにせよ雅子さま可哀想だね・・・・・
ってこの本の出版じゃなしに今置かれてる立場がね。
悠仁さまの出産にも人工的なものを感じてる国民は多いのでは?

225 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 14:08:02 ID:SjwAg0z+O
>>214
産経を読むのが平均的な日本人?冗談はよしこさん。

226 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 15:23:37 ID:U6xqh2se0
産経を読むような平均的ではない日本人からの圧力に屈した

んじゃないの?

227 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/02/19(月) 15:34:05 ID:jM7fWdbN0
閣議で首相が入室したら起立するとか、私語を禁止するとかでは、
要するに安倍晋三氏に首相としての重みが無い実態を、流布して
いることになるのだが。

職業倫理に欠如した厚生労働担当相が、「仕事ができる」つまり
「事務処理能力が高い」という「理由」で、職席に固執している
という問題の方が深刻であろう。>>222

228 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 15:39:59 ID:nnau5JXK0
>>225-226
その論法なら、おまえらも「産経を読むような平均的ではない(つまり異常な?)」人だな。
おまえらが日本人かどうかは不明だが。

229 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 16:09:57 ID:5Xr3pCBm0
壷を売り

 差別を煽る

  バカ新聞

   産経読んだら
    
    知能も低下


230 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 16:39:45 ID:7MJXB1EC0
明日は中川発言か?

231 :文責・名無しさん:2007/02/19(月) 16:48:48 ID:qoi1LpQZ0
明日はマラソンにこじつけてなんかと予測。

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)